詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    鈍感になるには?

    お気に入り追加
    レス23
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐤
    花瓶
    ヘルス
     花瓶と申します。私は幼少時から、親の顔色ばかり見て育ちました。中学・高校時代は、軽いいじめを受けた経験もあり、人が自分をどう思っているか常に気になって仕方ありません。  人が自分をどう思っているか気にする事がどれほど無駄な事か、頭では理解出来ます。しかし会社の中等、人が集まる場所では、無意識に神経を尖らせているような状態です。  人にどう思われているか?という事にはここ数年こだわっていなかったのですが、最近職場を変わったばかりで、まだ環境に馴染めず、あれこれ考えすぎています。  どうしたら良い意味の「鈍感」になれるか教えていただけませんか?  よろしくお願いいたします。

    トピ内ID:0032906781

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 1 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 2 エール
    • 2 なるほど

    レス

    レス数23

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    みんな傷付きやすい人間です。

    しおりをつける
    🙂
    haru
    人からは豪放磊落に見える人でも、繊細な心の持ち主だったりします。呑気にすごしているように人からはみえても、人知れず悩みをもっていたりします。自分はとても傷付きやすいと、ほとんどの人は思っています。 鈍感そうに見える人でも、人知れず傷付かれることがあります。自分もなかなか強くはなれませんが、人の弱さに気付き、その弱さをやさしく見守る人間になりたいです。

    トピ内ID:7921457025

    閉じる× 閉じる×

    レスありがとうございます。

    しおりをつける
    🐤
    花瓶
    haruさん、レスありがとうございます。 毎日何回か覗きに来ていましたが、なかなかレスがつかずに、埋もれてしまう自分の立てたトピが少し可哀想になりかけていました。 なかなか鈍感になるというのは難しいですね。ただharuさんのおっしゃるように、人も皆同じように繊細である・・・と切り口を変えた考えを持てば、かなり気が楽になります。ありがとうございます。「人の弱さをやさしく見守る」ことの出来る人間・・・そんな人に私も憧れ、それには許容量が必要だとも思いました。少しずつ強くなりたいです。 現在、渡辺淳一著「鈍感力」という本を読んでいます。なるほどと思える事も多く、「良い意味の鈍感」になりたいと日々思っています。引き続き生の声を聞かせていただけませんでしょうか?よろしくお願いいたします。

    トピ内ID:0444042642

    閉じる× 閉じる×

    「ありがとう」を忘れない。

    しおりをつける
    🐧
    古凝
    毎日挨拶やお礼を言う事だけでも、心がスッキリしてくると思います。 小さな事に関して「生かされてるなあ」と 幸せを感じて、感謝の気持ちを常に持つ事でしょうか。 自分に自信も持ててくると思います。 私も心が寒いです。小さな事を気にしていちいち悩んだり、やけになったり、中学生の頃を思い出しては嗚咽が止まらない事もありました。 もっと鈍感になれたら、楽だと思います。 私もトピ主さんと同じ事を感じていました。 人にもっと優しく出来るようにしたいです。

    トピ内ID:8515919331

    閉じる× 閉じる×

    夫がそうです

    しおりをつける
    🐱
    40代
    うちの夫が、今話題の「鈍感力」の持ち主です。 嫌なことがあっても、すぐに忘れてしまうのだそうです。 ストレスの意味もよく分からないんだそうです。 よって、不眠などとは無縁の人です。 運もありましたが、会社では出世もしています。 身の回りのことや、時間、お金には非常に几帳面なので、 全てにおいて鈍感ということではないのです。 ただ、こういうのは努力してなれる性格でもないと思います。 生まれつきとしか言えません。 うらやましい性格です。

    トピ内ID:2698929747

    閉じる× 閉じる×

    鈍感になってみました

    しおりをつける
    🐤
    みんな同じ
    私もいじめられた経験があり、またモラハラの気のある家庭だった為、 人の顔色を伺う癖がついていました。 でも、これじゃいけないと、一発奮起(?)した覚えがあります。 先ずしたことは「自己の確立」 やっぱり自分に自信が無いから無意識に顔色を伺ってしまうのでは?と分析したので。 片っ端からそれ関連の本を読みました。スマイルズの「向上心」は座右の書になりました。 そして「鈍感な振りをする」 無理は承知で(笑) 他人の気持ちや言葉の裏を考えない、ある意味気付かない振りをして振舞う。 勿論、思い遣ることは大切ですが、あまり深追いをしないように気をつけています。 昔は超内向的だったと言っても信じて貰えないです。 と、偉そうな事を書いてしまいましたが、やっぱり「失敗したな~」と思うことしばしばで、自己嫌悪に陥ることもあります。 けれど、超社交的で誰からも好かれ、お手本にしたぐらいの友人の口から 「人間関係で疲れる」とこぼれた時、ひょえ~と思いましたよ。 ああ、誰でも試行錯誤なんだなと・・・。 他人に優しく、自分にも優しくでね。

    トピ内ID:6406976079

    閉じる× 閉じる×

    自分だけの世界をつくられては?

    しおりをつける
    blank
    まる
    人の顔色を伺うことは、注意深くて危険を回避できるし、空気を読めるという長所があると思います。一方、敏感すぎるのは相手を疲れさせることがあり、それで避けられ、「なぜ?」という悪循環に陥ります。(経験から) 自分を振り返ると、単純ですが、読みかけの小説に熱中していて他人の不快な言動もさほど気にならなかったことがあります。またスキルアップの目標を持ってそんな学校に通っている時もそうでした。ご自分だけの世界をつくられてはどうでしょうか? そこにいれば安全安心できる世界を。 あと、次の句をご紹介します。私は時々、呪文のように唱えています。 私は私のことをする、あなたはあなたのことをする 私はあなたの期待に沿うためにこの世にいるのではない あなたは私の期待に沿うためにこの世にいるのではない あなたはあなた、私は私 それでもしお互いが出会うなら、すばらしい もし出会えないなら、しかたない (『ゲシュタルトセラピー逐語録』) Frederick S.Perls, 1969 Real People Press, California. (岡田法悦氏の翻訳による)

    トピ内ID:8229176507

    閉じる× 閉じる×

    職場の先輩がそうです。

    しおりをつける
    blank
    コナン
    その先輩は、人がどう思ってるか?というよりは、誰にも嫌われたくない という感じです。常に周りに話しを合わせ、すかさず笑い、仕事が無くても真面目に見えるように残業をする。 相当疲れるんではないか・・・と傍から見ていて思います。 トピ主さんがこういう感じかどうかわかりませんが、そうだという 前提でアドバイスさせていただきます。 私はこの先輩からは、「生きるの楽そうだね・・・」と言われるので 軽く鈍感な部類だと思います・・・。でも鈍感というよりは考え方が 違うだけなんですけどね(トホホ 私の経験から言うと、悪口・陰口を言われた事が無い人ってほとんどいないんではないでしょうか。どんな素晴らしい人でも、妬まれて悪口言われたりします。これってもう価値観というか相性みたいなもので、合わないと思われればそれまでです。 それに、すぐ人の悪口言う人って誰の悪口でも言います。 誰かれ構わずその場にいない人の悪口を言う人っていません? なので、普通に人と接しているならばそれで十分だと思いますよ。 人の事気にする事ができるって素晴らしいと思います。

    トピ内ID:7285134957

    閉じる× 閉じる×

    どんかん?

    しおりをつける
    🐤
    カラフル
    実は あまり良い言葉ではないと思いませんか? 鈍感、になりたい、という気持ちはわかりますが 本当は 寛容な人になることがいと思います。 本当は 鈍感、ではなくて 許容し受け入れ 否定はしない、比べない、ということだと思う。 鈍感になろう、というのは とにかく 自分中心になろう というような気がしてなりません。 なかなか 難しいですが 自分に自信を持って 比べず否定せず 奥行きのある寛容な人になることが大切だと思います。

    トピ内ID:8300451493

    閉じる× 閉じる×

    あら、わたしかも

    しおりをつける
    🙂
    しもとり
    私も高校時代に軽く仲間はずれにされたことがあったんですけど、最初気がつかなかったんですよね。しばらくして「あれ!?もしかしてこれって?」って感じで(笑)。 でも割と平気でしたね。無理して仲良くするくらいなら一人がいいやって思ってました。 仕事で上司にムカッと来ても、次の日優しい笑顔を向けられれば忘れてしまいます。 とりあたまです。 飽きっぽくて根性がないので、あれこれ深く思い悩むことにもすぐに飽きてしまいます。 ところで花瓶さんは他人からどう思われたいのでしょうか? 仕事ができる人?優しい人?気の効く人? 仕事ができる人に思われたいなら仕事を頑張ればいいし、 優しい人と思われたいなら優しくすればいい。 どう思われてるかを気にするよりも、どう思われたいかを考えて、それに向かって努力してはいかがでしょうか。 結果は自ずとついて来ると思います。

    トピ内ID:0007881188

    閉じる× 閉じる×

    自信を持って!1

    しおりをつける
    blank
    sayo.fr
    花瓶さん、新しい職場でちょっと緊張しているようですね。すこしくらいは刺激と思ってさらっといくのもいいかもしれません。 ところで、他人からどうみられているか気になるということは、きっと自分に自信がないからだと思います。△△と思われていないかな。OOだったらどうしようとか。花瓶さんは自分のこと好きですか?もし好きなのなら、わたしはOOが得意なの。とか、XXなら任せて!とかXXは苦手だけれどまあいっか、とか、それは改善中とか、思えたら、そんなに周りの意見にふりまわされないと思うのです。つまり軸が自分の中にあるということです。 それに対して、周りが気になる人はたいがい軸が自分の外にあって、自分をその軸に合わせようとしてしまうから、疲れてしまうのです。きっとその当たりのことはご存知でしょう。 続きます。

    トピ内ID:8507182128

    閉じる× 閉じる×

    自信を持って! 2

    しおりをつける
    blank
    sayo.fr
    ご両親の顔色うかがいながら生きてきたというのは、たぶんそうするしかなくて、してきたのだと思うのです。無邪気に生きられない理由があったのだと思います。でもそれからしばらくたっていまは自分で収入を得て生活できているようですから、自分に自信を持ってもいいんじゃないかと思います。 ちゃんとお給料もらって生活できて、えらーい!って自分をほめてあげるとか、いろんな方法で自信を回復していったらいいんじゃないかと思います。もっと自分を認めてあげることが必要なんじゃないかと思いますよ。親からそうされればよかったのでしょうが、自分で承認してあげっるっていうのもありです。 そしてつぎの段階は、自分と人を比べないこと、ひとは人、じぶんは自分でいいと思います。違う人がいて、違う感性があって、違う意見があって、それを、I am OK, you are OK.と思えたら楽になれると思うのです。

    トピ内ID:8507182128

    閉じる× 閉じる×

    ほど良いバランスで

    しおりをつける
    blank
    おばさん
     私もトピ主さんと同じ苦労をしてきたので、お気持ち良くわかります。 世に言う「気苦労の多い人」なんです。それも、しなくていい気苦労をして自分で自分を追い込むという。  ほんの少し引いて、自分で自分を客観的に見て下さい。あなたがその人の頼みを断ったら、その人は次の人に頼みに行くだけです。あなたがその人のことを心から大好きで、「この人のためなら苦労してもいい!」と思うときだけ苦労すれば、気苦労の回数はずいぶん減ってくると思います。  

    トピ内ID:8192041385

    閉じる× 閉じる×

    自信をつけて!

    しおりをつける
    🐱
    まち
    私も同じです。情緒不安定でヒステリックな母親におびえながら育ちました。 対人恐怖もひどかったです。 これを克服するには、まず自分に自信をつけることだと思います。 AC関連の本などにいろんな方法が紹介されてますが、 「私は私が大好きです、私にはとても価値があります」等の言葉を繰り返し 紙に書いたり、鏡に向かって自分をほめる練習をしたりしました。 最初はバカバカしく思えますが、やってみると本当に効果が上がります。 インターネットのACサイトで相談をして、アドバイスをもらったりもしました。 自分に自信がつくと、鈍感になるというよりも 「どこで敏感になり、どこで鈍感になるか」が変わりました。 対人恐怖症の時は、本当に気を使うべき場面では意外に気配りが出来ていなかったと気付きました。 「人にどう思われているか」ということにばかり気を取られて、 実は周りが見えていなかったんです。 花瓶さんも自分を好きになって、自分を楽にさせてあげて下さい!

    トピ内ID:3509318982

    閉じる× 閉じる×

    鈍感がいいとは思わないなぁ・・

    しおりをつける
    🙂
    ロンロン
    そうでない人間には鈍感に見えるというだけで、 動じない、強い心を持った人間なんだと思います。 人生経験をつむ事しかないと思います。 あなたの経験はあなたにしかつめないです。

    トピ内ID:6815848534

    閉じる× 閉じる×

    敏感が強くなると鈍感と思われる

    しおりをつける
    blank
    小町始めて2度の改革
    相手の顔色が見えても、 自分がこう思うことには妥協せず、 自分の価値観を信じて貫く・・・。 今、これを実践してます。強くなるとは鈍感に見えるのです。 弱い人間の方が人は付き合いやすく、受け入れてもらえることもあるでしょう。 人間はそれだけ、間違いの多い弱い生き物です。 付き合いは、 万人を相手にするのではなく、 人を見る目を養う。これに尽きます。 そして、孤独も受け入れること。 人に、強いとかおおらかとか鈍感とか言われますけど、 自分の価値観、倫理観は信じてます。 どうしても理解できない価値観倫理観と向き合わなければいけない時、 抵抗しますよ。怒りと悲しみは表現します。 それを不愉快に思う人もいるでしょう。良いことは一緒に喜び、 不幸は見てみぬふりをするのが賢明な大人なのは百も承知です。 間違いを許す人間ばかりでは社会の崩壊です。許されることを当り前と受け取り、 反省しない人間もいるのです。 どうかこれ以上目の前で虐待や殺人、自殺など、 救いのないことが起こらないように祈るしかできません。

    トピ内ID:1949568699

    閉じる× 閉じる×

    敏感でもいいのでは

    しおりをつける
    🙂
    はち
    「鈍感力」を読んでいないので、 花瓶さんがどのような「鈍感」になりたいのかよく解りませんが、 私は人の気持ちに敏感でいられることは素晴らしいと思います。 ただ、「人が自分をどう思っているか」という部分ばかりに目を向けると 辛くなってしまうのだと思います。 周りの人が今、どういう状態でどういう心境なのか、 敏感に感じ取って ちょっとした気配りをしてあげたり 場合によっては、そっとしておいてあげるなどの気遣いをしたら、 徐々に花瓶さんの株も上がっていくし、 何より人が自分をどう思っているのかを考える暇がなくなります。 私自身はどちらかといえば、鈍感な方なので 何事にも敏感で繊細な方を見ると、 自分の気づかなさが時々恥ずかしくなります。

    トピ内ID:5324612623

    閉じる× 閉じる×

    十分鈍感だと思いますよ。

    しおりをつける
    blank
    貯蓄ちょ金魚
    自分を繊細だとか傷つきやすいとか思っている人間ほどひどく鈍感なもんです。 トピ主さんは気を使って胃が痛くなる程度で丁度いいのでは?

    トピ内ID:2077819043

    閉じる× 閉じる×

    カラフルさんの「寛容」に大賛成!

    しおりをつける
    blank
    まる
    鈍感な人をみて うらやましくなる反面、「ほんとにそれでいいのか?」という気持ちになることはありませんか?  私もかなり人の言うこと、やることに左右されてうじうじと悩む性格ですが 傷つく分、自分は人にそう言わないでおこう、とか、そうしないでおこうと勉強になります。自分の美意識に従うように・・・。  「人の態度に左右されず 傷つきにくい性格になりたい」ということだと思いますが 鈍感か敏感かは個人の性格、タイプなのでなかなか変えることは難しいと思います。  「鈍感」になるのではなく ↑のカラフルさんがおっしゃるように「寛容」を目指すのがいいと思います。敏感な人が鈍感を目指しても 無神経なきつい人になって結果自分のことを嫌いになりそうなので(笑)。

    トピ内ID:2952050220

    閉じる× 閉じる×

    自意識過剰

    しおりをつける
    blank
    うふ
    こんにちは~。私も、高校生ぐらいのころ、そういったことのピークでした。必要以上に気を使い、自分が他人からどう評価されているのか、そのことすべてが、自分に対する「正しい評価」だと信じていた時期もあったくらいです。 でも、ある日、辛口の友人に、 「自意識過剰にもほどがある。他人はあんたのことなんかそんなに気にしてないから。そんなに自分ばっかり見てもらってるなんて思うの恥ずかしくない?」と言われ、 もう、目からうろこでした。 「そっか、私自意識過剰だったんだ・・・」 そう思い出してから、なんだか他人の目とかあんまり気にならなくなりました。 そんなに見られてない。見られていたとしても、たいしたことじゃない。 ってなかんじで。 お役にたてるか分かりませんが、そんな考え方もありかもしれません。

    トピ内ID:8451295659

    閉じる× 閉じる×

    トピ主の花瓶です。

    しおりをつける
    🐤
    花瓶
     沢山のレスをありがとうございます。お一人お一人の書いて下さった文章が嬉しくて、一字一句漏らさないように、何度も何度も繰り返し読ませていただきました。  身近な人の話をして下さる方、素敵な詩を教えて下さる方、同じ悩みを持っていながらアドバイスをして下さる方、私が楽に自分らしく生きられるよう励ましてくださる方・・・笑われそうですが、少し涙ぐんでしまいました。  もっと自分の言葉でお一人ずつにお礼を言いたいのですが、なかなか今はうまくまとまりません。でもここに書いて下さった方達の暖かい体温が感じられる言葉に励まされ、私は今とても楽な気持ちで外に出て行く事が出来ています。あんなに慣れなかった職場にも今は馴染んで、とてもリラックスしています。本当に不思議です。こちらのレスを読ませていただき、とても素直になれているような気がします。ありがとうございます。  槇原敬之さんの曲の「迷い探し続ける日々が答えになること、僕は知ってるから」・・・ふとこの歌詞を思い出しました。    私はどんな人に思われたいのか?・・・人から嫌われない存在でいたかっただけのような気がします。 

    トピ内ID:0032906781

    閉じる× 閉じる×

    鈍感になるまえに

    しおりをつける
    ももいろプリン
    わたしも「鈍感力」を読んだことがないのですが、思ったことを書きますね。 自分を変えたいと思ったら、いまの自分をありのまま受け止める、好きになる、認めることから始めたほうがいいかもしれません。そうでなければ、自分のなにを変えればいいのかを見誤るかもしれません。 あなたの短所はトピの内容にご自分で気付いたことを書いてますよね。じゃあ、長所はなに? たとえば、自分の短所を認識していること、自分を変えようという向上心があること、どんなことでひとが傷付くかよく知っていること、それから?トピ主さんには長所もたくさんありそうですよ。 あるがままのご自分を認めることができたなら、敏感すぎることは鈍感であるがごとし、度を越えた神経質は無神経であるがごとし、ということを考えてみてください。あなたはすでにとても鈍感で無神経な人間なのかもしれません。 顔色を観察されるひとの気持ち、あなたなら分かりますよね?わざわざ鈍感を目指さなくても、過ぎた部分を修正するだけで、いっそう素敵なトピ主さんになれそうですよ。肩の力をちょっとだけ抜いてみて。

    トピ内ID:8863671770

    閉じる× 閉じる×

    1人でいることが怖くない、最終的に味方がいる

    しおりをつける
    😉
    とるめんた
    私も、あんまり人のことは気になりません。 特に大して関係ない人が自分をどう思ってても、 それは相手の自由じゃないかと思っています。 こっちも、相手のことは色々思ってたりするわけだし。 ですから、密接に仕事をしていたりする中での 人間関係のストレスはありますが、 漠然としたストレスはあまり感じません。 小学生の頃、優等生でシカトされた経験がありましたが、 その時も1人で過ごすことは全く嫌じゃありませんでした。 シカトしたかったら、してれば?くらい。 1人で給食食べることも平気な可愛げのない子でした(笑)。 考えるに、最終的にわかってくれる人がいる、 という安心感があるような気がします。 会社の人や周囲の人全員に好かれることは無理ですが、 家族や、ごく数人の友人は 何があっても信じて味方になってくれると思っています。 (もちろん、私が間違ってれば怒られもしますが) そういう安心感があるので、 こまかい人の評価とか周囲がどう見ているかとか、 あんまり気にならないのかもしれないですね。 そういう「味方」を探してみませんか?

    トピ内ID:3655510087

    閉じる× 閉じる×

    同じ事を考えていました。

    しおりをつける
    🐱
    つばき
    初めまして。 私もトピ主さんと同じ事に悩み、何年も自分の中で葛藤してきました。生い立ちもとてもよく似ています。 自分でも「自分を愛さないと他人を本当に愛する事は出来ない」と理解しているのですが、自分の事も他人の事も心の底からどうしても信じる事ができません。 やはり自分に自信がないからなんです。 だから余計人に嫌われたらどうしようと考える・・ 「敏感」である事はある意味「鈍感」である事もなんとなく分かる気がします。 そしてそのどちらであっても、気に入らない人というのはいて、万人に好かれる事はないという事も。 自分の世界を作る・・確かにそうですよね。 何かに夢中になってる時って確かに人の事ってあまり気になりませんよね。 自分の事も考えながら、相手を不快にさせないお付き合いって本当に難しいけど、何度失敗(言い方悪いですが)しても諦めないで自分に自信をつけたいです。 自分を省みる材料にするなら、失敗は決して悪い事じゃないと、失敗を極力恐れてしまう私にエールを送りたいです。 このトピに出会えて本当に良かったです。 トピ主さんありがとうございました。

    トピ内ID:6968658258

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]