詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    • ホーム
    • 話題
    • お茶の淹れ方「最後の一滴」ってどこまで(駄?)
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    お茶の淹れ方「最後の一滴」ってどこまで(駄?)

    お気に入り追加
    レス0
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    みやび
    話題
    お茶の淹れ方について、ずっと疑問に思っていたことがあります。 どなたか詳しい方、教えてください。 美味しいお茶の淹れ方で「最後の一滴まで入れる」という記述をよく目にするんですが…「最後の一滴」というのは、果たしてどこが「最後」なのでしょうか? 急須の中のお茶が無くなっても、急須を傾け続けていると、結構長いこと、ポタポタとしずくが落ちてきますよね。それが出なくなった時が最後ですか? それとも、そんなに厳密な最後を追及する必要はなくて、ある程度無くなった時が最後ですか? どうでもいい話なのかもしれませんが、ふとした拍子に気になってたまりません。よろしくお願いします。

    トピ内ID:1602422912

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数0

    レスする
    このトピにはまだレスがありません。

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]