詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • 大奥とかチャングムのような宮廷ドロドロ小説
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    大奥とかチャングムのような宮廷ドロドロ小説

    お気に入り追加
    レス13
    (トピ主2
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🎶
    クマのプータン
    話題
    本は面白ければどんなジャンルでもどんな作家さんの本でも読みます。中でも特に権力争いとか、正室と側室バトルのような話が好きで、藤本ひとみさんの本を好んで読んでいました。佐藤賢一さんの王妃の離婚も読みましたので、次を探しています。おすすめの本がありましたら、教えてください。主人公は老若男女問いません。人を蹴落としてのし上がる、または蹴落とされてボロボロになる、そんな感じの本なら何でもオーケーです。よろしくお願いします。

    トピ内ID:1455719890

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 1 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数13

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  13
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    銀河英雄伝説

    しおりをつける
    🐤
    かのん
    銀河英雄伝説 田中芳樹はいかがでしょうか?
    前半、気持ち良いくらいにのしあがっていきます。

    トピ内ID:2489544864

    ...本文を表示

    宮廷もののおすすめ 時代順に

    しおりをつける
    blank
    古本屋小町
    ○永井路子「美貌の女帝」
     元正帝の生涯。「蘇我の女たち」をキーワードに、飛鳥時代から天皇家と密着していた蘇我氏の血を引く女帝たち(持統・元明・元正)と、藤原氏の対立を描きます。
     聖武帝(元正の弟)の嫁(后妃)問題が絡むだけに、血族のドロドロがたっぷりです。

    ○杉本苑子「檀林皇后私譜」
     嵯峨天皇の皇后・橘嘉智子の生涯を通して、奈良から平安への時代の中で、藤原北家が天皇家を圧する権力を掌握して行く過程が描かれます。
     薬子の乱なんかも出てきて、謀反やら謀略やらで次から次へと人が殺されます。愛欲ドロドロというより、陰謀ドロドロのあたりがちょっとチャングムテイストかも。

    ○永井路子「この女をば」
     藤原道長の生涯を描きながら、摂関政治のあり方がよく表現されています。結局、天皇に嫁いだ娘が男の子を産み、その子を天皇にしなくちゃならないんです。そのあたりのドロ沼の駆け引きや、天皇・関白ですらかなわない「母后」の権威によるゴリ押しが面白いです。

    他にも、「とはずがたり」などもありますが、字数制限があるのでまずはこのへんで。

    トピ内ID:8428426148

    ...本文を表示

    源氏物語、エカテリーナ、エリザベス

    しおりをつける
    ルナ
    国産でしたら、「源氏物語」でしょうか。
    田辺聖子、瀬戸内寂聴の口語訳版が読みやすそうですね。
    (私は古典と現代語訳が隣あってる対訳版を読みました)

    源氏物語は、マンガ「あさきゆめみし」(大和和紀)もおすすめ。
    時代考証といい、絵の美しさといい、ハイクオリティ。
    多数の女性が登場しますが、それぞれの人物像や心理描写もばっちり。

    海外でしたら、「女帝エカテリーナ」(中公文庫)は如何でしょうか。
    こちらもマンガ版「女帝エカテリーナ」(池田理代子)があります。

    ドイツ人の少女がロシア帝国の皇太子に輿入れしますが、夫とは不仲。
    疎まれ、殺されかけたところを逆手をとって、夫を追放。
    ロシア人ですらないエカテリーナが帝位にのぼりつめます。
    国家規模のサクセス・ストーリー。
    女性が国家を牛耳るって大変だなぁ…とも思いました。

    「エリザベス1世」もドラマティックです。
    父親である国王に、囚人としてロンドン塔に幽閉されてたんですものね。
    父王が愛人と結婚したくて、エリザベスの母を陥穽に追いやり、娘も一緒にポイ、というわけです。
    こちらも波乱の逆転人生劇。

    トピ内ID:2797952584

    ...本文を表示

    花と小箱

    しおりをつける
    🐷
    ドロンパ
    花と小箱・・・ではなく、花登筺氏の作品は
    古いながらもサクセスストーリー&ドロドロです。
    「どてらい男」「ぬかるみの女」「問屋町の女」
    「あかんたれ」「細腕繁盛記」
    何度もTVで再放送されていました。

    図書館なら蔵書があるかもしれません。
    一度読んでみて下さい。

    トピ内ID:8924331107

    ...本文を表示

    私もドロドロ大好き!

    しおりをつける
    🐱
    薔薇園
    前出の「銀河英雄伝悦」我が家のバイブルです。
    チャングムも気が狂うほど好きで
    常にチャングムの映像を流しております。
    チャングム好きのあまり、ソウルのチャングムテーマパークまで行きました。

    大奥も夫婦で常に話題に登る番組です。
    恐い恐いといいながら見てしまいます。

    さて、小説は
    「宮尾登美子」の「天彰院篤姫」
    薩摩藩士の娘が島津家の養女になり
    将軍正室として江戸へ行くのです。
    幕末の色濃き時代、篤姫の使命は
    島津家の都合のいい次代将軍を擁立すること。

    島津家おかかえの世話係りの老婆とのかかわりなど
    見所満載です!

    「安西篤子」の「悲愁中宮」
    これは逆で、今まで帝の寵愛深かった中宮が
    政争に敗れて権力をなくしていき
    段々落ちぶれていく話です。

    政敵から送り込まれたスパイ役の
    女房からの視点で書いています。
    はじめは役目に忠実だった女房も
    だんだん中宮への葛藤が。

    政争のさなか、帝を味方につけるため
    寝屋でありとあらゆる痴態を演じ、
    帝との約束を取り付ける
    高貴な中宮の努力も空しく・・・!

    トピ内ID:8207441750

    ...本文を表示

    後宮小説

    しおりをつける
    🎶
    白梅香
    作者 酒見賢一氏。

    主人公は、(多分古代の中国をモデルにした国の)片田舎の少女で、
    「三食昼寝つき」ということばにつられて、
    王妃候補として都に行くのですが・・・。

    のしあがる、というのとは違いますけど、
    王妃に言い寄って政治権力を握ろうとする官僚が出てきたり、
    反乱軍がでてきたりと、
    権力争いめいた物はあったと思います。
    (「雲のように 風のように」という名前で
     アニメ化もされています。)

    トピ内ID:7888509448

    ...本文を表示

    トピ主です。

    しおりをつける
    🎶
    クマのプータン
    >かのん様へ
    情報ありがとうございます。銀河英雄伝説ですか。
    もしかして美青年がたくさん出てくる話なのでは?
    だとしたら耽美主義のわたしにはたまりませ~ん。
    (勘違いだったりして)
    うちの姉の家にあったような気がします。
    捨ててなければいいのですが。
    さっそく借りて読んでみます!
    >古本屋小町様へ
    細かい説明までつけてくださって感謝します。
    永井路子さんの本は読んだことないので、興味
    津々です。女帝と陰謀という言葉を見ただけで、
    萌えてしまいました。
    歴史は大好きです。それにドロドロテイストが
    加われば最高です。図書館に借りに行きます。
    なければリクエストして読みます。
    >ルナ様
    たくさん教えてくださってありがとうございます。
    女帝エカテリーナとあさきゆめみしは、マンガで
    読んだことがあります。文庫本があるのなら一度
    読んでみたいし、源氏物語の口語訳版があるなんて
    知りませんでした。さっそく図書館で探してみようと
    思います。エリザベス一世は映画でしか知りません。
    こちらも本で読んだらまた違った面白さがありそう
    ですね。

    トピ内ID:1455719890

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    訂正&源氏物語について

    しおりをつける
    blank
    古本屋小町
    クマのプータンさん、丁寧なお返事ありがとうございました。

    先のレスで1つ訂正です。
    「聖武帝」は元正女帝の「甥」です。「弟」は文武帝でした。もっとも、嫁問題のドロドロはこの親子双方にからみますが。失礼いたしました。

    もうひとつ、源氏を現代訳で読むならこちらをおすすめします。
    ○橋本治「窯変 源氏物語」
     光源氏を主人公とするピカレスク(悪漢)小説。
     考えてみれば光源氏のやったことは、「父帝の正妃と密通し子を産ませ、それを隠し通して王位を乗っ取る」、どう考えても悪役なんですよね。藤壺も、やってることは、かの悪名高きスペインのマリア・ルイサ王妃(ゴヤの絵で有名)と同じこと。そのあたりのドロドロをきちんと描いてます。

    そうそう、話のついでですが、マリア・ルイサは面白いですよ。若い美形の下っ端軍人を愛人にし、宰相に取り立てるわ不義の子を産むわ国政は無茶苦茶にするわ、ここまで好き放題やった王妃が実在するのかと思うくらいです。
    この時代のスペインは、ナポレオンの侵略を受けるなど、国政そのものがドロドロの滅茶苦茶なので、歴史書を読んでみるのもいいかと思います。

    トピ内ID:8428426148

    ...本文を表示

    S&Aゴロンのアンジェリク

    しおりをつける
    🙂
    nemunoki
    フランスのルイ14世の宮廷のアンジェリクは面白いです。長編なので、お気に入りのところから読み始めるといいと思います。宮廷のところはお勧めです。

    トピ内ID:5118309340

    ...本文を表示

    再びトピ主です。

    しおりをつける
    🎶
    クマのプータン
    >ドロンパ様
     「あかんたれ」だけ記憶の隅っこにあります。
     子供の頃テレビからテーマソングを聞いたような…。
     花登筺さんの本、さっそく図書館で調べてみますね。
    >薔薇園様
     チャングムは良かったですよね。
     終わってしまって何だか物足りないくらいです。
     友達の間で台所のことを「スラッカン」と呼んでいました(駄)
     2008年の大河ドラマが始まる前にぜひ
     「篤姫」は読んでおこうと思います。
    >白梅香様
     とても面白そうなお話ですね。
     王妃候補と聞いただけで早く読みたくなってしまいました。
     ゴマすりの官僚とか反乱軍が出てくるのだったら充分
     ドロドロです。でも主人公の少女は純粋なままなのかな?
     だんだん周囲に影響されて、汚れていくっていうのも
     わたしは好きですけど、この主人公はどうなるのでしょうか。
     とても楽しみです。
     
     皆様、たくさんの情報ありがとうございました。

    トピ内ID:1455719890

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(2件)全て見る
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  13
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0