詳細検索

    • ホーム
    • 仕事
    • 起業にあたり私が代表取締役・・不安もあり・・
    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    起業にあたり私が代表取締役・・不安もあり・・

    お気に入り追加
    レス11
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐶
    コートダジュール
    仕事
    はじめまして、私は30代現在専業主婦です。夫は専門職でサラリーを 頂いています。数年前から、各種講演や執筆による収入が増え、 今年からは事業も始めることになりました。 取引の関係上、個人事業主よりも会社を設立する必要があり、準備を しています。ただ、主人は本業が多忙な関係で、表面上は代表取締役を 妻である私がすることになりそうです。主人の父が自営で経理にも詳しいこと もあり、当面は経理は父と税理士さんにお願いします。(この場合、 主人と父が取締役か相談役として会社の役員になります) 今後、私はもちろん、主人の扶養から離れますし、専業主婦だった状態とは 違ってくると思います。(現在の主人のサラリーは変化有りませんが 税金等、変わってくるのだと思います) こういう状態での起業は有り?なんでしょうか。 メリット・デメリットをお教えください。また、将来的に、義父にばかり 頼っていてはいけないので、私が今のうちから勉強しておいたほうが いいと思われることはありますか?(簿記等も必要ですか?) どうぞ、よろしくお願いいたします。

    トピ内ID:0258367801

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数11

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    是非、ご自分で

    しおりをつける
    blank
    ぱふぱふ
    義父が経理+役員という事は、 当然、給与をお支払いしてお願いするという事ですよね? 後々揉める様な気が…是非、ご自分で経理をなさってみて下さい。 お近くの商工会議所等へ、初歩経理の講座が開設されていると思います。 また、パソコン触られてると思いますので経理ソフト(数万のソフトで充分)の導入を…。

    トピ内ID:6437878363

    閉じる× 閉じる×

    (長い)答えになっているか分かりませんが

    しおりをつける
    😉
    まにゅ
    まず、経営者には覚悟を決めてならないと、多くの人が巻き込まれます。それだけは絶対忘れないでください。 あとどのような会社かよく分かりませんので、経営方針や、企画がちゃんとあるという前提で書かせていただきます。 取締役は1人でも株式会社は作れます。報酬を固定給にも出来ます。 お父様にお任せせずに、教えてもらいながらでもトピ主様が、経理をされた方が良いと思います。簿記の勉強はあまり必要ありません。 私の経験上、経理が解ると財務分析などが早く理解できます。 もしご主人様がコンサルタントでも、お忙しいなら、トピ主様が出来た方がより良いでしょう? 税金の計算は、税理士さんにお任せするとして、経営判断はご自身がしないといけませんので、独立法人が開催する講習に参加されるのもひとつの手です。 社労士さんにも助けてもらった方が良いと思いますよ。 色々大変かとは思いますが、ご主人様と共にどうぞ頑張ってくださいませ。 追伸:役員になり一定の収入が入ると、ご主人の社会保険、扶養控除から抜けないといけません。代わりにご本人の保険と住民税、所得税の支払いがついてきます。(給与天引)

    トピ内ID:0661824832

    閉じる× 閉じる×

    うーーーん疑問が

    しおりをつける
    blank
    へっぽこ役員
    ご主人が多忙で代表取締役になれないという経緯がよく分かりません。 出資金の割合は?トピ主さんはきちんと役員報酬はもらえるのでしょうか。 お父さん抜きの起業は考えられないのでしょうか。 勝手な想像ですが、ご主人+義父ではじめる事業の面倒な役を、トピ主さんに押し付けているように感じてしまいました。 なぜトピ主さんが代表なのか、理由をきちんと聞いて納得してからが良いと思います。 私なら、義父が役員+経理の時点で代表はお断り、明確出ない上下関係は揉め事のもとですから。

    トピ内ID:0195306082

    閉じる× 閉じる×

    再びですいません

    しおりをつける
    😑
    まにゅ
    実は、レス書きながら、へっぽこ役員さんと同じような事考えてました(汗) まず、弁護士会の無料相談などで代表取締役の法的な義務や、よくある同族会社のトラブル等を教えていただいた上で、お父様やご主人様に聞かれたほうが、良いかもしれませんね。 前にも書きましたが、経営者(代表取締役)は安易にならない方が良いですよ。 関わるお金と人間に対して全責任を負うのが代表取締役ですから。

    トピ内ID:0661824832

    閉じる× 閉じる×

    何が疑問なのか不明。

    しおりをつける
    blank
    こーでぃねいた
    元々起業するのは旦那さんではなくトピ主さんなのですから、代表がトピ主さんになるのは当然です。 自分で会社を興すのですから、会社に関する責任はまず第一にトピ主さんにあるわけで、簿記・経理に限らず必要なことはすべて勉強しなければなりません。もちろん大変ですし事業を継続しつづけることができるかどうかの恐怖感があると思いますが、ありとあらゆる創業社長は同じ恐怖感を持っているのです。それを乗り越えられるだけの意気込みがあるなら、このまま突き進むべきでしょう。 ただ、心配なのは、あなたではなく取引先の都合で会社を興すことになってしまっていないかということです。 自分でやる気がないのに会社を作って事業を継続できるほど、世の中は甘くないでしょう。この点はよく考えるべきかと思います。

    トピ内ID:8169129862

    閉じる× 閉じる×

    同族会社からの離脱

    しおりをつける
    😀
    正直な男性
    こんにちは正直な男性です 税法上のメリットを最大限生かすのであれば、次の二点が重要です。 1.まず、株主構成ですね。  親族以外の株主を11%以上入れることが肝心です。これで、給与所得控除も生かせるようになります。 2.形式的代表取締役なら、むしろ奥さん以外の近しい第三者に 1をすることににより、同族会社と見なされなくなり給与所得控除の損金算入が可能になります。様々な税制上のメリットを享受しやすくなります。 2を行うことにより、住居費用の税制枠が90%程度にまで広がります。会社のカネで家賃を払ってもほぼ非課税になります。 1だけでも (ご主人の別収入-様々な経費(役員も、自宅家賃の50%の経費参入が認められます。))/2  (役員家賃控除は50%が上限。従業員は90%程度) がご夫婦それぞれの給与で、ここから更に給与所得控除を引いたものが課税対象(会社の利益を出さないことが前提)になりますから、累進課税を考慮すればかなりの税支出圧縮が可能になります。  あと、少なくとも奥さんも会社の社員にしないと、累進制による税効果メリットはうけられませんよ。

    トピ内ID:7555844676

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です。〆ではありません。

    しおりをつける
    🐶
    コートダジュール
    詳しいレスありがとうございます。自分が何も知らなく恥ずかしいです。今はサラリー収入から家賃や生活費を、それだけなら比較的、余裕を持って生活できるはずなのですが、主人の研究費・書籍他、自己投資がかなり多く、かなりのパーセントを占めているので余裕は無いです。 経費等を整理していく事、最初のトピにも書いたのですが、今後取引をしていく会社(大手)から個人事業主よりは会社のほうが良いといわれた事から始まりました。 義父には、私達が経営に関しては素人だということ、自分が自営と言うこともあり、会計士さんや税理士さんに相談しやすいので手伝ってくれるとう事ですが、いずれは私が引き継いで欲しいようです。 当初は主人が代表にという案もありましたが専門分野での別収入なので、主人の名前が表立つよりは私の名前の方が良いと言うことです。事業内容が主人の言わば、知的財産?に関する収入なので、在庫などを抱える必要が無い為、最初は経理としてもそんなに複雑ではないみたいです。 みなさんのレスを読ませていただき、私にも覚悟が必要だと思いました。私達の考えは甘いでしょうか。更にご意見ございましたらよろしくお願いいたします。

    トピ内ID:0258367801

    閉じる× 閉じる×

    会社の作り方は

    しおりをつける
    🐴
    ラーメン
    会社組織にすることによる税法上のメリットは、おつきあいのある税理士さんに聞けば教えてくれます。 会社は登記をしないと会社として認められませんので、まずトピ主さんが発起人となって定款を作り、公証役場にいって定款を認証してもらわなくてはなりません。その後金融機関に出資金を払い込み、設立時役員の選任等の手続を経て設立の登記をします。 昔と違って最低資本金の制度などもなくなりましたから、会社の設立は随分と容易になりました。 司法書士に聞けば、詳しい設立の実務手続を教えてもらえますし、代表取締役の責任と権限などについても教えてもらえると思います(設立登記もやってもらうことになります)。ご自分で会社法を読まれてもいいと思いますがチョット大変です。

    トピ内ID:1717850924

    閉じる× 閉じる×

    めずらしいことではない1

    しおりをつける
    blank
    堕天使
    家族が企業するにあたり、身内が役員になることはままあることです。 お義父様が自営でお詳しい、税理士の先生がついているとのことなので そんなに心配することはないと思います。 ご主人の税金面などの事に関してですが、 給与所得+講演料他の収入があるとのことなので確定申告をしていますよね。 その申告は税理士の先生にお願いしていたのでは? その兼ね合いをみて個人でやっていくより法人化した方がよいと判断されたのではないでしょうか?

    トピ内ID:6101706794

    閉じる× 閉じる×

    めずらしいことではない2

    しおりをつける
    blank
    堕天使
    トピ主さんの今後に関してですが、役員報酬がどの程度になるかによります。 所得税に関しては、税理士の先生が計算をしてくれるので問題はありません。 煩わしい手続きなどは会社内で収まることなのであまり案ずることはありません。 変わってくるのは社会保険です。 役員報酬によっては第3号になれないので、第3号から抜ける場合の手続き等 そのあたりは確認しておいたほうがよいと思います。 代取が表立った場所で必要になるのは税務調査のときなどですね 銀行などから融資を受けるときも場合によってはでていかなければなりません。

    トピ内ID:0223047410

    閉じる× 閉じる×

    めずらしいことではない3

    しおりをつける
    blank
    堕天使
    長くなって申し訳ありません。最後までお付き合いください 経理等も知っているにこしたことはありませんが、慌てなくてもよいと思います。 まずは、現金出納帳くらいから始めましょう。 日々の細かい現金管理(といっても家計簿と同じ感覚)と通帳管理がしっかりできればOK。 今の通帳は取引の内容がある程度は記されていますがそれ以外のものをメモ程度につけておけば尚良し あとはいろいろな書類が増えてきますので、最初はわかる範囲から(銀行、税金、売上など大分類で) ファイリングをするクセをつけておくとよいでしょう。 自分で書類を管理するということは会社の中身を把握するのに最も適切な方法でもあるのです。 プロがそばについているのですから慌てずに、ゆっくり勉強していってください。 今は何を質問していいのかもわからない状態だから不安なのですよね。でもそれは当然のこと まずは自分に何ができるのか先生に相談してください。 機会があるなら打ち合わせに参加させてもらうのもよいですね。 はじめは何のことだかさっぱりだろうけどそれでいいんです、先生と話しをする機会を増やすことも大切な勉強ですからね

    トピ内ID:0223047410

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]