詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    家でもずっと仕事をしている夫・・

    お気に入り追加
    レス20
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😑
    しゃけ
    恋愛
    夫は某大学の教員です。ただいま春休み中ですが、 三度の食事とお風呂以外は、殆ど自室にこもって 研究しています。 週末に遊びにいくことは、殆ど全くありません。 2週間に1回、2~3時間程度、近所に食事か 散歩に行くのが我が家のお出かけで、それすらも 研究時間が削られた、と主人はあまり楽しくなさそうです。 大学がある時も、帰ってくると自室に直行、時折 コーヒーを入れにリビングにきて10分ほど子供と 遊ぶと、すぐに自室に戻ってしまいます。 よく、家でずっとゲームをしていたり、休日は 一人で遊びに行ってしまって家族と一緒に過ごして くれない旦那さんの話を聞きます。 うちの夫は仕事をしているんだから仕方がない・・と 自分に言い聞かせていますが、私にとっては 家族と一緒に時間を過ごしてくれない点では一緒です。 その上、家にいないならまだしも、3回食事を 作って後片付けしなきゃならないし・・。 3歳の子の世話だけでも大変なのに、ストレスたまり まくりです。早く春休みが終わって欲しい・・。 厳しい言葉でも結構です、なにか言葉をかけてください。

    トピ内ID:8161338276

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 1 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 5 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数20

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    うちの主人もそうです。

    しおりをつける
    blank
    北米駐在妻
    「早く帰ってきたよー」と6時ごろ帰ってきたと思ったら、10分後には会社用のパソコンに向かって、メール対応。 別の日は5時半に帰ってきて「今日は6時から電話会議なんだ(日本との)」と夕ごはんを食べすぐに会議、9時過ぎまで。 「来週は子供の学校のまとまった休みだから、僕も会社を休もうかな」なんて言っていて、3日の休みの半日は出社、うち2日はテレビ会議、その合間を縫うようにメール対応。これが、休みかいっっ! 出張も多いですし・・。 8歳・5歳・2歳の3人の子供がいて、しかも、一番上の子は毎週お決まりの日本語補習校の宿題を山ほどもって帰ってくるので、私は夕ご飯の支度をしながら「宿題やりなさーーーーーい!!」と鬼の顔で怒鳴っている毎日。 本当につかれます。 思わず主人に、仕事をセーブしてほしいと言ってしまいましたが、ごにゃごにゃと濁されました。はあ。 家にいる時間は長くても、結局は仕事に呑まれている・・といった感じでうちもとぴ主さん宅と一緒です。すみません、アドバイスになってなくて。

    トピ内ID:2430766339

    閉じる× 閉じる×

    私も研究者ですが…

    しおりをつける
    blank
    水無月
    私も研究者なので、ご主人のように寸暇を惜しんで研究に 打ち込みたいという気持ちはとても良く分ります。ただ、 独身であるのならいざ知らず、一日中部屋にこもって家族 のことを顧みないというのは、いかがなものでしょうか。 だって、夫として、そして父親としての最低限の義務を果 たしているとはいえませんよね。それもせっかく食事に行 っても「研究の時間が削られた」と言うにいたっては、も う絶句という感じですね。 ここは思い切って、「私は飯炊き女じゃないのよ!自分の 研究ばかりしてちょっと自己中心的じゃないの?」という ようなことを、(言い方はともかく)思い切って言われて みてはどうでしょうか? あと、研究者というのは基本的に世間知らずのオタクです。 世の中にはいろいろな楽しみがあることをそれとなく教えて 外へ連れ出すことを試みられるのもいいかもしれませんね。

    トピ内ID:1984581366

    閉じる× 閉じる×

    お気持ちわかります

    しおりをつける
    blank
    こうちゃ
    うちの夫もやはり仕事人間です。トピ主さんのご主人と同じように、 研究職です(民間ですが)。 もともと好きでこの道に入った人で、本当に寝てもさめても仕事漬け。 特に年度末は大変で、疲れて帰ってきて八つ当たりされたりもしました。 また基本的に自宅で仕事をしているため、三食用意するのが不満なところ も同じです。 この状況が嫌で、とにかくご機嫌取り(言葉が悪いですが)に努めて みたら、うちの場合これが正解でした。好物を切らさず用意する、ご飯も なるべく手を抜かない、肩や腰をマッサージする等のサービスをすると 夫の口から感謝の言葉が!この時期珍しい笑顔も見られました。 それでも「もう少しこっちを気遣って欲しい」という私の不満をぶつける 場面がありましたが、それは素直にわかってくれたようです。ひそかに、 今までのサービスが伊達ではなかったと自負しております。

    トピ内ID:3661590811

    閉じる× 閉じる×

    なんだか感動しました

    しおりをつける
    blank
    マックスファクター
    >こうちゃさん あなたは銃後の女性の鑑とも言うべきすばらしい女性ですね。 あなたのような女性が技術立国日本を支えているのです。 これからも旦那さんを大切にしてあげてくださいね。 久しぶりに小町を読んで暖かい気分になりました。

    トピ内ID:2079613927

    閉じる× 閉じる×

    私も研究者です

    しおりをつける
    blank
    ママ
    私も研究者で帰宅した後、週末など長時間仕事をしています。週末など、子供を主人に託し仕事をし、休憩に子供がとても嬉しそうに、ママー!なんて抱きついてくるととてもつらい気持ちになります。やはり私も出来ることなら子供と思い切り遊びたいのです。(子供は3歳と7ヶ月の子供が居ります。) 主人の仕事は時間に融通が利くので、彼が子供の食事、保育園への送り迎え、お風呂を受け持ってくれるのはとても感謝しています。主人はとても理解があるのですが、それでも時々(特に締め切りなどが迫っている時)そんなに仕事しなくても、などと言われると正直言ってちょっとイライラします。(やはり、わがままかな?) 主人が辛い時にはSOSを出してくるので、その時は私がなるべく出来るだけの子供の世話を受け持ち、私なりのギブアンドテイクに心がけています。トピ主さんも旦那様に、気分転換に子供さんと本を読んだり、ブロックで遊んだり、散歩などを勧めてみてはどうですか?私の場合、長時間詰めて机に向かった後、こんな形の気分転換はとても効果的です。あまり良いアドバイスになっていませんが、うまくコミュニケーションをとってやって見てください。

    トピ内ID:0021304058

    閉じる× 閉じる×

    私も研究者ですが

    しおりをつける
    🐤
    えび
    北米在住です 私も大学勤務の研究者ですが、ご主人のような方は周りにほとんどいません。 皆さん夜は早く帰り、家族との団欒を大事にしています。 私の研究室のボス(教授)は子供と過ごす時間を作るために朝4時に大学に来て午後4時に帰宅します。 失礼ですがご主人のような方だと、離婚されてもおかしくないかも。 結婚って、夫婦がお互い協力して家庭を築くわけですよね。 片方の協力がなければ、結婚生活なんて成り立たないですものね 私自身も不規則だしかなり忙しいですが、家族の時間は大事にしています。 もし私がトピ主さんだったら、一度離婚を視野に入れてじっくり話し合うと思います。結婚した以上、お互い最低1日数時間は家族と会話をしたり、家事をやるべきです。 それができないなら、結婚生活に終止符を打つしかないじゃないですか。

    トピ内ID:0415798738

    閉じる× 閉じる×

    子供が可哀想

    しおりをつける
    blank
    どんぐり
    こうちゃさんは、まだお子さんがいないように見えるのですが、いかがでしょうか。いらしたら、それで更に、家で仕事しかしない夫にマッサージまでする余裕が、時間的にも精神的にもあることに、ただただ尊敬するしかありませんが。 私の夫も研究者です。平日は深夜帰宅、週末も土曜日か日曜日のどちらかしか空いていないことも多いです。 それでも夫は、家にいる時は子供と遊んでくれますよ。子供も遊びたがりますし。そして、とても楽しそうです。家で仕事をするつもりでいたのに、つい子供と遊んでしまい、原稿の〆切はどうするの? と突っ込みを入れたくなることも多々あります。 ですから、本当に迫った仕事がある時は、夫は職場で仕事をします。食事は職場の近くに食べに行くようです。 私が心配なのは、お子さんのことです。家にいる父親と遊びたがりませんか? 御主人が自室に戻る時、すぐ素直に離れるのですか? もし、そうだとしたら、父親のことを“たまに遊んでくれる男の人”程度にしか思っていないかもしれませんよ。 今のままなら、トピ主さんは、ただのお手伝いさん。 御主人には子供のいる家庭の主になる資格が無いです。

    トピ内ID:0378900377

    閉じる× 閉じる×

    我が家もです

    しおりをつける
    blank
    きゃん
    民会会社の社員ですが研究室勤務なのでちょっとだけ似ています。今のように年度末は激仕事が忙しく12時前に寝たことはないです。今年はおかしいなあ、っていうくらいの多忙さです。例年なら近隣県へ出張に長期行ってしまうのですがそれも今のところはなく年度末の仕事の対処のために休日・祝日問わずに出勤、帰りもタクシーということが増えました。タクシーの方がお金はかかるけど安全で早く帰ってきてくれればそれに越したことはないし何より早く寝て欲しい、一分でも長く寝て欲しい。お陰で私も生活リズムが狂ってしまい朝は起きられないしお弁当も・・・アイロンも・・と言った感じで「夫、スマヌ」の日々です。こういう感じでまだ二人なので土日や休日は食事は相当手を抜いています。私も療養中なので主人もあんまり無理は言いませんが・・・。結婚生活って双方の理解と思いやりがないと成立しないなあ、と思います。うちも帰宅してすぐにパソコンくんと化しますから、まあ似てるところもありますが・・・。研究職の方の場合はなんとも言えないですね。小出しに「ここをもう少し手伝ってくれると私も頑張れる・・」みたいに遠回しにお願いはきついですか?

    トピ内ID:8523074661

    閉じる× 閉じる×

    つらいところですね

    しおりをつける
    blank
    Sky
    しゃけさんのお気持ちお察しします。私の父も大学教員で、休みも返上で研究ばかりしている人でした。家族旅行にいっても、やりかけの実験が気になるらしく、父だけ先に帰ってしまうことばかりで、寂しさと怒りを感じながら子供時代をすごしました。そしてそんな父と結婚してしまった母が気の毒で仕方ありませんでした。 今皮肉にも、私は父と同じ立場にいます。父を見て育ったせいなのか、大学教員・研究者の仕事の性質上、そのように私生活をも犠牲にして仕事・研究をしないと生き残っていけないからなのか、いわゆる「春休み」に入ってからは、食事もとらずに論文や書評を執筆の毎日です。 しかし、こうやって、「発言小町」で発言している時間があるのだから、矛盾と思われるかもしれませんね。ただ、今までの経験で分かってきたのは、論文や書評を執筆していると、研究とは関係ないことで独り思索を巡らす時間も必要不可欠だということです(人にもよるかもしれませんが)。重要なのはこの「独りになる」という部分。研究とは関係のない日記書きでも何でも、独りで思考することで、論文のアイデアも上手い具合にまとまってきたりするんです。(続きます)

    トピ内ID:8131401019

    閉じる× 閉じる×

    つらいところですね(続き)

    しおりをつける
    blank
    Sky
    (続き)しゃけさんの投稿をみて、私たちを顧みてくれなかった父の姿を思い出して、そして私の今のワーカホリックな現状を再認識してみて、私のような仕事の仕方をしている人間には、家庭を持つことはあきらめなければならないのかな、と思ったりしています。 もしも、私が結婚するのであれば、やはりある程度は研究に対して「あきらめ」の姿勢が要求されてくるのかもしれません。難しいところですね。研究業績を上げることをあきらめてしまったら、それは即、研究分野内での知名度の低下、教授への出世の遅れ、としてわが身に返ってくるのですから。それを耐えるだけの勇気と思い切りを持つには、かなりの覚悟が必要なのかもしれません。 おそらく、しゃけさんの旦那様も、そういうプレッシャーのもと、家庭の円満を選ぶだけの勇気と覚悟のないまま、ご結婚されてしまったのだと思われます。家庭というものがどういうものなのか、おそらくしゃけさんが爆発してみて、またはお子さんが反乱を起こしてみて、初めて気づかれるのではないでしょうか。でもそれでは、遅すぎますよね。

    トピ内ID:8131401019

    閉じる× 閉じる×

    宿命か!!!

    しおりをつける
    🐧
    ぺんぺん
    なんて大げさなものではありませんが、私の父もハードワーカーで夫もそうです。 私は「3回の食事を家でとる」ってだけで、しゃけさんちが羨ましいです。うちも休みは少ないし、その休みも出勤してしまったり、家で仕事だったり…。 家にいるだけで嬉しくないですか?私は例え相手してくれなくても、仕事ばかりでも、すぐ近くに居る(精神的には遠くですけど)ってだけでなんだか嬉しいんです。存在自体が愛しいと言いますか…大体そんな男を選んだのも自分ですしね。 子ども達は確かにかわいそうですね。我慢してると思います。 でも会えるのが週にほんのちょっとですが、その時はいっぱいかわいがってもらってます。仕事してる姿も見ています。 我が家は夫を支えるチームって事で団結しています。本当は親が子どもを支えないといけないんでしょうが…子どもを支えるのは私の仕事です。 ただね、必要としてる愛の量って人によって違うと思います。うちは少しでOKな性格ですが、しゃけさんは違うかも知れない。 それは良い事でも悪い事でもなく性格なんですから仕方ないんです。そこの所をご主人と話して溝を埋めていけると良いですね。

    トピ内ID:3098352828

    閉じる× 閉じる×

    良い意味であきらめましょう

    しおりをつける
    🐶
    大学教員の妻
    結婚して15年ですが、お互いにもう慣れました。 「ごはんよ」と呼んだだけで怒鳴られたこともあります。やっと食卓についても無言でうわのそら。 せっかく降臨した「学問の神様」を逃がしてはならないんですって! 一通り衝突して良い意味であきらめました。今では円満な家庭内別居です。 もちろん愛がないわけではなくお互いのテリトリーを物理的にも心理的にもはっきりと分けました。 私は専業主婦ですが、彼が家に居る時にはご飯はつくりません。 以前声をかけて怒鳴られて以来、自分のことは自分でしてもらうことにしました。 結果、料理がもともと好きなこともあり、結構良い気分転換にもなるようで一石二鳥です。 しょっちゅう家にいる人に生活を合わせていると、妻は息が詰まってしまいます。 彼は彼、私は私。家に居るから何か手伝って欲しいと期待していると余計に腹が立ちますよ。 居ないならアキラメもつきますが居ても使えない!余計にタチが悪いです。 子供が小さなうちは辛いかもしれません。私もそうでした。 でも小学校に通うようになれば自分の時間も作れるし世界も見つかります。 子供も仕事をする父の背中はしっかり見ているものですよ。

    トピ内ID:1315978347

    閉じる× 閉じる×

    お疲れ様!

    しおりをつける
    😀
    無責任男?
    研究者です(もう歳ですので、でした、かな?)私も数年前まで1月1日、即ち元旦以外は研究室に行っておりました。ヒンシュクを買うので、日曜日はさすがに昼には帰宅するようにしておりましたが。家に帰ってきても居間のテーブルに文献をたくさん広げて読んでます(勉強部屋が無いので)。女房も勉強している私の雰囲気が真剣そうな時は、テレビの音量を少しだけ下げてくれます。 差し迫った論文書き、セミナーなどが無い時は、ついテレビに目が行ってしまいます。すかさず「ほら、勉強はいいの?」と、女房の突っ込みが入ります。現在、子供達は成人しておりますが、子供の頃、私のことを「迷路遊び」の好きな人だなー、思っていたそうです。文献にぎっしり単語が並んでいるので迷路に見えたんだそうです。今となれば笑い話です。自分固有の楽しみを持つ事をお薦めします。

    トピ内ID:1728452464

    閉じる× 閉じる×

    仕方が無い

    しおりをつける
    blank
    ぺんぎんねこ
    大学教員経験者です。 残念ながら、大学教員はトピ主さんの旦那様のような 仕事スタイルの人が極めて多いです。 昼間@大学では学生の面倒や学科運営のための雑用、 夜@大学と自宅でやっと自分の研究に時間が割ける、という具合だと思います。 辛口かもしれませんが、大学教授と結婚するとどうなるか? ということに対するトピ主さんの認識不足だったと・・・諦めるしかないと思います。 子供と一日10分でも遊ぶだけ、そして時々でも散歩に一緒にでかけるだけ、 まだ「家庭的」かもしれません。 ただ、不満はちゃんと言った方が良いと思います。 没私生活の男性教授には、 家族を「犠牲」にして研究をしているという自覚が無い人がいるんです。 女性教官には、そういう人はまず居ないのに。 むしろ、自分は、研究を通じて、人類の役に立っているのだから、 その自分をサポートする妻も、その一翼を担うことに 誇りと満足感を感じているはずだ、とか思っていたり・・・(実話)

    トピ内ID:3821630982

    閉じる× 閉じる×

    そりゃしょうがない

    しおりをつける
    blank
    研究者一家
    父も祖父も夫も研究者です(私は一般的な会社員ですが)。 研究者ってそういうもの、としか言いようがありません。 結婚の時点で研究者ということはわかっていたでしょうに、今更言われても…。 子供は真摯に仕事をしている父の背中を見て育ちますから、お母さんがしっかりしていれば大丈夫ですよ。

    トピ内ID:0167011048

    閉じる× 閉じる×

    とぴ主です

    しおりをつける
    blank
    しゃけ
    みなさん、お返事をありがとうございました。 現・元研究職の方々からのご意見、研究者の奥様 からのご意見もいただき、とても参考になりました。 365日、休まず研究に邁進している夫を、 心から尊敬しているのですが・・。 夫は適当にオンオフの切り替えをして 自室でリラックスすることもあるようですが、 妻には全くわからない!  今日は余裕がありそうだな、と散歩や外出に誘うと、 「遊んでいる時間はないんだ!」と 帰ってからぷりぷりと怒ったりします。 私も日ごろ家事や育児を懸命にやっているので、 できれば休日は せめて月に一回、半日でいいから 家族で遊びに行ければいいのですが・・。 そういう職業の人とあきらめねば、と わかってはいるのですが・・。 子供が小さいので自分の趣味や外出に割ける時間もなく、 ストレスがたまってしまいました。 婚約時代は結構遊びに付き合ってくれたのですが、 結婚後は釣った魚に餌はやらない状態です・・。 家にいるから期待して余計いらいらしてしまうんですよね。 早く春休みが終わって、毎日朝から夜まで大学に 行ってくれ~!! 

    トピ内ID:3118251258

    閉じる× 閉じる×

    私も研究者です。

    しおりをつける
    🐱
    やまびこ
    自分が子供時代のことを考えると、父も研究者で、まったくそのご主人と同じような状態でした。 でも、今になって思うのですが、父親が家で仕事を一生懸命している、っていうのは、子供にとってもとてもいいことだと思いますよ! だいたい勉強しろ、といっても、親が勉強していないと子供も勉強しません。親も勉強しているからこそ、子供も勉強するのだと思います。 とってもいいお父さんだと思いますよ。 ちなみに私も今では、(分野はぜんぜん違いますが)研究者になっていますけど(笑)

    トピ内ID:7761530911

    閉じる× 閉じる×

    うちは夫婦で研究者

    しおりをつける
    💡
    ぼんど
    夫婦で研究者なので、忙しいときの精神状態はお互いわかっています。なので、相手の邪魔をしないようにお互いのスケジュールはわかるようにしています。 とはいえ、一日にある程度の時間は会話をするようにしています。 これは、相手に対する礼儀でしょう。 海外の研究者の方を見ると、きちんと家族と過ごされながら水準の高い研究を続けていますし、トピ主さんのような状況は、日本の昔ながらの習慣のせいで許されている気がします。 まあ、世界が相手なので、毎日の努力が大切なんですけどね。 知り合いの、世界的な実績を持ち、文化勲章を受賞された研究者の方(先生といった方がいいのだが!笑)はとても愛妻家で、電車の中で奥様と手をつないでいるところを学生に目撃され、学生が普段とのあまりのギャップに声をかけられなかったそうです。 ということで、研究に一生懸命なのと、家庭を顧みなくていいというのは別の話で、結婚に向かないなら、結婚しないで研究してるのがいいと思いますけどね。

    トピ内ID:3999689244

    閉じる× 閉じる×

    人って変わるもんです

    しおりをつける
    向日葵
    結婚前はまさしくトピ主さんの旦那さんのようでした。 日付が変わる前に帰ることは無かったです。 基本的に研究者なんて研究が趣味みたいなもんだし、仕方ないと思ってました。覚悟していました。大変そうだったけど、楽しそうでしたしね。 ところが、のろけではないのですが(笑)、結婚したら帰ってくるのが早い早い。ちゃんと仕事してるんかい!と何度確認したことか。論文書いているのもかも不安になり、何度か確認しました(笑)。 もちろん、土日出勤や徹夜の日もたまにあります。というか、そういうもんだと思っていたので、今くらい家にずっといる方がびっくりです。まだ結婚3年目だからでしょうかね。 家でできる研究以外の趣味も増えだしたのですが、研究者の性なのか徹底的です。なので、他の趣味を持たせるのも考え物です(笑)。 家族といる方が研究より楽しい!と思ってくれるようにするといいとは思うのですが、これは人それぞれでしょうしね。 うちは逆に何でも一緒にやりたがるので、よく「一人で適当にご飯が食べたい」「一人の時間が欲しい」とか思ってしまいます。贅沢だと思いますが、隣の芝生は~というところでしょうか。

    トピ内ID:0183193280

    閉じる× 閉じる×

    研究なんて出来ますか?

    しおりをつける
    🙂
    研究者?
    私も同じ境遇です。つまり、夫が大学の教員です。 私の家の場合、夫はそれなりに育児や家事に時間を割いてくれます。でも、その後に夜というか明け方まで仕事をしているようです。 夫の職場は国立大学ですが、法人化の影響かどうか、非常に不安定な職種になりました。役職を変えなければならない時、つまり、ボスの教授が退職する場合は、研究成果を基に、ポストを探さなければなりません。場合によっては、海外も含めて探す必要があります。 あ、それで家の夫の場合、家に戻っても研究をする時間がなかなか作れずにいます。大学の運営、学生の教育、学会の委員、各省庁へ提出する書類作り、企業への技術移転等の準備などなど、夫は色々仕事(と今後のリスク)の話をしてくれるので、研究者と呼ばれるであろう家の夫が研究をしているようには感じられません。「久しぶりに徹夜かなぁ」なんて言いながら、ワープロ打ちをしています。でも、少しでも業績を上げるために、様々な研究以外の仕事の合間に少しの時間を作って研究をしているように思えます。 「大学もおかしくなったよなぁ」が口癖です。私は夫の体が心配です。 なんかまとまりが無くてごめんなさい。

    トピ内ID:5244073989

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]