詳細検索

    • ホーム
    • 子供
    • 子供の心に響く絵本探してます(ことわざ、論語、仏教系)
    妊娠・出産・育児このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    子供の心に響く絵本探してます(ことわざ、論語、仏教系)

    お気に入り追加
    レス13
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    💡
    しろねこ
    子供
    少子化、核家族が当たり前の世の中、小さい子供たちは色んな言葉を 聞く機会が少なくなってしまっています。 人生というのはこういうもの、と昔は大人たちが子供に伝えていき、人生の壁に ぶつかった時に、その沢山の言葉の中から、今自分に必要な言葉を拾い、崩れること なく前進できたと思います。 でも、今の子供たちは、人との接し方が分からなかったり、我慢が出来なかったり、 上手に問題を解決できなく、自爆してしまうように思えます。 私も、自分の子供には良い教育よりも、良い教えを沢山増やしてあげたいと思い、 月に一度、お寺の日曜学校にもいかせはじめました。 しかし、子供というものは忘れやすく、できれば、絵本などで繰り返し教えられない かと思うのですが、今の子供に必要な、ことわざや教えが載った絵本というものが どこにあるのか分かりません。 例えば、「隠れて悪さをしても天はそれを見逃さない」 「人のためにやさしくすると、自分が困った時に天は見方してくれる」など、 本当に人として大切な事がかかれた本はないのでしょうか?

    トピ内ID:9373460679

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数13

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    ぱっと思い浮かんだのは

    しおりをつける
    🐧
    みー
    手に入りにくいかもしれませんが、聖教新聞社出版局が出している絵本には、そういった感じの絵本が多かったような覚えがあります。 はっきりと覚えているのは「かんくちょう」くらいなのですが・・・。 あらすじとしては、「今日やるべきことをやらずに遊び、辛い思いをする。だけど、次の日になるとその辛さを忘れて、遊び呆ける」といった感じです。 仏教系の逸話(教え)をわかりやすくまとめている本が多いので、いかがでしょう?

    トピ内ID:1695538528

    閉じる× 閉じる×

    シャエの王女

    しおりをつける
    えいぷりる
    槙 佐知子作、赤羽 末吉絵の、「シャエの王女」なんて、どうでしょうか。

    トピ内ID:3351633843

    閉じる× 閉じる×

    お勧め5冊

    しおりをつける
    🐤
    平方メートル
    シェル・シルヴァスタイン 『ぼくを探しに』 『ビッグ・オーとの出会い―続ぼくを探しに』 『おおきな木』 菊田まりこ 『君のためにできるコト』 『いつでも会える』 この5冊をお勧めします。 大人が読んでも良いと思います。 特に菊田まりこさんの絵本は、大人になってから人にいただいたのですが、涙が止まりませんでした。

    トピ内ID:9176136943

    閉じる× 閉じる×

    金子みすず

    しおりをつける
    🐱
    にゃごにゃご
    物語ではなくて詩(童謡?)なのですが。 英語版も出ているらしいです。それだけ良いということかな…と思ってます。 「みんな違って、みんな好き」とか、言葉が優しく、解りやすいです。 そして何か染み入るっていうか…。 子供はいないですが、もし子供を生むことがあれば、読んで聞かせようと思っている本です。

    トピ内ID:4715863921

    閉じる× 閉じる×

    読んであげて!

    しおりをつける
    えいぷりる
    「いしになったかりうど」 「しんせつなともだち」 「わすれられないおくりもの」 なんかも、お勧めですよ。

    トピ内ID:3351633843

    閉じる× 閉じる×

    絵本より日曜学校より

    しおりをつける
    blank
    どーなぷ
    日々の暮らしの中で親が言い聞かせる言葉が、一番(良くも悪くも)心に残るのではと思います。小さな子どもには、絵本よりも実体験のほうが大切。”隠れて悪さ”は子どもなら一度や二度はしでかすこと。その時に、しっかりと言い聞かせることで、絵本で見るよりもずっと深く心に刻まれるのでは。

    トピ内ID:0182811684

    閉じる× 閉じる×

    竜のはなし・ちいさなくれよん

    しおりをつける
    🐤
    とと丸
    考えさせられる絵本を2冊。 仏教系で思い出したのですが、宮沢賢治の「竜のはなし」という絵本があります。書評を読んで購入したのですが、あまりにも深い内容で、私は子どもに説明することができなかったのですが・・・。 「ちいさなくれよん」という絵本も心に残る絵本です。これも昔の絵本です。子どもが大好きな絵本です。 お勧めしたいのですが、こちらは絶版です。 「トルストイ・こどものための本・6巻」 絵本ではありませんが、1~6年まで学年別にあった話が載っています。 昔話のような教訓があって、良書だと思います。 最近の絵本の傾向は、夢があって子どもが喜びそうな楽しい話、きれいな色遣いで読んでいて楽しいですね。それはそれでいいのですが、そればかりがあふれているような気がします。 古くさいかもしれませんが、教訓が隠されているような絵本が、かえって新鮮に心に響くように感じています。

    トピ内ID:5509043090

    閉じる× 閉じる×

    ベッドタイムストーリーズ

    しおりをつける
    😀
    クックル
    トピ主さんの最後の三行を読んで、ぴったりだとおすすめしたいのが 福音社のベッドタイムストーリーズです。 内容は 「50年以上にわたって読みつがれてきた感動的な実話が、時代と国境を越えて子どもたちに語りかけます。読み聞かせにも最適です」とあります。 正直実話とは知りませんでした。良い話(短編集)ばかりですよ。 今考えると、自分の心の土台(モラル)になっているのは、この本ですね。 図書館にも置いてあるようなので、ぜひごご覧になってみてください。 子供だけではなく、中高生や大人の方にもおすすめします。 (他にも同じシリーズから銀のほし、にじのはし、など出ています。 どれも良質な本ですよ)  

    トピ内ID:7658005497

    閉じる× 閉じる×

    どーなぷさんと同意見

    しおりをつける
    🐤
    ゆりか
    実体験の方が大切というどーなぷさんのご意見に賛成です。 絵本を宗教的思想を教え込むためのツールとしてよりも、イラストや文体の質の良い物、ストーリーの楽しいものを選ばれてはいかがでしょうか。 ダイレクトにメッセージ性のあるものよりも、明るくてやさしい感性を育てることに視点をおかれた方がよいように思います。 私は過去3年にわたり月30冊の本を子供に読み聞かせしてきました。その経験ですが、大人が心に響くと思える本と子供のツボにはまる本は一致しないことが多いのです。何かを伝えようとか教えようと思って選んだ本はあまり見向きされません。 絵本で、というよりは体験だと思います。やさしくしてもらった体験、苛められて悲しかった体験、何でもです。 蛇足ですが、人にやさしくすろと困ったときに天の助けがある、とうような教えは私は引っかかるものを感じます。現実社会は必ずしもそうではないし。天の見返りを期待して人にやさしくする子であって欲しくありませんよね。いかがですか?

    トピ内ID:6863669632

    閉じる× 閉じる×

    本のよさ1

    しおりをつける
    🐱
    本好き
    情緒・感性を育てる本と、徳や倫理を示す本は若干の違いがあるのではないか、と思います。本によってはその二つが同時にテーマになっているよい本もあると思います。トピ主さんのお子さんが何歳なのかわからないのでお勧めと言っても、本当に絵本に限って言えば、例えば『泣いた赤鬼』。名作ですが、アンデルセンの絵本『マッチ売りの少女』など。 他の方があげておられた金子みすずさんの本は私も中学の頃に好きだった詩集ですが、詩集は情緒とか感性に響くものだと思います。谷川俊太郎さんの子供向け詩集などもお勧めです。とにかくいろんなお話に触れさせて、そこから生まれる感情や感性を子供に見出させてあげると、絵本の世界から出ても、様々なことに(自然や人の感情など)へ関心が向いたり、自分を表現できるようになるのではないかと思います。

    トピ内ID:0205813319

    閉じる× 閉じる×

    本のよさ2 つづき

    しおりをつける
    🐱
    本好き
    つづき。 <人のためにやさしくすると、自分が困った時に天は見方してくれる これでは、人に優しくするということが、自分の救いのための手段となってしまいますよ。人が困っているときに手を差し伸べるのは、天の神様に自分が救われるためでなく、その人が困っているという唯一の理由によってなされるべきです。それが、正義感というものではないでしょうか。また、必ずしもよいことをしたらよい結果がでるとは限らない。そこにこそ人生の難しさがあります。物語はそうした不条理と向き合っている主人公(赤鬼にしてもマッチ売りの少女にしても不幸ですが)が、それでもそのお話がなにか美しいものだということを感じさせてくれることに意味があるんだと思います。 推薦になってなくてすみません。でも、トピ主さんのお子さんが何歳かわからなくて・・・

    トピ内ID:0205813319

    閉じる× 閉じる×

    芥川龍之介

    しおりをつける
    🙂
    ふじこ
    「蜘蛛の糸」は有名ですよね。 他にも子供向けのお話もたくさんあったと思います。 絵本であるかわかりませんが。。。 お母さんが読み聞かせしてあげるのもいいコミュニケーションになるかもしれません。

    トピ内ID:0281994115

    閉じる× 閉じる×

    トピ主

    しおりをつける
    🙂
    しろねこ
    皆さん沢山紹介してくださって、ありがとうございます。 普段の言い聞かせというのも確かに大事ですね、絵本は子供の想像力も豊かにしてくれるので、絵本をプラスすることで、普段言っている母親の言葉がもっと理解できるようになることを願っています。 見返りを期待して、人に親切にしようと思ってしまうかも~という コメント、確かにそう考えてしまう子もいますね・・・。 もっと違う表現を使うことにします。 紹介して下さった本早速、書店で探してみようと思います。 ありがとうございました。

    トピ内ID:9373460679

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]