詳細検索

    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    子供の扶養を拒否された

    お気に入り追加
    レス15
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😣
    産休中
    仕事
    夫婦共働きです。最近出産しました。

    出産後、妻側の方が年収が高いため、妻の職場で子の扶養手続きを行いました。
    数日後、事務方より上層部から「育休中は無給となるため子供は夫側の扶養とするのが妥当」と言われたと扶養手続きを拒否されました。
    夫婦共に子供は妻側の扶養とすることに同意しており、復職後に継続して収入が高い妻の扶養としたい旨を伝えましたが、「育休が延長されるかも」「第二子が出来たら再度育休を取得する可能性がある」と拒否され、夫側の職場に子供の扶養が行えないか確認するため連絡先を教えてほしいと言われました。
    夫側の職場に上記内容を伝えると、「育休は関係なく基本的な年収の高い側が扶養者となる」「産休育休が入ると手続きをしなければならないから面倒くさいのだろう」と。

    妻側の年収が高い場合、子供の扶養はどちらで行なうのが正しいのでしょうか?
    また、もし妻側の扶養が妥当な場合、育休を理由に扶養を拒否する上記のような対応はハラスメントに当たりますか?
    子供の一ヶ月健診に保険証が間に合うかヒヤヒヤです。
    産後まだ日も浅く心身共に疲れ果てました。
    職場の別部署にも相談していますが、一刻も早く解決を図りたいので、一般論も含め皆さんのお知恵をお貸しください。

    トピ内ID:3cfe7af17abe5471

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 9 面白い
    • 131 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 143 エール
    • 10 なるほど

    レス

    レス数15

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  15
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    会社ではなく保険者の問題

    しおりをつける
    🙂
    担当者
    健康保険組合とか、協会けんぽとか、国保組合とか、
    健康保険証を発行する組織(保険者)の窓口が、
    あなたのお子さんの扶養実態を確認したがっているのだと思います。
    会社はただの伝書バト状態かと。
    夫の会社の人は妻側の保険者と話せませんしね。

    何でも簡単にハラスメントにしてたら、本物のハラスメントが埋もれてしまうからやめてね。

    保険者はそのお子さんを扶養として受け入れると、
    その子が病院にかかるたびに7割を病院へ支払うわけですから、
    本当に自分のところで扶養にしていいのか、
    今ある情報だけでは上席の審査が通らないのだと思います。
    年収の多い妻の扶養が原則ですが、
    産休育休中は母親の保険料は免除なのに支出は負担するのですから、
    育休中は父親の扶養にというのもある意味筋は通ってます。
    ただ妻の年収が多いのはまだレアケースなので、
    こういった取り扱いはまだ各窓口で回答がバラバラになることがあります。
    夫婦の保険者の組み合わせによっても判断が分かれたりして、
    保険者の窓口の人も手探りしてるのが分かります。
    保険者がどちらも協会けんぽならスムーズですが、
    どちらかが組合だと単に直接話しができないせいでトピのようなすれ違いが起こってしまう。

    あと、マイナンバーがふられてからでないと保険証が申請できなくなった今は、
    戸籍の届け出をのんびりしてたために、
    1ヶ月検診に保険証が間に合わないケースも増えてます。
    保険証が無いことも病院は慣れてきてるはずなので、会計窓口で相談しましょう。
    一旦10割払ってもあとから戻ってくるから大丈夫。
    必ずどちらかの扶養には入れますから。

    不安なら、両方の保険者にどっちに届け出たらいいか直接問い合わせてみては?
    トピ主さん夫婦は両方の保険者と話せるんだし。
    あなたも、そういう手間を面倒くさがってはいけません。
    親になるってこういう大変さもあるのよね。

    トピ内ID:87d761c9d16193f3

    ...本文を表示

    ご存じかもしれませんが

    しおりをつける
    🙂
    ぴょんた
    昨年ルール改正があり、主には

    「年間収入が多いほうの親の年収額」に対する「夫婦の年間収入の差額」の割合が、
    ・1割超 :年間収入の多い方
    ・1割以内:主として生計を維持する方

    の扶養になる、と定められました。
    ポイントは年間収入が「今後1年間の見込み収入」に変更されたことです。

    上記を踏まえ該当する方の保険組合に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

    トピ内ID:c924a6fb32aa8248

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    厚生労働省より

    しおりをつける
    🙂
    コナミ
    どちらの保険者も健康保険組合なんですかね…
    扶養の認定について両親ともの保険者が扶養を拒否することで子供が扶養に入れないケースは以前からありそれに関しての基準を厚生労働省が出しています。

    「夫婦共同扶養の場合における被扶養者の認定について(令和3年4月30日保保発0430第2号・保国発0430第1号)」

    で検索しみてください。
    収入は年間収入が多い方が扶養することになっていますが、その基準は過去の収入やこれから1年の見込みなどで判断するため育児休業中に出産した場合に収入実績で判断することは妥当ではあります。
    なので、現在奥様に育児休業中で収入がないならトピ主さんの保険者で扶養に入れことになるでしょう。
    今後奥様が復帰されて収入がトピ主を超えることが確実になったらまた扶養者を変更することになると思います。(延長するかもとか第二子が、とかは余計なお世話ですがね)

    まずは検索で書面がヒットするかと思うのでそれを職場で見せてみてはどうでしょうか?

    トピ内ID:5ba48c87fbdef21b

    ...本文を表示

    収入の高い方。

    しおりをつける
    🙂
    まい
    妻の方が高いなら、妻の扶養。
    育休中に無給なら夫の扶養。
    復職後に妻の扶養にすれば良い。

    第二子の話は余計なお世話ですが、何度も変更するのが面倒だと言いたいのでしょうね。

    トピ内ID:f74b6652841adbf2

    ...本文を表示

    ハラスメントではない

    しおりをつける
    blank
    通りすがり
    健保のホームページは確認しましたか?

    向こう1年の収入が多いほうを生計主体者として、収入が増減したら、つど、削除と増加の届け出をするんです。

    妻は今保険料免除だと思いますが、収入もゼロですよね。だから、扶養にはできないんです。

    夫側の職場に確認したから手続きを知らない人が「面倒なんじゃない?」と憶測を言ったのだと思います。

    夫側の健保に、夫が向こう1年の主たる生計者になるかどうかを確認し、増加届け出をしましょう。

    悩むところではないし、戦うことでもない。

    ハラスメントじゃないですよ。

    復職日が決まっているわけじゃないでしょう?


    あと、産後一ヶ月検診では、母体は保険証が必要だけど、子どもは自費診療だから保険証が間に合わなくてもいいと思います。

    保険証がないと不安なら、今夜じゅうに必要書類を整えて、朝イチで父親側の健保に増加届けをし、電話で検診日を伝えてそれまでに交付して、と言えばいいんですよ。

    うちは分娩直前に私の財布が盗まれて、夕方に警察の証明番号等を電話で申告し、翌日夕方に再交付してもらえました。

    なので、夫側が胡散臭いことをしていなければ、一週間で職場に届くんじゃないかな?

    トピ内ID:44016b40895fcc71

    ...本文を表示

    社会保険だけでなくトータルで考えた方が良いですよ

    しおりをつける
    🙂
    四槓子
    今は社会保険だけを考えてらっしゃいますが、
    税金の扶養控除(奥さまを含む)や児童手当、トピ主様の勤務先での扶養手当関係含め、トータルで考えた方が良いですよ。

    ご夫婦の収入の詳細がわからない状況で安易に言うのもなんですが、私でもお子様はトピ主様の扶養にすることをお勧めします。
    奥様が産後8週ですぐ復職するなら、当てはまりませんけどね。

    奥様の勤務先担当者が仰ってる内容は妥当な内容だと察します。
    むしろ、トピ主様の勤務先の担当者がもっと踏み込んで説明してくれると良かったですね。

    まずはご出産おめでとうございます。
    新米パパ頑張ってください。

    トピ内ID:31bfecad557c8351

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    経営陣に直訴できませんか。

    しおりをつける
    🙂
    Kiruna
    健康保険の被扶養者の手続きですよね。

    20年以上前、妻側の会社の健保担当者に第3子の扶養手続きを拒否されました。その際の言い分が振るっていて、
    「第1子はご主人。第2子はこちら(妻の会社)を希望されたので特別に配慮してあげて手続きした。第3子はやっぱりご主人の側ではないの?」
    こちらは夫婦で合意した上で妻側での扶養を希望しているのです。年収は妻側が多かったですが、現在のガイドラインに定める1割以上の差だったかどうかは微妙です。ちなみに第2子も第3子も妻は育休取得しておりません。
    第3子はその時点で夫側が1か月の育休取得予定だったのでそれも伝えたのですが、やはり妻側健保担当者の主張は変わりません。
    今から思えば「面倒だから自分以外のどこかに押し付ける相手がいるのならそっちでやってくれ」が本音だったのでしょう。

    その時は第3子の保険証発行が遅れても困るのでとりあえず手続きしました。
    しかし納得いかなかった私はその後たまたま社長の代理で「規制の適正化」なるセミナーに出た際、参加報告とともに社長にこの件を直訴しました。規制適正化には規制の運用者の心がけが重要なのに、この健保担当者はどれだけ自分の頭で考えてるんですか、と。
    非常手段だったことは自覚していましたが、私はそれほど健保担当者の「自分さえラクできれば利用者がどんな不利益をかぶろうが、知ったことではない」的な態度が許せなかったのです。
    直ちに社長から労務部長へ雷が落ち、変更手続きが行われました。

    主さんも社長に限らずできるだけ役職が上の方にご相談されてはいかがでしょうか。本件の主さんのご主張は極めて真っ当で拒否する理由はないような気がします。それに、面倒くさいからといって合理的な手続きを取らないような人は往々にして権威にはからっきし弱いので話が早いですよ。

    トピ内ID:04b667c5bfa38e15

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    ありがとうございます

    しおりをつける
    🙂
    産休中
    トピ主です。
    みなさんご意見ありがとうございます。
    なお、トピ主は妻側です。わかりにくく申し訳ありません。

    社労士の電話相談をしたところ、ご意見にもあった通り、子の保険料を保険者が負担するため押し付け合いがよくあるそうです。
    厚労省の通知は、すでに扶養に入っている場合であり、新規の出産における育休中の取り扱いは決まっていないそうです。
    基本的には平素の収入が高い方で良い様ですが、明確な取り決めはないため上記の理由から嫌がられたのだと思います。

    ひとまずは、夫側も今後育休をとる可能性が高いため条件は同じである(両方とも無給)とし、妻側の扶養とすることを希望する方向で進めることになりました。
    なるべく保険料を払いたくない保険者の気持ちはわからなくもないですが、こういったところでも働きながらの育児は歓迎されないのだなぁと感じ、これは少子化にもなるなと思いました。
    被扶養者(子供)の不利益にならないよう、より明確なシステムが必要なのでしょうね。
    新規の出産における育休中の取り扱いをより明確にする必要性について、厚労省のご意見窓口にメールしようと思います。

    色々なご意見ありがとうございました。

    トピ内ID:3cfe7af17abe5471

    ...本文を表示

    ちょっとヨコになりますが「不利益」ありますか?

    しおりをつける
    🙂
    四槓子
    他の方のレスを読んでいて気になったのですが。

    今回の場合、健康保険だけを考えると、
    奥様の扶養にいれても、
    トピ主様の扶養にいれても、
    どちらの扶養にしても変わらないと思うんですが。
    どんな不利益を被るのですか?

    支障があるとすれば、トピ主様が国民健康保険加入だったらわかりますけど、社会保険なら同じですよ。仮に奥様が共済組合加入だとしても今は違いがありません。

    少なくとも奥様側の事務担当者は「事務が面倒だから」の見解で言っているわけではないと思います。むしろ税金や手当など考えてトピ主家の事務の煩雑さを最小限にするためだと思いますけど。

    そもそも、夫婦どちらの扶養にしても変わらないのに、拘るのはどうしてですか?

    トピ内ID:31bfecad557c8351

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    収入が多い方にメリット

    しおりをつける
    🙂
    柚子胡椒
    所得税は累進税率で所得の多い方が払う税金は増えますので、それを下げるためにも扶養控除を増やすあなた方の選択は間違っていませんし、雇用主も拒否できないと思います。
    我が家の場合も共稼ぎで私の方が若干収入は少なかったのですが、夫は単身赴任で住民票の世帯を別にしていましたので子供は私の扶養にしていた、こういうケースもあります。
    実態に応じてということではないでしょうか。

    トピ内ID:483674d6fef9548a

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  15
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0