詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    介護度5・脳梗塞の母

    お気に入り追加
    レス9
    (トピ主3
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    ひと
    小町の皆様、私のトピを読んでくださって有難うございます。
    自分の気持ちをどうやって奮い立たせてよいのかわからず、こちらに投稿しました。

    80代前半の母は昨年の秋、脳梗塞を発症して入院しました。心臓も悪く、入院中は心臓の発作も起こったこともありましたが、状態も落ち着き退院することが出来ました。
    退院時は介護度5、全身の運動機能が100点満点の5点で、退院後はそのまま施設に入所しました。
    コロナ禍でずっと母とは面会は出来ませんでしたが、母に携帯を持たせて毎日電話で話し、それが私の支えとなっていました。でも、入所して約半年後の先日、2回目の脳梗塞が起きて、救急搬送されました。
    2回目ということで後遺症も大きく、右半身が麻痺で言葉も発することが出来ず、身体全体も悪い状態です。入院時、遠くから母に手を振りましたが、母はこちらを見ても何も言えず無表情でした。

    主治医によると回復は難しいとのことで、今後、母とは話すことが出来ないだろうという絶望感でいっぱいです。
    いつも笑いながら、私や友人達と話していたのに、もう話せないことは母自身もとても辛いでしょう。
    リハビリを終えて施設へ戻ることが出来たとしても、母は言葉でコミュニケーションもとることが出来ず、体調が悪くても言葉で伝えることが出来ない、大好きな新聞も読めずという人生になってしまうことを考えるととても辛いです。

    私は今、50代です。私が高校生の時に父(母の夫)が亡くなってからずっと、私や弟達を育て、同居の祖母の面倒もみて頑張ってくれた母です。
    少しでもいいから又、言葉を言えるようになって、麻痺も回復して、母の声を聞きたいと願うのです。
    もちろん、母と同じ状態のご家族を持つ方々はとても多く、前向きに頑張っていらっしゃる方々も多くいらっしゃいます。
    私も今後のことを前向きに考えるようにならなければと思いつつ、涙が出ます。

    トピ内ID:bb9a68fee3f47e68

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 4 面白い
    • 5 びっくり
    • 10 涙ぽろり
    • 113 エール
    • 4 なるほど

    レス

    レス数9

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (3)
    並び順:古い順

    耳の機能は最後まで残る

    しおりをつける
    🙂
    なな
    死を宣告された後ですら、残っているかもしれないと言われていた気がします

    だから、施設面会不可でも、もし施設の方の協力で電話ができるなら
    貴女が昔の楽しかったこと、懐かしいことをたくさん語ってあげてください
    お母様が好きだった歌を歌ってあげてください

    私はコロナ前に介護を終えたので
    施設に行き、昔話をしたり、親の好きな歌を歌ったり、時々は親戚の方に連絡を取り意識がしっかりしたうちに会いたいなら近いうちにいらしてくださいと伝え(こうなってから数年で、気分は嘘つきでした)私では語り得ない昔話をしていただいたりしました
    髪をくしけずり、身体をなで、施設から通院するときや施設で診察するときはほぼ常に同席しました(要介護が複数いたので、別の方に行くこともありました)

    看取りのときに電話があって、「もうすぐ○ちゃんが来るからね」と、何度も声をかけたら、消え行く命を振り絞り、脈も血中酸素濃度もあり得ないくらい落ちていたのに、きちんと辿り着くまで生きていてくれました

    叔母は一人の人が産まれて大人になるくらい、何度も危篤ですと連絡がくる長い年月を生きていました
    寝たきりで口も利けず耳も遠くなり目も悪くなっていましたが
    アルバムを見せながら昔語りをするとボロボロと泣きました
    でも、その話を聞くのが嫌なわけではないのです

    自分の人生に責任をもって、全てを引き受けて生きてこられたお母様です
    自分の全てをかけて、お子さんを育て上げたお母様です
    言葉を話せなくて、きちんと伝わりますし、きっとお母様が伝えたいおもいを受けとることができるとおもいますよ

    トピ内ID:11ec8cc17c311927

    ...本文を表示

    お辛いですね

    しおりをつける
    🎶
    アイボリー
    状態を読ませていただきました。

    私も3年前に同病気を発症し搬送され入院しました。

    発症後から手術後の何日間の記憶が全くありません。
    発症中は脳に新たな記憶ができない状態だったようです。

    今は社会復帰しておりますが、定期的にMRIで脳の検査をしております。
    医師には次の発症はやばいですよと言われてます。

    やはり2度目は後遺症が大きいのですね。

    前向きになるようなことは書けませんでしたが、
    何かで気が紛れるといいですね。

    トピ内ID:9d8a013a740c77ee

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    トピ主です

    しおりをつける
    🙂
    なな様、アイボリー様 
    レスをくださいまして、本当に有難うございます。
    母が病院に救急搬送されてから今日が初めて仕事が休みの日で、じっくりと母の状態と現実を考えています。

    なな様とアイボリー様のレスを何度も読んだ後の昨日、入院中の病院に電話して母の耳元に受話器を当ててもらい、母に話しかけました。もちろん母からの返事はありませんでしたが、きっと母には聞こえていたと信じています。看護師さんは、母が小さくうなずいていたようだけど、理解出来ていたかどうかは不明ですと言っていました。
    病院宛に短い手紙と写真を送り、看護師さん達が母に見せてくれたようで、看護師さん達にも感謝しています。
    なな様がお書きくださったように、出来る限り母に電話して、短い時間でもいいから、母に声を聞かせようと思います。母からの言葉が返ってこなくても、私の言葉が伝わり、母の思いが伝わってくると信じていこうと思います。

    末筆になりましたが、アイボリー様も脳梗塞を1度発症し、定期的に検査もされているとのこと、お大事になさってくださいね。

    トピ内ID:bb9a68fee3f47e68

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(3件)全て見る

    初日の仕事休みの日なのですね

    しおりをつける
    🎶
    アイボリー
    庭さん、お気遣いありがとうございます。

    今日がお母さんが救急搬送されてから初めての仕事休みの日なのですね。
    家族が回復を願う気持ちが大切だと思います。

    前レスの通り、私の記憶がない何日間かは、
    家族や看護師さんから聞いた話ですけど、
    物事を理解出来ているのかどうか不明な状況だったようです。
    返答も曖昧で、コミュニケーションは取れなかったようです。

    私の記憶と意識がはっきりよみがえったのは、
    脳手術後の40時間以上経過後でした。

    その時はICUのベッドで、その後の看護師さんとのコミュニケーションにより
    何故今、自分は病院に居るのか状況を理解しました。

    意識がよみがえってからもICUに居る時は、「このままここで死ぬのかな?」
    とも思いましたが、
    ICUのベッドでいろいろ考えて、ただり付いた回答は、
    「自分は生かされているんだ。」です。

    家族の想いは運命の神様に届くのかもしれません。

    お母さんとの時間を大切にお過ごしください。

    トピ内ID:9d8a013a740c77ee

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    トピ主

    しおりをつける
    🙂
    アイボリー様
    レスをくださいまして、本当に有難うございます。

    母が救急搬送された日、検査が終わった母が集中治療室に入って間もなく、私は病室の入り口から、部屋の1番奥のベッドに寝ている母に手を振りました。
    コロナで面会禁止だった為、本来なら入り口で手を振ることすら出来なかったのですが、1分程の許可をもらいました。
    病室の入り口で一生懸命母に手を振りましたが、私の方を見た母が私だとわかったのかどうか判断がつきませんでした。
    母は無表情だったのですが、アイボリー様のレスを読んで、母もきっと物事を理解出来る状態ではなかったのだろうと思いました。
    今回程、コロナの状況を悔しく思ったことはありません。コロナが落ち着いていれば、毎日でも母に会いに行けるのにという悔しさでいっぱいですが、どうにもなりません。
    会うことは叶わなくても、母との時間を大切にする為に、私は今、私に出来ることをやっていこうと思います。当分、電話と手紙で母とつながっていたいと思います。
    私や弟達の思いが運命の神様に届くことを願い、そして届くことを信じます。
    と自分に言いきかせつつも、気持ちを強く持っていられる時と、不安と悲しみに押しつぶされそうになる時が交互にやってきます。
    小町にこうして書くことで、少しずつ、気持ちが落ち着いていくような気がします。

    トピ内ID:bb9a68fee3f47e68

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(3件)全て見る

    気になりますね

    しおりをつける
    🎶
    アイボリー
    コロナで面会禁止のため、集中治療室のお母さんと直接の対話はできていなく、
    状態は病院関係者から聞いただけのことなのですね。

    それだとお母さんは、今現在どれだけの認識があるのかは分からないですよね。

    どれだけ自分で考えることができるのか。
    後遺症により話すことができないのか。
    筆談ならコミュニケーションは可能なのか。

    私は発症した時の状況を家族との会話により徐々に思い出していきました。
    (朝起きて紅茶を飲んだとか、様子がおかしかったこととか。)

    医師も看護師さんもお母さんの認識度の細かいところまでは把握していないので、
    家族との会話で思い出させてあげたいところですね。

    今、お母さんがたとえ自分でものを考えられる状態であっても、
    集中治療室で病院関係者のいろんなやってきて、何が何だか自分でも分からない状況だと思います。

    トピ内ID:9d8a013a740c77ee

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    お気持ち痛い程わかります…。

    しおりをつける
    🐱
    とら猫
    >主治医によると回復は難しいとのことで、今後、母とは話すことが出来ない
      ↑
    話せますよ 目で話が出来ますよ。
    私の母は84歳で他界しましたが 視床出血で寝たきりになり7ヵ月の闘病中 何度も合併症にかかりました(涙)

    耳は聞こえてます 喋れないだけで何を言ってるか分かってますよ。

    「目で喋ろう 話しかけるからウンだったら瞬きして」と言ったらパチッと瞬きしてくれました。
    一方的ではあるけど こんな方法もありますよ。

    その日に寄って調子は変わるので無表情の時もあるかもしれませんが 面会に行った時は新聞を読んであげたり 好きな音楽を聴かせたり刺激を与えてあげたら良いですよ。
    私は 手洗いセット?を持って行って毎回ハンドマッサージをしました。

    面会時は お母さんと日常を過ごして下さいね。応援してます。

    トピ内ID:8568df036fd3025e

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    なな様  アイボリー様 とら猫様
    皆様の温かいお言葉が、本当に心に染み入ります。有難うございます。
    本日、ケアマネジャーを通して、病院から退院の通知がきました。まさかこんなに早く退院出来るは思わず、しばらくはリハビリで入院になると思っていた為、本当に驚きました。

    そして、母は他に疾患もあるのですが、その疾患も悪化していること等々の理由から、看取り目的での転院となるとのことでした。回復した為の退院ではありませんでした。
    転院しても、コロナの為に会うことは全くかなわず、電話で一方的にこちらの声を聞かせることや手紙を書くことしか出来ません。
    右半身は完全麻痺でも、左手で携帯はつかめるでしょう。
    救急搬送されるまでの施設では、母と携帯でほぼ毎日話していました。

    先程まで、看取り=母の命は長くないという事実がまだ現実ではなかったのですが、今、突然、涙が止まらなくなりました。

    早く心を落ち着かせて、最期の時まで何をしてあげられるかを考えたいと思います。

    トピ内ID:bb9a68fee3f47e68

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(3件)全て見る

    主様とほぼ同世代、同じような状態です

    しおりをつける
    🙂
    みふねっこ
    介護4で施設にいた母が、8年ぶり、2回目の脳梗塞で救急搬送されました。まさに主様がトピを上げられた日にリモートで面会して、顔の左半分がだらっと下がっていたので、もっと強引に病院に連れていけばよかった! といまも悔やみます。脳梗塞は発生4時間以内だと回復する確率が高いそうです。
    ただ、80代で既往症もあると難しかったかもしれません。自宅で一緒に暮らしていても、元気な人の脳梗塞を発見するのとは違う難しさがあるといいます。

    うちの母は、この1-2年は言葉を発しなくなっていたので、毎日お電話されていた主様がうらやましいです。それだけに、突然話せなくなってしまったというのもショックですよね。

    搬送先で、医師には「血管がボロボロでいつ急変してもおかしくない。心肺停止、呼吸停止もありうる」と最悪のシナリオから説明され、2週間くらいは悶々としていました。

    現在は長期療養型の病院に転院しました。ほぼ回復の見込みはないといわれています。
    コロナになってから対面での面会が一切出来なかったので、母と触れ合えたのは、救急搬送、転院時の2回のみ。

    元気なときに母は「延命なんて嫌」といっていたけど、治療が終わった母は、点滴のみで栄養を摂っている状態です。口から食事が摂れなくなると、人間は弱っていくそうです。転院先のドクターから説明を受けました。 

    結果的に、本人が望まぬ延命の形を取ってしまったわけですが、治療中に点滴をしないわけにもいかず、わずかながら回復してくれる希望を持ちつつ、という日々です。
    ほんとに、コロナでなかったら毎日でも会いにいきたいですが…。

    すみません、似たような状況で、思わず書き込んでしまいました。
    考える時間、思いまどう時間を与えてくれたことに感謝しつつ、母の生命力に期待したいですね。

    トピ内ID:0be8f2f10bc9f29c

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (3)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0