詳細検索

    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    私学共済に関する質問です

    お気に入り追加
    レス6
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    如月
    仕事
    ネットで調べたのですが上手くヒットしなかったので、
    ご存知の方がいらっしゃいましたら以下のことを教えてください。

    1.私学共済の掛け金が”長期”と”短期”の2種とられているのですが、これらの違いは何ですか?
    2.年金の試算は、公務員の共済と同様と考えてよろしいのでしょうか?
    3.私学には雇用保険がない場合が多いと聞きます。(うちの夫の所にもありません)これは違法ではないのですか?

    4.脱線しますが・・・
    上記3に関連して、仮に失業した場合に備えて何か対策を練っていらっしゃる方、どんなことをしているのか教えていただけないでしょうか。

    夫が私学に勤めているのですが、私の勤めている会社の厚生年金と比べて、違いすぎるのでよく分かりません。

    よろしくお願いいたします。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数6

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    短期長期とは

    しおりをつける
    blank
    もも
    短期・・・健康保険の掛け金
    長期・・・年金の掛け金

    だと思います。雇用保険のない立場の方の対策は私も伺いたいです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    現実に即していない

    しおりをつける
    blank
    時代が変わった
    雇用保険とは失業保険の事ですね。

    先ず、公務員の事をお話すると、公務員は基本的に首になることがないので、失業保険はありません。

    先日の新聞によると、私立学校教員もやめさせらる心配のない職業という事で失業保険がないのだそうです。

    公務員は確かに「親方日の丸」で失業の心配はありませんが、私立学校教員は失業の可能性はありますので、現実に即していないと思います。現実に廃校になった学校がありますよね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    雇用保険

    しおりをつける
    blank
    皇帝ペンギン
    入らないのが違法かどうかわかりませんが、離職率の高い場合は入る学校もあります。私の勤めていた学校はそうでした。雇用保険は個人で加入できるのではありませんか?

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    とぴ主です

    しおりをつける
    blank
    如月
    レスありがとうございます。
    長期と短期の違いは分かりました。

    雇用保険の問題、政府はどうにかしてくれないんですかね?
    だって、公務員は確かにクビにはなりませんが、私立の職員はなりますよ。それに、”いつクビがとぶか・・・”という心配だけなら、かなりおおきいですし。(ワンマンですから。。。)

    失業保険だけではなく、”教育訓練給付金”でしたっけ?あれが利用できないじゃないですか。
    いや、確かに、雇用保険の分を毎月貯金しておけばいいのかもしれませんがねー。
    とにかく、理不尽ですよね。

    ちなみに、雇用保険は個人でも入れるって本当ですか?
    ”雇用保険”で検索をかけたときにはそういう内容は引っかかってこなかったのですが。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    強制加入...1

    しおりをつける
    blank
    にょっき
    1.共済短期 ...健康保険料
      共済長期 ...共済年金保険料

    2.同じです.
      共済年金には年金支給時に“職域加算”とういう
      イワユルお手盛りがあります.
      同額の保険料を支払っていた厚生年金の方と比べて
      毎月2万円位多く年金が支給されます.

    3.法的には私学も強制加入です.
      しかし,何のお咎めもないのが現状で,各私学の任意加入です.
     
      私学には私学だけで互助的運用している“退職金財団”があり
      雇用保険と同様の内容をカバーできるそうです.

      ですから,あえて支給のメリットがあまり無い雇用保険に加入して
      保険料を負担したくないという姿勢の私学が存在するとの事です.
      
      昭和50年の法改正以来,厚労省と文科省の間で議論はあるものの
      実情は放置状態で現在に至るとのことです.

      現実には訴訟を起こされている大学もあります.
      
      ※国立大学は独立行政法人化した平16年4月から
       雇用保険が天引きされています.     つづきます

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    強制加入...2

    しおりをつける
    blank
    にょっき
    共済年金も厚生年金も職域加算を除けば
    (職域加算は廃止になると思いますが)
    違いはあまり無いように思います.

    ご主人とトピ主さんは補償内容に大きな違いがあるのでは?

    また,ご主人も退職年金財団の掛け金を支払っていると
    思いますので,掛け金額や補償内容をご確認されたらよろしいかと
    思います.

    もしかしたら,いろいろな補償があって安心するかもしれませんね.

    もしご主人の大学が退職年金財団にも加入してなかったとしたら
    真剣にいろいろ人生設計をせねばならないですね.

    ご存知かと思いますが,大学が雇用保険に加入してくれなければ
    個人では加入できません.(雇う側にも保険料負担があるため)

    加入をめぐり,署名運動などをしている私学教員もいるようです.
    でもなかなか雇われの身としては勇気が要りますよね.

    一日も早く強制加入違反に対して国が罰則を
    設けてくれるといいですね.

    今,国は年金で,いっぱいいっぱいのようです.

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0