詳細検索

    • ホーム
    • ひと
    • 競争心の強い私…この性格を直すアドバイスを下さい!!!
    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    競争心の強い私…この性格を直すアドバイスを下さい!!!

    お気に入り追加
    レス11
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    bibi
    ひと
    タイトルの通りです。

    私は自分でダメだと分かっていながら、
    誰とでも競争心を持ってしまいます。
    だからと言って言動や行動に移したりはしないのですが、
    すぐに羨ましくなったり、妬んだりしてしまいます。
    心の中でですが…

    自分を成長させるために
    自己啓発の本もたくさん読みました。
    自分は自分、人は人、
    一度しかない人生、自分らしく生きるべき、
    自分を信じて生きる

    などなど頭で分かっていても、心がついていかないのです。

    どうすれば、人の幸せも祝え、そして人と自分を比べたり
    競争心を持たず、
    心に平和を見出せるのでしょうか?

    アドバイスよろしくお願いします!!!

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数11

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  11
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    皆そんなものです

    しおりをつける
    blank
    はち
    トピ主さんはごく普通の人格だと思いますよ。
    私の知人はもっと強力で、心に思ったことを本当に実行してしまい周囲から失笑を買いいつのまにか孤立していました。
    トピ主さんはうらやましいという感情をご自分の心の中にとどめる事ができているなら十分ですよ。

    まったく他人をうらやんだりしない人なんて本当にいるんでしょうか?

    極端な話しお坊さんだってそういった感情を無くす為に修行している部分がありますよね。

    一般人なら何をか言わんやです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    負けるが勝ち!!

    しおりをつける
    blank
    花子
    昔、私は、主人の方が私より優しい人間だってことがものすごく悔しかったです。今でも勝てません。

    競争するのに成績やら業績やら数字で表せるものではなくて、人間性で競争してもよいでしょう。でも、それさえも、いやらしい人間になってしまいますけど。。。。

    負けるが勝ちが分かれば、勝たない選択も自分の意思で選択できます。とか、低レベルの争いはしない。昔、運動会の競争で、なぜ馬のように競走しなくっちゃいかないのか、とか、なぜこんなにむきになって走ってんだろう、と思った時から、バカバカしくて走れなくなったことがあったけど、マイペースだと他の風景が見えてきます。新しい発見がありますよ。やってみる価値がありますから、がんばってください。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    競争心なくして向上心は生まれない。

    しおりをつける
    blank
    競争心がなくては、向上心は生まれないのでは?

    人より勝りたい、より高いところに行きたいと
    思うから、仕事も頑張れたり、夢へも邁進
    できるのではと思います。

    その競争心を妬むことだけで終わらせるから
    負のドロっとした感情だけとどまって
    しまうのでしょう。

    今度、そういう気持ちが芽生えた時に
    一言口に出してみてください。


    「私も、頑張ろう!」


    何事も自分の努力なくして結果は出ませんから
    他人の努力の結果だけを見て、羨ましがっても
    何も生まれません。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    私にも、競争心、あります

    しおりをつける
    blank
    f
    競争心というのは、言い換えれば、「羨ましい~」って気持ちでしょうか?
    なぜ、あの人だけ、あんなに幸運がくるの?って思えることありますよね。
    そういう気持ちって、誰でも、ありますよ。
    口にださないだけよ。

    トピ主さんは、自己啓発の本を読んで、勉強なさっているんだから、素晴らしいと思います。
    「誰でも、競争心は、ある」と思ったら、楽になりませんか?

    競争心は、悪い面だけではないんですよ。
    目標にして、自分をその人以上にする力だって、あります。
    所謂、良い意味のライバルです。
    競争心をプラス方向にもっていく道を探すのも方法と思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    少し違う立場で意見を書きます

    しおりをつける
    blank
    K
    どちらかというと「競争心」がないほうのような気がするので、参考になればと思い、書きこみます。

    私は身近な人ってライバル(敵という意味での)という対象に思わないのです。どちらかというと同士、という感じで。敵は自分の中にいると思っているし、他人に勝つことより、自分を超えることのほうが重要だと思っています。人と対立するのが好きでないしね。

    私が目標にするのは、例えばオリンピック選手であったり、大作家であったり、大事業を興した実業家であったり。そういう人を、いつも視野に入れています。

    自分のやりたい仕事を必死に模索してきました。いろいろな本も読み、実際に試してみたり。いまは、その実を結ぶために必死に走っています。そういうものを真剣に探し当てることができたら、「他人」というものは、それほど気にならなくなると思いますよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    かならずしも悪いことじゃない

    しおりをつける
    blank
    ライバル
    何方かも既におっしゃってるとおり、競争心なくしては進歩もないですよ。他人にであれ、自分自身にであれ、「それよりもよくなりたい」と思うことは良いことだと思います。オリンピックの北島選手だって、手ごわいライバルに競争心を奮い立たせて金メダルを勝ち取ったんですよね?

    でも、トピ主さんのいう現在の状態は「競争心」というよりはただの「嫉妬」だと思います。「言動や行動にうつさない」で羨ましがっているということは、おなじ土俵に立っていないという事だから、競争しようがないです。

    敢えて「言動や行動に移す」ことで健全な競争心が生まれるのでは?「言動や行動に移す」ことはかならずしも「『あんたなんかに負けないからね』と相手と大っぴらに張り合う」という事じゃないですよ。

    相手(最終的には自分)の優れている部分、羨ましい部分を努力して凌駕しよう、というのが「競争心」です。

    努力しても適わない事もあるでしょうが、それでもやるだけの事をやって敗れるほうが、ただ羨ましがるだけで自分の可能性にチャレンジしないで終わるより納得出来ます。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    原因を究明してみたら?

    しおりをつける
    blank
    ワカラン
    過去に何か原因になるような出来事があったということはないでしょうか。

    と言うのは、競争心の強い人って原因となるコンプレックスを抱えているように思うんです。
    私はあまり競争心ないと思うのですが(というより他人のことも自分のことも気にならないんです)、考えてみると今までコンプレックスになるようなことってあまりなかった。

    たった一つでもそのコンプレックスとなるものを克服できたら、自分に自身がつくし、そのコンプレックス自体も大したことではなかったと気がつくのではないでしょうか。

    全く的外れだったら、ゴメンナサイ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    競争心の方向性

    しおりをつける
    blank
    烈哉
    競争心を無理に卑下することはありません。
    ただ、全ての点で他人に勝つ必要はないのだ、という
    ことです。

    「自分はこれなら人に負けない!」というのがあれば、
    人の優れた点も認められるようになります。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    ワカランさんに一票

    しおりをつける
    blank
    幸せ
    私もトピ主様の過去に何か原因があると思います。
    理性では納得できるんだけど感情が押さえ切れなくて、苦しい思いをして 
    何だかオカシイ、ナゼ?っていう感じがしませんか?

    私の場合はキツイ母親に支配されていた反動で、少しでも頭を押さえつけられる(半強制状態)に、異常に嫌悪感を持っていたので、若い時とても生きづらかったです。

    いろんな本を読んで、自分なりに勉強して今では昔の自分の行動に、なんて生き辛い生き方をしてたんだろうと思います。

    普通の対抗意識ならいいのですが深層心理から来るとなると、話は別です。

    トピ主様はまだご主人やお子様はおられませんか?

    自分自身がその対抗意識の対象ならまだ救われますが、旦那様の稼ぎ、生活クラス、子供の発育、成績、受験などまで常に周りと競うような事になったら、人生親子ともども、夫婦ともども平穏無事には過ごせませんよ。

    一度立ち止まって考えてごらんになることをお勧めします。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    エニアグラム

    しおりをつける
    blank
    タイプ5
    私も自分の性格で悩み、どう変えていこうか迷っていました。しかし、エニアグラムの本を読み、セミナーを受講した結果、「人間の持って生まれた性格は、変えられない」という結論でした。

    しかし、それをどう生かしていくかは、人間だけに与えられた知恵です。是非、鈴木秀子さん著の本をお読みすることをお勧めします。

    エニアグラムは人間の性格を9つに分類していますが、これに接することによって、私は一切、占いなどに惑わされることがなくなりました。9つの中にはトピ主さんに似たようなタイプもあるので、参考にされてください。

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  11
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0