詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    ゼミの同窓会で落ち込みました

    お気に入り追加
    レス3
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ズズ
    ひと
    卒業後5年ぶりにゼミの同窓会があって参加しました。
    私は3年間お勤めして、社内結婚し退職。現在は2歳の息子がいます。
    ゼミの同窓会に参加したら、結婚しても仕事を続けている人が多く専業主婦はごくわずか。
    仕事の話をされてもちんぷんかんぷんで社会と隔離(表現はちょっとおかしいけど)されているような気持ちになりました。
    眼を見張ったのはN子で、学生時代はあんまりぱっとしなかったのに、今はばりばりのキャリアウーマン。何でも一般職入社から3年を経て系列転換に合格して専門職になったそうです。
    N子とゼミの教授との会話(会社勤務の傍ら今も国文学の勉強を続けていることなど)を聞いていて会話についていけなくなった自分が悲しくなりました。
    こちらは息子に振り回されるし、ママ同士の会話はくだらないことばかりに思われるんです。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数3

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    落ち込む気持ちは、わかりますが…

    しおりをつける
    blank
    リア王の娘
    学校では「知識」を得られますが、学校では習えない「知恵」がママ同士の会話で、得られると思いますが、いかがですか?

    私は、ママ同士の会話で、「恨み、妬み」の感情で動く人を目の当たりにして、シュークスピアを、学生時代読んだときよりもっと深く理解できるようになったと思いましたよ。

    学校や会社だけが、自分を成長させてくれる場でないと思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    勉強しようよ!

    しおりをつける
    blank
    北白川
    元々、国文学の勉強をなさっていたんですか? ということは、お好きなんですよね?

    ちょっとずつでも勉強を再開してみたらどうでしょうか。
    結局、自分に自信がないから寂しい気持ちになるんじゃないでしょうか。

    パートでもいいから仕事始めるとか、勉強を始めるとか、何でもいいと思います。
    お子さんにとっても、お母さんが仕事や勉強に打ち込んで生き生きしてるのって、いいことだと思うんです。

    がんばってくださいね!

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    だいじょうぶですよ。

    しおりをつける
    blank
    蘭子
    安心してください。女性って、往々にして、そういう同窓会などの席では、「自分が一番、素敵で充実していて最高に幸せな女なのよ!」と頑張りすぎるわけです。見栄かな。あなたは多分、そんな毒気に当たっただけですよ。キャリアウーマンの彼女も、家に帰れば、案外、子供に囲まれたあなたを羨ましく思っているかもしれません。あなたの人生、あなたの物ですよ。他人は他人。気にしないで。

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0