詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    死別

    お気に入り追加
    レス4
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😢
    さらさ
    ヘルス
    私は60才、主人が58歳で1ヶ月少し前になくなりました。朝は主人と普通に冗談まじりに話をして私は仕事にいきました。夜、帰ってきてもジュータンで寝てるんやと思ったくらいです。触ってから気づき、死後、8時間たっていました。泣いたと同時に不安、孤独、恐怖、1度に襲ってきた感じです。それからは外に出るのも怖くて食事もままならず、主人の動画、写真をみながら何で死んだの?私を1人にしないでと旦那の友達、私の友達がラインしてくれたり、来てくれたりはしますがやはり、寂しさと穴は埋めれません。地方なので、死別の会とかもほとんどありません。死別同士なら話をしてわかってもらえるのかなぁと思いますが…
    今は死んで主人の元に行きたいしかありません。なんで、心臓とまらないんやろって…
    毎日が苦しいです。自殺なら主人と会えないからそれもできません。
    友達らは時間だといいますが
    一分一秒しんどい。それなのに…
    みんなはどうやって乗り越えてるんですか?

    トピ内ID:edd81c84dfaec22e

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 8 面白い
    • 5 びっくり
    • 28 涙ぽろり
    • 165 エール
    • 6 なるほど

    レス

    レス数4

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    並び順:古い順

    お悔やみ申し上げます

    しおりをつける
    🙂
    アクティブ
    突然のお別れでさぞお辛いでしょう。私には想像も出来ません。
    私の場合は父ですが、突然亡くなりました。
    まだ社会に出て何の親孝行も恩返しもしていないうちでした。
    また職場が実家から車で2時間ほどの距離だったので、すぐに現実に戻され
    泣いている暇もありませんでした。

    やはりこればかりは時間が解決するものだと思います。
    本当に残念なのですが、生き返ることはありません。
    思い出は胸の中で永遠に残っています。大丈夫。
    後なんて追ったらそれこそご主人に怒られますよ。

    今を精一杯生きましょう。生きていればまたいいことある!
    泣きたい気持ちをぐっとこらえて、空を見上げてみましょう。
    きっとご主人が笑っています。

    トピ内ID:14388f3c7ca9dd74

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    私は婚約者と死別しました

    しおりをつける
    🙂
    特命係の鶴山
    お悔やみ申し上げます。
    私も暫く眠れない日が続いて、軽い鬱になりました。
    それまで一人暮らしでしたが、それを機に実家に戻りました。
    もしご家族(娘さん、息子さん)がいらっしゃるなら近くに住むか同居が許されるなら同居するか、ご両親がご健在であればご実家に帰られるとかをお勧めします。

    他人は『時間が解決してくれる』とか『もう○年経ったんだから…』とか簡単に言うんですよ。でも本人にとっては、何年経っても昨日の事のようなんです。結局これは自分で乗り越えるしかなくて、どの位時間かかるかは人それぞれです。

    ただ、旦那さんに会いたいからって死ぬ事を考えてはいけません。旦那さんは絶対そんな事を望んでいません。
    きっと旦那さんはあなたに『辛い思いをさせて申し訳ない』と思っておられます。天国から見守っておられる旦那さんに心配かけてしまうと安らかに休めなくなってしまいます。=成仏できなくなってしまいます。

    少しでもいいから食事をして、睡眠をとり、外の空気を吸って下さい。
    お友達でもご家族でも誰かと話す時間を少しでもいいから作って下さい。
    短い時間(バイトやパート)で仕事をするのも気分転換になって良いのではないでしょうか。
    とにかく誰かと接する時間を作って下さい。

    旦那さんの分まで長生きして下さい。
    それが供養にもなります。

    トピ内ID:6c30644e94fe149b

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    私は4年…

    しおりをつける
    blank
    傘子
    うちは突然の事故でした。
    普通に早朝に玄関を出ていく後ろ姿を見送り、深夜に警察からの電話。

    それからはバタバタ…
    当時私は52歳でしたが子供が中学生だったのでやる事が多く、
    泣く暇はなかったです。
    悲しみが増すようになったのは数年経ってから。

    登山やウォーキングに参加したりしましたが、夫婦の参加者が多くて凹みました。
    でも段々とおひとり様の知り合いも出来るものです。
    さらささんの年代なら、もっとお一人様増えてる筈ですよ。

    身軽なのをプラスに考えて、
    お泊りで遊び行ったり、旅行したり。
    正直、毎日の様に思い出すし、1人になると寂しくなるので仕事も変え、今は営業職をしています。
    他人と喋っていると紛れますよ〜
    仕事が無理ならネット会議でも良いので話し相手見つけてください。
    主婦の集まりでなく、独身者の多いところの会議に行くのがコツです。私は随分助けられました。
    おススメです。

    トピ内ID:9b9f43ef1aba4e4b

    ...本文を表示

    たくさん泣いてください

    しおりをつける
    🙂
    まち
    人が泣くのはそれによって癒しの効果があるからだそうです。
    現代社会では人前で涙を流すのは恥ずかしいという観念がありますが、それならせめて一人になった時思い切り泣いてください。
    すっきりはしないでしょうが、それでもわずかに心が救われることと思います。

    トピ内ID:3795e543afd8fbd1

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0