詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • 以前読んだことのある本を再び楽しめるようになりました(駄)
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    以前読んだことのある本を再び楽しめるようになりました(駄)

    お気に入り追加
    レス13
    (トピ主2
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    カモミール
    話題
    アラカン、女性です。

    近年、物忘れが激しく、息子に
    呆れられることもしばしば。
    そうだよね、私もあなたの年には物忘れなんて想像もつかなかった、と思います。

    読書が大好きで、毎週図書館でたくさん本を借ります。

    間違って以前読んだ本を再び選んでしまう、ということ、ありますよね。

    去年までは、「あ、これ、もう読んだ。」と借りないでいました。

    しかし、最近では、以前読んだ本でも、結末なんて覚えていないし、充分楽しめることを発見。

    今読んでいる本もたぶん5年以内には読んだ本です。
    それでも、面白いです。

    記憶力が衰えて、いいこともあるんですね。

    トピ内ID:987e54d476936d28

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 33 面白い
    • 0 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 30 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数13

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  13
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    アラフィフです

    しおりをつける
    🙂
    ブドウパン
    元々年を取ると感じ方が変わって楽しめるって言うことはあるけど、確かに昔見たっきりのものだと結末忘れてますね。

    私は本より映画なんですけど、確かに見たはずなのに全く覚えてないんですよね。
    先日も何度も見たはずの「レインマン」、新鮮な気持ちで号泣しました。

    そっか、本はあまり読み直してなかったけど、読み直してみようかな。

    トピ内ID:3a9072c503379a54

    ...本文を表示

    私は再読するの好きですよ

    しおりをつける
    😮
    1/6アップルパイ
    覚えていないからではなくて、あの主人公にもう一度会いたい、あの場面をもう一度読みたい、また感動したい、などの理由からです。

    本棚には数年に一度は読み返すお気に入りもいくつもあります。

    主さんは覚えていないものしか再読しないんですか??

    トピ内ID:700922ee96ca830a

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    再読こそ読書の醍醐味

    しおりをつける
    🐶
    フランク大雑把
    文庫本を買って帰ったら家にもうあった、は常習です。

    同じ本を何度も読み返します。
    ほどよく忘れていて何度も楽しめるし、最初に読んだときには気づかなかった発見もたくさんあり、優れた作品の奥深さを毎回感じることができてコスパは超高いです。

    古典と言われるような作品は再読を繰り返すことで理解が深まります。
    いずれ古典と呼ばれるべき、再読に耐える作品を見つけるのも楽しいです。
    再読こそ読書の醍醐味です。

    トピ内ID:776947ee9a9af71c

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    読書の醍醐味かも

    しおりをつける
    🙂
    匿名希望
    年月を経て再読すると、
    立場が変わるのよ。

    以前は嫁目線で読んだのが、
    再読したら、
    姑目線で読めて、

    姑の気持ちも理解できることもある。

    親になる前と、
    なったあとでは、
    子供に対する気持ちも、実感として理解できる。

    再読は読書の醍醐味かも。

    数年前に、恍惚の人、を超久しぶりに再読。
    前は学生時代に読んだ。
    今回は、義父母を送ったあとに読んだので、
    やたら、心に響いたわねえ……

    トピ内ID:c622caa5b49e35eb

    ...本文を表示

    レスします

    しおりをつける
    🙂
    みか
    61歳女性です。本を再読したり、ドラマや映画をなんども観るのは、わたしにとっては当然の感覚です。子供のころからそうでした。

    お気に入りのものはなんどでも読んだり観たりしたいタイプです。わたしの本棚に並んでいる本はすべて、そのような基準をへて生き残ったものです。二度め、三度めと回数を重ねると、最初のときには気づかなかった視点を得られます。読んだり観たりするたびに新たな発見が得られるのです。わたしはミステリーが大好きなのですが、犯人を忘れていたら当然として、しっかりと覚えていても楽しめます。その世界に入る感覚を楽しめるというか、そんな感じです。

    トピ内ID:59d5275986043208

    ...本文を表示

    再読できる本は良い本だ~

    しおりをつける
    🙂
    沙羅双樹
    還暦をちょいと過ぎたところですが、学生時代からもう「この本は再読したい本」「この本は一度で充分(→処分)」って分けてましたよ。
    そうやって淘汰する中でお気に入りになった本は、何年かに一度読み返します。
    そのたびに、同じところで同じ感情に揺さぶられたり、前とは違ったところに感慨が湧いたりで面白いですから。
    自宅の書棚にあるのは、そういう本ばかりです。
    読んだのにうっかり忘れて二度買う…とか、気が付かずに図書館でまた借りちゃう…ってことは(今のところ)ないけど、
    結局、自分の読書の幅をゆっくりと広げながらもその中にある「これが好き、大好き」な本を見失いたくないんです。

    いつだったか、新聞の読書欄で「再読したくなるほどの生涯のお気に入りが200冊詰まった書棚があれば、人生の晩年は読む物にいっさい困らない」という主旨の文章を読み、深く頷きました。

    トピ内ID:2bb3a9fa132dd075

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    再読するもの

    しおりをつける
    🙂
    カモミール
    レスをいただき、ありがとうございます。

    最近は図書館で借りて読むのがほとんどで、あまり買わなくなったので、(単純に置き場がなくなってきたからですが。)何度も同じ本を読み返すことをしていませんでした。
    図書館で借りた本があると、そちらを優先して早く読まなきゃ、と思ってしまい。

    でも、以前は同じ本を何度も読んでましたね。

    たぶん最高に読み倒したのは向田邦子さんのエッセイです。
    もっともっと書いていただきたかったですね。

    そして、同じくらいのめり込んだのは、須賀敦子さんのエッセイです。
    独特な文体と格調高い、香り立つような須賀さんの世界が大好きでした。

    トピ内ID:987e54d476936d28

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    脱帽!

    しおりをつける
    🙂
    カモミール
    沙羅双樹さん

    一度読んだのに、うっかりまた借りることはまだない、とのこと。

    私なんて、50歳を過ぎた頃から何回もやってました。
    人様も同様かと思っていました。

    皆様、そういうことは何歳くらいから始まりましたか?

    トピ内ID:987e54d476936d28

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    物忘れの効用

    しおりをつける
    🙂
    なるちゃん
    何度も再読するというのと、トピ主さんが書いていることは違いますよね。
    読んだことを忘れて、新たな気持ちで読めるということですもの。
    私もアラカン、同じです。
    それも相当読み進めてから、あれ~?と気付くのです。情けなや~
    私もそうですが、たくさん本を借りて読むから、ということもあるのではないでしょうか。(言い訳?)

    認知症のお父さんを絵の展覧会に連れて行ったときのこと、一通り見て、最初のほうの絵をもう一度見せたら、初めて見たかのように「いい絵だねえ」と感動していたそうです。
    お父さんは何度も感動できていいね、と思われたそう。
    認知症の物忘れもこんな風に考えられたらいいなと思いました。

    トピ内ID:2d49caa569805d4f

    ...本文を表示

    再読も楽しいけど読み比べも楽しいですよ

    しおりをつける
    🙂
    なな
    小学生のときに小公女の読み比べをしたのが最初です

    翻訳ものは特に

    原文または校正本、版の違うもの
    翻訳本をいくつか
    読み比べるのも楽しいです
    著者自身が自国語版と外国語版を書いているものもあります

    有名どころでは
    版が違うもの→山椒魚
    翻訳比較→英米文学の家庭小説とか少女小説に分類されるものや、日本の古典
    校正本でもちがったり
    翻訳は省略されているところがあったり、解釈が全く違い、なんとも言えないです
    例えば源氏物語では、たぶん少数派の谷崎新新訳が一番好きです
    次はウェイリー訳

    同じ本を10年毎に読み返すと自分のライフステージに応じて読み方が変わります(長い本は読み返すのも大変ですけど)
    赤毛のアンは、ある年齢からマリラに一番共感します

    むかし読んだ本(ミステリやSF・ファンタジー)の中には、面白く読んだものの、歴史や政治思想史などを学んだあとで読み返すと、全然違う世界が広がっているものもたくさんあります

    原文で背景込みで理解できれば、また、全く違った読みになるのでしょうけど、とても力不足で残念です

    トピ内ID:8d739c56a5477f18

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  13
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0