詳細検索

    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    離婚の危機から「幸せな」結婚生活へ

    お気に入り追加
    レス16
    (トピ主6
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    傷心小町
    恋愛
    結婚8年目、子供一人(一歳)29歳の兼業主婦です。 私の妊娠を境に今まで夫婦関係は良好とは言えず、これから続く結婚生活に希望を見出せず不満の日々を2年近く送っています。 夫に対しての主な不満は、思いやりにかける、見下したようなしゃべり方、子育てに対する姿勢(不参加ではないがいやいや)テレビ中毒で私との会話や子供の相手が片手間、家事は私の仕事と思っている節がある等、夫を尊敬できずにいることが一番応えています。 話し合いをしようとすると逆に私に対する不満をあげつらって会話にならず、お互いを言い負かすためだけの口喧嘩に発展というのが常です。 決して本位ではありませんが、このままこんな結婚生活が続くのかと思うと「離婚」の文字が頭をよぎってしまいます。しかし、このような冷めた夫婦関係になってしまったのには私にも原因があることは重々承知していますし、夫も出来ることなら良好な関係に戻りたいと思っているのがわかるので、なんとか意地の張り合いをやめて「幸せな」結婚生活への活路を見出したく投稿しました。 一時は離婚も考えたけど今はとても幸せと言う方のお話を聞かせてください。

    トピ内ID:4054319391

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 1 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数16

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (6)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    私の場合。

    しおりをつける
    🐱
    うめっち
    冷めた夫婦→良好な関係という例ではなくてごめんなさい。 私もトピ主さんのように、第一子を持ち始めた頃から夫とは考えや価値観 の相違を大きく感じていました。(本当はそれ以前からあったのかも しれません) それでもなんとかやっていこうと、子供の面倒を見ながら、夫も立てる事もおぼえ、頑張ってきました。子供の数も増えていきました。 ところがそうして頑張ってきたある日、運命の人とも思える人と出会って しまいました。その人とは何を話しても、何をしても、息があって、どう してこの人ともっと早く出会わなかったのだろうと思うばかりです。 今となっては子供も1人ではないので、とても自立、離婚は難しく、 どうしてあの時、どうしてあの時点で、離婚に踏み切らなかったのか、 どうして頑張ってしまったのだろうと悔やんでいます。悔やみながら、 離婚をするべきかどうか、苦しい選択に毎日のように迫られます。 こういう人間もいます。どうか、後悔のない人生のために、 参考にしてください。 そして私も、離婚を考えても幸せになった人の事例があれば、是非 聞きたいです。

    トピ内ID:7164527414

    閉じる× 閉じる×

    幸せという思いはそんなにないですが

    しおりをつける
    🐤
    若葉マーク
    離婚届をもらいに行き捺印して実家に帰ったことがあります。うちは子供を亡くしました。生んだ側の私と彼の考え方が相当異なり、また義母達からの小言も心臓を貫く以上の痛さでした。 主人が暴れたり私が暴れたり並ではなかったです、一時は・・・。でも色々ありすぎましたが離婚には至りませんでした。 お坊ちゃん育ちの主人が私をこれでも思いやってくれるようになっていること、そして最終的にはこの人とこのまま修羅場で終わりたくないなあ、という互いの思いでしょうか?動物的なつながりなのか何がこういう思いに至らせたかわかりませんが。 元々他人ですから期待したら多分ダメなんだろうなあ、と今は思うことが最近は増えてきました。トピ主さんのご主人様ももし同年代でしたらこれからまた一家の主として今まで気がつかなかった事に気づいたりされていくと思います。 夫婦の事は夫婦にしかわからないとよく言われますが良くも悪くも力を時には抜いてご自分を思いやってくださいね。「女の子はおませで男の子は成長が遅い」と言われるように大人も同じなんだろうと思います。 いい年を重ねて「この人と結婚して良かった!」と思える夫婦になりたいものです。

    トピ内ID:1497342424

    閉じる× 閉じる×

    くじけないで(1)

    しおりをつける
    🙂
    チャイ
    トピ主さん、毎日仕事に育児にお疲れ様です。私は結婚2年目に入りましたが、あまりにもトピ主さんの状況が数ヶ月前までの私と同じなので出て参りました。 結婚当初(同時に妊娠初期)は仲が良かったものの、次第に些細なことでの喧嘩が絶えなくなり、出産後はさらにそれがひどくなりついに私が子供を連れて実家へ帰る形で別居となりました。私の夫への不満といえば、家事育児は妻がやって当たり前だから協力も感謝もしないという傲慢さにありました。夫もいつもピリピリしている私に嫌気がさしていたのだと思います。別居中、両家で話し合いの場がもたれましたが良い方向へは向かわず弁護士の話なども出て、双方ともに離婚は決定的と思い合っていました。しかし私は仕事もなく乳児を抱えている身でしたので、これから仕事と保育園と住むところを探さなくては・・と考えていました。そんな矢先に夫から「君さえよければ迎えに行く」と連絡が入りました。別居から1ヶ月後のことです。考えた挙句、もう一度やり直してみようと夫のもとへ戻ることにしました。

    トピ内ID:2926273104

    閉じる× 閉じる×

    くじけないで(2)

    しおりをつける
    🙂
    チャイ
    あの別居から夫は変わりました。私のすることに感謝の言葉を口に出したり、夜中でもこどもをみてくれたり、こどもをお風呂に入れること(それまでは頼んでも絶対にやってくれませんでした)まで自らしてくれるようになりました。また、今でも時々喧嘩をしてしまいますがそのたびに夫からすぐに仲直りを申し出てくれるようにもなり、以前とは比較にならないほど幸せです。以前の夫は喧嘩になると口汚く一方的に私を罵ったり何日も機嫌が悪かったりで喧嘩になったら最後、手におえなかったのです。 夫のおかげで私も今では前とはうって変わって気持ちが安定し、夫のことをするのが嬉しく子育ても楽しめるようになりました。2人で別居をバネにして夫婦として成長できたと思っています。「この結婚は失敗だった」と思っていた一時期の私はなんて夫に対して失礼だったんだろうと今思います。 うちはお互いへの感謝を思い出すことによって良好な関係に戻れたと思います。まずは、ご主人に毎日の仕事のことなど感謝の言葉を頻繁に口に出されてみてはいかがでしょうか。男性は女性から感謝されているとわかると、もっとその女性を幸せにしてあげたいと思うそうです。

    トピ内ID:5574686676

    閉じる× 閉じる×

    内容が違うのですが 1

    しおりをつける
    😑
    まつり
    ちょっと内容が違うのですが、私も離婚を考えたことがあります。 主人が、私が出産で入院していた時に 知人と浮気をしていました。 退院した当日に それが分かり、かなりショックを受けました。 頭の中にはもう 「許せない」「どうして?」「信じられない」それしかなく、離婚を考えました。 憎しみよりも悲しみが強く、しばらくの間、会話することもなく毎日泣いて過ごしました。 離婚してしまいたい・・・といった思いが強かったのですが、子供たちのことを考えると軽はずみにすることはできないと思ったのです。 私がした事は ノートに自分の思いを書き主人の机に置いておいたのです 「私はできれば離婚したくない。でも、信じられないし許せない。それでもあなたを必要としている。」といったことを。 主人がそれを読み、主人もそのノートに書きノートのやりとりをしました 手紙よりもノートの方が良いです。何度も読み直すことができるから。

    トピ内ID:0962865700

    閉じる× 閉じる×

    状況がちがうのですが 2

    しおりをつける
    😑
    まつり
     それからしばらくして少しずつ話をするようになり、今は、幸せに暮らしています。 「何度も読み返した。」・・・と、主人は言っていました。 やはり、読み返すことができる物は、心に残ると思います。 トピ主さんのご主人も、良好な関係にしたいと思っておられるようでしたら、心に響くのではないかな?とも思いました。 >夫に対しての主な不満は、~~~・・・ と、ある状況は、我が家でも同じです。 見下した言い方をされれば「そんな冷たい言い方されると悲しい。」涙 子育て嫌々な態度は「とても助かる。ありがとう。できればこれも・」笑 会話がおろそかにされると「ねぇねぇ!夫婦の会話は??会話のキャッチボール!ね!」と、ちょっとふざけた様に笑いながらに言います。 要は、うまくコントロールできればいいんだと思います。 できる限りではありますが、感謝の言葉をつける様にしています。 相手が断ることのできない状況を作る・・というか。笑 一度、思ったことを綴ってみてください。感謝や必要としているという言葉をそえながら。

    トピ内ID:3897051520

    閉じる× 閉じる×

    この本を読んで!

    しおりをつける
    🙂
    まゆ
    「新・良妻賢母のすすめ」という本をおすすめします。 とても勉強になる本です。 私も良く離婚を考えていましたが、この本を読んで自分自身の行動を変え、相手への接し方を変えていく事で、夫婦関係がぐんと良くなりました。 私も相手に不満がたくさんありました。 でもその事を口に出すと夫婦の仲は破綻していくんですよね。 私はその事に気がつきませんでした。 「受け入れられている」という感覚が男性にとってこんなにも重要なものだとは、私はこの本を読むまで知りませんでした。 今は悔しいことがあっても腹が立つ事があっても 「ありがとう」とだけ言っています(笑) わざと有り難いポイントばかり見つけては褒める褒める。 イヤイヤでも家事や育児に協力してくれた時は 「お布団敷いてくれてありがとうね。あなたはほんとに優しいね」 と言っています。 それを続けていくうちに主人は本当に変わりました。 主人の、良い面だけがぐんと伸びて成長した感じです。

    トピ内ID:9641827244

    閉じる× 閉じる×

    つづき

    しおりをつける
    🙂
    まゆ
    今までさんざん文句を言われてきたのだから、案外男性も自分自身の欠点や短所には気がついているのではないでしょうか。 だけど男性はプライドが高いわりには打たれ弱いから、言われたからといって素直に自分の非を認められるような性質にはできていないのだと思います。 自分自身について何か言われたら(それがたとえ建設的な意見でも)攻撃された、と感じてしまう男性は多く、自分を守ろうとかたくなになるか、相手を非難する事でハリネズミのように自分を守ろうとする男性は大勢いるんだな、と最近私は感じるようになっています。 悪気があるわけではなく。 女性から見ればそういう部分が子供っぽく感じる事もありますが、男と女は違う生き物ですから、そこを理解するのが鍵かもしれません。 ジョン・グレイ氏の「ベスト・パートナーになるために」という本もおすすめです。良書ですよ。 妻が一番の良き理解者で、自分の事を認めてくれてて、尊敬してくれてて、自尊心を汲み取ってくれて、正しい自信を持たせてくれる存在だ・・・となると、気難しい男性でも奥さんに対してはすごくいいご主人になっちゃいます。

    トピ内ID:9641827244

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございました。(1)

    しおりをつける
    傷心小町
    お返事を下さったみなさま、それぞれにいろいろなお立場から暖かい言葉をかけてくださりありがとうございました。 「夫を立てる」「感謝の言葉を口にする」本当にその通りですね。今の私は夫に対する不満ばかりに目が行って、感謝の気持ちがかけているんだと思います。それを夫も敏感に感じて私に対してやさしく出来ないと言う悪循環に陥ってしまっているんですね。 一昨年の暮れにも私の気持ちがいっぱいいっぱいになってしまって、離婚を考えたことがありました。その時は徹夜で手紙に私の思いを綴って渡しました。夫は読んではくれたものの「ありがとう」という、私が期待していたのとはかけ離れた言葉だけで、あまり効果がありませんでした。

    トピ内ID:4054319391

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(6件)全て見る

    ありがとうございました。(2)

    しおりをつける
    傷心小町
    今回は、私が土曜日にどうしても抜けられない用事があり、数週間前から夫に子供を見てくれるよう頼んでありました。にもかかわらず2日ほど前に友達と遊びに行く約束をしてきて、私に早く帰ってくるように強制し、私がそれは無理だし、以前からお願いしていたはずだといった趣旨の事を言うと、まるで癇癪を起こした子供のような態度で私はわがままだなどと聞く耳を持ってくれませんでした。結局夫は義母に子供を預け出かけてしまい、義母も夕方から出かけなければならなかったため、私が途中で用事を抜け出して子供を迎えに行くという結果になりました。この一件で心底夫にがっかりしてしまい、今まで折り合いを着けてきた感情が再沸してしまい、投稿に至りました。

    トピ内ID:4054319391

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(6件)全て見る

    ありがとうございました。(3)

    しおりをつける
    傷心小町
    日曜から夫は出張で家を空けています。仕事をしていても子供の世話をしていても、常にやり直せるかも?やはり無理なのかな?といった感情がぐるぐる駆け巡りまだ答えは出ていません。帰ってきたら、きちんと話し合わなければいけませんね。 今の時点ではチャイさんがされたように別居(建設的別居とでも言いましょうか)をしてお互いに頭を冷やす期間がほしいと思っていますが、私達は海外に住んでいて(国際結婚です)私の実家が遠く、2つ住居を構えるには経済的に苦しく、実現は難しいかもしれません。夫が実家に帰ってもいいと言ってくれれば話は別ですが。 最初の投稿にも書きましたが、出来ればやり直したいと強く思っています。しかしこれから何十年も続く人生を満たされない気持ちで過ごすことは出来ないとも同時に感じています。 夫が明日出張から帰って来ますので話し合いの結果、私の気持ちを整理してまた書き込みしたいと思います。 ありがとうございました。

    トピ内ID:4054319391

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(6件)全て見る

    ぜひ読んでいただきたい本

    しおりをつける
    🎶
    みず
    ヘレン・アンデリンの「新・良妻賢母のすすめ」という本を読んでみてほしいです!! りょうさいけんぼぉ~!?なんて思わず、騙されたと思って読んでみてください。 私はこの本を読んでその後人生がとても大きく変わりました。 もちろん良い方向に。 自分の人生を変えるほど影響力のある本なんてこの世に存在してたのか!と、目からウロコでした。 今は主人の関係も良好で幸福感でいっぱいです。 (書いてて本の宣伝みたいになっちゃいましたね…でもでも嘘じゃないですよ!!)

    トピ内ID:3197325503

    閉じる× 閉じる×

    本当、つらいですよね

    しおりをつける
    🙂
    チャイ
    2度目の書き込みをさせていただいています。まるで以前の私を見ているようで読んでいて涙が出ます。 本来ならいちばん近くにいてどんな状況でも心を通い合わせていたい夫といがみ合うような日々は本当に耐え難いものですよね。 私も別居前のことになりますが、ある休日体調が悪く寝ているとまだ生後間もないこどもが泣き出したのです。 しかし夫は「育児は俺の管轄外だから」と言って泣いているこどもを平気で無視したことがありました。 自分のこどもが必死に泣いて要求を訴えているのに平然としているというあまりに無責任な言動を目の当たりにし、本気で結婚を後悔したものでした。しかし今では当時のドロドロな日々が嘘のように幸せです。 絶望しかけている関係でも必ず修復できます。ご主人も良好な関係を望んでおられるということですし、夫婦再生のカウンセリングを2人で受けるのは如何でしょうか。 私も別居中に夫と受けに行き様々なアドバイスをいただいて今でもそれは良好な夫婦関係を維持していく上で役に立っています。 トピ主さんの国ではそのようなサービスがあるかはわかりませんが・・。お互い素直になり今のご主人と幸せを取り戻せることを願っています。

    トピ内ID:5574686676

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございました。(4)

    しおりをつける
    傷心小町
    引き続き暖かいお言葉、アドバイスを下さりありがとうございました。お一人お一人の書き込みを何度も読ませていただき、おかげさまで大分気分が上向き、夫との将来を前向きに考えられるようになりました。 先日出張から帰ってきた夫の手には、真っ赤なバラの花束とバレンタインのチョコレートとカードが握られていました。(こちらでは男女の差なく恋人、夫婦間でバレンタインデーを祝います。)夫からバラの花束をもらったのは結婚8年目、知り合って11年目にして初めてのことです。花束を贈られたことは今までにもありましたが、いつも「バラは高いからもったいない」とおねだりしてもありえないことだったんです。カードには思わず目頭が熱くなるようなメッセージが書いてあり、夫なりにいろいろと考え、歩み寄ってきてくれたことを感じ、「あ、私達これからもやっていける」と思えることができました。

    トピ内ID:4054319391

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(6件)全て見る

    ありがとうございました。(5)

    しおりをつける
    傷心小町
    うめっちさん、苦しい選択に毎日迫られるとの事、お辛いですね。立場は違えど、お互いに後悔のない人生を歩んでいけるよう願っています。 若葉マークさん、お子さんを亡くされたとの事、何と申し上げたらいいのかもわかりません。私には想像もつかないようなお辛いことがいろいろとあったことでしょうね。お互いへの思いやりがあったからこそ乗り越えられたのでしょう。 >いい年を重ねて「この人と結婚して良かった!」と思える夫婦になりたいものです。 本当にその通りですね。私もぜひそういう夫婦になれるよう努力していきたいです。 チャイさん、希望の持てる体験談を聞かせてくださりありがとうございます。「感謝の気持ち」本当に大切なことですね。「絶望しかけている関係でも必ず修復できます」とのお言葉、本当に本当に勇気付けられました。

    トピ内ID:4054319391

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(6件)全て見る

    ありがとうございました。(6)

    しおりをつける
    傷心小町
    まつりさんの、ノートでのコミュニケーションもいいアイディアですね。私もぜひ実践してみようと思います。感謝の言葉も積極的に口にするようにしてみます。 まゆさんが「つづき」に書かれていた男性心理、本当に的を得ているなと感心して読ませていただきました。夫もまさにそういうタイプです。おっしゃるとおり、そういう男性心理を理解した上で接していくのが鍵のようですね。 まゆさんと、みずさんのお二方が勧めてくださった、「新・良妻賢母のすすめ」早速インターネットで注文しました。到着まで3-4週間かかるそうなので待ち遠しいです。 最後に、小町で相談してみて本当によかったです。一人で悩んでいた時は出口のない迷路をぐるぐるとさまよっている様な気持ちで苦しかったのですが、皆様のおかげで希望が持てました。相手に変わってもらおうと思ったらまず自分が変わることだと気づかせてもらえて、肩の力がふっと抜けたような気持ちです。どうもありがとうございました。

    トピ内ID:4054319391

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(6件)全て見る
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (6)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]