詳細検索

    • ホーム
    • 恋愛
    • 国際結婚 彼は好きだけど解消して日本に帰りたい
    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    国際結婚 彼は好きだけど解消して日本に帰りたい

    お気に入り追加
    レス70
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    黒猫
    恋愛
    国際結婚で欧州に住んでいます。
    正直とても疲れています。

    別に夫婦仲に問題はないのですが、異国に一人ぼっちという孤独感、日本の両親のことを思うと辛いです。
    挙句中国人という蔑称の嵐。鬱になります。
    このまま一生死ぬまでずっとここにいるなんて想像できません。

    あと、母国語の日本語と日本人の繊細な感性が恋しいです。
    私が現地語を習得するのにとても苦労をしたのに彼には日本語が分からない。私の家族と話すにも通訳がないと駄目だなんて不公平だな私ばかり損してるなと思ってしまいます。

    それと結婚前からずっと赤ちゃんが欲しいのにできず、そのことに関しても暗く辛く長い時期を共になんとか乗り切ってきました。
    もし子供でもいたらちょっとは違ってきたのかな?

    もし離婚して日本に帰ったらどうなるのかなって最近思います。
    親には心配かけないようにしてきたので、いざ帰るとなると親の反応としてどうなのかな?
    別に嫌いで別れる訳ではないので、別れてもやっぱり彼のことがずっと好きで引きずってしまうのかなって。

    でも別れるなら死ぬ前に一度でいいから彼との赤ちゃんの顔が見てみたい。辻褄合ってないけど。苦しいです。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 1 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 5 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数70

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順
    30件ずつ表示

    何が幸せかよくかんがえて1

    しおりをつける
    blank
    28歳女性
    トピ主さんと立場が少々違うのですが、私は現在つきあっている(婚約中)の彼をおいてアメリカから帰国しました。
    彼が医学生ということもあり一緒にいる暇がないので、それなら彼が卒業するまで私が日本で就職して結婚資金集めするから、
    という理由で(労働ビザがないためでもありますが。。。。)数ヶ月前帰国しました。彼も私も遠距離恋愛は大丈夫ですが、
    彼がそばにいてくれない寂しさは言い表せません。仕事に集中したり、友達と遊んだり、帰郷して親に顔見せに行っていますが、
    心にぽかーんと穴が開いたようです。どうしてアメリカでの仕事探しをあきらめてしまったのか後悔してます。

    私のことはさておき、トピ主さんの気持ちも十分にわかりますが、一番重要なのはご自身が幸せになること
    だと思うので、もう一度よく考えてください。だんな様のこと愛してるですよね?それなら一緒にいるべきじゃないかな?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    パート2です。

    しおりをつける
    blank
    28歳女性
    人種差別のことですが、もしも耐え難いのであれば
    どこかへ引っ越すことは可能なのでしょうか?大きい都市へ引っ越せば人種差別は大体解消されると思いますが。
    海外に在住していれば人種差別はあるでしょう。現に私もありましたから。考えてみてください。そういう差別している人達って
    かわいそうだと思いませんか?人種が違うから差別、軽蔑する人たちは無視してください。かわいそうな人達ですから。
    差別のことはだんな様と話あってみてはいかがでしょうか?

    それよりももっとご自身を大切に考えてください。必ず解決策はありますからあきらめないでください。

    つきなみの言葉で励ますことしかできませんがトピ主さんに私と同じように後悔の念だけは持って欲しくありません。
    愛している人といつでも一緒にいることが一番幸せだと帰国してから気づきました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    まだ少し話し合う余地がありそう

    しおりをつける
    blank
    カクタス
     おつらいですね。同じ海外組として
    お気持ちは本当にわかります。 

    旦那さんとお話して、暫く日本に転居すると
    いうのはいかがですか?夫婦なのですから、
    あなただけがガマンするのではなく、
    旦那様にも、その苦労を半分背負ってもらっては
    いかがですか?あとは、
    旦那様にもトピ主さんにも外国となる、
    第三国に移るとか。それならば、苦労は
    夫婦同じです。

     彼が「それは嫌だ」というならば、
    彼の人間性の問題となりますので、
    彼との人生についても少し考えたほうが
    良いと思います。

     何とかトピ主さんにとって少しでも
    良い解決法が出ない限り、子供を作るのは
    止めたほうが良いと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    わかります

    しおりをつける
    blank
    ゲンゼ
    私もふっと同じことを考えることがあります。私の場合、この頃寒くて薄暗い天気の国に住んでまだ3年ということもあり、言葉もまだ習得中です。でも疲れますよね。欧州は。

    一時帰国はできませんか? それでどうしても帰りたくなかったら、就職口を見つけるとか。離婚しなくても、半年くらい、帰れませんか? 私の場合、帰りの飛行機で(日本から欧州)「また頑張ろう」と思えるんです。

    会う人ごとに笑顔の練習をし、スーパーマーケットのレジのおばさんに無視されても挨拶をつづけ、この国の良いこと(野菜やお肉がおいしいとか)、旦那のサポートに感謝つつ、いいところだけ見るようにしています。
    旦那様が日本語を話せないのは、ラッキーなことですよ。さそ語学が伸びたでしょうに。うちの旦那は、日本学専攻だったため、私の現地語がいつになっても伸びません。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    帰ります

    しおりをつける
    blank
    うつぼ
    私、年内に帰ります。まったくトピ主さんと同じ状況です。でも旦那にとっては私の自分勝手で帰るのだから泣き言も言わないし、無理も言わない。ただここに書きたかったのはトピ主さん、元気出して!あなただけじゃない、同じような境遇の人がもっといるはず。前向きに頑張ろうね!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    う~ん...

    しおりをつける
    blank
    たんぽぽ
    国際結婚して異国で暮らす者にとって
    一度は通り越さなきゃならない試練だと思います。
    私も嫁いでからの二十余年というもの
    いくつかの苦しい山谷がありましたよ、でも日本へは帰ろうとは思いませんでした。
    なぜならは私たちは親の強い反対を押し切って結婚したものですから、意地でも不幸にはならない幸せになって認めてもらいたいというプライドが支えてくれたのです。
    それと夫を本当に愛していて死んでも失いたくない存在というところでしょうか。
    今あなたが本当に必要なものはきっと見えにくくなってるだけだと思うのです。
    一度里帰りされてのんびり気持ちの整理をしてから自分の今後について考えてみてはいかがですか。
    無知な差別主義者はどこでもいます。そんな醜い人のせいで自分の心まで汚されてはいけません。無視するしかありません。
    私も不妊でとうとう子どもを夫に抱かせる事はできませんでしたが、これも運命で優しい夫と二人で愛し愛されて暮らしていくのは悪いもんじゃありませんよ。

    まずは里帰りで心を安らかに笑顔を取り戻してくださいね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    一時帰国してみては?

    しおりをつける
    blank
    oopie
    詳しい状況はわかりませんが、自分以外のすべてに「ダメ」な理由を押し付けていませんか?
    孤独、日本の両親、蔑称の嵐、言葉の不公平、子供。。。。
    現状打開にどれだけの努力をされましたか?孤独なら日本人と友人になれそうな集まりや場所に行ってみるとか。外国にいるといろんな所で差別にあったりバカにされることもありますが、それを気にしていると生きていけません。決して個人的なあなた攻撃ではないので気にしないこと。言葉の不公平も仕方がない。それが国際結婚の宿命!
    不満を並べた挙句離婚に飛躍する前に、まず自分から行動してみてはどうでしょう?地域のボランティアに参加して人と触れ合ってみるとか、何か打ち込める趣味を作るとか。。。
    まずご主人とよく話し合い、思いつめる前に気分転換に一時帰国してみてはどうでしょう?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    同じ気持ちです!(1)

    しおりをつける
    blank
    ミモザ
    はじめまして。黒猫さんと今すぐ会ってお話したい心境の欧州に暮らす40才の主婦ミモザです。

    黒猫さんのお気持ち、すっごく分かります。
    特に‘母国語の日本語と日本人の繊細な感性が恋しい’は私の気持ちそのままです。また、普通に話せる自由が恋しいです。
    初めは辛くとも年月が様々な問題(言葉、生活、人間関係など)を解決していってくれるのではと頑張ってきましたが、正直、辛くなる一方で精神的に疲れ果てていました。

    そんな中、初期流産(不妊治療にも限界を感じていた時の奇跡の様な自然妊娠でした)をきっかけに、心底この国に居たく無い、日本に帰りたい!と思う様になりました。
    一番辛い時に夫からの十分なサポートが得られなかった事(色々と助けてはくれましたが心のサポートが足りなかった)、どんなに訴えても満足行く診察、治療を受けさせてもらえなかった事、などからこの国の医療システム、医者、看護婦、さらには私を取り巻く人々の人間性に対する不信感が決定的なものに。
    あの時の絶望感や孤独感は一生忘れる事が出来ないと思います。 (2)へ

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    同じ気持ちです!(2)

    しおりをつける
    blank
    ミモザ
    かと言って私の場合、日本に帰って簡単にやり直しがきく年齢でもありません。どの道を選ぶにしても不安や無理がつきまといます。子供を持つ事も諦めざるをえません。

    私自身の暗い話を長々とごめんなさい。

    黒猫さんの場合、夫婦間には問題が無いとの事ですので、私の様に最悪の時期を待たずに、行き詰まったと感じる今、旦那様と良く話し合ってこれからの人生の方向転換を考えてみられてはいかがでしょうか。
    年を取ってからでは可能性が限られてきてしまいます。
    愛する旦那様と幸せに暮らせる様に頑張って下さいね。
    何だか悩みの焦点がずれていたらお許し下さい。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    頑張ってください

    しおりをつける
    blank
    Kimie C
    海外で30年以上暮らしています。人生に対する態度によってどこの国に行っても楽しく暮らせると思います。日本が恋しいと思うのは今の生活に不満があるからではないですか?理解と愛情の上に立って結婚しているのであれば、ご主人は気持ちを理解してくれると思います。「子供がいれば」と考えるのは駄目です。今おかれている立場で、子供を生んだら子供が可哀そうです。「子供に自分が何をしてあげれるか,万が一離婚しても子供を育てていけるか」等考慮した上で子供は生むべきです。言葉や生き方が違うと、疎外感を持ち、社会から孤立する事があります。でも、自分の心の持ち方、態度で、これは克服出来ます。心から話せる友達は、人種にかかわらずどこの国でもできます。如何してつらいのか、何が不満なのか、問題点を考えると、自分の感情や立場がもっと分かって来、問題に対処できるのではないでしょうか?自分が結婚生活や人生に何を求めているのか分からなかったら、帰国しても状況は向上しないでしょう。目を大きく開いて肯定的に考えましょう。世の中なかなか捨てたものじゃない。やってやれないことは無い!頑張って!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    一時帰国されてみては?

    しおりをつける
    blank
    海外在住人
    どのくらいの期間、旦那さんの国に在住なのでしょうか?私も、トピ主さんと同じようなことを考えたりしましたよ。でも、最近、4年ぶりに日本に1ヶ月間帰ったら、そんな気分はふっとびました。

    旦那さんは日本語が話せないことですが、私の夫も全く話せません。でも、そのお陰で私の英語力(英語圏に住んでいます)はメキメキとあがりました。それに比べて、日本語を話す旦那さんを持つ私の友達は、英語が伸び悩んで落ち込んでいます。日本の家族とのコミュニケーションも下手にあると色々と親から注文をつけられたりするので、それもなくて楽です。物は考えようですよ。

    一度、日本に一時帰国されてみては?1ヶ月間ほど、ゆっくりしたら、案外、気持ちが落ち着いて旦那さんの国も悪くないなって思えるかもしれませんよ。もし、それでも解決できないようなら、同じ現地でも、日本人が沢山いるところに移住する、もしくは旦那さんと一緒に日本に住むなど考えてみては?子供も出来ず、身内も夫側しか居ず暮らす厳しさは私も一緒です。頑張りましょう。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    彼はどれくらい協力してくれている?

    しおりをつける
    blank
    1002号室
    国際結婚で大切なのは、異文化への理解・尊重・(いい意味での)妥協点の模索だと思います。 

    貴方ばかりがこの点を強いられ、彼氏の方の働きかけが無いと、「損をしている」ような気持ちになるもの。 

    異文化理解は書籍だけでは限界があります。 長いバカンスが取れ、貴方の実家に滞在できるのであれば、少なくとも年に一度程、彼氏と帰国してみては? 

    それから貴方の語学力は大丈夫ですか? 日常会話程度だと、疎外感は払拭出来ません。 言語のみならず、文化の違いを上手に埋めていける知識・表現力・説得力等が鍵です。 

    周りが変わってくれない、と思った時は、まだ語学力・適応能力が未熟な頃でした。 カルチャーセンター・大学に通ったりして「自分の居場所」を作り出すと、周りも変わってくるし、少しは変えていけますよ。 

    それから「中国人と間違えられる」の文章は、不必要な誤解を産み、貴方の本当の人となりを歪めるかもしれません。 中国・韓国の人達もいるから、恩恵をこうむっている部分がありませんか? 食材・レストラン・安いお店情報など。 

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    あなたと同じような事で悩んでます。

    しおりをつける
    blank
    モカ
    最近、日本に帰りたいというトピを立てたモカです。
    異国に住み,言葉は勉強と努力次第で上達も可能ですが、
    そこに人種差別があるのならそれから逃れるのは
    難しいです。フランスでは私のアラバマ同様、又はそれ以上に人種的偏見が強い地域なのでしょうね。人種差別の苦しみはそれを味わった者にしかわかりません。もうどうしても駄目だと思うのなら日本への帰国も視野に入れるべきです。人間は自国で生活しそれに満足出来るのならそれが一番です。もし離婚されて帰国されたら、
    それ以降は離婚した日本在住の日本人と条件は同じなのですから、フランスという事にこだわる必要は無いと思います。もう英語圏、白人圈には住みたくないというのが私の
    本音です。それにしても私と同じような悩みを持っている
    人がいて驚きました。もしお互いに知っていたら絶対友達になれるような気がします。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    話し合い

    しおりをつける
    blank
    ダンナさんとゆっくりじっくり話し合ってみてはどうですか?今の正直なトピ主さんの気持ちをぶつけてみる。
    彼のことが好きなら、離婚して日本に帰るという答えだけじゃなくて、違う選択肢もありえませんか?
    違う国でふたりで暮らすとか? 1年だけでも旦那さんと一緒に日本で暮らすとか。
    すぐには動けない事情などもたくさんあると思いますが、トピ主さんにとって良い方向に向かうように応援してます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    少しだけお気持ち分かります。

    しおりをつける
    blank
    白猫
    私はこれからオセアニアに向かうものです。日本で国際結婚し、今5ヶ月になる子供がいます。
    黒猫さんのお気持ち少し分かります。私は主人とこれまで2年ほど日本で暮らしてきましたが、子供も生まれ主人が自分の国で家族で落ち着きたいというのでそうすることに決めました。正直、日本にいたいとずーっと思っていました。今でも日本が恋しいです。でも、行く決心をしました。悩んでいたら主人に「別にjailに行くわけじゃないんだから」といわれました。確かに・・・・。うちの場合子供がいるから少し違うかもしれませんが、黒猫さんにもお子さんがいらっしゃったら状況はかなり違うと思いますよ。正直、私は「子供さえいれば家族でどこに住んでもどこにいてもかまわない。」とさえ思っています。お辛いかもしれませんが、まずはご主人に本当のお気持ちを話されたほうがいいかもしれませんね。一緒に解決できるところはしていったほうが。うちの場合、けんかすると私の両親が間に入ってくれたりして助かっています。いい結論を出せるといいですね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      ほんとに辛そうですね

      しおりをつける
      blank
      きりん
      私は経験無いのですが、貴女の辛さが伝わって来るようで心が痛みます。

      その辛さを貴女はちゃんと彼に話していますか?日本人女性特有の我慢強さと遠慮で、「私が我慢しなきゃ、我慢すべき」と内に溜め込んで、あまり彼に話してないのでは?

      彼は愛する貴女がそんなに苦しんでいることに気付いてないのでは?

      気持ちを打ち明けてもっと話し合ってみましょうよ。ストレスぶつける形になってもいいし。
      そしたら彼もビックリして、解決の方法を一緒に考えてくれると思います。
      貴女の気持ちを受けて日本語や日本のことを勉強してくれるかもしれない、2人の住みやすい土地、国に引っ越すことを考えてくれるかもしれない、まだまだ打つ手はあると思いますよ。

      彼は貴女の気持ちに気付いてないのでは?彼にとればいきなり離婚を言われてビックリになるのではないでしょうか。

      夫婦なら2人で協力して乗り切らないと。もし貴女が相談しても彼が冷たい態度だったら、その時は貴女も彼の人間性に失望して彼に見切りが付けられると思うし、いずれにしても話しましょう。

      夫婦なんだもの、ぶつかり合うことを恐れていては真の関係は築けないよ。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      大切な愛を解消してしまう前に…

      しおりをつける
      blank
      カガ
      トピ主さんは、「彼と一緒に日本に移る」というのは選択肢にないですか? それなら、日本のご両親だって(娘の離婚で悲しむことなく)喜んでくださるでしょうし。(あらたに義両親を説得するという問題も出てくるでしょうが…)。
      ただ、生活の基盤を日本に移す場合、異国で暮らすことになる彼の精神的・経済的サポートをあなたが引き受けることになります。つまり(少なくとも当面は)あなたが仕事をして彼を養い、日本語習得にも協力する、という気概が必要になる、など。
      そのへんの可能性を、いま一度、彼と話し合ってみてはいかがでしょうか。
      私も以前海外在住でしたが、結局、彼と一緒に日本への移住?を実行しました。実際、仕事や言語の問題など大変なこともありますが、海外で感じていた(差別などの)理不尽なストレスは一切なくなり、心おだやかな毎日を過ごすことができ、2人とも自分たちの選択に満足している毎日です。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      提案!引越し:犬を飼う

      しおりをつける
      blank
      しっぽこ
      トピ主様、つらい状況お察しいたします。
       私も欧州在住、F国の首都近郊に住んでまずが、同じ日本人でもこの国の人に対する印象がかなり違うようですね。 こちらに来て4年、言葉も出来なかった私があまり差別や孤独を感じなくて済んだのか、ご参考までに上げさせていただきますね。
      <1.住む地域> -大都市に住んでらっしゃる場合、特に治安が良いとされる地域に引っ越されてはいかがでしょうか?比較的そういった差別を受けることが少なく、日本人に対する周囲の反応もスマートとなり少しでもストレスは減るのではないでしょうか。
      <2.犬を飼う> -お子様を待望されてらっしゃるとの事、赤ちゃんが出来れば周囲とのコミュニュケーションもぐっと増えられることと思いますが、まずは犬を飼われてはいかがでしょうか? 私もこちらに来てすぐに犬を飼い、犬をきっかけに話しかけてくる人はフレンドリーで、閉じこもって周囲との接触がなかった私にはまさに「社会の窓」という存在となりました。 また、気分転換に公園や森に出かけたり、お好きでしたら、欧州なら犬がいる生活はきっと心の支えになりますよ! 大切な旦那様と一緒にいられると良いですね。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      本当に迷路に迷い込んだみたい

      しおりをつける
      blank
      寝子
      トピ主さんと同じような気持ちになることが、ままあります。子供のこと、仕事のこと、友達のこと、親のことなどなど、何を優先順位にしていいのかわからなくなりますよね。というより、優先順位なんて決められるものではないです。よく、紙に長所・短所を書いて眺めて見て、なんてアドバイスがありますが、そんなことで割り切れるものではないですよね。感情がからんでいるんですもの。それに、子供のことはいくら高度治療を受けてもダメなときがありますものね。(経験者です)

      国際結婚をされるくらいですから、たぶん自立心旺盛で、今まで何もかも自分の力で切り開いていらっしゃったのではないでしょうか。そして、今、ご自分の力ではどうにもならない壁に突き当たっていらっしゃるのでは?

      じたばたしてもスムースに行かない時はあるものです。自分の力など、限られているものなのですよ。状況を享受して、じっとして、過ぎ行くのを待つことも時には必要ではないですか?愛していらっしゃるのでしょう?ご主人を。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      辛口です。

      しおりをつける
      blank
      チリ
      同じ経験をしたので、気持ちは十分わかるけど、いくつか気になる点がありました。

      日本にいてもどこにいても人は結局は1人。孤独感は自分で克服するもの。

      親や、まだ見ぬ子供のことを使って、違う人生を想像するのも甘えている感じがします。自分の人生は自分で決め、乗り越えて、作って行くものでは。

      >挙句中国人という蔑称の嵐。鬱になります。

      白人は東洋人を見ると中国人をいう傾向が多い。それは海外での東洋人のうち中国人の占める割合が多く、白人が東洋人を見てもどこの国の人か認識できないことが多いからです。

      中国人と言われることが侮蔑と感じているのはなぜ?

      それはトピ主さんが中国人を下に見ているから。これこそが人種差別。すなわち、トピ主さん自身も人種差別をしているのでは。トピ主さんの言い方は中国人の方に失礼と感じました。

      あと、不公平だと感じたら、公平になるように努力して下さい。

      日本戻っても同じような考え方なら、人生上手く回っていかないかも。まずは一時帰国し、休養をして下さい。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      帰りたい日本

      しおりをつける
      blank
      ぴろ
      黒猫さんのお気持ち、ものすごくわかります。私も同じ気持ちでいます。

      新しい人生を夫と築こうと前向きになろう!と努力していても、何か辻褄があってこない。身辺に起きてくることも受容できない自分が常にいるのです。36歳で結婚し40歳の今にいたり、夫と二人でがんばるんだと思っていたはずなのに現実はきついです。
      (ミモザさん、読んで下さっていますか?)

      黒猫さんのトビを読むと、お心は決まっているような印象を受けました。「彼は好きだけど、帰りたい」というのが本音、かな?
      理性で考えて行動しても、ご自身の心が感じていることに正直に時間をかけて向き合ってあげて下さい。

      乱文失礼しました。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      横です>モカさんへ

      しおりをつける
      blank
      コットン
      アラバマ州在住とのことですが、国際結婚でいらっしゃいますよね??
      アラバマと言えば、H自動車があります。

      私はカナダで国際結婚していますが、差別、孤独で負けそうになったとき、同じ町のH自動車の駐在の方たちにとても親切にしていただいて、今は日本に帰らなくてもいいと思えるほどになりました。

      差別に関しては、現地の方との関係なので、難しくはなりますが、H自動車の方たちとおしゃべりしたり、遊びにいったりすることで、愚痴も出せれば、笑いもあり、本当に助かりました。一番いいことは、きっと気の合う日本人の友達ができることでしょうね。

      トピ主様も、近所に日本人の同じような境遇の方はいらっしゃらないでしょうか?同じ国際結婚をしているものとして、お悩み、共感できます。夫との生活は幸せだけれども海外にいる苦しみを感じます。ここでは、励ますことしかできないけれど、「がんばって!」

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      気持ちは分ります。

      しおりをつける
      blank
      ソフィア
      私もトビ主さんの気持ちと同じ時、あります。私の住んでいる国は日本人がたぶん、全部探しても、両手もいなかも?でも、長年、海外生活をしていて、英語圏の時は、以外と楽しかったですが?ここに来て、毎日、毎日、泣いていました?ほとんど?引きこもり状態ですね!私が住んでいる国の首都は日本人が4人しかいませんし、外に出ると、中国人!呼ばわりで、本当に毎日、日本かいままでいた国の豪州に帰ることばかりでしたが、もともと、性格が頑固なので、ギリシャ語を修得するまで、がんばるつもりです。毎回、落ち込みますよ。でも、これも私は試練だと思っていますがね。便利な国に帰るなら?いつでも帰れるけど?旦那を残しては?ですから、その土地でしか出来ないことを探してみては?

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      トピ主です。

      しおりをつける
      blank
      黒猫
      こんなにたくさんの方々からお返事をいただけるなんて思ってもみなかったのでとても感激しています。
      みなさん本当にどうもありがとうございました。

      私は23で結婚し、スペインの田舎に嫁いでもうかれこれ6年になります。29です。
      途中、彼の失業、再就職、2回の化学流産(日本の両親には知らせてません)3度の引越しなどいろいろありました。

      スーパーで無視されるというゲンゼさんの投稿がありましたが、私は反対に地元のスーパーで正社員として働いています。これぐらいしかここでは仕事がないので。日系企業はおろか、産業といったらワインとチーズぐらいだけでそもそも7階建て以上の建物すら建ってないところです。
      なので、毎日子供や特にお年寄りにジロジロ見られたり、何度も「どこから来たの?中国人?フィリピン?こっちの暮らしのほうがいいでしょ?」等と言われます。
      Japonというと皆大抵ひきますが。旦那が現地人というと妙に納得するというか。
      毎回ここに来たいきさつを話さないといけないので疲れます。
      ま、日本のド田舎で白人がレジ打ってたらビックリ仰天されるのと一緒だと思って諦めてます。

      続く

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      トピ主です。 続

      しおりをつける
      blank
      黒猫
      差別の少ない大都市への移住はどうかとの提案ですが、私たちの住む町は彼が生まれ育った故郷でもあり、彼の家族も皆ここに住み、彼もここで仕事を持っているため、とても困難だと思われます。
      できればマドリッドにある日系企業で働けたらと、日本にいるときからも大学の就職活動でマドリッドに支店のある旅行会社などを狙って受けていたのですが、全部落ち(結局はスペインと関係ない法律関係の仕事に就職)、こっちに来てから受けた面接にも条件の悪いところ以外は全部落ちてしまいました。
      しかもここ数年のバブルで不動産が急に上がってしまい、今はもう仕事があっても大都市には住めそうにもありません。

      しかも、日本への移住なんて、彼は日本語ができないし、仕事なんて見つかるハズがないので問題外です。

      もっと頻繁に日本に里帰りできればいいのですが、働いているため年に2週間しか一度に休暇が取れません。この仕事だってもし日本だったら(すぐに他のが見つかるので)1日でとっくに辞めてたんだろうけど、ここで生活していくには絶対に辞められない。。。もうがんじがらめの人生です。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      恋愛・結婚ランキング

        その他も見る その他も見る

        一時帰国をお勧めします。その1

        しおりをつける
        blank
        きと
        黒猫さんと似たような心境で、去年半年ほど
        一人で日本に一時帰国しました。結果から書きますと
        私の場合、日本に帰った方がいいと確信してしまい
        ました。

        私も欧州に住んでますが、本当に日本人(アジア人)
        には住むの厳しいですね。”中国人!”なんて言われる
        ことざら、地下鉄では後ろからつつかれるわ、友達は
        夜道で生卵投げつけられるわ、ほんと散々です。
        それでも、そういう輩は教養の無い悲しい奴らと
        割り切ろうと思えるのですが、逆に中流から上の人から
        蔑んだ目で見られるのがほんっとに耐えられないのです。
        ”その根拠の無い自信はどこから!!??”といつも
        憤りを感じてます。

        そんな状況を重ねるうちに、本当に心底この国が
        嫌いになり、冒頭に書いた通り一時帰国しました。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        一時帰国をお勧めします。その2

        しおりをつける
        blank
        きと
        主人とももうこの5年間話し合いに話し合いを重ね
        結局2人で日本での生活にチャレンジすることに
        なりました。

        黒猫さんにお勧めしたいのは、その迷いが確信なのか
        それとも精神的に弱ってるだけなのかを見極める為
        お一人で一時帰国をすることです。その上出した結果
        であれば、その事についてご主人とよく話し合って
        将来の事を決めてはいかがでしょうか。私のように
        2人で行くという解決方法が挙がってくるかもしれません。

        頑張ってください!

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        逆ですね

        しおりをつける
        blank
        はろ
        私は、欧州の人と婚約してしばらく暮らしましたが、その後別れて5年たちます。
        どちらが良かったか分かりませんが、後悔したことは何度もあります。
        彼も好きだったし、彼との間に赤ちゃんが欲しかったと、いまでも思うことがあります。
        でも、そのまま結婚して生活していくことはできなかっただろうなと思ってます。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        トピ主です。 付け足しです

        しおりをつける
        blank
        黒猫
        一応誤解がないように説明させていただきますが、1002号室さんの指摘にあったような「中国人と蔑称されるのは嫌だ=中国人を見下している」という訳ではありません。
        スペインでは中国人=東洋人という意味だそうです。

        私たちの住むピソには一組の中国人のご夫婦も住んでらして、なんだか心強いです。
        週末には旦那さんが一人男の子と一緒にスペイン人たちに囲まれながらピソの共有プールに入っています。
        また、ここは小さい町ですが、中華レストランも5、6件あります。

        ただ、東洋人って一般的に真面目で働き者で皆なにかしら商売をし地道に頑張ってるのに、まして中国人は長い歴史と素晴らしい文化を持ってるのに容姿だけで差別されるなんて損な人種だなといった想いから書いたまでです。

        実は4月から来西当初から夢だったJSTVにも加入して日本のTVが見れるようになりました。
        日本にいたときは「オレンジデイズ」のように東京の街を闊歩、デパートコンビニとキラキラした瞬間を送っていたのにここはなにもなくギャップがありすぎ。

        日本に今すぐ帰りたい鬱なときと、比較的楽なとき前向きなときと交互にやってくる感じです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        それはね

        しおりをつける
        blank
        maria
        お二人とも国際結婚に向いていないんだと思います。あなたにとって外国暮らしが苦痛で日本に住みたい、ご主人は外国人であるあなたの苦痛を理解できない、これでは結婚生活は長続きしませんよ。ただ「愛している」だけでは乗り切れないものです。愛情が薄っぺらいから乗り切れないのです。もっと深い愛情がお互いになければ、いずれ離婚しますよ。いっそ離婚して別の生き方をした方が、お互いに幸せになれると思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        トピ主様のお気持ちよくわかります。

        しおりをつける
        blank
        よーじ
        辛いですよね。
        私は中東在住6年です。

        言葉、人種差別、文化の違い、(特にここは)治安の悪さ、確かに私もはじめの2年で酸欠状態になりました。

        その酸欠状態から抜け出したのは、日本に1年弱帰ったから。ゆーっくり日本の生活満喫したから。
        あと、私のように一人で悩んで孤独な日本人達に手を差し伸べたいと思ったから、どんどんこちらの日本人に会い、友達になりました。ただただ、愚痴を言い合うので良いんです。聞いてくれる人が存在するって言うだけで人間、救われると思うんです。

        自分が経験した辛さを、糧にして、更に大きな人間に成長するチャンスかもしれないですよ。

        私も、時間はかかりましたが、揺るがない人間関係と、旦那との幸せな家庭、これはかけがえの無い物です。

        あと、お金が大変でも、1年に一度は日本に帰るようにしています。どうやら忍耐強い性格で、自分の中に溜めてるみたいです。
        トピ主様も同じじゃないですか?
        ドカン!と爆発して大きな問題(離婚とか鬱)にならないうちに早めの解決で、かなり気分転換になりますよ。

        まずは、ゆっくり自分を癒してあげて下さい。
        がんばろうね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        >mariaさん、それはないでしょ!

        しおりをつける
        blank
        地中海の国より
        まず、mariaさん、人の傷に塩を塗ったくる行為はやめてもらえませんか?あなたご自身が国際結婚の経験者かどうか知りませんが、悩める後輩によきアドバイスをするのが本来の役割だと思います。「愛情だけでは乗り切れない」のは事実ですが、

        >愛情が薄っぺらいから乗り切れないのです。もっと深い愛情がお互いになければ、いずれ離婚しますよ。いっそ離婚して別の生き方をした方が、お互いに幸せになれると思います。

        という表現は余計で、失礼にも程があります。
        読んでいて大変不愉快になりました!
        いくらネットで顔が見えないからといっても他人にこういうものの言い方ができるあなた自身の思いやりや愛情ってな何なのでしょうか。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        話し合いは早めに1

        しおりをつける
        blank
        地中海の国より
        黒猫さんの2度目のレス読みました。
        私も国は違いますが地中海に面した、とある国出身の主人と結婚すること10年、彼の母国に暮らして6年目になります。

        全出のたちの悪い方の暴言はさておき、結婚生活が愛情だけでは乗り切れない、というのも事実です。
        でも、愛情だけで乗り切れないのは何も国際結婚に限った話ではありません。同じ日本人同士で結婚しても、お互いや両家の家族の価値観等で様々な問題が発生しますしから、誰と結婚しどこに住んでも努力は必要です。

        黒猫さんの問題については、大まかに分け三つの問題があると思います。一つは、田舎暮らしの生活ギャップ、もう一つは、黒猫さんのような二ヶ国語に長けた人として得られるはずの生活水準、ステイタスが現実には達していないこと、三つ目は国際結婚をしたものとしてのご主人の理解フォローが黒猫さんの思うようなレベルに達していないことだと思います。

        もっと早くからご自分の気持に気付いて正直にご主人に告白し、何らかの形で話し合いをしていればなあ、という気がいたしました。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        話し合いは早めに2

        しおりをつける
        blank
        地中海の国より
        これだけの問題を抱えて、更に出産・育児となると、もう大変なことになると思います。黒猫さんは「子供さえいれば」とおっしゃいますが、私からしたら、お子さんについては、まずお二人の間にある問題を解決してから考えられたほうが、と思います。

        まず、ご主人が日本語を理解しないという点については、日本語を専門的に学んだ訳でもなく、ましてや日本での生活経験がなければ、責めるのは酷な気がします。日本人独特の考え方や気質が分からない事に加えて、自分の親戚に囲まれた、ご主人にとっては一番居心地の良いスペインの田舎暮らしという環境ですから、ご主人にとっては、黒猫さんが何故ふさぎこむ気持になるのかも理解できていないのだと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        話し合いは早めに3

        しおりをつける
        blank
        地中海の国より3
        長くなってスミマセン。。。
        それと、田舎での生活・経済レベルのギャップも黒猫さんはどこまでなら許せてどこからが許せないのか、それも明確にされた方が良いかと思います。そして、その許せない部分と、お二人がもし日本に移住して、経済・言語・環境の全てを黒猫さんが背負っていくリスクとを比べてみることも一つだと思います。

        仮に、スペインでの田舎暮らしを継続させるのであれば、黒猫さんにとっての許せない部分をどう改善していけば良いのか等もお二人でゆっくり話し合われては、と思います。「離婚」だなんていうのは、本当の最後の最後の手段です。折角ここまでがんばったのだから、まずは改善策を探してみることから考えましょう。

        最後になりますが、日本語が恋しいとのことですが、田舎とはいえ、ネットは繋がるのですから、いっそのことスペイン在住の現地人男性と結婚した日本人妻などが集まるHP等を利用してお友達作り、という方法もありますよ。頑張ってくださいね。
        最後まで読んでくださってありがとうございました。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        気持ち切り替えて

        しおりをつける
        blank
        きりん
        少し休んで気持ち切り替えたらまた元気になれるかも。そうなること祈ってます。

        地元スーパーで正社員だなんて、現地の言葉で仕事出来てるなんてすごいじゃないですか!

        人にジロジロ見られたりつまらぬこと言われるのも、貴女自身がおっしゃる通り、逆に欧州人が日本の田舎に来たらそうなるのと同じ、相手が無知なだけ、めげるな!

        私も某国で、無知な子供などに馬鹿にされたけど、マジになるとめげるけど、困ったヤツラだな、ま、日本のように情報も教育も普及してないから、と思うと腹が立たなくなった。
        バスにでも乗ろうものなら、バス中の人が無言でこっちを穴があくほど凝視。絶えられない雰囲気。
        でも気持ちを強くもって「この国は素敵ね!」と一言微笑んで言うことで、雰囲気がガラリと変って一転友好ムードに。

        落ち込まずに積極的に溶け込む、日本と比較せずに、その国自身のよさを見つけてみて。

        「私、日本をよく知らなかったけど、黒猫が町に来たおかげで身近に感じるようになった。貴女の国だもの、日本ってきっといい国ね。」と周りの人に思わせるぞという気持ちで乗り切って。せっかく縁あっての国際結婚だもの。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        スペインは偏見が強い所と聞いています

        しおりをつける
        blank
        エール
        スペインは人種偏見が強い所と聞いています。
        黒猫さんも大分苦労されたのではないでしょうか。
        引っ越し出来なさそうとの事ですが、2人のためにより良い場所に引っ越しをしようと決意なさってください。今からでも遅く無いです。妻が不幸な結婚生活なんて意味がないんですから。

        それが無理、ここにどうしても居たくないというなら、思いきって離婚してもいいかもしれません。私は自分が幸せになるために、人生の進路を途中で変えたり日本に変えることを、弱いとか甘えとは思いません。自分を幸せにするには自分で幸せを選択するしかないのです。心を決めてそちらへ進んでいきましょう。自分を幸せに出来るのは自分しかいないのです。私も国際結婚なのでいろいろ悩む気持ちもお察し致しますよ。勇気を出して現状を変えていきましょうね。遠くからですからエールを送ります。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        お茶したいです

        しおりをつける
        blank
        盆栽
        黒猫さん!本当に、本当に月並みですが・・

        がんばれっ!!

        時に「がんばれ」という言葉は何の意味もなさず、むしろ、頑張っている人に対して失礼ですね。それでも、あえて「がんばれ」を言ってしまう、私の語彙力の無さをお許しください。
        でも、黒猫さんの二度目のレスを読みながら・・
        「あぁ、私は黒猫さんと、美味しいカフェオレなんかを飲みながら、ゆ~っくりとお話したいな~」って思いました。

        私は国際結婚しているわけでもないので、アドバイスなどと、おこがましいことはできません。でも、黒猫さんの心の痛みが私の胸に伝わってくるような気がしました。
        すぐに一時帰国ができないようですが、ゆ~っくりお風呂にでも浸かってみるとか、或いはドライブに出るとか・・気分転換できるといいですね。
        黒猫さんの気分転換にお付き合いしたいなぁ~。

        脈略がなくってごめんなさい。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        お気持ちわかりますよ

        しおりをつける
        blank
        北の国から
        私は国際結婚で海外に来て10年少々です。子供を二人作って離婚しました。トピ主さんのお気持ちよくわかります。「国際結婚には向き不向きがある」といわれた方! その通りだと思います。(この場合トピ主三の旦那様のほうが不向きだと思う)また問題点を三点に分析された方、その分析にうなずけました。

        正直言って今のトピ主さんはお気の毒だと思います。「がんじがらめ」という表現・・・今の私にも当てはまっています。子供ができないうちに帰国されるのはありだと思います。他の方がおっしゃるように、できるなら一時帰国されてみてもいいと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        コットンさんへ

        しおりをつける
        blank
        モカ
        残念ながら私はそのH自動車の会社と遠く離れた地域に住んでおりますのでH自動車の方々との付き合いはありません。
        アラバマ州と一口に言っても広いですから。
        私の住んでいる回りには日系の会社はひとつもありません。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        旦那はボクチャンですね。

        しおりをつける
        blank
        そら
        このタイプの男は別にスペインに限らずどこの国にも居ますし、日本にも居ます。結婚は2人で新しい家庭を築いて行くものなのにそれを理解できてない男が。
        自分は結婚しても、自分の生まれ育った町から離れたくない、心地いいから、自分は違う国の人間と結婚したのに自分は母国語しか話したくない、面倒くさいから。
        正直言って、大人になりきれてないどうしようもないボクチャンです。
        外人と結婚したのが問題ではなく、ボクチャンと結婚したのが問題です。
        そこを話し合う必要があります。もし、旦那が態度を改めないようでしたら、離婚して、帰国した方がいいでしょう。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        「帰る」という言葉1

        しおりをつける
        blank
        ひじき
        厳しいようですが、彼の住む国に嫁いだ時点で、あなたの拠点は「スペイン」になったと思うべきなのかも。もちろんこの後日本に住むことがあれば「引っ越し」は大有りだと思います。でも「私は日本人で日本にいるのがあたりまえなのに、なぜかスペインに住んでいるんだ」と思う気持ちがどこかにありませんか?今までの人生は今までの人生。これからどこに、誰と、どういう環境で住むかは、今までの人生とは全く別ものです。あなたが選んだ人生は、スペインでご主人と暮らすこと。日本は「あなたが生まれ育った国」でしかないと考えた方がいいかもしれません。

        私はアメリカに住んでいます。10年になりますが、半年は毎晩泣いてました。英語とスペイン語、日本文化への理解度は違うので、苦しさは違うかもしれませんが、中国人と間違われること、自由の国アメリカはすばらしい!というアメリカ人の認識なんかは同じです。得に田舎に住んでいるので、外国人に慣れていない人も多いです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        「帰る」という言葉2

        しおりをつける
        blank
        ひじき
        でもいつかこの気持ちを越える日がくると思います。たまの里帰りもありかもしれません。私なんかは里帰りした時に「なんか違うな・・」と思いはじめて初めて、自分がこちらの人間になりつつあることに気付きました。日本はとても早く物事が進んでいます。突然帰ると浦島太郎状態になるんですよね。

        彼が好きなら帰っちゃだめ。お身受けしたところ、ただのホームシックにしか受け取れませんので、乗り越えられると思います。禁断症状と同じで、苦しい時をすぎると楽になります。

        帰るなら堂々と里帰りで。でもこの国に戻ってくるんだ、という意識はもってください。トピ主さんの現在の拠点は日本ではなく、スペインなのです。これは日本国内で結婚のために移動されてる方も通る道だと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        味方の数を数えましょう

        しおりをつける
        blank
        ハギット
        イスラエルの田舎に住んでいます。
        イヤなことはありますよ。でも考えてみたら、イヤなことよりも楽しいことの方が多い。イヤな人よりも、親切な人の方が多いのです。

        優しい人の数を数えましょう。手を振ったら振りかえしてくれる人、いつも向こうから挨拶してくれる人。彼らはあなたの味方です。
        通りすがりに差別的なことを言う人は、赤の他人です。私は「犬がワンワン吠えている」という程度と見なして、相手にしないようにしています。もちろん、言われなき差別を受けたら、責任者を呼んで言いますけどね。

        また、それなりのポジションに就いている人や教養がある人は、差別的発言をせず、対等に話します。差別的な人間はその程度のレベルなのだからと、(内心で)見下して相手にしません。

        日本にだっていますよね。服装や外見で差別する人。学歴や出身地、話し方で差別する人が。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        味方の数を数えましょう-2

        しおりをつける
        blank
        ハギット
        結婚などでこの国に在住している日本人を見ていて思うのは、この国を嫌っている人があまりにも多いこと。
        日常の生活の厳しさがそうさせるでしょうけれど、日本人で集まるとグチ大会。自分はどんなに辛い目に遭っているかを延々と話し、「だからこの国は嫌い」とボロクソに言う。傍らに子供がいるというのに。

        ある時、その中の子供の1人が「ママはいつもイスラエルが嫌い嫌いって、日本に帰りたいって言っているんだ。だったらなんで日本に帰らないの?」と。

        彼女は「帰れないでしょ」と言っていましたが、私は、子供がかわいそうだな、と思いました。
        母親がどんなに嫌いな国でも、子供にとっては母国であり、父親が生まれ育った国です。

        それを言うと、「ハギットは子供がいないからいいよねぇ。苦労が少ないんだよ。子供がいたらそんなことは絶対に言えないよ」と集まっていた皆に言われました。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        味方の数を数えましょう-3

        しおりをつける
        blank
        ハギット
        子供を産んでこそ女!という風潮が非常に強く、3人4人当たり前というイスラエル。しかし私は子供を産めない体です。
        同じ日本人なのに彼女達は味方じゃなかった。すごいショックでした。少なくとも、イスラエル人から、「子供がいないことについて」言われたことは1度もありません。
        それ以降、在留邦人と付き合うのを一切止めました。

        今はネットもあるし、日本の友達やイトコ達といくらでも話ができる。電話代だって安いし、こうやって世界に住んでいる日本人といくらでも交流が持て、情報を得られるのです。

        今、資格を取るための勉強をしています。田舎からなので通学だけでも大変ですが、同じ志の友人も出来、気分転換にもなっています。

        日本の町並みやは目で見えるもの。私も時々、夜景が無性に懐かしくなります。
        目に見えない大切なものは、スペインと日本のどちらにあるのでしょうか。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        日本でだって仕事は探せる

        しおりをつける
        blank
        みりん
        だんなさんと徹底的に話し合って、正直に「あなたのことは愛してるけど、ここでの暮らしに耐えられない」と言ってみてはいかがでしょうか。
        彼もあなたを失うのと住む場所を変えるのとどっちがいいかといえば、住む場所を変えようといってくれると思います。

        日本語ができないから日本で仕事が見つかるはずがない、という点についてですが、日本語ができないのに日本で仕事している外国人はたーくさんいます。スペイン系の会社もあるし、スペイン料理の店やスペイン語の先生など、探せばあると思います。まずは語学学校のスペイン語の先生になって、それから自分の好きな仕事の求職をしてみてはいかがでしょうか。また自宅でスペイン語を教えたり、あなたがスペイン料理を教えたりすることもできると思います。そうやって日本に住んでいる外国人は暮らしていってます。彼も不安になると思うので、まず一年とか2年と期間をくぎって、2年やってだめだったらスペインに戻ろう、でもそれまでは日本でがんばってみよう、としたらどうでしょうか?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        卵を割らずにオムレツは作れない

        しおりをつける
        blank
        名無し
        国際結婚というものはそういうものだからです。それが分かっていないという時点で、解決策はないような気がしますねえ。

        全ての問題に解決策、あるいはせめて気持がやすらぐところがあるはずだ、というのが戦後教育が国民に植え付けてきた甘えの最たるものです。しかし国家が外国人に対して接する態度は、全くそれがない厳然としたものばかりですよ、たとえ難民に関しても。

        だからこそ皆その強力な壁で国民を守ってくれる日本から出ないんじゃないですか。
        多分頭ではお分かりかと思いますが、それを行動に反映できないのは想像力の欠如であり、すなはち「理解していない」ということに他なりません。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        スペイン

        しおりをつける
        blank
        在米
        > 挙句中国人という蔑称の嵐。

        私の知り合い(日本人)がスペインに住んだ時に地下鉄(?)に乗った時にその車両の人たちが「チーノ(中国人のこと)!チーノ!チーノ!」の大合唱だったそうです。
        旅行なら良いけど住みたくない所だって言っていました。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        私も一緒ですよ♪

        しおりをつける
        blank
        モニ
        私も国際結婚して東欧に5年住んでいます。主人の親との同居、子育てなどのストレスが溜まりに溜まっています。

        私の場合は働いていないので年に3ヶ月程は日本に帰っているのですが、こっちに帰ってくるときは本当に嫌で嫌でまた、あの生活が始まるんだなぁと憂鬱になります。

        もちろん主人のことを愛してるですがどうにもこうにもどうしようもなく孤独でやり切れなくなる時があります。

        主人と結婚したことは後悔していませんがこのままこの国で結婚生活を継続していく自信はありません。

        なんのアドバイスにもならないのですがなんか他人事に思えなく発言させてもらいました。

        お互いがんばりましょうね。。。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        プラス思考で行きましょう (1)

        しおりをつける
        blank
        AFN FAN
        家人からこのトピックを教えられ、黙っていられなくてコメントさせて頂きます。性別も立場も違うので、「分ってないなぁ」という所はご容赦ください。

        既に多くの方が色々とアドバイスされてますので、できるだけ手短にいくつか。

        1.夫さんは貴女の気苦労や悩みを現在どの程度理解されているのか? 

        ここを読む限り、貴女お一人でお悩みのようですが、これは貴女だけの問題ではないでしょう。

        くよくよと悩まずに1日でも早く全てを打ち明けるべきだと思います。

        彼が貴女のことを愛してくれているなら、日本には来れなくてもきっと一緒に考えてくれるのではないでしょうか。(僕なら、妻には何でも打ち明けて欲しいです。)

        2.たしかにカンジガラメで大変なのでしょうが、「災い転じて福となす」というプラス思考で考えてみては?

        スペインの田舎で正社員なんて、まずフツーの日本人にできる体験ではありません。どなたかもアドバイスされてましたが、HPを開くとか、あるいはメールマガジンを発行してみる、とか、今の立場を逆に生かすことをお考えになっては?(続く)

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        プラス思考でいきましょう(2)

        しおりをつける
        blank
        AFN FAN
        さらに現地の利を活かしてご自分で何かビジネスを始めてみる、などなど、その地にいなければ出来ない事がたくさんあるのではないでしょうか。ワインとチーズ「しか」ないと嘆いておられますが、その二つとも都会に住む日本人が高いお金を出して消費しているものですよ。

        それを活かさないのは余りに勿体無いです。もし貴女が何かサイドビジネスを始められてそれが上手く行けば、制約の多いスーパーに勤めつづける必要もなくなります。

        何度も「どこから来たの?中国人?フィリピン?こっちの暮らしのほうがいいでしょ?」等と言われます・・・とありますが、これは僕には現地の人があなたに対して好意を持っているからこそそう言っているのでは無いかと思いますが、違いますか?

        何度も同じ事を説明して疲れる・・・これもプラス思考で行けば、貴女のスペイン語(+方言?)の練習になるのではないですか? それもイヤだとおっしゃるのなら、ご自分の名刺でも作り、その裏にそれを書き込んでおいてそれを会う人に渡すとかすれば、ラクかも。(上に書いたようにビジネスをやるなら、名刺は必要ですよね。)(続く)

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        プラス思考でいきましょう(3)

        しおりをつける
        blank
        AFN FAN
        僕も米国に何年か暮らしていたときに、似たようなやりとりを確かに何度もしたような記憶もありますが、そんなものだと思ってあまり気にしませんでした。スペインの片田舎も(日本人珍し度はテキサスより高いみたいですが)基本的には同じだと思いますが、違います?

        差別は確かにあるでしょう。しかし、それに負けていては欧米ではまず生活できません。とにかく負けずに、また、あいつらは反面教師だと思って頑張って下さい。

        3.貴女はまだ若い。いくらでもやり直しが効くはず。
        一人で悩まずに、まず夫さんと良く話す。現状を抜け出すには何をどうすべきか、前向きに考える、ということが必要だと思います。

        子供は貴女がハッピーになってからでしょうね。離婚も最後の手段としてはあると思いますが、夫さんに対して青天の霹靂にならないようにと祈ります。

        とにかく、今貴女が体験していることは、とても貴重な、「試練」だと思います。そして、ここに投稿されたことは前向きな行動に繋がる第一歩として正解だと思います。

        是非、プラス思考で生きていくことを考えて、実行してみて下さい。 Good luck!

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        門外漢から(1)

        しおりをつける
        blank
        欧州好き
        黒猫さん、こんにちは。私はあなたよりひとまわりも年上で結婚歴なし、日本で言う「負け犬」ながら国際結婚をめざしています。こんなこというとエ?と思われそうですがフランス人の男性とメールのやりとりをしながらフランス語の勉強中です。

        私もこんな年齢ですから日本でいろいろありました。正直言って疲れました。今、フランス人とメールを取り交わして感じるのは日本人相手では絶対にありえない「自分自身の奔放さ」です。語彙が足りないことや曖昧な表現を知らないために、自分をストレートに出すしかないのですが、私にはそれが幸いしてます。日本人しか知らなかった今までの人生、自分が人の気持ちを読んでばかりで、いかに自分を主張してこなかったことか。反省しきりです。

        今私はメル友の彼と会って恋に落ち、結婚して彼の住む町で暮らすことを夢見ています。そんな私に黒猫さんのトピはたくさんの大事なことを教えてくれました。感謝しています。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        門外漢から(2)

        しおりをつける
        blank
        欧州好き
        (続きです)
        だからこそ、黒猫さんにはもう一度よく考えてほしいと思います。愛する彼をおいて帰ってきても、日本で彼以上の相手にめぐりあえるとは限りません。彼と結婚した時の気持ち、まだ変わっていないのでしょう?

        日本ではあなたほどの苦境でもないのに、簡単に離婚するカップルが増えています。小町を読んでいらっしゃればおわかりだと思いますが、日本人同士であっても実に些細なことでいがみあっている夫婦、嫁姑、親戚がいかに多いことか。ほんとに、黒猫さんくらい努力したなら、いくらでも乗り切ることができるでしょうに。

        黒猫さんが今恋しく思っているほど、日本はあたたかくないかもしれません。スペインの田舎、私には想像もつきませんが、書き込みを読んだかぎりではそんなに悪意のある人々ではないように感じられました。むしろ日本が失ったものをたくさん持っているのかもしれません。

        慰めにはならないでしょうけれど、日本しか知らない者から、応援の気持ちでした。ご自分の人生、どうぞ大切にしてください。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        洗濯物早く乾くでしょー!

        しおりをつける
        blank
        ろきこ
        私は隣国ですが国際結婚して一児の母です。今、二人目妊娠中です。

        もう私も色々ありました!

        街に出れば娼婦扱い、すでに留学経験や、仕事もしていたので大きな言葉の問題はなかったものの、ニュアンスはまだまだむずかしい。あげくの果て、旦那ともいざこざ・・・・

        そんな中、、、私の中のルールを紹介します。

        1・言いたいことは100%言う

        言葉の問題があろうとも無かろうとも、言いたいこと、旦那が何か言って違和感があればたとえその場で言い返せなくても、2日後でも3日後でも言い返す。

        2・洗濯物が早く乾く

        日本よりも洗濯物が早く乾いて天気も良いから良いところだ!と思いこむ。
        以上です。私は30代半ば。あんまり変わんないです。頑張りましょう。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        がんばって・・・

        しおりをつける
        blank
        tamako
        という言葉、今のトビさんには向かないですね。心が疲れてる時は休ませてあげてください。無理しないでください。ご主人と話し合ってみてください。

        私も海外に住んでます。いろいろ差別はありますよ、付き合ってる彼の母親は日本人との付き合いをよく思ってないし・・・でも白人である彼には私の気持ちはわからない。だからメールで訴えました。少しわかってくれたかどうか?一度ゆっくり日本に帰られたらいかがですか?

        愛してる彼と別れたら後悔しますよ。子どもがいなくても一番大事なのは2人の愛情なのでは?

        今はメールもあるし、お友達や家族とのコミュニケーションだってとれるし、国際結婚して同じような境遇にある方ともコンタクトしてみたらいかがでしょうか?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        同じくスペインからですよ。

        しおりをつける
        blank
        Noemi
        辛い気持ち、わかりますよ。

        私もスペインに来て、7年になります。今、離婚手続き中ですが、この離婚は彼が別の人を好きになったという理由で、私にとっては大変なショックで今も立ち直れていません。

        それでも、日本に帰ろうと思わないのは、周囲にあたたかい手を差し伸べてくれる方が多いからか、な。もちろん、ネットもとても支えになっていますよ。

        この夏にスペインを旅行し、あまりの文化の違い、ムラの良さ、悪さを実感していますので、この点もわかります。でも、こもらないで!強く、しなやかに、お互いになっていけたら、いいですね。

        いろんな解決方法が、「離婚」の前にあると思います。皆さんのおっしゃられているように、その可能性を探ってみるといいですよ。

        私もいろんな職を体験しました。一人じゃないですよ。がんばって。お会いできたら、いいですね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        私の計画1

        しおりをつける
        blank
        欧州在住
        黒猫さん、私も欧州に嫁いできました。ごく一部分を除いて私が書いたのかと思うほどの投稿で、びっくりし、同時に、同じような思いを抱いていらっしゃる方がいることを知って涙が出てきました。

        お気持ち、痛いほど良く分かります。私も悩み中なので何のアドバイスもできませんが(ごめんなさい)、私はとにかくある一定期間が過ぎたら日本に帰ることにしました。この土地で何もかも一からやっていく度胸は、私には正直言ってありません。国際結婚に向いていなかった、ただそれだけだと思います。

        私は日本でやりたかったこと(仕事)を捨てて、ここに来てしまいました。それをここでは続けられないのが悔しくてたまりません。だから、私はあと半年と設定しました。あと半年経ってもここで自分が思うような生活が得られなければ、日本に帰るつもりです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        私の計画2

        しおりをつける
        blank
        欧州在住
        主人とも数え切れないぐらい話し合いましたが、答えが出ず、その答えの出ない話し合いを続けることに私も主人も疲れ果ててしまいました。

        話し合いの中で私はいつも主人を深く傷つけてしまいます。もうこれ以上傷つけるのは嫌なので、この話は一切しないことに決めました。時期が来るまでここで静かに暮らそうと思っています。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        今の若い人って・・

        しおりをつける
        blank
        大人の顔した幼児
        結婚とは、ただ一緒に(好きだから)住みたい、住み心地がよくなかったらおうちに帰ろかな・・

        子どもっぽい考え方の人が、多いのかしら?

        一生の事だから(一生一度)よく調べてとか考えるのはもう時代にそぐわないとしたら、そのような世を悼みます。

        それとも蝶よ花よと育てられて、現実離れして夢を見ている人が多いのかしら?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        がんばっていますね

        しおりをつける
        blank
        麦わら
        こんにちは。

        スペインの田舎暮らし本当に大変だと思います。
        私は大学でスペイン語を専攻していたので長期休みを
        利用して、マラガとサラマンカにそれぞれ2ヶ月ちょっと、
        あとマドリッドにも半年近く語学留学しました。
        大好きな国なので言葉を勉強していたのですが、スペインは私にとっては旅行で行くには良い国でしたが、住むとなるとかなりキツかった。

        別に意地悪をされたわけではないけれども、いつも
        疎外感のようなものを感じました。自分でも壁を作って
        いたのかもしれませんが、スペイン人って結構閉鎖的
        ですよね。それに、とてもとてもルックス重視だし、そういうところを隠さないし(笑)。
        平均的日本人としていろいろな意味で疲れました。

        イギリスにも2年ほど住んだことがありますが、こちらは
        水にあっていたのか、本当に楽しくて泣く泣く日本へ
        帰国したくらいなので外国アレルギーではありません。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        がんばってますね2

        しおりをつける
        blank
        麦わら
        スペインにも良いところもたくさんあるし、もちろん良い国だとは思いますが、合う、合わないの問題だと思います。

        私はトピ主さんの抱えているスペインでの生活に対するモヤモヤした気持ちの何十分の一かはわかります。私は留学生という立場だったので、日本へ帰ることが前提な上に、他の国の学生や日本人の学生もいたのでなんとか過ごしましたが結婚してファミリーの一員として暮らしていくのは本当に大変だと思います。スペイン人ってしゃべってなんぼというか、そういう感じなので、気持ちを察してもらうとか、そういうことを期待するのは無理だし。

        何のアドバイスにもなっていなくて申し訳ないですが、スペインに住んでいたときのモヤモヤ気分を思い出してレスせずにはいられませんでした。

        でも、ご主人との離婚というのは一番最後の選択だと思うので、先走らないで下さいね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        時間が解決してくれるのでは

        しおりをつける
        blank
        ぞうさん
        黒猫さんと旦那様は赤ちゃんが欲しいことについてお二人で乗り切ってきたようですね。この事に関して旦那様が黒猫さんを支えてきたのであれば、黒猫さんの中で何らかの感謝の気持ちと信頼感があるのでは。もう少し時間が経つのを待ってみてはいかがでしょうか。

        私も国際結婚でアメリカに住んで1年になります。主人は中国系アメリカ人なので姑と私は中国語、主人とは英語で話します。と言ってもそれほど英語に長けているわけでもなく、正直ここに来てから英語が嫌いになってしまい習得意欲もわかず困っています。それに比べて黒猫さんは語学習得に努力してきたようでそれだけでも欧州にお嫁に来た甲斐があったのかもしれませんね。

        また何かに挑戦してみてはいかがでしょうか。そうこうしているうちに時間が解決してくれると信じています。それから私も姑の事について主人に「もう中国人なんだから」とついつい言ってしまいます。姑と私はそれぞれ自分の国のことをNo.1だと思っているので相容れない場面は多々ありますが、今後人種的な発言をされた場合、「私は中国人ではなく日本人よ」と言ってみては?今はつらいでしょうがよい時機ってきっと来ると思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        私もスペインから

        しおりをつける
        blank
        とるてぃーじゃ
        私もスペインに住んで10年になります。
        黒猫さんと同じこと、何度も思ったことありますよ。
        そのたびに、日本よりもいい事の数を数えていました。
        洗濯物が早く乾く、なんて、ろきこさんと同じこともよく思いました。

        どこに行っても、チナ攻撃には、私もすごくめげました。
        どこにいても見られることに耐えられない時期もありました。
        でも、あるとき同じ日本人の友人に「日本にいて注目を浴びることなんて、ないよ。どうせ人目を引くのなら、こんなにキレイな日本人もいるのよ!と自慢しようよ。私もこう考えを変えてから、おしゃれするようになっちゃったわ。」といわれて、目からウロコが落ちる思いをしました。
        それから、気分がすっかり楽になりました。
        夫に気持ちの全てをぶつけて、分かってもらったのも心強かったです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        私もスペインから(2)

        しおりをつける
        blank
        とるてぃーじゃ
        ご主人には、ちゃんと黒猫さんの心からの気持ちをわかってもらってますか?
        離婚を考えるのは、それからでも遅くないと思いますよ。

        私は里帰りはあまり出来ないのですが、たまーに日本に帰ると、スペイン生活のありがたみを、いろんな場面でひしひしとかんじます。
        黒猫さんも、他の皆さんがおっしゃるように、たとえ短期間でも里帰りしてみたらいかがでしょう?

        それから、これが一番大事だと思うのですが、同じ日本人に悩みをぶちまける!これ、本当に大切だと思います。
        私はこれでいつも逆境を乗り越えてきました。
        持つべきものは、日本人の友人です。
        私でよければ、いつでも愚痴を聞きますよ!

        今の黒猫さんに頑張って、とは言いません。
        でも、あまり一人で思いつめないでね。
        こちらのスーパーで正社員として働いていること、とてもすごいことだと思います。
        それも誇りに思ってくださいね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        やっぱりもう少し頑張ってみます。 トピ主

        しおりをつける
        blank
        黒猫
        皆様方から数々の力強いお言葉をいただき、本当にどうもありがとうございました。
        苦しんでるのは私だけじゃないんだということが分かっただけでもこのトピを立てた甲斐がありました。

        実は、みなさんにご報告が。
        スペインに来た当初はこの小さな町でたった一人の日本人だったのですが、地元スーパーに勤め出したおかげで先日、「奇跡的」にここに住む2人の日本人の方と知り合うことができました。

        一人は私の元研修先(ここから30キロ離れた町)にもう13年も住む40代前半の大阪出身の日本人女性。旦那さんはスペイン人。
        もう一人は同じ町(うちから歩いて15分)に住む一つ年下の横浜出身の日本人男性。
        彼もスペイン人女性と結婚して4年前に来西。
        なんとスーパーの研修先で私の教育担当だった女性と彼の奥さんが昔からの親友でした。

        毎日生きていくだけで精一杯のスペイン生活だけど、本当にこれはラッキーとしかいいようがないです。
        もしスーパーで働いてなかったら一生知り合えなかったかもしれないのでこれも何かの縁ですね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        決めるなら早い方がよい

        しおりをつける
        blank
        モカ
        こんな事を言ったら批判されそうですが、
        もし離婚を決断されるのなら子供がいないうち、
        そして若ければ若い程いいです。

        私はあなたよりは年上だとは思いますが、
        つらい生活に悩んで主人と別居し日本で半年間一人で
        生活していた事がありました。

        その時、出逢った男性からそんなにつらいなら
        離婚して僕と一緒に暮さないかと言ってくれた人が
        いました。でも子供がいたのでやはりどんなに
        つらくてもアメリカに帰るべきだと思い断りました。

        でも子供とは暮せるけれど、あの時もし離婚して
        再婚していたら今とは全く違う人生があったと
        思うし今の悩みもなかったのにと後悔の気持ちも
        あります。

        離婚しないのなら多分一生悩んで暮す事になるかも。
        離婚を全く考えていないのならこのレスは全く
        不要ですが、もし考えているのなら、
        やり直しは若ければ若いほどききます。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        大人の顔した幼児さん

        しおりをつける
        blank
        匿名
        どんなに下調べしたからといって、経験するまではわかりようのないことはたくさんあります。
        海外生活も長年すまなければわからないことは多いです。

        大人の顔した幼児さんが海外生活者かどうかしりませんけど、まあ海外生活や国際結婚に限らず下調べすれば経験するまえに全てわかる人生だったのですか?本当に不思議です。


        結婚は一生に一度のものと決まっているのですか?
        そういう覚悟で結婚することは大事ですが、やり直しができると考えることが大事な時もあります。


        「今の若い人は~」で全ての若い人をくくれるほど柔軟性と観察力が無い人とおみうけしました。
        それは勝手になさればいいことですが、トピ主さんの傷に塩を塗るような発言はやめてください。
        貴方は良い大人なのでしょう?


        トピ主さん、横で失礼しました。
        トピ主さんの悩み、人事とは思えません。
        良い方向へ進むと良いですね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        悩むこと

        しおりをつける
        blank
        逢う魔が時
        僕は日本人の男です。悩むことかなとおもいます。日本人は、ほかの国の人より、やさしすぎるきがします。たぶん、日本国内で満足できず、海外で、強く生きたい、と願ったはず。海外でもそうだと、どこへいってもおなじではないでしょうか。一生海外で好きな人と過ごすことも考え移住したはず、日本人だから、とか外国人だからとか抜きにして、海外で住む日本人としてがんばってほしい。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×
        並び順:古い順
        30件ずつ表示
        • レス一覧
        • トピ主のみ (0)

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る

          あなたも書いてみませんか?

          • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
          • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
          • 匿名で楽しめるので、特定されません
          [詳しいルールを確認する]
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

            Twitter

            Follow
            みんなの投票結果

            編集部から

            編集部からのお知らせはありません

            Horoscope | 大手小町

            発言小町大賞0