詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    海外から相談です

    お気に入り追加
    レス8
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    さすがに匿名で
    ヘルス
    海外の愛読者も多いようなので。海外在住の者ですが。 離婚してもう大分年月が経ちましたが、最近ふと思いました。元夫とまだ婚姻期間にあった頃の事でですが、夫は身内がいない私へ、それはそれは酷いいじめをしていました。言葉で暴力で。逃げる所もない私は、反発しながらも耐えられるだけ耐えてきました。 こんな仲だったせいか、お金を自分だけの親兄弟に、私に内緒で渡すようになってきて。 後で発覚するんですが、ビジネスをやってたせいもあって、金額が半端な額じゃないのです。それが何回もあったようです。隠れてやってるので、正確な回数は解りませんが、数回はあったと思います。 離婚後も時々やってたようです。私と子供らには少ない慰謝料と養育費で。金がない金がないの一点張りでごまかして。 今思うのですが、婚姻期間にこのような事をした事実は、訴えられるものじゃないかと気がついたのですが。どうなんでしょうか? 妻が夫/夫が妻/を訴える事が出来るのですよね? こう言った事について、法的に詳しい方がいらっしゃいましたら、お話をお聞きしたいと思いまして、トピを立てました。よろしくお願いします。

    トピ内ID:8695500448

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 1 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数8

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    訴訟はできますよ、でも

    しおりをつける
    😀
    kimbo
    オーストラリアだと、妻から夫に対して(その逆も可)訴訟を起こすことが可能ですが、裁判で勝っても、判定した事項、例えば扶養義務の実効等を履行できないのが現実です。妻や子供に対する手当ては夫から貰うのではなく、政府が夫のサラリーから、直接引き、一人親家庭に送金することも可能ですよ。トピさんはどちらにお住まいですか。そんなとんでもない人だったら別れてよかった、人生はこれから向上する、と肯定的に考えて、できる限り気を滅入らせる様な事は考えないようにすると、心が楽になりますよ。(と言ってもなかなか難しいですが)私の周りには離婚をした人が沢山います。海外では、特に社会保障の整っている国で、子供に悪影響のある場合、精神的虐待を受けているようなときなど、は無理して結婚生活を続けなくて当然です。悲しい事に法律的に守られていると言っても、養育費を貰ってない人、拒否されて困っている女の人は結構いるようですよ。

    トピ内ID:6994456722

    閉じる× 閉じる×

    友達の話ですが、、、

    しおりをつける
    blank
    まいあ
    せめてどこの国が書いて頂かないとちょっとアドバイスのしようがないと思いますけど。 私は在米で友達(仮にA子とします)が似たような目にあってます。子供は3人で前夫は隠し財産があるようです。でも子供の養育費は滞りがち。前夫は今は無職(建前)で、収入0と言ってますが、実は別人の名で自営業経営らしいです。でも、州によって法律が違うので(私の友達は前夫とは違う州にいる)、それを逆手に上手く隠してるそうです。でも前夫は豪邸に住み、車やボートも数台保有。 そこでA子は、着々と証拠集めをやってます。もうすぐ一番下の子が18歳になって養育費が貰えなくなるので、それを期に訴えるそうです。 A子は養育費自体は何年かに1回受け取ってない証拠を家庭裁判所に出して、戦ってましたが、その度に泣いて心身供にヘトヘトになってました。彼女は弁護士を雇っていますよ。素人ではやっぱり収入を隠匿するような人(ある意味プロだから)と渡り合うのは無理だからと言ってました。 まずはお住いの国で法律相談を。ここはプロにまかせた方がいいと思います。

    トピ内ID:8618684560

    閉じる× 閉じる×

    お国事情

    しおりをつける
    🐤
    神子愛沙
    どこの国か書かれないとアドバイスは難しいのではないでしょうか? 例えば、訴訟大国のアメリカとアジア諸国では事情も違うと思いますよ。

    トピ内ID:5712999077

    閉じる× 閉じる×

    カリフォルニアです

    しおりをつける
    blank
    さすがに匿名で
    3番目の方まで読みました。皆さんアドバイスありがとうございます。ご心配をおかけします。 ”大分年月がたった”と書きましたように、もう相当年月がたっております。小さかった子らも成人して、働いておりますので、その点はご安心下さい。決して平凡ではなかったですが、何とかここまで大きくなってくれました。  今頃になってとお思いになるかと思いますが、当時気がつかなかった事に、今色々気がついたような思いに、なってるものですから、一度皆さんにお聞きしてみて、その後で弁護士さんなりに、相談に行ってみようかと思ってるのです。  その一つがトピに書いたような件でして、今思い出しても悔しくて、腹が煮え繰り返る思いになりまるのですが、これを当時は訴えるとか、何もそんな事を考える時代でなかった?ですから、大きな事件だったので、保障のような何かを、訴えられるのではないかと、気がついたのです。 それで一度この場をお借りして皆さんにお聞きし、良い知恵や体験談などを得て次に進みたいと。ー続きます。

    トピ内ID:6058653293

    閉じる× 閉じる×

    カリフォルニアです -続き

    しおりをつける
    blank
    さすがに匿名で
    それはそれは働かされました。風邪を引いて寝込んでいても、”俺が働いてるのに、お前が寝てるとは何事だ!!”と怒り、ベッドから引っ張り出した事もあります。(農業で広い畑の中に住んでました。)こんな異常な行動が、他にも色々あったのです。 この他話せばきりがないぐらいです。体にも後遺症が残り、健康を害してしまい、離婚後一生懸命働いて、子らを成人させると張り切っていたんですが、そうは行きませんでした。ずっと体調が悪くて、寝込む事が多く、満足な生活も出来ず、やっと生きてるような状態になってしまいました。 特にこんな健康状態ですから、訴えられるなら当時の事を訴えて、保障を受け取りたいと思いついたのです。アメリカでも以前日系人に対して、収容所へ入れたのは、間違いだったと保障がなされましたよね。ですから、何年経ってからでも、保障と言うものは出来るものだと気がついたのです。それは国であろうが、個人であろうが同じではないかと。。。

    トピ内ID:6058653293

    閉じる× 閉じる×

    2度目の返答です。

    しおりをつける
    😀
    kimbo
    泣き寝入りすることは無いですから、頑張ってください。駄目でもともと、やってみないと結果はわかりません。今まで体験したことのつらさなど、法律的に戦ってみることによって、過去に終焉のピリオドを打つ事ができるようになるので、心が安らかになるという精神衛生上プラスの面もあります。私はオーストラリアで、自分で法律を図書館で勉強し、弁護士を用いずにアメリカ人の夫と離婚しました。私の場合は問題がありませんでしたが、カナダやオーストラリアの知り合いで養育費がもらえなかったり、法律の切れ目を利用して逃げまくる夫に挑戦しなければならなかったり、酷い目にあっている人が数人います。子供を抱えて、母の手ひとつで子育てをするのは並大抵の事ではありません。自分のためにも、手遅れではあろうと無かろうと、人間としての権利はありますから、頑張って戦ってください。慰謝料はもらえなくてもともと、やらずにあきらめることは無いですよ。頑張ってください。オーストラリアでは暴行などの場合、訴訟に対し時間的制限がありますが、無視して自分の精神安定のために訴訟を起こす女性も結構いますよ。

    トピ内ID:6994456722

    閉じる× 閉じる×

    Kimboさんその通りなんです

    しおりをつける
    blank
    さすがに匿名で
    何より精神の安定が欲しいんです。過去を縁を切りたいのです。トラウマと言うらしいですね、過去の酷い思いが出て、精神的に苦しめられてるの。最近ではほんとに気持ち悪いぐらい、このトラウマに悩まされています。以前もカウンセリングを受けたりもしてみましたが、長く続けられなかったのと、あまり効果が出なかったのとで、途中で辞めてしまったのです。 兎に角話してみる、手立てがあれば実行する、この方法でやってみたいと思います。

    トピ内ID:6058653293

    閉じる× 閉じる×

    三度目です

    しおりをつける
    😀
    kimbo
    トピ主さん、頑張ってください。挑戦して、負けても、これだけやったと心に安堵感ができて、昔にさよならし、未来に新しく向かうことができます。私の知り合いのお母さんがお父さんに過酷に扱われ、子供のために我慢し、60過ぎで離婚した人がいます。 その方は友達や子供たちの暖かいサポートを受け、今では幸せに暮らしています。離婚する勇気が無かったと批判されそうですが、人それぞれ色々理由があるので一概に避難することはできません。 戦った後は精神的な痛みが解放され、ニキビがつぶれたみたいにすっきりすると思いますよ。体から、徐々に毒が消えていき、トローマ状態から開放されていくと信じてください。又、後ろを振り返らず、前向きの姿勢をとることも大切です。陰ながら精神のご回復をお祈りしています。慰謝料も取れると良いですね!

    トピ内ID:6994456722

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]