詳細検索

    • ホーム
    • ひと
    • 実母から50年浴び続けている暴言が重しになって苦しんでいます
    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    実母から50年浴び続けている暴言が重しになって苦しんでいます

    お気に入り追加
    レス8
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    トピ主
    ひと
    50歳女性です。戸籍上の配偶者、社会人の娘、ひきこもりの息子(18歳)がおります。
    以下どうぞよろしくお願いいたします。

    5年前に息子と二人で家を出て母親である私の郷里(実家とは別)に住んでいます。
    長年の夫の息子への言葉の暴力、精神的虐待から逃げるため、学校でいじめにあい不登校になったかです。

    実家の父は世間体の悪い娘に激怒、盆と正月の二日以外は帰ってくるな・・と厳命されました。しかし私の方から少しずつ歩み寄って実績(実家の手伝い、料理を大量に作って届ける、墓の清掃、私はセラピストなので父母の体のケアをする)を作って出入り禁止は解かれました。

    しかしもう実家に料理やお花を届けて母の体のマッサージやケアをすることはやめると決心しました。
    実母は昔から無神経で口が悪く、娘の一挙手一投足、体形、服装、言動、買ってきた野菜、人生にまで意気揚々とまるで水を得た魚のように文句、ダメ出し否定します。

    社会人の娘が1歳の頃、私は初めての子育てをとても楽しんでいました。
    そんな頃、実母から「楽しい楽しい育児日記です」とメモがついた実母が書いた日記が送られてきました。読んだときはもう驚愕しました。
    「ピアノが下手。音感悪すぎ。へたくそ!と言って手を叩いたらシクシク泣きだした(3歳のころ)」
    「この子は母親(実母)の欠点だけ集まった子。外に出すと私が恥をかく」恐ろしい言葉の羅列でした。

    実母からの暴言を芋づる式に思い出してしまいました。
    私の顔を見るたび「ぼーっとしている。ルーズだ」
    「近所の○○ちゃんは痩せてきれいになっているのにアンタは太ってかっこ悪いから外に出るな」
    「余り者は余り者同士、結婚するしかない」←見合いを勧められて躊躇していたら。
    暴言から逃げたくてアスペルガー症候群ぎみの配偶者と結婚しました(自己責任)

    暴言が頭に沁みついて苦しいです。

    トピ内ID:40a337945027ae50

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 4 面白い
    • 23 びっくり
    • 5 涙ぽろり
    • 39 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数8

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    並び順:古い順

    貴女がよく勉強して、連鎖を止めましょう

    しおりをつける
    🙂
    幸せになってね
    『戸籍上の配偶者、ひきこもりの息子、夫の言葉の暴力』
    だけで、ご実家も碌でも無いと解ります。

    負の連鎖。
    モラハラ・虐待されて育った娘は、モラハラ・虐待する男と結婚する。
    社会人の娘さんも要注意ですよ。
    へんな男に掴まらないように。
    と、言っても聞かないでしょうから、モラハラの本でも送ってあげて下さい。

    貴女も実家には近づかない方が良いですよ。
    母親だけで無く父親もです。
    息子さんに連鎖すると、加害者側になりますよ。

    トピ内ID:507df5702fe66d67

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    トピ主さんと息子さんと二人でカウンセリングを受けたら

    しおりをつける
    🙂
    そんで
    多分、トピ主と息子さん、長年普通でない環境下にいたために、
    二人ともに認識の仕方に偏りがあるんだと思う。
    だから、認知をニュートラルな状態に自分達を戻す事を第一に考えたら。

    それにはカウンセリングや心理学の本を読んでみたら。

    トピ主も何故そんなひどい両親と接触したいのかがまず分からない。
    何故世話したいのかも分からない。
    毒親からの刷り込みに自動的に支配されているんじゃないかと感じる。

    別家庭ならわざわざ実家に寄り付かないで、
    息子さんと自分の人生を明るくする事に専念しよう。

    トピ内ID:ee1a0f6b0276776a

    ...本文を表示

    底意地の悪さは治らない

    しおりをつける
    🙂
    ぎんねこ
    お母さんが書いていること言っていることを読んだだけですが、幼児の心理がまるで理解できない悪魔のような人間が親になった感じですね。
    底意地が悪いというのが当てはまると思います。過去にこういう底意地の悪い人間に一度だけであったことがありますが、医療関係者の中にこういうひとはいますね。
    初産で出会った公立病院の助産師が一事が万事、こんな調子でした。本来なら、人の御世話する仕事だから、こんな底意地の悪いこと言っていたら、病院に苦情が入るんですけれどね。
    税金で成り立っている病院だから、お咎めがないんでしょう。

    あなたも親じゃなかったら、お付き合いしていないと思うでしょう。ええとこなしだと思いますし、子供の手を叩いたら虐待ですよね。
    どこかで母親の理想を心の奥底に求めているから、お母さんを追うだけで、他人なら、即離れると思います。あなたのお母さんは悪魔です。お子さんとも関わらないほうがいいと思います。
    家族関係の中で、子孫に不登校とか出るのは、お母さんの毒のある言動からでしょうね。

    神様は見ていると思います。

    トピ内ID:e662a3ffb9c505f5

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    フラッシュバッグしてるのでしょう

    しおりをつける
    🐱
    とら猫
    >実家の手伝い、料理を大量に作って届ける、墓の清掃、私はセラピストなので父母の体のケアをする)を作って出入り禁止は解かれました。
        ↑
    親子ですから何があっても 気持ちの上で切ることは出来ないのは分かりますが何故 尽くすのですか?

    一旦 貴女の方から お母さんを捨てないと駄目でしょうね。
    ご両親が病に倒れるなど 何か起こるまでの間は距離を置いた方が良いと思いますが 出来ますかね?

    息子さんを抱えて 主さまも色んな心配 不安があり参っているのかもしれません。
    心療内科で受診してみるのも良いと思いますが。

    トピ内ID:c70fd0675594cd2d

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    不思議。

    しおりをつける
    🎶
    はい?
    辛い思いしてきたのは分かりますが、意味がわからないのです。

    子供の頃から母親に侮辱され続けてきた。
    娘さんがが1歳の頃(20年位前?)屈辱的な育児日記が送られてきた。
    もう此処でバッサリ母親と縁を切れば良いのに、いくら息子さんを父親やいじめから護ろうとはいえ何故また故郷に戻るのでしょうか?

    しかもトピ主さんは実家からほぼ出禁されていたご様子ですが、読んでいるとご両親をよいしょして気に入って貰おうとの如くお伺いたてて出禁を解かせてる・・・
    嫌いな両親に其処までするのかこれも不思議。
    嫌いな親の面倒も見る事なくなるし出禁の方が楽なのに。
    私なら盆や正月も帰りませんけれど?

    嫌いな親に其処までして出禁を解かせておいて、結果母親の性格は変わって無かったからもう料理や母親の世話は止めると決心しました・・・ってことですよね?

    いやいや、そんなお母さん変わると思っていたのならトピ主さんに吃驚だし、母親に嫌な思いあるならそもそも故郷に戻るのも不思議なのですよ。
    手に職もっていて一人でやっていけるなら、全く違う所に行けば良かったのにと思うのですが?

    親元離れた時から物理的に離れていたのにまた戻って嫌な思いしているならトピ主さんが自らそうしてしまった感じですよ?

    そうですね。もう実家には二度と顔を出さないと固く決心するしかないですね。

    トピ内ID:b0848e1a22c1b07b

    ...本文を表示

    イヤ何でその過去状況で実家を選ぶかな。理解出来ない。

    しおりをつける
    🙂
    トピ主は共依存です
    実家そのものじゃなくても、そんな頻繁にお届け物やお世話する距離を選ぶのが信じられません。

    セラピスト=家計を賄える収入があるなら、実家と無関係な日本列島の反対側くらいの場所に引っ越せばよかったのに。

    沖縄と北海道の距離じゃなくても、最低限、新幹線の端と端の距離ですよ。

    なんで、そんな実家に自分からイソイソと奉仕して出入り許可してもらう実績を作る必要があるのかな。

    私の母親もトピ主とソックリで吐かれた暴言もトピ主が書いたことは全部同じ事を言われましたし、書かれていない世間に公表できない暴言も吐かれました。

    でも何クソ根性で未成年の間は我慢して、就職して自分の目処がついたら一人暮らしをして以来、縁切りしました。
    ヤツからの連絡は全て未読無視や既読無視、着信拒否です。

    何がどう可哀想ぶられたい事を言ってきてもシャットアウトです。

    精々してますし身体も心も平和です。

    トピ内ID:7e81726d00ea8ead

    ...本文を表示

    実はよくある話

    しおりをつける
    🙂
    りら
    何か、実家のご両親の機嫌を取る必要があったのでしょうか?
    金銭的な援助か、あるいは実家の土地建物が欲しかった、
    ご両親や親類のコネが仕事に必要だったとか?

    何か理由があってのことで、これまでお付き合いしたものの、
    それが、何かの環境の変化、主さんの心境の変化、いずれかの理由で不要になったということかな、と想像します。

    50歳の人の親なら、後期高齢者の年齢ですよね。
    どんどん、地金が剥き出しになる年回りです。
    ご両親は元々、子供に愛などはなく、
    世間体と老後の補償のために子供を作ったのでしょう。
    大丈夫、そんな親はすごく多いですよ。
    昭和20年代生まれまでは、
    結婚しないと人としておかしい、と言う価値観の世の中で育ち、何の疑問もなく世間体のために結婚した人が多いです。
    家族の愛、というのは、西洋の概念だと思ってください。
    今の70歳以上の人たちには、
    親から子への無償の愛を理解する人の方が少ないと思います。
    仕方ないです。
    そういう世界では、彼らは生まれ育って疑うこともなかったのですから。
    たぶん、家族についての価値観が変わってきたのは、昭和50年代以降に生まれ育った日本人からではないかと思います。

    たしかに、自分は親には恵まれなかった、
    しかし、それはありきたりのよくある不幸で、ものすごい悲劇でも不運でもない、と考えてみてはどうでしょうか?

    トピ内ID:17abac792d821be9

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    なぜそんな両親の元を訪れていたのか

    しおりをつける
    🙂
    ほぼ専業主婦
    息子さんを連れて郷里に帰ったことは、相当な決断だったと思います。
    ただ、5年前なら娘さんは、社会人でしたか?
    それならいいのですが、娘さんの方はどうしたのかな、と気になります。

    タイトルにも書きましたが、両親共がそんな人達なのに、なぜ歩み寄ろうとしたのですか。
    たぶん、そちらに移った頃はまだ、新しい環境での息子さんのケアに、トピ主さんの仕事などで、両親に心を砕いている余裕などなかったはずだと推測します。

    しかもとてもじゃないけどトピ主さんのことを、大切な娘として扱っているふうには見えません。
    なぜ、いそいそと、家の手伝いをしたり、料理を届けたり、マッサージをしてあげたり、そんなことをしたのでしょうか。

    縁切りまでとはいかずとも、苦しめられた人達(ご両親のこと)からは、まず逃げることが一番だと、セラピストの資格を持っているのならわかると思うのですが。

    自分から歩み寄って、しかも世間体が悪いから帰って来るな、という言葉を浴びながらも、歩み寄るトピ主さんの気持ちがわかりません。

    二重三重の苦しみを味わってしまったかのように思えます。

    トピ内ID:e2ba83a727917c88

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0