詳細検索

    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    退職した職場の事です

    お気に入り追加
    レス6
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😨
    シングルママ
    仕事
    わたしは4月で以前の職場を退職しました。
    理由は上司などのパワハラ、モラハラ、激務です。退職後、体調を壊してしまい、入院しました。
    以前の職場では、同じ部署の人が辞めた場合、社員ひとり5000円ずつ餞別を渡す義務がありました。それとは別にひとり2~3000円ほど出し合い、プレゼントを渡していました。
    しかしわたしには、餞別は無し、ひとり500円のプレゼントを貰いました。
    それに、退職月の給料は、基本給が17000円下げられていました。わたしの事が嫌いなんでしょうけど、弱い立場のものに対して酷いと思いませんか?
    こういうこと(嫌いだからと基本給を下げる)はよくあるのでしょうか?
    すごくモヤモヤします。

    トピ内ID:edaf31cb932a92fa

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 7 面白い
    • 73 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 16 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数6

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    並び順:古い順

    整理して考えましょう。

    しおりをつける
    🙂
    エス
     公私を分けて考えましょう。

     基本給などは雇用契約という契約に従って払われるものです。もし契約に反しているのであれば問題ですから法的に正当な権利を要求できます。しかしトピからだけではあなたに権利があるかは分かりません。特に自主退職の場合はキリの良い日付けが退職日である可能性がありませんから、満額を貰えるとは限りません。例えば在職が1日だけで1ヶ月分まるまるの給料というのは不合理ですから、何らかの計算方法を定めている会社が多いと思いますよ。

     餞別も同様です。福利厚生などの制度として定められているのであれば貰えます。しかし個人的なものは契約ではありません。

     上記の様なルールによるものを別にした餞別はプライベートなものです。もらえるかどうかは人間関係にのみ依存します。良好な関係でなければ原則として貰えませんよ。パワハラ、モラハラと自分の職場を言っているのですから、あなたの退職は人間関係を円満にしてのものではないですよね。ならば貰えない可能性はもともと高いと思います。

     「私は餞別代を払っていたのに」は考えるべきではありませんよ。それは退職した人にあげたものですから現在の在職者はあなたに返す恩はありません。また「今までは強制されていたのに」と言うのであれば、それもモラハラ・パワハラです。職場にモラハラやパワハラがあると言って退職する人間が在職者にそれを求めては理にかないません。無理矢理に集められたお金での餞別が無くなったのであれば、あなたにとっては望むところの筈です。

     ひとり500円のプレゼント・・それが強制されたものでなければ十分ではありませんか。
     次は良い職場で良い人間関係を作って下さいね。

    トピ内ID:3353fdcc7f9648d1

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    就業規則を確認してみては?

    しおりをつける
    🙂
    すみれのはな
     パワハラ、モラハラ、激務は客観的事実を集めて証明されなければ、気分で物を言っていることになります。パワハラによる事実確認方法は、ICレコーダーによる録音、殴られたなどによれば傷害で警察通報、メールによるものです。
     職場での、オーディエンスの数とその頻度も非常に重要です。1回だけ叱責を受けるだけではパワハラではありません。ただし、げんこつで殴られた場合は1回でも警察通報で傷害罪に問われます。
     プレゼントなどの餞別は、人間関係が良い時は気分で行っているのでしょうか。就業規則に餞別について規定されているのか確認をした方がよいですね。
     基本給が本当に減っているのなら、就業規則に沿っているのか確認し(職場によっては基本給などの改訂は基本4月などあり。あなただけではなく組織の業績悪化で全員が改訂される可能性もある)、人事に説明してもらえばよいことです。職場対応に不備があれば労基にこれまでの給与明細をもっていくとよいです。
     激務についても就業時間の就業規則をきちんと把握しているのか貴女の場合は不明です。時間外労働について双方の同意で行うことが就業規則にあれば、発生した時間分の給与が支払われているはずです。給与明細の確認はしましたか?
     最後に退職後の入院に関して在職中からパワハラ、モラハラ、激務に関連していることを産業医などを通じてもともと相談していた事実がなければ、単なるさぼりとみなされかねません。諸手当にも関連しますよね?
     働くことについて考えが甘すぎるのではないでしょうか。今後も職場でトラブルを起こしそうな感じですね。職場の就業規則を確認しないでいるということは、正社員ではなく、接客などのアルバイトをしていたということでよろしいのでしょうか?職場は仲良しクラブではありません。

    トピ内ID:1ac30bb200019f3c

    ...本文を表示

    それあることなんですよ

    しおりをつける
    😱
    黒豆煎餅
    制度でもなくいつからの慣習かもわからないのに、各個人からお金を徴収的に有無を言わせずに集めることあります。餞別や香典なんか典型的なもので、誰かが動くか指示するかで徴収係になり、その方がお金を各個人から集めてますよね。
    それって、所謂そこでの声の大きい方の考えや思い付きで始まるようです、その方々がほぼ仕切り屋です。そして、その仕切り屋の方々が好まないとか嫌いな者に対しては、知らんぷりをして餞別など用意することなどしないんです。

    そんなこと、あるんですよ。
    職場の仕切り屋に、睨まれていませんでしたか。

    基本給の件は、不当がとうかは、会社の規約に準じているのか確認してみると分かります。

    トピ内ID:66e0099a9f1a78b8

    ...本文を表示

    社会保険の天引きでは?

    しおりをつける
    🐱
    猫派
    退職した日によりますが、月末に退職すると資格喪失日が翌月の1日になるのでその分(二ヶ月分引かれる)ではないでしょうか。

    明細はどうなっているのでしょう。

    違ったらすみません。

    トピ内ID:65065abb9d5e2ac4

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    基本給については確認を

    しおりをつける
    blank
    詩音
    トピ主さんの就業規則が分からないので何とも言えません。
    退職日と給料計算の締め日の関係で下がることはあります。
    基本給ではないですが、都(市町村)民税は天引きされていた場合は5月分まで一気に徴収されますが、もしかしてそれでは?

    給料については直接聞くか、労働基準監督署に相談しに行ってみては?

    餞別については忘れましょう。
    むしろ、お返しとか考えないで良いから楽だったと思った方が良い。
    モヤモヤする気持ちは分からなくはないですが、今の状態は自分で自分を傷付けるだけです。

    トピ内ID:212aafcc750ffb0a

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    給料

    しおりをつける
    🙂
    さくらなみき
    給料が少ないのは保険料の調整でそうなったのでは?
    ちゃんと計算すれば解りますよ。
    普段会社が負担していた保険料を引いたのだと思います。

    餞別は就業規則にないのであれば、あげるような貢献度もなかったのかもしれませんね。
    少額でもプレゼントをしてくれる気はあったのでしょうから。

    トピ内ID:902665f235649e76

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0