詳細検索

    妊娠・出産・育児このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    片耳難聴の子供の子育てについて

    お気に入り追加
    レス86
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    子ぽんたのママ
    子供
    私は、約3ヶ月前に女の子を出産した者です。
    娘は、生まれてすぐ聴力検査にひっかかり、ABRの結果、左耳が難聴だとわかりました。
    私は、片耳難聴という事実をなかなか受け入れられず、妊娠中の自分の何が悪かったのか、自分のどこが悪かったのか、この子は生まれてきて幸せなのか、私はこれからどうしたらいいのか途方に暮れているところ、こちらのサイトを知り、自分ながらにいろいろ勉強しました。
    そして、片耳難聴の方は、みなさんとても前向きで明るいということを知りました。
    片耳難聴のみなさんは、どのように育てられたのですか?そして親にどのようにしてもらってうれしかったのですか?どのようにされて悲しかったのですか?
    また、片耳難聴のお子様を持たれたお母様、お父様はどのように育てることを心がけたのですか?
    細かいことでもけっこうですので、なるべく詳しく教えてくださると助かります。
    よろしくお願いします。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 1 エール
    • 3 なるほど

    レス

    レス数86

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順
    30件ずつ表示

    関係者ではないですが

    しおりをつける
    blank
    pokopoko
    身近にそういう方もいない者で恐縮ですが・・。ある番組に、片側難聴の女の子が出演するのを見ていたことがあります。彼女は若く美しく頭も良く、その気になればいくらでも幸せになれる人でした。私は毎週、番組を見るたび彼女を応援していました。でも、彼女は難聴であることを強く恥じ、隠そうとするあまりに、周囲に辛くあたったり、本当の自分をさらけだせずに苦しんで、最後は自滅するように去っていきました。理想論かもしれませんが、お子さんが障害を恥じるようになるか、障害をものともせず明るく生きる道を選ぶのかは、ご両親の育て方ひとつにかかっていると思います。「五体不満足」という本を読まれたことはあるでしょうか?あの乙武さんが書かれた本です。きっと勇気がわいてきますよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    そんな大げさな

    しおりをつける
    blank
    耳子
    私は片耳難聴ですが。
    なぜトピ主さんがそんなにも動揺しているのか全くわかりません。
    両耳聞こえる方にとっては片耳聞こえないだけで大問題なのでしょうか。
    ためしに片耳ふさいで生活してみてください。
    人と会話出来ますよね。TVも見られますよね。
    目に置き換えるとわかりやすいです。
    両目見えなければ一大事ですが、片目が見えればたいていのことは出来ますよね。
    生まれてきて幸せだったのか、なんて大げさもいいところ。
    何しろ本人は片耳が聞こえない状態しか知らないんです。
    両耳聞こえる便利さを体験していないので、不自由だと感じることもありません。
    人間の体はうまいこと出来てますから、片方がダメならもう片方が頑張って補ってくれるんでしょうね。

    片耳が聞こえなくたって特別な育てられ方されてませんよ。
    音の方向がつかみづらいというのはありますので、外を歩くときは車など注意が必要ですが
    障害あるなしにかかわらず子どもってのは車の音など聞いちゃいませんからね~。

    トピ主さんのお子さんからすれば、お母さんがそんな風に自分を見ていることが不幸です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    子たんぽのママさま(1)

    しおりをつける
    blank
    まる
    まずはご出産おめでとうございます。

    私は物心つく前から左耳の聴力が全くありません。さて、最初からキツイ言葉ですみませんが、私にはあなたが耳の聞こえないことを「あってはならないオオゴト」に考えすぎているように感じます。

    もっと、リラックスしてください。娘さんは健康なのでしょう?そんなに心配なさらないでください。なぜなら、片耳が聞こえない私は不幸でも生きるのが辛いわけでもありません。娘さんだって現時点では自分のことを「不幸」だと感じていないはずです。

    この今の状態こそが大切なんです。あなた(親)が自分の不安や不幸感をそのまま子供に与えても良いことがあるとは思えません。幸、不幸の差は状況ではなく、気持ちにかかっているんです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    小ぽんたのママさま(2)

    しおりをつける
    blank
    まる
    私の両親、兄弟、友人たちは私のどちらの耳が聞こえないのかさえ私に聞く程、私の耳が聞こえないことを気にしていませんでした。今でも聞こえない左側に座って話しかけたりします。

    このことで、私が誰も自分を気遣ってくれないと悲しく思ったと思いますか?答えは「いいえ、全く!」です。

    なぜなら、私自身にとっても、自分の耳が聞こえないことは普段考えもしない「小さなこと」だったからです。もちろんコンプレックスにもなっていません。だから聞かれたら(聞かれなくても)「左耳が聞こえないんだよ~」と明るく言えました。

    幸い、聞こえる耳の聴力普通の人よりもかなり良いです。これは赤ちゃんの時に聴力をなくしたからこそですね。おまけに、両耳が聞こえる感覚、その世界は想像もできませんし「知らない」のですから(「知らない」こと「はないこと」と同じ。比較対象もない)片耳生活は全然苦に感じません。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    子ぽんたのママさま(3 *最後)

    しおりをつける
    blank
    まる
    もちろん、音がする方向がわからないことや、騒がしいところで聞こえない方の耳側で話されると聞きづらいことはありますが、これはそれを回避する方法がいくらでもあり、私の中では「問題」にもなりません。

    両耳が聞こえる世界を「知らない」と、可哀想ですか?あなたはどうお考えですか?私は自分のことをそう思う人がいることは理解できますが、自分自身を可哀想に思ったことは一度もないです。

    今私がこういう風に思えるのは、上に書いた私の育った環境のおかげです。もう一度書きますが、今の時点では娘さんはまだ「不幸な子」でも「可哀想な子」でもありません。

    将来、彼女が自分の耳のことを含め、自分自身のことをどのような人間だと思う(評価する)かは、彼女の性格はもちろんですが、これから常に彼女と関わり影響を与え続けていくであろう、あなた方家族が彼女にどう接していくかで決まることも多いのです。

    どうかリラックスして、子育てを楽しんで下さい。
    娘さんが元気に育ちますように。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    片耳ならば

    しおりをつける
    blank
    Fish
    そんなに悲観的にならなくて良いと思います。
    保健所などで検診の時に言葉の遅れが指摘されるようなら言語訓練に通えば良いですし、もう一方の耳が正常であれば大きな問題は無いですよ。
    かえってお母様が『家の子供は片耳聴こえないから・・・。」とずっと側で悲観的でいられたらお子さんだって辛いと思います。
    耳は片方聴こえれば十分普段の生活は送れます。片耳聴こえなくてかわいそうと考えるより、もう片方の耳が聞こえて良かったと考えてみてはいかがでしょう?そしてその耳を大切にして下さい。
    コンサートに行ってスピーカーの前に座って大音量を聞いたりなどのようなことを避けて、定期的に聴力検査を行い聴力管理をしていったら良いと思います。中途失調で急に聞こえなくなるよりも、産まれたときから片耳聞こえない子供の方がその環境に慣れているので社会への順応も早いですよ。心配ないですよ。お母さん前向きに!!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    子供はすごいです

    しおりをつける
    blank
    あおぞら
    うちの子の場合、はっきりわかったのが5歳のときです。

    小学校入学にあわせて(当時幼稚園にことばの教室はなかった)市内のある小学校に併設されている「ことばの教室」に入室しました。(通っている学校とは違います)

    そこでは専門的訓練を受けている教員が、毎週1時間、子供と1対1で訓練してくださいました。
    その結果、2年ほどで発音も見違えるほど上手になり、クラスメイトとの会話にも不自由はなくなりました。

    ただここに入室するには、いろいろ煩雑な手続きがある上、また希望者も多いため希望したからすぐに入れるというものでもありません。

    いまから行政との連絡を蜜に取られ、お子さんになにができるのかできないのかを確認されることが必要かと思います。行政ができない部分は個人で対応しなくてはいけないかもしれません。

    ありのままの子供を受け入れる事に抵抗を感じた事もありますが、子供は大人よりはるかに柔軟で適応力があります。

    お子さんの可能性を信じてあげてください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    幸せは、耳が原因ではないですよ

    しおりをつける
    blank
    ハナコ
    こんにちは、私の担当美容師はとても素敵な片耳の男性です。
    私の尊敬するヘレンケラーが言いました。耳・目・言葉を失ってもそれが不幸の原因とはならない。
    本当にそう思います。行きたい所へも行けます。片耳が聞こえます。見たいもの・・etc・・
    美容師の方も全然生活に困らないと言われていました。
    お母さん、強く頑張って下さい!
    片方は聞こえます!それより、何かに恐れて子育てする方がずっと不幸です。
    どう生きるかが大切なので有ると思います。健常でも生命を大切にしない、周囲の人を大切にしない、感謝をしない生き方そのものが不幸だと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ご心配でしょうが

    しおりをつける
    blank
    てらてらおつきさま
    予期していなかったことで驚かれたでしょう。
    お察しします。
    お子さんに病気や障害があることを知った時、どんなお母さんでも不安に押しつぶされそうになります。

    私は現職ではありませんが、聴覚障害のある子どもたちと関わってきました。
    多くの親子を見てきましたが、親御さんが神経質になると、お子さんは必ず自分の聞こえにコンプレックスを抱くようになります。
    ご心配でしょうが、お母さん一人が頑張らなければならないわけじゃない。たくさんの人が力になってくれます。
    たくさんの人の力を借りて、お母さんはど~んと構えていること。
    それがお子さんにとって何よりの安心につながります。

    まったく聞こえないとなると、どうしても言葉の発達等で困難があります。
    お子さんの場合、片耳難聴とのことでしたので、どちらかというと自分の聞こえとの上手な付き合い方を学んでいくことが大切かな、と思います。

    (続きます)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ご心配でしょうが

    しおりをつける
    blank
    てらてらおつきさま
    聞こえの程度について書かれていないのでわかりませんが、難聴の程度によっては片耳のみ補聴器を使用します。
    お住まいの地区に言語・聴覚障害児の通園センターなどがあるはずです。
    そこでは幼稚園年齢から通園して、言語の習得などを専門的にサポートしているのですが、聞こえの程度によっては、そこへ通って補聴器に慣れるための練習をすることもあるでしょう。
    補聴器に慣れ、聞くことに慣れれば、日常生活での不便はかなり解消されます。

    とはいっても、それはもう少し成長してからの話。今は、普通に接していて構わないと思います。
    気をつけることは、よく話しかけ、声や音の刺激を与えてあげてください。

    片耳難聴ということで、若干、危険に対する反応が遅れる場合もありますので、もう少し成長したら、そういったことにも注意し、また注意できるように声かけしていくことも必要かもしれません。

    聞こえの程度は変化する可能性もありますから、継続して見守っていく必要もありますね。

    そして、お住まいの地域で、信頼できる保健師さんやかかりつけ医を見つけてください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    大丈夫、大丈夫

    しおりをつける
    blank
    片耳です
    我が子に何かあるって言われれば大なり小なりショックを受けて動揺する時期もあるかと思いますが、片耳だけの難聴なら、そんなに深刻に考えなくても大丈夫ですよ。
    私も物心ついた時から左耳が全く聞こえない片耳難聴です。
    どうやって育てられたかといえば、親が難聴のことに気づいてなかったので、普通に育てられました。
    自分で気づいたんだったか学校の検査で引っかかって気づいたんだったか忘れましたが、普通に生活できていたので事実を知っても親が心配するふうでもなく、むしろ私自身が成長とともに必要ならば関わる人に説明したりして対処してきたような感じです。
    もし、親が深刻そうにしてたり、変に気をつかわれたりしてたら、私の気持ちも違っていたかもしれません。
    普通でいいんだと思います。
    私自身、普通に学校を出て、結婚し、子供もいます。
    こう言っちゃなんですが、生きていく上で片耳なんてことは、たいしたことじゃありません。
    思い込みや考え過ぎで、たいしたことないことまで深刻になってると、本当に深刻になってしまいますよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    悩みすぎでは??

    しおりをつける
    blank
    lina
    私は小学校の検査で片方の耳が聞こえていないことがわかりました。
    左側から小声で話しかけられたりすると、ちょっと困りますが、それ以外、とくに日常生活でそれを意識することはありません。
    将来のことを案じられるかもしれませんが、ちなみに私のことを申しますと、「一流大学」を卒業して、「大きな会社」に正社員として勤めており、結婚もして、2児の母親です。
    親のせいとおもったり、その障害のせいで深く悩んだりしたことはないですよ。
    本人の立場と親の立場は違いますから(私の親もいろいろ心配したようですので)、悩まないでとはいいませんが、もっと気楽に構えていいのではないでしょうか。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    おおげさかも・・・

    しおりをつける
    blank
    こぱんだ
    私は後天性ですが幼稚園の頃から片耳の聴力がゼロです。
    会話も普通、勉強も遊びも仕事も普通にしているので、
    こちらから言わなければ片方が聞こえないという事に誰も気づきません。

    おそらく聴こえる側の耳の聴力がかなりいいのか、
    テレビの音を大きくする必要もなくむしろ小さいほうだと思います。
    ただざわついたところで聴こえない方から話しかけられても
    気づかなかったりだとか、人の気配を感じにくいところもあるので、
    不便な面もありますが悲観するようなことでもないです。

    確かに親としてはあれこれ悩むし自分を責めたりすると思います。
    だけどこれから一生、聴こえないという事実を背負うのはお子さんです。
    もしかしたら聴こえないことをからかう同級生もいるかもしれません。
    (私もそういう事がありました)

    そういう時に母親であるトピ主さんがデ~ンと構えて、
    受け止めてあげなくてはならないので、
    まずトピ主さんが事実を受け止め、気持ちの余裕を持ってください。
    今のような心理状態で接する方がお子さんは不安だと思います

    普通に育てる、それが一番です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    普通に。

    しおりをつける
    blank
    アンパンマン
    私が某損保会社の社員だった頃、片耳が聞こえない先輩がいました。自分が生まれる時の不測の事態の影響だそうです。すごーく仕事のできる方で、上司からも大変信頼が厚かったです。その先輩が産休明けで復帰したときに、こっちの耳が聞こえないから、反対から話しかけてねと言われました。私は言われるまで全く気付きませんでした。普通に学校は卒業して就職していますよ。
    主人の会社の同僚も片耳難聴で補聴器を付けていましたが、数年前に人工鼓膜を入れる手術をしました。聞こえるようになってとても快適だと喜んでいました。ちなみに彼は京大卒の研究職で、当然学生時代は普通の学校でずっとやってきています。今は結婚されてお子さんも生まれました。
    これから成長してくる上で心配はつきないと思います。言葉が遅れてきたら言語訓練もありますし、まだ3ヶ月とのこと、今はたーくさん語りかけてリラックスして子育てしてくださいね。どうか悲観的にならないように・・・。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    大げさ過ぎだよ。

    しおりをつける
    blank
    左聞こえない。
    自分自身が片耳難聴の者です。

    とぴ主さんおちついてください。
    片耳が聞こえなくても全然困りませんよ。
    音の方向がわかりにくいことはありますが,私は今までに困ったこと有りませんよ。そりゃあ聞こえない方から内緒話されたら聞きとれないけど,そのときは「私こっちの耳が聞こえないの」と言って反対側の耳を出しゃいーんです(笑)

    ちなみに私は国立大学を卒業。結婚してフルタイムで働いています。

    ちょっと反応が大げさすぎですよ。たいしたことないから大丈夫ですよ。

    この程度で「この子は生まれてきて幸せか」なんて・・・もっと気持ちを強くもってください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      私もそうです

      しおりをつける
      blank
      まりこちゃん
      方耳難聴(完全失聴ではなく多少は聞こえている)です。

      生まれたときからこの状態がニュートラルなので、あまり気にしたことはありません。
      親も特に、そのことだけにナーバスになることなく育ててましたよ。
      ピアノも習ったし、歌も歌えるし(もう片方の耳はかなりよい性能になりました)、音感も良いと先生に誉められました。
      大学に行って、希望の職種について、たくさん恋もし結婚もし、子供にも恵まれました。

      自分の人生に何も不満、不安はありませんよ。親に心から産んでくれたことを感謝しております。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      何とかなります

      しおりをつける
      blank
      ちゅん
      ほとんどの人が、両方聞こえて生まれてくるのに、なぜ
      うちの子だけがと悲観する気持ちわかります。
      うちの子も、耳ではないですが、外見に先天的な障害が
      あり、他人から、命に別状ないから励まされますが、
      やっぱり悲しくなることがあります。
      でも、子供には、その気持ちは決して
      わからないようにしてます。
      もって生まれたものを乗り越えていく強さを
      持ってほしいからです。
      親がくよくよしていては、子供の足をひっぱります。

      ちなみに、うちの母は片耳が全く聞こえません。
      5~6歳の頃に中耳炎をこじらせて内耳まで炎症が
      拡がったためです。
      本人が片耳で困ってることは、聞こえないほうから
      話しかけられると聞き取りにくいということくらいです。
      家族は、全く気にかけてません。
      というか、忘れて生活してて、どっちの耳が
      だめなのかも覚えてません。
      母は、もう年のせいもあって、健康なほうも前よりは
      聞こえが悪いようです。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      気にすることはない

      しおりをつける
      blank
      お姉
       姪っ子が7歳の時、みずぼうそうで高熱になり、左耳が聞こえなくなりました。その事実を聞いて私は、妹は何をやっているんだと怒っていましたが、盆正月に2回程会いましたが、全くと言っていいほど今までと変わりありませんでした。

      このトピを読んで、ああっそういえば!と思いだしたぐらいです。だから、あまり心配することなく、普通に子育てをがんばればいいのではないでしょうか。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      出産間もないからナーバスになってます?

      しおりをつける
      blank
      ぱにま
      私も左耳だけ聞こえませんが、この程度の“ちょっとした障害”を抱えている人は、見た目では分かりにくいですが結構いると思いますよ。

      「この子は生まれてきて幸せだったのか」なんて大真面目に書かれているだけに、失礼ですが、笑ってしまいます。ごめんなさい。
      両親が私の片耳難聴を知ったのは私がもう11歳になったときでしたが、その後もどちらの耳が聞こえないのかすぐ忘れる始末。
      でもそれぐらい大らかに接してくれたほうが本人は助かります。

      学校などでも特別な配慮は必要ないとは思いますが、これは様子を見て考えればいいのではないでしょうか。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      やめませんか

      しおりをつける
      blank
      ちょいす
      トピ主さんが動揺していらっしゃること、悲観的になっていることに、やや厳しい意見が飛んでいますが、やめませんか。
      母として、不思議な感情ではないと思います。
      トピ主さんは、片耳難聴の方=不幸な方、と言っているわけではないじゃないですか。そういう意図はないはずです。
      片耳難聴に限らず、それが他人にとってはどれほど些細でとるに足らないことであっても、母は我が子にこととなると不安に襲われるものですよ。
      初めての、産まれたばかりの我が子に、湿疹ひとつできてもどうしたんだろう、少し食欲がないだけでも調子が悪いのかな、と心配した経験ってないですか。
      どんな些細なことでも心配に思ってしまうものです。
      ましてや、自分自身は体験したことのない、想像していないことが起こると、不安になってしまうのは仕方ないことと思います。

      片耳難聴の方、その親御さんは、経験やご意見を紹介してトピ主さんの『誤解』を解いて差し上げればいいのでは?
      大げさだとか、不幸だと思っているのか、と詰め寄っても意味がないと思います。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      兄の片耳は全く聞こえません

      しおりをつける
      blank
      ぽんず
      妹の私から見て、片耳が聞こえないからといって両親・祖父母から特別なことをしてもらっている兄を見たことがありません(笑)今は38歳、3児の父で学生時代は留学していたので英語もペラペラ~です。そんな兄をかわいそうだと思ったこともなかったですし・・

      片耳が聞こえないとは言え、本人にはそれが「普通」の状態あり、聞こえる耳で対応していたので気にしている様子はありませんでした。ただ・・カラオケに行くとしきりに、耳が聞こえないからと言い出します←音痴だと思ってるみたい・・・照れ屋サン??

      トピ主さんの質問に沿う内容ではないですが・・
      どうか娘さんとの生活を楽しんでください。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      トピ主です。

      しおりをつける
      blank
      子ぽんたのママ
      みなさん、たくさんのお言葉ありがとうございます。
      私自身がまだまだ未熟なことがよくわかりました。
      本当に娘は今何も悲しいとも思っていません。これから今の状況が普通だと思うでしょうし、それを私が悲観していたら、娘自身がそのことを悲しむとわかりました。
      結局、娘がかわいそうではなく、自分がかわいそうで悲劇の主人公にでもなっていたように思います。
      育児方法がどうのとか、考えるのではなく、片耳難聴は娘の個性として受け止め、愛情いっぱい育てることが大切なのだとみなさまのおかげで思えるようになりました。ありがとうございます。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      トピ主です。

      しおりをつける
      blank
      子ぽんたのママ
      今、ちょいすさんからのお言葉、見させていただきました。
      すごくうれしく思いました。ありがとうございます。
      優しい言葉でとてもとてもうれしかったです。
      けれど、みなさんのお言葉もとても感謝しています。
      今の私にはきびしく思える言葉もありますが、それぐらい言ってもらわないと、私には片耳難聴を重大事と思う気持ちがおおげさすぎと気付かなかったと思います。
      耳にこだわるばかり、娘のほかの良い部分も悪い部分も気付かずにこれからの時間を過ごしてしまうという間違えをしてしまうところでした。
      これからは、今の娘と十分に向き合っていきたいと思います。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      たいしたアドバイスは出来ませんが…

      しおりをつける
      blank
      でん
      お子さんが片耳難聴と聞かされ、さぞショックを受けられたと思います。私の息子も小学校入学前の健康診断で右耳が難聴と診断されました。逆に言うと幼稚園時代はまったく気にしなかった、と言う事です。診断を受けた時は私も結構落ち込み、妊娠中に何か悪いものを食べたせいかなのかとか自分を責めたりもしてました。が、当の本人はまったく問題にしてませんでした。まわりのお友達もまったく気がついていませんし。ただ、小学校に入学してからはあらかじめ担任の先生には伝え、席の配慮などをしてもらっていました。が、それも4年生となった今はまったくしていません。特別なことなんて何もしないで大丈夫ですよ。人間の体って不思議なもので、ちゃんと聞こえる方の耳が補ってくれますから。平衡感覚もバツグン!お母様も気持ちをおおらかにもって、子育てを楽しんでくださいませ

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      私も同じ立場です。

      しおりをつける
      blank
      タツノオトシゴ
      私の息子も生まれつき片耳難聴です。
      子ぽんたのママさんと同じ、生まれてすぐ聴力検査に引っかかり、大学病院にて受診したところそのような結果でした。

      私達夫婦も生まれつき耳が不自由で遺伝なのではないかと多少落ち込みましたが、、
      落ち込んでも何もならないので片耳難聴と上手く付き合っていこうと前向きな考えを持つようになりました。
      その息子は1歳7ヶ月になりますが、不自由さは全く感じません。
      全く聴こえてない私達よりはまだいいですし、、

      ただ、聴こえてるほうに中耳炎がかかったときは聴こえず、大変な思いをしましたが、
      聴こえるほうを普通以上に大切にしてあげることが親の務めだと思います。


      お互いがんばりましょう。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      妊娠・出産・育児ランキング

        その他も見る その他も見る

        普通で大丈夫ですよ

        しおりをつける
        blank
        mono
        うちの息子、生まれた産院で7日目の退院の日に
        左側が高度の難聴だと診断されました。
        ABRで、です。
        その時に「普通の生活が可能ですし、補聴器も必要ありません」と医者に言われましたが、生まれたばかりの息子が何も知らずすやすやと眠る顔をみて、何ともいえない気持ちでいたのを思い出します。新生児なのにMRIを受けたり、私も産後でかなり参りました。
         あれから、6年が経ち、この春に小学生になります。騒がしい場所で、聞こえが悪い耳の方向から話しかけると、気付かないこともありますが会話も生活も至って普通になので、親の私も耳の事は普段は忘れてしまっています。
         続きます

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        続きです

        しおりをつける
        blank
        momo
        ただ、聞こえが正常なほうの耳を守るために
        中耳炎とかには気をつけてます。耳掃除をあまりしない、年に一回はかかりつけの病院で聴力検査をする、などです。これからプールなど心配な事もありますが
        あまり神経質にならないように育てるつもりです。
         まだ3ヶ月の赤ちゃんなので、ご心配な気持ち本当に察します・・。親なら、子どものどんな不便も気になりますよね。でもお喋りをしてくれるころにはすこし今の気持ちが楽になられると思いますよ!
         私の周りにも、意外と片側性の難聴を持ってる方がいらっしゃる事が息子の誕生後に知りましたが、大きな不便はなさそうです。もし、不便があっても、その状況の中での精一杯の幸せを感じていく事が出来る、そう生きていこうと6年前に夫と約束しました。
        大げさですが、全てにおいてそういう気持ちで生活するように心がけてます。
         6年前の自分をみるようで、つい投稿してしまいました。6年後のあなたが保障しますよ。大丈夫です。今しかない可愛い赤ちゃん時代を楽しんでくださいね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        わたしは右耳が聴こえません

        しおりをつける
        blank
        一児の母
         小さいころになんらかの理由で難聴になったようです。わかったのは年中のころ。両親は心配して大学病院やら、針治療やらいろいろしてくれましたが「現代の医学では治りません」で大人になりました。

         でも小さいころに方耳の聴力がないというのは、普通とさほど変わらないそうです。いいほうの耳でやっていけるので平衡感覚も普通ですし、しいていえば救急車のサイレンが聞こえてもそれがどこから来るのかきょろきょろしちゃうくらいです。

         学校にいったら自己紹介とかしますよね、クラス替えの時などに。そのときに自分で「右耳が悪いです」といいました。おかげでなんの苦労もありませんでした。中高大とは取り立ててそのようにいいませんでしたが、友人の会話が聞こえにくいときとかは、「ごめん片耳わるいねん」でOKでしたし。

         車の免許も普通にとれますし、就職も問題なし。結婚も出産も大丈夫。

         大人があれこれ悩むより、子供は当たり前のこととして受け止めて自然に生きていけますよ!

         大丈夫!大丈夫!!

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        小ぽんたのママさま、ちょいすさま

        しおりをつける
        blank
        まる
        【小ぽんたのママさま】
        先のレス(1)でお名前を間違えたまま送信しまいまいました。すみませんでした。 

        【ちょいすさま】
        あなたのおっしゃることは、ある意味ごもっともです。ですが、私は誰もトピ主さんを「責めて」いるようには感じません。それどころか、(特に)片耳難聴者の方は自分の気持ちを押さえて、とぴ主さんと彼女の娘さんのことを考えて発言しているように感じます。

        私は最初このトピに不快感を感じ、レスをするのをやめようかと思いました(この意味がおわかりになりますか?)。それでもレスをしたのは、私もあなた同様「トピ主さんの質問の意図」を正しく理解できたからです。きっと他の方もそうではないでしょうか。

        受け取り方の違いはあると思いますが、みなさんの発言はトピ主さんと彼女の娘さんのことを本気で考えてレスをしていると思いますよ?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        我が家の次男も同じです

        しおりをつける
        blank
        とらこ
        我が家も産まれてすぐに産院での検査で発見された、左がほとんど聞こえない片耳難聴です。現在、2歳になったばかりです。
        わたしも母親としてトピ主さんと全く同じことを考えました。どうしてなんだろう、そしてどうすればいいんだろう?正直、まだ考える時があります。
        数ヶ月に一回、大学病院の言語聴覚士のもとに通っていますが、毎回先生の言葉に一喜一憂しています。
        ですが、毎回こちらの片耳難聴に関するレスを読んで、前向きな気持ちが少しずつ増えてきました。親が悲観的ではいけない、前向きな気持ちこそが一番子供のためになる、と。
        私は、我が子がその障害を明るく素直に受け止められるように育てていきたいと思うようになりました。わたしもがんばります!トピ主さんもいっしょにがんばりましょう。親も日々成長しなければ!

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        聴覚に障害のある生徒を教えていますが…

        しおりをつける
        blank
        まお
        正直な話、父母面談でお母様から聞くまで最初の二、三ヶ月、全然気付きませんでした!ただ、その生徒はいつもヘアバンドをしていたんですが、それが片耳の補聴器を隠すためだと言う事を、その時お母様から聞きました。

        その生徒はクラスで特に支障があるようではなかったため、私も他の生徒も全然気付かなかったのですが、その事を正直にお話しして、もし配慮が必要だったら言ってくださいとお母様にお伝えしたところ、その生徒は、次の週からヘアバンドをせずに学校に来るようになりました。周りの生徒たちは、補聴器よりも、「いつものヘアバンドがない!」というので最初「お~」と少しびっくりしていましたが、それ以外は特に大げさな反応もなく、自然に受け入れたようです。

        必ずしも全国全ての子供たちがそのような子供たちではないと思いますが、私はその生徒が特別扱いされたくないようだと強く感じたので、トピ主様の場合も、まずは親御さんがありのままを受け止めて、普通に接してあげるのが一番なのではないかと思います。
        少し横になってしまって、申し訳ありません。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        大丈夫ですよ!

        しおりをつける
        blank
        ゆめ
        我が子8歳も左耳が聞こえませんが、
        たまーーに聞き取りにくい事がある程度で
        ぜんぜん元気に楽しく過ごしています。
        お友達が「○ちゃ~ん」と小さい声で呼んだときに
        ごくたまに聞こえてない事があり(方耳難聴のせいかは不明)そのときは
        「左耳が聞こえないから気づかないときは大きな声でもう一回いってね~!」と、お願いしてますがごくごくたまにです。最近ではないですね。

        学校に左耳が聞こえないことは報告していて
        席を前にしてくれたりしてくださいましたが
        先生も本当に難聴ですか?と聞かれます。
        子供自身、右耳が聞こえるので特に自覚もなくです。
        とても心配でしょうが、あまり深く考えすぎると
        ノイローゼになったり、子供が神経質になりかねないのでのびのびと子育てしていくといいと思います。

        子供が大きくなるにつれ方耳以上の心配事も出てきますし、育てていくうちに大丈夫と実感されると思います。
        頑張ってくださいね!

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        私の親がしてくれたこと(1)

        しおりをつける
        blank
        緑の風
        私も片耳難聴(右)です。
        親がどうこうしてくれたことはない、と思っていました。でもあとあと聞いたところによると、幼稚園や学校では学年が変わるごとに先生のほうに伝えていたようです。
        ・聞こえない方の耳の後ろから声をかけると気付かないことがある。とか、
        ・ときどき聞き違いがある。とか、
        ・教室内での席が左端などの場合、“聞こえ”に影響がありそうなら配慮をお願いします。とか。

        結果的には私が子供の頃は大きな問題もなく過ごせました。今の時代は、教室がうるさくて先生の声がが聞こえにくかったりするケースも考えられるので、ひとこと言っておくだけでも違うかも知れません。

        小さい頃は、お母さんとしてはお子さんを特別扱いせず、でも日々子供の様子を見ながら対処する、というスタンスでよいのではないでしょうか。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        私の親がしてくれたこと(2)

        しおりをつける
        blank
        緑の風
        大きくなってくると自分で対応できるようになりますし、そのようになってほしいと思います。隣の人から話しかけられたときに「こっちは聞こえないから、反対側から話しかけてね。」と自分から言えるようなお子さんに育ててあげてほしいです。
        ちなみに英語学習なども、私の場合は全然問題ありませんでした。社会人として、親として、まったく普通に生活しています。

        若い頃には「耳が悪いから○○ができないんだ」と耳のせいにすることがひょっとしたらあるかもしれませんが、話は聞いてあげつつも甘やかすことなく接してあげれば良いのではないかと思います。

        子育て、頑張ってください。

        (ちなみに、もう片方の耳は聴力検査でも平均以上によく聞こえます。聴力が発達するのでしょうか。神経が集まっているのかしれませんが、何かの気配に反応して耳がピクッと動くこともあります。獣のよう???)

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        他人事とは思えません

        しおりをつける
        blank
        さくらっちょ
        ABRの結果、さぞショックを受けたことと思います。
        新生児の場合、「これまでちゃんと生きてきた」という実績がない為か、
        ついつい先を悲観してしまうお気持ち、よく分かります。
        難聴の程度によっては参考にならないかも知れませんが、私の娘の話をします。

        娘は仮死状態で生まれた為、NICUに1ヶ月入院しました。
        退院時、ABRを実施した結果、左耳の反応が悪いと出ました。
        生後6ヶ月で再度ABR、左60db(中度難聴)で右40db(低度難聴)と出ました。
        その後、7ヶ月、8ヶ月、10ヶ月でそれぞれCOR(条件詮索反応聴力検査)を行いました。
        CORの結果は徐々に良くなっていき、10ヶ月で日常生活に問題なし、となりました。
        乳児の場合、音に対する反応も発達段階なので徐々に値が良くなることは割とあるようです。
        また、良い方の耳が悪い方の耳の聞こえをカバーできていれば大丈夫であり、
        CORは両耳一度に行う検査なので、これが良ければいいということです。

        トピ主さんの娘さんもまだ3ヶ月ですから、実際に日常生活に支障が出るレベルか
        どうかはまだ判断できないと思います。(続きます)

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        他人事とは思えません(続き)

        しおりをつける
        blank
        さくらっちょ
        (続き)私もかなり心配し、色々調べまくりました。片耳とは言え、発語が遅れたり
        補聴器をつけたりしないといけないこともあることを知り、ますます不安になりました。
        そんな時、“聞こえない子をもつ親のページ”の掲示板にたどりつきました。
        膨大な過去ログには同じような心境の方がたくさんいらっしゃり、励みになりました。
        そこで学んだことは、「聴力がどうであろうが、たくさん話しかけてあげて、
        子供と過ごす毎日を楽しめば良い」ということです。
        それまでは、ついつい色んな所から呼びかけては聞こえを試すようなことをしており、
        子供との触れ合いを心から楽しんでいなかったような気がします。

        今、娘は1歳を過ぎ、元気に過ごしています。
        しかし発語がまだなので完全に安心はできません。
        でも普段はそのことは頭の片隅にいっちゃってます。
        子供は聴力以外もどんどん発達していきます。それを思い切り楽しまないと損だな、
        と今の私は思います。

        とりとめのないレスになってしまい、すみません。でも書かずにいられませんでした。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        今ならではの対処

        しおりをつける
        blank
        ききみみずきん
        こんにちは。
        右耳が全く聞こえず、左耳が中等度の難聴者で、50代です。
        私は残された聴力を活用するように育てられました。
        子どもの頃、父から、晩酌の傍ら、いろいろな世間話を聞かされたのが、ありがたかったです。
        難聴だと、耳学問が手薄になりがちだと思うのです。

        生後まもなく分かったのは、新生児スクリーニングのおかげで、この検査もついこの間始まったばかり。
        私のような年配者は、「そんなに早く分かっていいね」と強く思います。
        聴神経に問題が無ければ、早期発見を活かして、補聴器をつけられることを、私もお薦めします。
        子どもの発育における脳の発達のタイミングを活かして欲しいと思います。言葉を覚えたり、耳から入ってくる情報で、脳をより活性化するということで。

        のびのび育ててあげて下さい。
        もし、子どもがどうしても補聴器が嫌だというのであれば、片方が健聴なら、つけないのも一つの生き方と見てください。脳も大事だけれど、心も大事だと感じますし、他の方の意見からそう推測します。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        当事者しかわからない。

        しおりをつける
        blank
        フライフィッシャー
        私は片耳難聴です。多く、ちょいすさんに同感です。
        私は親から特別に育てられたとは感じていません。ですが・・・親はトピ主さんのような思い(心配)は秘めていたと思います。現実を受け止めなければならないのです。どうのこうの言ったって片耳難聴が治るわけではない場合はね。無意味なのですよ。ここのレスでは達観視する意見が多いですが、、私自身は幾度と片耳難聴でなかったら・・・と思う場面出くわしますし、健康であれば違った世界、人性があったのかもしれないと思うこともあります。障害があるとどうしても健常者と比べてしまうものです。
        トピ主さんの思いは十分わかります。でも接し方は特別扱いしないで片耳難聴はたいした事はないという態度で接していくのが良いと思います。後は子供成長とともに当人が受け止めてくれる事を願うしかないかと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        お母さんのせいではないですよ

        しおりをつける
        blank
        福寿草
        ごめんなさい、私は「片耳難聴」のことは何も知らないのですが、ちょっと気になったので・・・。

        「私の何がいけなかったの?」なんて、ご自分を責めないでくださいね、「誰も」「何も」悪くなくても、
        そういうことはあります。

        私は一度流産の経験がありますが、知人から「何が悪かったんだろうねえ?」と言われてかなり傷付きました。「何も悪くなかったわよ!」と言いたくなりましたが、妊娠経験のない人にはわからないこと、と割り切った記憶があります。

        確率的な問題で、母体には何も問題がなくても、そういうことはあるようですよ、皆さんもアドバイスしているようですが、あまり悩まないでくださいね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        参考になりますかね?

        しおりをつける
        blank
        かぼ
        私も片耳が難聴です。
        どのように育てられたのですか?との事ですが
        難聴であるということに全く気を使われず育てられました。
        そのせいか私も難聴である事を特に意識することなく育ちました。
        日常生活での不便なことは、聞こえない本人が勝手によりよい方向へ導いていくと思います。

        例えば両耳が聞こえていても、話を聞き取れなかったら耳をそばだててもう一度聞きなおしませんか?
        片耳でも何ら変わりはないと思います。
        聞こえる側に相手にいて欲しければ、自然とそういう立ち位置を望むようになりますし、親が気をつけてやらなくてもいいと思いますよ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        お気持ちお察しします。

        しおりをつける
        blank
        ラン
        私は両耳難聴です。
        私の母も私が難聴だと知らされたときトピ主さんと同じような気持ちになったそうです。毎日泣いてばかりいて、私に対して負い目を感じていたそうです。

        私は両耳が聞こえないので、言葉の訓練のためにいろんな学校で学びました。聞こえないことでいじめられたりもしましたが、今は聞こえなくてよかったと思っています。難聴でない自分は想像出来ませんし、難聴だったからこそステキな出会いもあります。

        トピ主さんのお子様は片耳だけ、ということですので、普通に接していても問題はないのではないでしょうか??よく本を読み聞かせしたり、いろんな子ども達と遊ぶことが良いのでは…。

        各地域に難聴児の親の会や難聴児の集まりなどに行かれて、情報交換してみてはいかがでしょうか。けっして1人ではないこと忘れないで前向きに明るくいかれることを願っています。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        おおむね大丈夫

        しおりをつける
        blank
        みわっこ
        皆さんおっしゃっているように片耳だけの難聴であれば気持ちの持ちようの問題であまり支障はないと思います。もちろん、嫌なことはあると思いますよ…子供のときに聞き返すことが多かったのでからかわれたりしましたし、片耳が聞こえないというとたいそうなことだと思う人は多いので、就職するときとか結婚するときとかに不愉快なこと言われて傷つきました。

        でもそれで乗り越えられなかったことはなかったですし、自分の人生のなかで耳が悪いことが支障になって達成できなかったこと、幸せが阻害されたことはないと思います。親自身が「片耳難聴はたいしたことではない」と振舞ってくれたことがよかったです(胸の内ではいろいろあったでしょう)。

        ただ、40をすぎてから、聞こえる方の耳の聴力が悪くなってきて、原因もよくわからず、どの耳鼻科でも「まあ元々片方の耳が悪いから、それと関係はあるのかもねえ」と言われたりはしました。過労、スキューバ、投薬、と聴力に悪影響を及ぼすものはいろいろありますから、そういったものはなるべく遠ざけるほうがいいかもしれないですね。

        娘さんの人生が素敵なものとなりますように!

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        普通に接してあげて。

        しおりをつける
        blank
        OHIDESAN
        私も生まれつき左耳が全く聞こえません。母は妊娠中に病気したからとか、あれこれ考えては悩んでいたようですが、本人にしてみたら生まれつき聞こえないのだから、聞こえない状態が正常でなのです。日常生活に不自由はありません。きちんと大学出て就職もしましたよ。

        ただ、小学校の時に障害児のクラスがあって、私は普通学級だったけれど週に数時間はそのクラスに通わされました。また、教室では常に右側の最前列に座らされました。学校側としては私のためを思ってそうしてくれていたのでしょうけど、それが原因の一つとなっていじめにあいました。

        病は気からというように、周りから必要以上に気を使われてしまうと、ほんとうは何の不自由もないのに、自分の難聴が大変なことのように思えてきて、ますます自分の殻に閉じこもってしまいました。ですから、お子さんには普通に接してあげてください。特別扱いが一番いけない。

        聞こえる方の耳を大切にしてください。片方が聞こえないと、残された片方がそれを補おうと普通以上に聞こえるのだそうです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        私も左耳が難聴ですけど

        しおりをつける
        blank
        ひだりみみ
        私も左耳が難聴です。
        私は片耳が聴こえない事で苦労も不自由もした事が全くありません。
        両耳が聴こえる人と同じように幼稚園、小、中、高、大と進み、普通に就職して普通に結婚しました。
        周りにも数人難聴の友人がいますが、彼等が難聴だということに気がつかなかったし
        私が難聴だと気がついた人もほとんど居ませんでした。
        左から小声で話しかけられると、「ん?なーに?」と首をまわして右耳を向ける癖があるので
        それに気がついた人にたまに聞かれたりはしましたけど。
        同じく左耳が難聴の友人は作曲家になりましたし、私も音楽の仕事をしてます。
        よく考えると、親にアナタは難聴なんだと教えられた記憶もないです(笑)
        自分で勝手に気がついて、全然気にせず生きてきましたねぇ~。
        周りが過度に心配したり、腫れ物に触るような扱いをしなければそんなに心配ないと思いますよ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        手術でほぼ治りました。

        しおりをつける
        blank
        にゃーご
        御心配、お察しします。
        伝音難聴か感音難聴かは、まだお分かりではないでしょう?伝音難聴の方が手術で治せる可能性が在るのです。
        ウチの子は5歳で片耳難聴に気づき、色々調べて耳小骨の奇形から来る伝音難聴と分かり、9歳の時に全身麻酔の3時間の手術(一週間入院)で、ほぼ正常値まで治りました。
        耳の後ろを切り、小さな穴を頭蓋骨に開けて、ファイバースコープで見ながらの手術だったのですが、中を見るまでどの耳小骨に異常があるのか分からないので、色々なパターンの小さな人工骨を用意していた様です。
        結果的に3つの耳小骨の内の2つを取替えたそうです。

        片耳ですし生まれつきなので、本人は自分が聞こえていない状況をあまり分かっていなかった様で、治って初めて「聞こえる!今まで良く聞こえてなかったんだ!」と叫んでいました。
        日本では「片耳が聞こえれば大丈夫」と言う医者が多くて放っておかれる事が多のですが、手術してくれる所もありますよ!

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ヨコですがちょいす様

        しおりをつける
        blank
        耳子
        >大げさだとか、不幸だと思っているのか、と詰め寄っても意味がないと思います。

        もしかしてタイトルしかお読みになっていないのでは?
        トピ主さんを責めるレスなどひとつもないと感じましたが。
        「不幸だなんてひどい!キー!」
        「不幸ってそんな大げさだよ~アハハッ!」
        ニュアンスの違いはわかりますでしょうか。
        健常者(好きな言葉ではありませんが)の他人が大げさだと言ったならともかく、
        片耳難聴の当事者の大げさ発言は「経験に基づく意見」です。
        当事者は周りが思ってるほど気にしてない、だからトピ主さん悲観しないで、
        みなさんそういう意味で書いてらっしゃいます。

        当事者からすると本当にささいなこと。
        私は視力が2.0あるが、あなたは0.8しかない、あなたは生まれてきて幸せなの?
        それくらい大げさだと感じてしまいます。
        特別な教育が必要かどうかはお子さんの状態にもよると思いますので
        それは専門家に相談されるのが一番でしょう。
        私個人は特別教育や特別扱いなど一切受けませんでしたが、差しさわりありませんでしたよ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        私も片耳難聴です

        しおりをつける
        blank
        はす
        私も片耳難聴です。左耳は全く音を聞くことができません。
        私の場合は20歳を越えてからの突発性難聴ですので、トピ主さんのお子様とは少し状況が違いますが、後天性の為に辛かった事も色々ありました。

        まず、音の方角が分りません。遠くから呼ぶ声にも反応できない時が多いです。
        左側からの話もほとんど聞こえてきません。
        が、生活するのに支障はありませんよ!
        私も他の方と同じく楽しく充実した毎日です。
        留学もして、今は日本で役職のある仕事についています。結婚もしました。友達も多く、毎日が幸せです。

        ただ、後天性だったために、もう片方の耳もいつか聞こえなくなるのでは・・という不安はあります。

        トピ主様がお子様の将来が心配な気持ちになるのは分ります。でも、あんまり悲観しないで明るく接していって欲しいです。

        あと、話しかけるときは必ず近くで話かけてあげれれば、お子様も片耳難聴でもそんなに不便な事はないと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        両耳難聴ですが

        しおりをつける
        blank
        jsds001
        私は幼時の中途失聴ですが、両耳難聴というより、ほとんど聞こえません。それでも国立の大学院を修了、定年退職まで国家公務員でした。いろいろアシストもしてもらいましたが、何とかなるものです。片方でも聞こえるのは、やはりうらやましいですが。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        いとこの子供がそうです。

        しおりをつける
        blank
        うに
        「片側のみの難聴の方、体験談を教えてください」
        という、トピがあります。
        これを見てみるのもいいと思いますよ。

        いとこの子供(小2)が片耳難聴です。
        というか、耳たぶがほとんどなく
        穴もないのでこっち側は聞こえないとのことでした。

        よく遊びますが、特に変わりません。

        マスクが出来ないとか
        眼鏡をどうしようとか
        いつ耳たぶを成型しようかとかを考えていますが
        聞こえについては、
        片方聞こえるからいいやって感じです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        私は両耳難聴(軽度)です

        しおりをつける
        blank
        MIMI
        30代女性です。私は5歳の時に、両耳とも軽度の難聴であることがわかりました。一時は、全く音が聞こえない状態になったらしいので、トピ主さんと同じように、私の両親とも本当に心配したと思います。

        幸い、軽度の難聴程度で今も維持していますが、正直言って、日常生活で辛い場面は、多々あります。難聴って見た目でわからないので、他人は普通に接してきます。子供の時よりも、大人になってからの方が、難聴を気にする機会が多くなったと思います。大人って声のトーンが子供の時より下がりますよね?職場でも何気なく言った一言が聞き取れなかったりして、つい人の輪に入れなかったりすることもあるんです。

        でも、あれこれ悩まず自分の体の事だから、受け入れてみようと自分では切り替えているつもりです。今も私の耳の事は、両親とも心配してくれている事は十分わかっているので(直接言われている訳ではありませんが、気持ちとして伝わってきます)、弱音なんても言えません。トピ主さんが心配している気持ちは、持ち続けてあげてください。そうすれば、お子さんもきっと、いろんな意味でたくましく育ってくれると思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        >まるさん、私もそう思います。

        しおりをつける
        blank
        めい
        >大げさだとか、不幸だと思っているのか、と詰め寄っても
        意味がないと思います。

        ちょいすさんのように、↑このような捉え方をしたら、みなさんの
        レスは意味のないものなのかもしれませんが、経験談・アドバイス
        として受け取ったなら、とても勉強になる言葉だと思いますよ。

        悪意の感じられるレスではないと思いますが・・・?

        トピ主さん、今は多少厳しいと思えるようなレスでも、子育てをして
        いく上で、きっと役に立つと思いますよ。頑張って下さい。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        にゃーごさん

        しおりをつける
        blank
        にんぽー
        私の息子も片耳難聴です。
        その手術してくれる病院を教えて頂けないでしょうか?

        もちろん片耳が聞こえるのであれば普通に暮らせることも知っています。
        実は私の兄が幼稚園の時に熱で片耳の聴力を失っているのですが、普通に暮らしています。(私も最近まで片耳が聞こえないことをすっかり忘れていたくらいです)
        ですが、もしかすると将来聞こえている方の耳も何らかの要因で聞こえなくなるかもしれない。
        そう思うと少しでもリスクを減らしてあげたいと思うのです。
        親としては治せるものだったら治してあげたいのです。
        よろしくお願いします。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        にんぽー様へ

        しおりをつける
        blank
        にゃーご
        お近くだと良いのですが…
        息子は神奈川県伊勢原市の東海大学病院で1998年に手術を受けました。
        ただ、執刀医の新川敦先生はその後、東海大学前駅のそばに『新川クリニック』を開業なさって、年間千件を超える鼓室形成術などを実施していらっしゃいます。ホームページがありますので、検索してみて下さいね。
        ちなみに、新川先生が開業なさった後、東海大学病院の方に紹介した子は「片方聞こえればいい」と言われて手術を断られしまったそうです。大学病院はその時の先生次第って訳で、行くなら新川クリニックの方です。

        『治せるものなら治してやりたい。代われるものなら代わってやりたい。』と切に思うのが親ってものですものね。(16万円程掛かりましたが、2万円以上の分は会社から高額学医療費として全額でましたし、子供自身の保険も降りたので費用はプラスになった位です。)
        にんぽー様のお子さんもどうか治りますように!

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        トピ主です。

        しおりをつける
        blank
        子ぽんたのママ
        みなさん、いろいろな経験談、そしてアドバイスありがとうございます。

        私の母は、若い頃から両耳とも難聴で(軽度ですが)30代前半から補聴器をつけています。

        しかし、母は難聴であること補聴器をつけていることを恥と思い、家族以外には隠しとおしています。

        なので、人と話すのを恐れ(話しかけられても聞こえないと変に思われるから)、家にこもり、出かけるのは週に2度くらいの買い物だけで、それも人に会わないような時間、大きな声で金額を読み上げてくれる人のところに並ぶようにしています。

        そして、よく耳さえ良ければ、こんな人生ではなかった。いろんなこともできただろうし、こんな自分に生んだ母親を憎んでも憎みきれないと口癖のように言います。

        そういう母を見て育った私は、物心つくころには、耳が聞こえないお母さんはかわいそうなのだと思うようになっていました。(つづきます。)

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        トピ主です(つづき)。

        しおりをつける
        blank
        子ぽんたのママ
        母をかわいそうと思っていたから、何でもフォローしていました。何かの手続きには必ずついて行ったし、親戚とかの家に行った時は、うまくみんなの会話についていけるように必死で気を配りました。
        けど、みなさんの意見を聞いていて、本当にそれでよかったのかなと思います。
        周りの人にきちんと理解された方が、母もびくびくせず、あの時聞こえなかったけど大丈夫だったかなとか不安ばかりになる考えもなくなっていたかもしれません。

        私は今回娘のことを通して、母のことも本当に大事に思うなら、今まで自分がしてきたことは間違えなのかもと思うようになりました。
        これからは、母にもっと堂々と生きて欲しいと思うし、一人で出かけられるように、母の誤解を解いていきたいと思えるようになりました。
        私の娘は片耳難聴でおそらく悪い方の耳は全く聞こえてないという診断です。(つづきます)

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        トピ主(つづき)です。

        しおりをつける
        blank
        子ぽんたのママ
        おそらく全く聞こえないというのは、病院で、ABRで70デジベルもの大きな音を聞かせても、反応がないのだから、これ以上大きな音を聞かせても無駄と言われたからです。
        病院の先生には、私やお母さんは健聴者なので、片耳難聴のお子さんの聞こえは一生かかってもわからないし、仕方ない。片耳難聴は障害者手帳の交付にも当たらないから大丈夫と言われました。

        その話を聞いた私は、健聴者?障害者?70デジベルってどんな世界?といろいろ考え、帰ってから寝ている娘にいろんな音を聞こえているか試したり、私自身が片耳を押さえながら、外をふらふらしたりしました。

        そして、両耳が少し悪くてもつらくて仕方ない母を見ていただけに、片方聞こえない娘はもっとつらくて悲しい人生だと思い込んでいました。
        母に気を配ってきた以上に娘に気を配って、私が守りとおさないとと思い込んでいました。(つづきます)

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        トピ主(つづき)です。

        しおりをつける
        blank
        子ぽんたのママ
        けど、守りとおすことだけが娘のためになるのかなと考え、みなさんに意見をうかがうことにしました。
        そして、みなさんの意見や考えを通して、私自身がすごく屈折した気持ちで難聴者について考えていることを認識しました。
        もう少しで娘を私自身の手で不幸にするところでした。

        私が偏った目で難聴を考えていたため、私の発言により、不愉快な思いをさせてしまった方、それでも私と娘のために意見を下さった方や同じ片耳難聴の子を持つお母さんの気持ちを聞かせて下さった方、ご自身が片耳難聴の方、まわりにそういった人がいないけど、いろいろ考え発言下さった方、みんなにすごく感謝しています。

        長くなりましたが、きちんと考えてくださるみなさんのためにも、母のことをきちんと話そうと思いました。
        引き続き、どんなことでもけっこうですので、いろいろ教えてください。よろしくお願いします。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        責める気はありませんが、

        しおりをつける
        blank
        左聞こえない。
        再度左聞こえない。です。

        お母様の事情わかりました。
        これまで色々と気遣いをしてフォローしてきたのですね。

        ただね、トピ主さんのご発言にはどうしても「障害の有る人はかわいそう」という発想がみえていて、それが私は違和感なんですよ。

        いいですか、よく考えてみてください。障害のある人はかわいそうな存在なのですか?哀れまれるべきですか?片耳難聴では日常生活に支障がないとほとんどの方が言っていますが、それでもあなたはこだわりますか?それはなぜですか?娘が「普通でないから」ですか?普通でないことは、悪いことですか?普通でないと幸せになれませんか?・・・そもそも「普通」ってなんですか?

        お母様もあなたも、大変だったことはあるのかもしれません。それは理解しているつもりです。でもね、もうちょっと人生や幸せについて掘り下げて考えて欲しいな。

        トピ主さんの現在のご発想には私は哀しみを感じます。決定的に価値観が違うと感じます。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        二度目です

        しおりをつける
        blank
        さくらっちょ
        長年蓄積されたお母様とのことがあったのですね。
        トピ主さんの娘さんの件を通じてお母様も解放されることをお祈りします。
        さて、トピ主さんに参考にしていただきたいページがあります。
        直リンクは避けますが、「一側性難聴 東京都立大塚ろう学校」と検索していただければ分かります。

        新生児スクリーニングが普及した結果、片耳難聴や中等度難聴と診断される乳児は増えましたがその親に対するケアが追いついていないのが現状なようです。
        トピ主さんのように悩まれる方はたくさんいるんです。
        ご自分を必要以上に責めないでくださいね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        きっと大丈夫。

        しおりをつける
        blank
        美紀子
        トピ主さんのお子さんや、お母様を思う気持ちが
        痛いほど伝わり、涙がこぼれます。
        私も両耳難聴で、4年前手術しました。途中からだったので、気が狂う程でした。
        何故自分なんだろう、何も悪い事していないのにと
        毎日泣きました。
        補聴器付けていますが、長い髪で隠すようにしています。
        主人の母も補聴器付けていますが、ほとんど聞こえません。
        自分の耳が悪くなって初めて、お姑さんの苦労が分かりました。
        本人でなければ分からない苦しみや、辛さがあると思います。お子さんはきっと乗り越えて生きていかれると思います。大切に育ててください。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        やっぱりきついと感じる人はいる。

        しおりをつける
        blank
        でんでけ
        >「不幸だなんてひどい!キー!」
        >「不幸ってそんな大げさだよ~アハハッ!」
        >ニュアンスの違いはわかりますでしょうか。
        わかりますよ。
        でも、
        >生まれてきて幸せだったのか、なんて大げさもいいところ。
        これを前者と受け取る人も多いのでは?
        置かれた状況や、その人の性格によって、受け取り方は様々。
        ちょいすさんは、トピ主さんの現状を考えるときついと感じるのではないかと言っているのだと思うけど。

        中には当事者の立場から、優しい言葉だけで書いている人もいます。
        そっちの方が思いやりを感じる。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        お母さん、力を抜いて♪1

        しおりをつける
        blank
        片側難聴の者です。もう一つのトピにもレスしています。
        トピ主さん、お母様のことがあって、それが片側難聴者から見れば「過剰反応」に繋がっていたのですね。

        私は人の親ではないのでわかっていないかもしれませんが、親ってそんなもん(トピ主さんみたいなもの)なんでしょうね。

        私も子供の頃、学校を休んで母にあっちこっちの病院に連れ回されました。
        でも「原因不明、治療法不明」。そのまま月日が経ち、私はもうすぐ40歳になります。
        最近、父と2人で話す機会があったとき、父が「耳の病院、もいっぺん行ってみたらどう?今だったら医学も発達してきてるから、治療法とかあるかもしれんし」
        日頃淡々としている父でも、すっかりオバサンになった娘に対して気にかけてくれているんだな~と、ちょっと胸が熱くなりました。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        お母さん、力を抜いて♪2

        しおりをつける
        blank
        トピ主さん、お子さんに対して「この子はこの障害を抱えて生きていかなければならないんだわっっ!」と意気込んでらっしゃいませんか?もしそうなら、ちょっと肩の力を抜いてみてください。

        私の子供の頃の「体に関する悩み」の認識はこんな順番で重大でした。

        1.運動神経が悪い(走っても投げてもダメ)
        2.背が低い(学年で1,2を争うチビすけ)
        3.アレルギー性鼻炎(しょっちゅう鼻がぐすぐす。30年前だから珍しかった)
        4.・・・耳かな?(よくわかっていなかった)

        ま、私の場合素材が悪すぎるのかもしれませんが、子供なんてわかりやすい支障の方が悩むもんです。
        親が「不幸な可哀想な子」光線を発射しなければ、案外あっけらかんと育つと思いますよ。

        余談ですが、友人に蕎麦アレルギーがいます。蕎麦が体内に入ると死ぬかもしれないくらい劇症のアレルギーだそうです。
        彼に言わせれば、多少耳や目が悪かろうが、背が低かろうが、「死ぬことがないんなら個体差の範囲内」だそうな。私もそう思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        障害があるからかわいそう、とは思いませんが

        しおりをつける
        blank
        もり
        「普通って、普通ってそもそも何なのよっキー!!」と噛み付く人は、あぁかわいそうだなぁと感じます。優しい言葉でレスされている当事者の方のように自分自身をあるがまま受け入れていれば、誰かの言葉に目くじら立てることもないだろうに、と。

        相手の行動や言葉にカチンとくるのは、相手の中に自分のイヤな部分をみた時です。つまり大抵は鏡にむかって噛み付いてるんですね、私たちは。
        ちなみに自分の中にはない相手の醜い部分をみたら、人間はぼう然とするようですよ、「見たことのない人種」として。

        トピ主さんは、耳の聴こえにくい人がすでに身近にいて、その人への対処法を(正しいかどうかは別として)知っていたので、同じ対処を娘さんにもしようとしただけです。
        それを責められるいわれはないし、私がトピ主さんの立場ならやはりそうしてしまう、そういう意識を持ってしまうような気がします。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        二度目の登校です

        しおりをつける
        blank
        片耳です
        大丈夫、大丈夫のタイトルで書き込んだ者です。
        トピ主さんの書き込みを読んで思い出しました。
        うちの母も両耳が軽度難聴で、テレビの音量は大きかったし、聞き返しも多かったし、一時期は補聴器もつけてました。
        すっかり忘れてたのは、母が日常の中で難聴であることが普通になってたからか、子供である私に意識させることもなかったからか、定かではありませんが、すっかり忘れてました。
        不便はあっただろうけど、恥じたり、隠したりということもなく、明るい性格で誰からも好かれる人でした。
        結局、難聴とは関係ない病気で40代後半で他界してますが、その病気の方の印象が濃くて、ここを読むまで本気で忘れてました。

        そして、私の子供には自立が不可能なくらいの障害があります。
        片耳難聴なんていうレベルじゃありません。
        でも、それほど落ち込んだり、深刻になったりしなかったのは、育った環境によるものが大きいかもしれません。
        私自身が片耳であることも生きていく上では本当に大したことじゃないと思ってます。
        育つ環境で価値観も違ってきます。
        お子さんが自分を不幸だと思わない育て方をしてあげて下さいね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        私は・・・

        しおりをつける
        blank
        みかん
        私も左耳が難聴です。全く聞こえないことはないですが、ほとんど聞こえません。
        片耳難聴の方が気にしていないという発言が多いのには少し驚きました。
        私は物心ついてからずっと気にしてきました。回りの人にも誰にも難聴であることを言っていません。

        むしろ難聴であることを知られたくないという思いのほうが強いです。遠くの音がどちらの方角から聞こえてきているかわからないし、小さい声の人や低い声の人の話が聞き取れなかったり、聞き取った言葉が間違っていたりすることが多いので、「両耳聞こえていたらもっと色々なことが聞こえたり苦労しなくてすむだろうな」といつも思っています。でも難聴であることで両親を非難するような気持ちも全くなく、これが自分であることで、聞こえないことをカバーして生きていくかというふうにとらえています。

        ちなみに生活はいたって普通で、大学を卒業し就職して結婚もしました。旦那には難聴であることは言っていません(気づいているようだけど)。

        また難聴は遺伝しやすいので、子供を作ることも少し躊躇しています。
        励ましになっていなくて申し訳ないですが、こんな人もいるということで・・・。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        トピ主です。

        しおりをつける
        blank
        子ぽんたのママ
        左聞こえない。さんに「普通」であることをこだわる私について左聞こえない。さんの考えを聞かせていただいてありがとうございます。
        私はだんなの両親と同居していて、長い間子供ができない私に二人は「もうその年だと卵子が腐っていて、とうていまともな子はできない。あんたには何も期待していない。女として欠陥品」とよく言われていました。
        妊娠してからは「普通」「標準的な50センチ、3000グラムの子供」を産めとか、毎回検診にはついてきて、いろいろ言われていました。
        二人のせいにするつもりはありませんし、「普通」にこだわるのは私自身が弱いからです。
        左聞こえない。さんの意見が聞けてとてもよかったです。
        私とは価値観が違うと思っているのに正直な気持ちを聞かせてくれて本当にありがとうございます。
        なかなか、友達でもそこまできちんと考えを言ってくれる人はいないので感謝します。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        人当たりと自分の葛藤があるみたい

        しおりをつける
        blank
        昔の話
         以前友人のお母さんを紹介されたとき、片耳難聴なので、左のほうからしゃべってねって最初に言われ今までそれでも無事に来られたので幸せなのよとおっしゃっていました。多分ご両親に無事に育っているから大丈夫だと言われつづけてきた事が、後からわかりました。
         話題の途中で右側で話す息子の話にも返事し、車の運転も何でも普通の人以上にできることを話し続け、耳のピアスで誰も難聴だとは気がつかないわよねと最後に話されたときは、少し寂しいより一生のこだわりの中で生きることは苦しいんだなと思いました。
         あなたも一生こだわられるのかもしれないけれど、全部ある人も一つ二つもっていない人もこの世にはいるんだと子供さんとともに受け入れられないかと昔の出来事を思い出しました。私は成人してからも循環器が弱く、点滴や夜間診療を何度もしましたが、両親に普通に生まれてるのに体を鍛えないからだといわれ続けました。今では体質と解ります。子供の頃、親に言われるのが一番辛かった記憶があります。親が子供の逃げ場になることも大事です。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        横です。>もりさま

        しおりをつける
        blank
        まる
        再度、まるです。いろいろな反応を読み、私も勉強になります。言葉とは本当に難しいものですね!(汗)

        【もりさま】
        もりさんの発言への理解を試みる一方、私のような見方のこともお伝えしたくなりました。(トピは皆が読むし、トピ主さんへの発言ではないですが、双方の考え方の理解へのキッカケになることを祈ります)

        私は、レスに「どうか今ある”幸せ”を見て。片耳が聞こえなくても大丈夫なんだということを、娘さんに教えてあげて。お願いです。」こういう叫びと諦めに似た願いを感じました。

        本当にかなり違いますね!(笑)。

        この差は経験、価値観、性格、思考回路の違いと【トピ主さんに自分を重ねトピ主さん視点で考える発言】と【娘さんを、自分に重ね合わせ、親が子供に与える影響を心配し、トピ主さんに”異議を唱える”的な発言】の違いかと思いました。

        一部の人たちは後者で、どうしても娘さんを楽にしたい。それには親であるトピ主さんにトピをあげた時点の心情でいて欲しくない。なんとかして、幸せも不幸も耳が重要ではないことを伝えたい。「もっとしっかりしてくれ、トピ主さーん!!」勝手ながらそう思ってしまうのです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        前回の投稿で

        しおりをつける
        blank
        ちょいす
        トピ主さんが気になって覗いたら、前回の私の投稿にいくつか反論をいただいていたようで・・・。

        言葉足らずだったのですが、同じ片耳難聴の方すべてのコメントに意見したつもりはありませんでした。
        中には、本当によくこのような優しい言葉で語りかけておられると胸を打たれたものもあります。
        が、同じように全く悪意のかけらもないはずなのに、棘があると感じるコメントもあったので、書きました。

        言葉は生き物。
        発してしまえば、自分の”つもり”とは関係なく、受け手によってはどう捉えられるかわからないものです。
        さらに、受け手のの性格だけじゃなく、置かれた状況や気分にさえ影響されるものですから。
        だから、心遣いが必要です。

        さて、私自身のことをお話しすると、過去に障害のあるお子さんとその親御さんをサポートする仕事をしておりました。
        そのため、待ちに待った我が子の誕生を手放しに喜べず、悩み、不安に苦しむお母さん方ともたくさん関わってきました。
        (なので、トピ主さんの心中を必要以上に心配してしまった面はあるかもしれませんね。)

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        つづき

        しおりをつける
        blank
        ちょいす
        色々な障害のある子どもたちに接した上で、正直に言わせてもらうなら、片耳難聴は”たいしたことではない”と私も思います。
        生活上の不便はあるでしょうが。
        でも、お母さんにしてみたら、どんな些細なことでもやっぱり心配なんですよね。

        改めてトピ主さんにお伝えしたいのですが、人には大なり小なり体のコンプレックスがありますよね。
        そのコンプレックスが見た目だけ(足が太い、たれ目など。)のこともあれば、日常生活に不便を生じる(聞こえにくい、手先が不器用など)ものもある。色々です。

        それともうひとつ。
        その大なり小なりのレベルとは無関係に、過剰に気にし過ぎることで、余分な”障害”が生まれます。
        人目を避けるようになったり、社会生活を送るのが難しくなることもあります。トピ主さんのお母さんがそんな状態なのではないでしょうか。

        トピ主さんのお子さんが、自分の聞こえのことを過剰に意識せず、のびのびと成長していけるよう、母としてど~んと構えていてあげてください。
        私が関わったお母様方にいつもお願いしていたことです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        義両親ひどいですね。

        しおりをつける
        blank
        左聞こえない。
        同居の義実家がひどい人たちとは参りましたね。

        私は二度の投稿では、とぴ主さんのことを「お母さんが難聴だったというけど、結局、大人なのに自分の頭で考えず常識に振り回されている人」だと思い、娘さんにマイナスの思いが伝わって欲しくないと考えきついことを書いたのですが、現に今、同居の親に責められるとなるとそちらへの対応はまた別の問題になりますね。

        たとえば別居とか、せめて二世代同居とかできませんか。一緒に住む人間がそんな人だとトピ主さんも娘さんもストレスでしょう。

        旦那さんは、トピ主さんが義理親からそのように言われたことをご存じないのですか?旦那さんと相談してなにか対応できないでしょうか。

        娘さんをどう育てるかも重要ですが、今は義理親をどうにかするのが先かも。トピ主さん、身内からひどいことを言われて辛かったでしょうね。

        今後義理親から何か言われても気にする必要無いですよー。堂々と「そのような心ないことは言わないでください」と反論していいんですよ。あなたと娘さんの尊厳を守るために、怒っていい場面です。あなたも娘さんも何も悪くないのだから。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        トピ主さんの 18日23時5分のレスを読みました。

        しおりをつける
        blank
        まる
        >もうその年だと卵子が腐っていて~~~毎回検診にはついてきて、いろいろ言われていました。

        なんと失礼で思いやりのない方達なんでしょうか。これが旦那さまを育てた両親の言葉とは悲し過ぎますね...。きっと他にも義両親からの傷つく言葉や態度があったのでしょうが、旦那さまや友人など、あなたの身近に精神面をサポートしてくれる味方がいることを願うばかりです。

        あなたは何も悪くありません!この先も同居しなければならないのであれば、義両親には強い心で応対してください。自分の中に彼らの価値観を取り入れる必要はありません。

        そして、もしもこの先、義両親があなたやあなたの娘さんに娘さんの耳のことで何か言ってきても、それはあなたのせいではないこと、娘さんと同じような境遇でも問題なく生きている人が多くいることを忘れないでくださいね。あなたは誰にも謝ったりしなくてはならないことをしていません。

        あなたは絶対に素晴らしい母親になれますよ。今だって、とても良い母親です。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        トピ主さん、頑張って!!

        しおりをつける
        blank
        ひだりみみ
        私も左耳難聴と投稿した者です。
        トピ主さんの新しい書き込みを読みました。
        トピ主さんはお母さんの影響もあって「難聴が可哀想な事」と思っていらしたんですね。

        私が辛いとも思わずに生きてこられたのは母のおかげです。
        私の母はちょっとやそっとじゃ怯まず、いつでもわはは~!と笑っている
        びっくりする位おおらかな人です。とにかくよく笑って、声も大きいので
        家庭内では自分の左耳が聴こえない事を全く感じませんでした。
        トピ主さんがお母さんの影響で難聴を気にしてしまうのと同じく
        娘さんが何をどんな風に気にしたりするのかは
        母であるトピ主さん次第という事もあるかと思います。
        お姑さんや旦那さんの暴言も、トピ主さんが悪い事なんて何もないじゃないですか!
        言い方が悪いかもしれませんが、トピ主さんの発言には悲壮感が漂ってます!
        どうぞ娘さんの為に、強く逞しく頼もしい母になってあげてください!

        私の父は色盲で、私が男の子を産むと1/2の確率で色盲だそうです。
        あの母のおかげで、父も全く気にしていないようです。
        私も気にせず子供を産むつもりです。考え方を少し変えるだけで、きっと楽しく幸せに暮らせますよ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        トピ主です。

        しおりをつける
        blank
        子ぽんたのママ
        みなさん、たくさんの発言ありがとうございます。
        どの方の発言を見させていただいても、すごく考えて私や娘のことを気にかけて下さってくれているのが、とても伝わってきてあったかい気持ちになります。
        ほんとうにありがとうございます。
        そして、左聞こえない。さん、いろいろ心配してくれて、今の状況が少しでもよくなるようにと案を考えてくださり、ありがとうございます。
        別居は、だんなが一人っ子のため、二人の面倒をみるというだんなの考えに基づき無理で、二世代同居については、だんなのお母さんが建て直すのはもったいないとか、改装するのは嫌だと言ってなかなか実現できません。(玄関や台所、お風呂場とかが別になるとお義母さんの目の届かないとこで私が何かするという可能性が出てくるかららしいです)
        だんなは、私がいろいろ言われていることは知っていますが、家賃がいらないし、経済的な援助を受けて助けてもらっているのだから、我慢しろの一点張りです。
        それにだんな自身が休みが日曜だけで、たまの休みは疲れて寝てるか、用事で出かけてるかのどちらかなので、話すこと自体あまりないです。(つづきます)

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        トピ主(つづき)です。

        しおりをつける
        blank
        子ぽんたのママ
        だんなの両親からはいつも「普通、嫁は・・・」「女というものは普通・・・」とよく言われたものです。
        はじめは反発しつつも、長い間そういう環境でいてると普通であれば文句も言われない、怒られない平和に暮らせると思い込むようになり、二人の言う普通で自分がいることが解決策だと思ってました。
        しかし、みなさんとやり取りをしていて、私の思う普通ってなんだろう、それってそんなに大事なこと?って思うようになりました。
        娘の耳のことがなければ、自分らしく生きたいと思うこともなかっただろうし、私の母親に対しての自分の接し方がよかったのかとか考えることも、だんなの両親の考え方を冷静に考えることも、だんなときちんと向き合おうと思うこともなかったと思います。
        それに娘のおかげで私は、みなさんとも知り合うことができました。
        ちょいすさんのお言葉にもあったように「言葉は生き物」。ほんと、その通りだと思います。
        私は、みなさんとお会いしたことがありませんが、いただいたお言葉からいろいろ想像します。(つづきます)

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        トピ主(つづき)です。

        しおりをつける
        blank
        子ぽんたのママ
        私の発言にみなさんいろんな思いを持たれたと思います。そしていろんな発言をいただきました。
        はじめは、いただいた発言の中には、正直、ちょっときついなと思うこともありましたが、考えてくれてるから言ってくれてるんだと思えるようになりました。
        みなさん、ありがとうございます。
        私は、みなさんのおかげで気づいたことがたくさんあります。
        それに娘が今まで以上にかけがえのない存在だと思えるようになりました。
        まだまだ頼りない私ですが、これからもいろいろ教えてください。
        よろしくお願いします。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        未成年男子の片耳難聴

        しおりをつける
        blank
        名無し
        僕は未成年の男です。片耳が聞こえません。はっきり言って片耳の聞こえない人生は生き地獄と言っても良いと思います。なぜなら片耳の聞こえない事で例えばゲーセン等うるさい場所で聞こえない側で話し掛けられても聞こえません。もちろん友達には無視か?と思われいい印象を与えません。そして学校の教室では聞こえない側の隣の席で友達が話し掛けてきても聞こえませんし、苦痛です。まともに会話ができずとても辛いです。友達と街で話してて聞こえない側で友達と話すことはまず苦しいです。といったようにとても人間関係・特に友達関係で辛くついに僕は友人を作るのをやめました。いつ突発性難聴に襲われ両耳を失うかわかりません。とても恐怖です。親には普通に接してもらってます。生きていくためにはなんとかなりますが、やはり人間関係で僕は人生狂いました。いつか医学が進んで難聴を治せる薬や治療が出来る事を祈りつつ生きていこうと思います。もしできなくても、いつかは幸せになれることを祈って僕は生きています。本当に幸せになれるかどうか・・・

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        義理の両親酷い人達ですね。

        しおりをつける
        blank
        Fish
        トピ主さんのストレスのはけ口が無いではないですか。そんな義理の両親と旦那さんに囲まれて。
        きっともっと暖かい家族に囲まれていれば、もっと違った意味で一側性の難聴を受け入れられたのでしょう。
        私は昔、病院で補聴器外来担当してました。どれだけドクターに説明されても(当時は片耳正常ならば、補聴器装用は有効でないと言われていました。)患者さん(子供)の親が聴こえない方の耳に補聴器を付けたいといいはり、私の所へまわって来る患者さん親子もいらっしゃいました。そのような人はもうどちらかというと子供に補聴器必要というよりお母さんの心のケアが必要といった感じでした。
        外来通って頂いているうちに、何をどう気をつけたらいいのかがわかってきます。だからもしトピ主さんも家族のサポートが得られないのであれば、良い耳鼻医を探して、定期的に相談に乗ってもらってはいかがでしょう。たとえば70dBってどれくらい聴こえないの?と思った時にそれを質問してしっかり答えてくれるようなお医者さんをさがして、定期的に見てもらって下さい。
        がんばりすぎず、助けが必要なときは誰かに助けを求めて下さいね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        にゃーごさま

        しおりをつける
        blank
        にんぽー
        どうもありがとうございました。
        お礼が遅くなり申し訳ありません。
        そうです、親としてはかわれるものであればかわってあげたいんですよね。
        いくら普通の生活ができるとはいえ、やはり聞こえない耳から小声でしゃべられると聞き取れない。
        方向がわからないので、事故にあわないか心配になる。
        などなど心配の種はつきません。

        情報どうもありがとうございました。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        トピ主です。

        しおりをつける
        blank
        子ぽんたのママ
        風邪をこじらせてしまい、お礼が遅くなりましたが、まるさん、「今だって、とても良い母親です」と言ってくださり、いろんなあたたかい気持ちをありがとうございます。まるさんは、私のトピに対するみんなの発言や私の発言をすごくきちんと受け止め、自分のことのように考えて下さり、私はうれしく思います。ありがとうございます。
        ひだりみみさん、あなたはとても明るくて強い人ですね。あなたがすてきなのは、きっとおおらかなお母さんの影響なのでしょうね。私もそんな素敵なお母さんになれるように頑張ります。
        Fishさん、あなたは、私のようなお母さんにたくさん会われてきたのですね。適切なアドバイス、それから心配をしていただき、ありがとうございます。
        このトピを通していろいろ考えてくださった方、みなさんに感謝します。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        私も

        しおりをつける
        😑
        キャンディー
        右の耳が全く聞こえません。いつ聞こえなくなったのか?原因は何なのか?未だに分かりません。私は小学校3年生位まで気づかなかった。私は1歳のときに左手に大きな火傷をして左手の神経は右耳に繋がっているらしくその火傷が原因では?と言われています。私の母親は私の手と右耳を今でも悔やんでいます。私は体の一部と思っているし、聞こえない事はおかしい事ではないって思っています。私は小学校の時に担任の先生に「○○ちゃんは片耳が聞こえないので皆意識して喋ってあげましょう」って言われた時その一言にすごく傷ついた事を覚えています。何か自分は他の子と違うんだって言われた気がして。だから、当の本人は全然気にしていないのに気を使われる事が逆に嫌だった。私の母親に悔やまないで言っても気にしていますが。
        聞こえない事は誰も悪くはないし、おかしいことでもない。確かに学校がそれで原因でいじめにあった事もあります。その先生の一言が原因で。けど、自分が聞こえにくい事は訴えたり、聞こえる方に耳を傾けたりして自分なりに努力しますよ。だから、それをお子さんと一緒に乗り越えて、片方聞こえなくても当たり前って思える様に頑張って下さいね。

        トピ内ID:0872842352

        閉じる× 閉じる×

        続き

        しおりをつける
        🙂
        キャンディー
        それにあまり自分を責めないで下さい。その自分を責めることが子供をかなり傷つけますので。私は手の火傷の痕を幼稚園の時に皮膚移植にしようと親に言われました。ただでさえ病院嫌いな私は泣いて嫌がりました。「私はこのままでいい!何も気にしていない」って。
        その事があった後に耳が不自由な事を知った親はかなり辛かったと思います。
        耳が聞こえないのは自分でも分かることだから、ちゃんと話してあげて、何もおかしいことじゃないってちゃんと話してあげてくださいね。
        こんな私でもちゃんと理解してくれる友達や、兄弟、親戚、ご主人様になる人がいるのでその子にも明るい未来が待っていますよ。決して恥ずかしい事や、悪いことじゃない。私は「ごめんよ、私こっち聞こえないからもうちょっと聞こえるように話して。」って訴えています。中にはその事を差別される事もありますが、私はそんな時には「人権侵害で訴えますよ。思いっきり差別ですよね」って言ってやっています。それは弱者へのいじめだから。
        私はこの火傷と右耳聞こえない自分がすごく好きですよ。この体で生まれてきた事を後悔は全然してません。体が健康が一番です。

        トピ内ID:0872842352

        閉じる× 閉じる×

        両耳難聴ですが

        しおりをつける
        はっぱ
        両耳100dbの難聴持ち主のはっぱです。

        この度はご出産おめでとうございます☆
        私は高熱により6ヶ月目より障害が出てしまったのですが、
        私の両親も難聴であることがわかったときは
        「自分の耳と取り替えて下さい!!」
        と泣いて病院の先生にお願いしたくらい
        ショックだったそうです。

        でもヘコんでばかりじゃ駄目だと思い、
        前向きになって言葉や発音を教えてくれました。
        お陰様で健常者と間違えられる位会話ぺらぺらです。

        子ぽんたのままさんも両親と同じく、今かなりのショックを受けており
        心を入れ替えるのは時間がかかるかと思いますが、
        両耳難聴な私でも
        普通に就職し、結婚もしました。

        障害を持つことが不幸せじゃありません。
        自分を大事にしてくれる家族がいる、
        支えてくれる人がいる、
        それだけで幸せです。
        難聴であることはあまり気にしていません。

        少しずつ前向きになってお子さんに
        愛情たっぷり与えてかわいがるのが
        一番だと思います♪

        トピ内ID:0297211136

        閉じる× 閉じる×

        大丈夫

        しおりをつける
        🙂
        びにら
        幼なじみは片耳が全く聞こえませんでした。
        しかしながら、ピアノもしていたし、音楽もしていたし、スポーツもしていたし・・。特別な訓練もしていなかったし。
        クラスで気づかない人がほとんどでしたよ。
        また、普通に恋愛して、普通に結婚しました。
        結婚や恋愛、就職の障害には全くならなかったとのこと。

        赤ちゃん時代からずっといたのですが、今でも耳が聞こえないということ忘れてしまいます。

        そんなに不安にならなくても大丈夫だと思いますよ。
        むしろお母さんが明るく元気でいたほうがお子さんも前向きに生きられるのでは?

        トピ内ID:8910751389

        閉じる× 閉じる×

        トピ主です。

        しおりをつける
        🙂
        子ぽんたのママ
        こちらにトピを投げかけ、1ヶ月が過ぎました。
        いろんな方のいろんな考えに触れることができました。
        はじめ、娘の耳のことは自分の責任、娘のこれからの人生や性格はすべて自分にかかっていると何もかも自己中心的に考えていた自分がいました。
        今は、少しずつ耳は娘の個性として受け止め、精一杯愛情を持って育てることが大事で、育児方法がどうのとか言ってた自分を恥ずかしく思います。
        先々勝手に不安になっていろいろ考えるより、今しかない娘との時間を十分に大事にしていきたいと思います。
        これからどんなことがあるかはわかりません。
        人より少しつらいこともあるかもしれません。けど、乗り越えられないことは絶対ないと思います。
        私は娘が大好きです。この気持ちは誰にも負けません。
        娘のいいとこも悪いとこもすべてを受け止め、やっていきます。
        みなさん、ありがとうございます。

        トピ内ID:9080239884

        閉じる× 閉じる×
        並び順:古い順
        30件ずつ表示
        • レス一覧
        • トピ主のみ (0)

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る

          あなたも書いてみませんか?

          • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
          • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
          • 匿名で楽しめるので、特定されません
          [詳しいルールを確認する]
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

            Twitter

            Follow
            みんなの投票結果

            編集部から

            編集部からのお知らせはありません

            Horoscope | 大手小町

            発言小町大賞0