詳細検索

    • ホーム
    • ひと
    • みなさんにとって祖父、祖母ってどういう存在でしたか?
    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    みなさんにとって祖父、祖母ってどういう存在でしたか?

    お気に入り追加
    レス70
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ミッフィー
    ひと
    私は祖父、祖母に可愛がってもらったことがなく「正月に会ってお小遣いをくれる人」という存在でした。 うちの娘が今1歳8ヶ月で旦那の両親と車で5分の距離と近居です。 初孫ということもあり目に入れても痛くない‥以上の可愛がりかたで正直困惑しています。 孫会いたさに毎週末は必ず食事をしていますが私にとっては苦痛なんですね、人に干渉するのもされるのも嫌いな性格なので。 毎週っていうのが多く感じますしせめて隔週なら我慢できるのです。 この関係がいつまで続くのかと悶々としています。 小学生くらいになれば子供のほうからジジババから離れていくとよく聞くので回数も減ってくるかと思っていますが、みなさんが小学生くらいのころって祖父、祖母の存在ってどういうものでしたか? 毎週でも会いたいくらい楽しい時間で大好きな人たちでしたか? 私は関わりがなかったものでいまいちわからないのです。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 1 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数70

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 30  /  70
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    私も

    しおりをつける
    blank
    まこりん
    子供の頃、お正月や夏休みくらいしか 会った事なく 正直、会いたいとか 思った事ってなかったです。 でも 親に聞くと 幼稚園に行くまでは、 よく祖父、祖母に遊んでもらって、可愛がってもらっていたそうです。 でも、祖父宅まで2~3時間かかったので 幼稚園行く頃には そうそう 帰省できなかったようです。 今となれば もっともっと 祖父母と交流したかったです。 可愛がってくれるのなら 週1くらい 義父母に 気使うくらいは いいんじゃないですか? そんな心狭い事言ってると、晩年の人生 寂しいものになりますよ。 

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    知恵袋

    しおりをつける
    blank
    一個人
    「お小遣いをくれる人」って何だか寂しさを感じます。 私も人の干渉が大嫌い!わがまま・気まま人間ですが、 今思うと祖父・祖母は「知恵袋」でした。今思うと高卒とか中卒なんでしょうけど、学歴はなくても生きていく「知恵」や「術」を持っていました。とにかく人に迷惑を掛けたらいけないに始まり、箸の上げ下ろしから目上に対する挨拶の仕方、あげたらきりがないくらい教えてくれました。日本全国ものがない時代を生き抜いてきただけのことはあるし、家風は違えどもどこの祖父母もそうじゃないですか~ 自分が苦労したぶん子や孫には苦労させたくない甘えさせる方が(も?)多いようですが。 親から教わることは一世代分しかないけど、祖父母と同居だと二世代分教えられます。日本の文化もこうやって伝承していかなくてはいけない!とさえ思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    小学生のころ

    しおりをつける
    blank
    あゆきち
    私は祖父母と一緒に住んでいました。 両親とは寝ないで祖父と祖母と寝てました。 おばあちゃん子でしたよ。 私が祖父母と離れたのは中学生頃ですね。 高校時代は小さい頃の事なんて忘れたかのように 祖父母に無関心でした。 無関心のまま就職して実家に戻らないまま 祖父母が亡くなってしまいとても後悔しました。 って、本題からそれましたね。 どういう存在と聞かれたら 「大好きだった」 「だけどもらった愛情を返せなかった存在」 としか言えないです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    偉大な人々

    しおりをつける
    blank
    マーガレット
    両親とは違う優しさと厳しさを兼ね備えた存在でした。もっとジジ・ババ孝行しておけば良かった。本当に後悔。でも明治生まれのおばあちゃんがいるので(と言っても親戚の家にとってつけたように訪問するのは気が引ける)何とか孝行したいと思います。 私の場合は曾祖父も小1まで健在だったので今ふりかえればいい思い出をくれました。一緒に暮らさないとわかりません。関わりがないなんて・・・人それぞれしょうがないものですね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    駆け込み寺

    しおりをつける
    blank
    ぽぽん
    すぐ近くに祖父母が住んでいました。 雨でも濡れない距離に。 私もトピ主さんのお嬢さんと同じで初孫だったし、 文字通り「目に入れても痛くない」存在でした。 子供にとっては天国ですよ。 めったなことでは怒られないし、欲しいものは買ってくれるし、 どこにでも連れて行ってくれるし、お年玉以外でお小遣いくれるし。 もちろん、私の両親は怒ったり呆れたりしていましたけどね。 祖父母にとって孫はいつまでも小さいままなので、 こちらが思春期以降になるとその愛情が重くなるんですね。 徐々にジジババ離れが始まりましたが、決して嫌いじゃなかったので、 独立してから会う機会は少なくなりましたがよく話しはしましたよ。 トピ主さんにとっては面倒かもしれませんが、 お年寄りと触れ合って育つことも大切だと思うのですが。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    大好きで安心できる存在

    しおりをつける
    blank
    みかんきんかん
    母の実家はうちから自転車で10分くらいの場所で、小学校低学年の頃は毎週のように泊まりに行ってました。母の妹(私の叔母)たちが何人もまだ同居していたので、遊んでもらっていたということもあります。 大学入学で故郷を離れるまで、よく行っていましたよ。祖父に昔の言葉を教えてもらったり、何時間も祖父らの蔵書を読んで、勝手にくつろいでいました。おかげで旧漢字なども覚えた笑。安心できる家という感じでしたね。 祖父母は人に美味しいものを食べさせて喜んでもらうのが好きで、また父をはじめとして、叔母たちの夫も皆のんべ。したがってよく宴会も催されました。皆仲良く飲んでしゃべって、それをニコニコと見ている祖父母。 温厚で優しくて、昔の人特有の知恵がある祖父母、大好きでした。祖父母宅での親戚一同との交流は、私にとって今でも幸福の象徴です。 一方父方の祖母は、私の家の離れ(お風呂だけ一緒)で暮らしてたんですけど、こちらの祖母にはあまり親近感がなかった。父自身が自分の母親とあまり相性がよくなかったようで、そんなせいもあるかな。今思えば、もっと話を聞いておけばよかった。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    母方は家族同様、父方は疎遠でした。

    しおりをつける
    blank
    じじばばっ子
    >初孫ということもあり目に入れても痛くない‥以上の可愛がりかたで  私も、母方では初孫で、そんな感じでした。家は東京←→関西ですごく離れていたのに、新幹線などでしょっちゅう行き来していました。  父方では、何人目?ってカンジで、お正月にも滅多に会わないし、疎遠もいいとこだったのですが。ちなみに私は父方の祖母に「激似」です。  小学生になると、学校があるので(そういう意味では幼稚園に入った時から)、母方の祖父母にも会いに行く回数は減りましたが…心理的に距離ができたわけではないと思います。  祖父母との相性もあるし、一概にどうとは言えないように思います。ちなみに、母方の祖父母は可愛がるだけじゃなくてしつけ(注意・叱り)もしてはいました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    おばあちゃん子でした。

    しおりをつける
    blank
    同居嫁。
    両親が自営業で休みなし。。。の状態だったので 最初は祖父母の家で生活 その後両親が家を建てたので同居しました。 結果私はおばあちゃん子になりました。 元教員だったため結構厳しく 小学校高学年になるまで勉強も見てもらいました。 祖父母が孫に甘い。。。ということもなく、 小遣いももらうこともなく 「おばあちゃんが優しい。小遣いをくれる。」という友人を逆にうらやましく思いました。 大家族で育ったからなのか、現在も夫両親と同居ですが トラブルも不満もなく生活してます。 (姑という存在。嫁という立場を小さい時から感じてたとのもあるかも)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    いて当たり前の存在でした

    しおりをつける
    blank
    とるめんた
    祖父母とも私が小学校時代に亡くなりましたが、 一緒に住んでいたので、まさに「家族」でした。 両親と同じ感覚、いるのが当たり前。 晩年、祖母は目が見えなくなってしまったのですが、 毎晩一緒に寝て、祖母が寝入ったあと、 聞いていたラジオを消すのが私の日課でした。 その思い出は、今でも忘れることができません。 祖父が倒れて要介護になり、祖母が看ていたこと、 その祖母が倒れて母が介護し、苦労していたこと。 すべてを見ていられたことは、 私としては、とてもよい経験だったと思います。 今、両親は兄家族と同居しています。 家族間はおおむね良好です。 兄の結婚が早かったので、姪と甥はもう大学生と高校生。 べたべたした関係ではありませんが、 それでも、祖父母には甘えることがありますし、 両親も孫は可愛いので、 資金の投入振りはすごいですよ(笑)。 でも、孫の進路や学校問題なとに関しては、 一切口は出しません。 干渉しないから、孫が大きくなっても、 ある程度仲良く甘えてくるのかな、という気がします。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私にとっての祖母

    しおりをつける
    blank
    子どもは小学生
    私にとって・・・ 父方の祖父は、私が2歳の頃亡くなりましたので、あまり記憶がありません。同居していた祖母は性格がキツイ人で母をいじめていた人でチヤホヤしないと機嫌が悪くなる嫌な女タイプ。反面教師。 母方の祖父母は盆正月(過ぎてからしか母は帰省できなかったのですが)に会う人。好きでも嫌いでもありません。礼儀正しい所は昔の人の威厳みたいなのがあり好感が持てます。 今自分にも子どもがいて・・・ 私の両親は孫とはいえなれなれしくしない、だけどしっかり見守ってくれる感じです。 夫の両親(特に義母)は赤ちゃんの時は会いたがって、子どもも親の私も疲れてました・・・幼稚園に入る前くらいから子ども自身にも友達が出来、いろいろ忙しくなって、頻繁に行かなくなりました(近距離別居)。子どもの行事でも、現地集合現地解散です。気を遣って迎えに行ったりするとそれが恒例になり首を絞めます。小学生になると子どもも親も忙しくなるので(役員をすると義親から逃げる良い口実になります)会う機会は減ります。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    大好きな人達でした!

    しおりをつける
    blank
    たまこ
    祖父母の家とは、片道3時間程離れた所に住んでましたけど、小学生の頃は○○休みとなれば、兄達と必ず祖父母の家に行き、1週間は滞在していました。祖父が近くに住んでる従兄弟達を呼んで、よく一緒に遊びに連れて行ってくれました。さすがに、毎週でも会いたいと思った記憶はないですけど、一緒に過ごす時間はすごく楽しかったです。大人になった今でも、年末年始は必ず祖父母の家で過ごしています。今まで可愛がってくれた分、私が祖父母に何かしてあげたい気持ちでいっぱいです。トピ主さんが今困惑してらっしゃるのは、毎週来られるのが、義両親だからではないですか?実のご両親が、娘さんに会いに来ても同じ様な気持ちになりますか?ましてや、娘さんが将来子供さんを持った時、トピ主さんはその子の事を可愛がりませんか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    もう会えないから寂しいです。

    しおりをつける
    blank
    ひなた
    私が生まれたとき既に祖父(母方)と祖母(父方)の一人づつしか居ませんでした。 別居でしたが、近所にすんでいたので学校から帰ると祖父か祖母のどちらか、若しくは両方が家に遊びに来ていました。母とお茶しながらTVを見たり世間話をしたり、ほのぼのとした空間に私も参加して幸せな時間でした。 小さな頃からかわいがってくれたおじいちゃん、おばあちゃんも年を重ねて腰も曲がり顔もシワシワになって・・・弱弱しくなっていく姿に自然と愛しいと思う感情がわき、優しくしてあげたいと思うようになりました。 今は2人とも他界しましたが、沢山の楽しい思い出に今も心が温まります。 現在、義両親と二世帯住宅で同居中。2歳の息子は祖父母が大好き。 私自身は、義両親に対して苦手な部分も少しあるのですが(お互い様?!)、息子をかわいがる姿はとても大好きです。「じぃちゃん、ばぁちゃん、ちゅき~」と息子が言うたび母として誇らしい気持ちになり、我が子に祖父母の暖かさをもっともっと教えてあげて下さいという気持ちです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    子供のころ・・

    しおりをつける
    blank
    子供
    私の母は、父の実家が大嫌いだったみたいでした。私が小学生になったら行かなくなりましたが、保育園に通っていた私にもわかるくらい、行きたくないって感じでした。なので父方の祖父祖母のことは全く覚えていません。ただ、母の実家にはよく行っていましたがやはり祖父祖母はおやつやおこづかいをくれるだけだったので、私はいとことずっと遊んでいました。 思うに、お母さんが義両親を苦手としていると子供にもそれが伝わり、子供も祖父祖母を嫌いになる可能性もあるのでは・・ 幸い、トピ主さんは「回数を減らしたいな」程度なので大丈夫だと思いますが。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    大、大、大好きでした

    しおりをつける
    blank
    michi
    40代半ばの女性です。 幼稚園から小学校5年生の時まで 母親の実家が歩いて15分のところ、 父親の実家がバスで30分のところにありました。 どちらにもよく遊びに行き、 特に近いほうの母方の祖父母の家には 毎週土日に私だけ泊まりに行っていた時期もあります。 平日に泊まってそのまま小学校に行ったりもしました。 特に何をするというのでもないのですが、 祖父と一緒にお相撲をみたり、絵を描いたり 祖母にあやとりや料理を教えてもらったり、 本当に楽しい日々でした。 祖父母にしつけられたこと、 教えられたことは私の財産だと思っています。 お小遣いはお年玉だけだったので、 お金めあてではなく、 純粋に会いたくて遊びに行っていました。 全員が他界しましたが、今でも夢に見るくらい大好きです。 最後に亡くなったのは母方の祖父で私が32歳のときでしたが、 いとこたちと一緒に大泣きしました。 祖父母の愛情を受けて育つって素晴らしいことだと思います。 相性もあるでしょうが、機会があるなら、お子さんに 祖父母の持っている文化を教えることも大切ではないでしょうか。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    いつも側にいた人

    しおりをつける
    blank
    じぃちゃんッ子
    6歳になるまで父方の祖父母と一緒に住んでました。 母は20歳で結婚し、嫁ぎ先が商売をしていた事と 姑になる人の性格が激しかったので結婚を反対されましたが結婚。 同居を始めた時に「しまった、止めておけば良かった」と 後悔したらしいです。 母から見てそんな義理親でも、私にとっては 優しい祖父母でした。 どっちかと言うと祖父の方が優しかったかな。 5歳の時に弟が産まれましたが、みんなが産院へ行ってしまった時も、祖父が残って一緒に庭を見ながら 「お姉ちゃんになるね」とか話した記憶があります。 庭で焚き火をしたり、一緒に魚釣りに行ったり。 自分にとって苦痛な時間でもお子さんから見れば 楽しい時間かもしれませんよ。 ちなみに、うちの5歳の息子もじぃちゃん・ばぁちゃんに甘やかされ、 親の私もイライラした時期がありますが、 3歳~4歳くらいになると、子供の方から自然と 離れて行きます。 短い間のことなので頑張って下さい!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    子供の気持ち優先

    しおりをつける
    blank
    せっかく愛情深いお祖母さんも、嫁から見れば迷惑ですか。 悲しいことです、いくらお金を積んでも愛情は買えないのに。 私も嫁ですからトピ主さんの立場は理解できますが、ここは子供の気持ちを優先しませんか。 今はまだお若いので自分の気持ちを優先したくなるでしょうが、年取るとそれを後悔することにもなりかねません。 私のまわりには愛情深い祖父母がいませんでした。 私自身の祖父母にも可愛がられたことはないし、私の両親も義両親も孫に好かれるタイプではありませんでした。 若いころは一向に苦にならなかったのですが、年を取れば取るほどこれほど大きな損はないと思うようになりました。 多分私も夫も孫を可愛がる祖父母にはなれないでしょう。 それがとても悲しいのです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    愛してくれました

    しおりをつける
    blank
    まゆ
    わたしも祖父母同居でした。 祖父も祖母も、わたしのことを何よりも愛してくれました。 あまりに当たり前だったのと、わたしが精神的に余裕がなく充分に孝行できないうちに亡くなってしまったのだけが悔やまれます。 だから、あゆきちさんの >「大好きだった」 >「だけどもらった愛情を返せなかった存在」 というお気持ち、とてもよくわかります。 ただ、同居していない方の祖母と私が生まれる前に亡くなった祖父については、親族という認識以外はなく、特に愛情も感じていません。 やはり、交流し、愛情を身近に感じるというのが、絆をつくるのだと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    育ててもらいました

    しおりをつける
    blank
    まあ
    私が小学校2年生まで、父が入院しており、母が仕事をしていたので、私と妹は同居している母方の祖父母に育てられました。質素で行儀に厳しい人たちで、甘やかしてくれることは全くありませんでしたが、祖父なんて、私の帰りが少しでも遅いと家の前でうろうろしていて、叱られたけれど、ああ心配してくれているんだなと思ったものです。相撲や歌舞伎が好きで、いろいろ教えてもらったのもいい思い出です。 父方の祖父母は電車で1時間くらいのところだったので、年に数回行く程度でしたが、そのたびにごちそう責めで、おみやげもくれて、文字通り甘やかしてくれました。それはそれで嬉しかったですが、どちらかといえば厳しいうちの祖父母のほうが好きでした。 子供をかわいがってくれる人がいることは、子供にとっても親にとっても財産になると思います。母親の悪口を言ったりするような祖父母なら論外ですが、そうでないなら、毛嫌いせず賢く付き合っていったほうがいいのではないでしょうか。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    また会いたいな(1)

    しおりをつける
    blank
    ゆで卵
    好きでした。でも、遠慮心もありました。きっと同居していなかったからでしょうね。 どちらの祖父母共、遠距離に住んでいて夏休みくらいしか会えなかったのと、 私の両親が共に兄弟が多く、その分、いとこも多く・・・ なので特別に可愛がられたというわけでもなく、でも、平等に可愛がってもらていたかな。 母方の祖母は、祖母が私の家に遊びにくると、いつも一緒にお風呂に入り、 私の顔をタオルで拭く時に「なんて綺麗な肌なんでしょう。卵みたいにツルツルでピカピカよ!」 と必ず言ってくれました。あの時の祖母の優しさ、褒めてもらえて嬉しかった気持ち・・・ 40年近く経った今でも忘れられません。 今、私には小さな子供が居ますが、子供の顔を拭くときに、祖母を思い出しながら同じ言葉を言ってしまいます。 4人共、既に亡くなってしまいましたが、時々思い出しては「会いたいなあ」と思います。 私も人の親になり、大人になった今の状態で祖父母達と会話がしたかったです。 もう二度と会えないのかな、と思うと寂しいです。。。(横にそれてすみません)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    また会いたいな(2)

    しおりをつける
    blank
    ゆで卵
    お子さんに愛情を掛けてくれる祖父母なら、子供時代は特に大事な存在になるでしょうね。 でも・・・トピ主さんの立場では、色々と気を遣いますよね・・・わかります。 私も余り義両親と一緒に過ごしたくないし(苦笑) 今はまだ母親が一緒に居た方がいいのかもしれないけど、少し大きくなれば、 子供とご主人だけで・・・とか、子供だけ・・・というスタイルにしていけばどうかしら?? 会う頻度は、最初は月1くらいで用事があると断るようにして、徐々に隔週くらいにしていってもいいと思います。 トピ主さん達家族の都合もあるわけですしね。それでも子供に会いたがれば、子供だけ預けてしまうとか・・・?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    無理しないで・・・

    しおりをつける
    blank
    じゃんばらや
    毎週末、旦那の親と一緒に食事なんて大変だと思います。 子供達にとっては、お祖父ちゃん、お祖母ちゃんと触れ合うことって大切だと思いますけど、母親が無理してまで、会わせる必要もないと思います。 隔週でも、充分だと思いますよ。 別に、夕食を食べるんじゃなくっても、昼間だけ連れて行って、遊んでもらったりしてもいいですし、任せられる環境ならば、旦那と子供だけで行ってもらったりしてもいいと思います。 あまり子供の為、子供の為、と気負わなくってもいいと思います。 子供にとっては、両親との時間も、とても大切ですよ。 お母様が無理してることが子供にとっては一番悲しいんじゃないのでしょうか・・・。 ミッフィーさんが、人に干渉されるのが嫌いだとか、子供の頃祖父、祖母と触れ合わなかったとか、あまり今回のことに、関係ないんじゃないかな、思いましたし、考えなくってもいいと思います。 それは、本当に人それぞれですよ。 旦那さまと子供だけのご家庭も大事にして下さいね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    祖父母

    しおりをつける
    blank
    妊婦
    私は産まれたときから父方の祖父母が同居していました。祖父はリンゴの皮の向き方を教えてくれたり,散歩に連れて行っていろんな植物とか教えてくれました。学生になればそういうことは減っていきました。 確かに毎週旦那さんの両親が訪ねてくるとなると気をつかい大変なのかなぁ…とも思います。 孫をかわいがってくれることはいいことだし,用事があるからすみません。と断ってみたり回数を減らしたら苦痛も減るのでは??大した用が無くても,家族水入らずでドライブやちょっと遠くまで散歩とか。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    毎週の様に行ってた

    しおりをつける
    blank
    はなこ
    私は小さい頃(小学生まで)ほぼ毎週 父の実家に行っていました。 すごく可愛がれもしなかったけど 従兄弟もいましたので、よく皆で遊んでいたのは覚えています。 祖父も祖母も優しかったですね。 今では祖父は亡くなってしまいましたし 両親が離婚してしまったので祖母とも疎遠です。 でも、今でも祖父がこんなことしてくれたなーっと時々思い出したりします。 母の実家は遠かったので、年に1~2回ほどいく位でした。 たまに祖母が来てくれる事もありました。 祖母は可愛がってくれましたので 私はおばあちゃん子でした。 祖父もいつもにこにこしていて、優しい人でした。 祖父は亡くなってしまいました。 祖母は現在入院中ですが、今は同じ県内にいるので 時々会いに行きます。 やっぱり今でも祖母の事は大好きです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    何だか寂しいですね

    しおりをつける
    blank
    ソラ
    トピ主さんが滅多に会う事がなければ確かにお小遣いくれる人っていう認識を持ってしまうのは分かる気がします。でも、自分の子供が祖父・祖母に対してそういう風な感情を抱くようになってもトピ主さんはそれで構いませんか? 私は祖父・祖母とは一緒に暮らしていたし、母方の祖父母は離れていましたが、今でも会えるなら会いたいと思います。同居している祖父母にもかわいがってもらいました。おじいちゃんやおばあちゃんから得るものだって沢山あると思いますよ。 本当に目の中に入れても、というくらい可愛がってくれるのは身内だけな気がします。愛してくれない人よりはよほどいいと思います。 自分が年齢を重ねて初孫とかが出来た時に、孫に自分の事を「お小遣いをくれる人」と認識されてたら悲しくないですか? 毎週だと家族の時間も少なくなりそうなので、そこは相談して隔週にするなりするっていうのはいいとは思いますが、トピ主さんのお子様にはおじいちゃんとおばあちゃんとの楽しい思い出が沢山できた方がいいと、私は思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    おばあちゃん大好き

    しおりをつける
    blank
    にえんて
    弟ふたりとわたし、おばあちゃん(母方の祖母)大好きでした。 夕方、近所の公園で遊ぶわたしたちを、母が呼びに来ても見向きもしないのに、ひとこと「おばあちゃんから電話!」と言うだけで、飛んで帰ったのだそうです。 毎週末、車で1時間の、一人暮らしのおばあちゃんの家へ出かけていたし、おばあちゃんのほうからも、週に2回は来ていたようです。 亡くなるまでずっとべったりでしたね(笑) わたしたち子供にとっておばあちゃんは第二の親というか、祖母というよりもっと近い存在でした。 親は怒ったりするけど、おばあちゃんは絶対に怒らない、絶対にわたしの味方をしてくれる。 おばあちゃんは明治の人で、しっかりした厳しい人だったそうなんですが、孫にとってはこれ以上ない甘い存在でした。 おばあちゃんが亡くなって15年以上たちますが、ああいう、絶対的な優しさと愛情を与えてくれる存在があったことは、本当に幸せなことだったと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    優しい笑顔、そして泣き顔。

    しおりをつける
    blank
    バレッタ
    あの、、、トピ主さんにお年玉を下さったということは、可愛がってくれたということではないでしょうか? 舅、お姑さんだから面倒だな、煩わしいなという印象しか受けないのですが、、。 おじいさま、おばあさまから可愛がってもらった、という記憶をもって成長するお子様は幸せな人生だと思うのですが、、。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主さんと同じです

    しおりをつける
    blank
    イトコ多し
    私にとっても祖父母は遠い存在でした。 父方も母方も、祖父は早くに亡くなっていたので顔すら覚えていませんが、祖母は私が社会に出るまで元気でした。 イトコが多いので、祖母にとっても孫は名前を覚えきれないくらい多かったんです。だから特別誰かだけを可愛がるというような事もなかったし、頻繁に会うことも接することもなかったです。嫌われてはいなかったと思う程度です。同居していたイトコがいたせいかもしれませんが、そのイトコたちも叱られている姿は見たことはあっても、ほかのイトコたち以上に可愛がられている姿を見たことも無かったなあ。 そんな訳で、私も祖父母はお小遣いをくれる存在でしかなかったです。逆に二人きりになるとどう接して良いかwからず、席を立ってしまってました。 私も自分の子供に義父母たちがベタベタしてきたら戸惑うと思います。子供にベタベタしてくるのは仕方ないとして、自分もその場にいなくてはいけないのが苦痛なのかもしれませんね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    いつまでも、心の支えになってます

    しおりをつける
    blank
    マンダリン
    母方の祖母が、一度もしかられた事がなくて亡くなった今も思い出すと安心します。 時々しか会えないせいだと思っていたのですが、他のいとこ達に聞くと、とても怖い人だったようなので、たぶん、何か相性もあったんだと思います。 父方の祖母も会う頻度はそんなに変わらないのですが、特に・・こちらには何も感じませんでした。 でも、祖父母と孫というのは結構な深い縁だと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です。みなさんありがとうございます

    しおりをつける
    blank
    ミッフィー
    補足ですが父、母とも実の親に育てられていません。 実の親の兄弟に育てられているので(伯父、叔母の家)それぞれに産みの親、育ての親がいます。 戦中、戦後の時代なので仕方ないのですが。 なので私はどの人をおじいちゃん、おばあちゃんと呼んでいいかもわからなかったし私には従兄弟は多いので、その中の一人という感じで祖父、祖母とお出掛けしたり可愛がってもらった記憶がないのです。 その為、義両親の孫への執着が重く感じています。 でもみなさんのレスを読んで祖父祖母に可愛がってもらえるという事も子供にとっては大切なのかもと思いました。 正直義両親が好きではないし毎週会うのも私にとっては精神的に辛いのです。これから大きくなったら私は隔週くらいでお邪魔して主人と子供、子供だけという形での付き合い方もしてみようかと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    親とはまた違う優しい存在

    しおりをつける
    blank
    natu
    私は祖母にとって沢山の孫のうちの一人でしたので、 そんなに親密に付き合ってはいません。 ただ、年に一度泊まりに来てくれていましたね。 1週間から10日ほどでしたが、とても楽しみで嬉しかったです。帰ってしまうのが嫌だったのを憶えてます。 毎週とはちょっと気詰りですね。 もう少し遠いところに引っ越すというのは如何ですか? 車で1時間くらいだと、お子さんが幼稚園や小学生になって忙しくなれば頻繁に会っていられなくなると思います。 あまり近郊だと、関係なく細切れに訪問されちゃいますからね。 トピ主さんのストレスを軽減しつつ、お子さんに祖父母のいい思い出を作ってあげられるといいですね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 30  /  70
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]