詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    東洋医学でのパーキンソン治療って?

    お気に入り追加
    レス4
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐤
    ぴ~ん
    ヘルス
    母が、パーキンソン病を患い5年目になります。
    この病気は今のところ残念ながら治る病気ではなく、
    薬での治療で進行を遅らせる治療が中心です。

    母も発病してから、薬で進行を遅らせるよう努力してきました。
    なるべく身体を動かすよう体操や散歩もして頑張っています。
    ところが、最近幻覚らしきものを見るようになってしまったそうです。
    (進行していくと幻覚をみるようになるのだそうです)

    そこで、少しでも進行を遅らせたくて、以前本で読んだ東洋医学に興味をもつようになりました。
    簡単に言うと、身体を暖める事で症状を軽くしていく、
    というのが東洋医学の治療方法だそうです。

    今診てもらっている先生(西洋医学)に聞いてみたところ、
    「東洋医学なんかでは、良くはならないよ」と言われたとの事。
    それは、西洋医学の先生からしたら当然の答えだとは思います。

    東洋医学を試した事のある方いらっしゃるでしょうか?
    やっぱり薬での治療が一番良いのでしょうか??
    ちなみに併用で治療は不可能との事。。。
    アドバイス宜しくお願いします。

    トピ内ID:5684340073

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 2 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数4

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    私の父もパーキンソン病です

    しおりをつける
    blank
    マコ
    私の父もトピ主さんのお母様と同じように幻覚が見えた時期がありました。誰かが窓から覗いていると言ったりしていました。父の場合は、先生によるとパーキンソン病の症状ではなく、お薬を長く服用していることによる副作用だそうです。

    それでお薬を少しずつ他のものに変更してもらい、量も少しだけ減らしてもらったところそういう症状はなくなりました。ただし気をつけなければいけないのは、患者さんの自己判断で勝手にお薬を減量したり中止したりしては絶対いけないということです。悪性症候群という命にもかかわる状態になることがあるからだそうです。

    それと、パーキンソン病と症状がとても似ているけれども違う病気で幻覚が見えたりすることがあるそうです。ご本人の話だけでは先生にきちんと伝わってないこともありますので、一度主治医の先生にご家族も一緒に会われて、よくご相談されてはどうでしょうか?

    ところで東洋医学の件ですが、パーキンソン病の治療仲間には鍼や気功術で症状が軽くなったとおっしゃってる方がいらっしゃいました(西洋薬は続けながらです)パーキンソンのお薬を完全に止めてしまうのは危険なので東洋医学オンリーは難しいかもしれませんね。

    トピ内ID:3999052826

    閉じる× 閉じる×

    参考になれば…

    しおりをつける
    🐱
    紅緒
    パーキンソンの西洋医学的治療はL-ドパなどの投薬とリハビリですね。私も東洋医学には注目していて、パーキンソンには鍼治療が効果を発揮すると本やインターネットで知りました。西洋医学での投薬も併用します。西洋・東洋医学を両方扱い治療に当たっている病院もあります。ただ、寝たきりになってしまったパーキンソンへの効果はあまりないようですが‥ 『 パーキンソン 鍼治療』のキーワードで調べてみてください。 (私が読んだ本の著者とか病院名とかをこの小町に出して良いのかわからないので…) 私は看護師です。西洋医学のなかで治療する方の看護をしていますが、西洋医学が絶対だとは思っていないです。私自身は西洋医学では治らないとされている病を東洋医学(漢方)で治しました。

    トピ内ID:0564219395

    閉じる× 閉じる×

    東洋医学では、「パーキンソン病」という捉え方ではなく

    しおりをつける
    柴胡加竜骨牡蠣湯
    >簡単に言うと、身体を暖める事で症状を軽くしていく、

     東洋医学には、確かに上記のような効用の漢方薬があります。

     稀に、西洋医学の病気と一対一で対応する薬もありますが、現在、パーキンソン病の治療薬に「コレ!」という決まった薬や処方はなく、幾つかの候補になる薬から、その人の体質・刻々と変わる症状に合わせて、さじ加減をしていきます。

    >ちなみに併用で治療は不可能との事。。。

     私は、身近に漢方が得意なかかりつけ医がいるのですが、パーキンソンはわかりませんが、西洋医学と東洋医学と、両方やってくれますよ。行くところに行けば、不可能ではないと思います。

    参考URL;
    難病センター;
    http://www.kanpo-n.com/nanbyo/parkinson.html#5
    大手町薬局;
    http://www.shikoku.ne.jp/gennki/perk.html

     

    トピ内ID:4455730465

    閉じる× 閉じる×

    ずれて申し訳ありませんが

    しおりをつける
    blank
    じゃがいも
    パーキンソンとずれて申し訳無いのですが、
    うちの子は生後六ヶ月から喘息を患い、しかも喘息に使用する薬に極度の副作用が出てしまう為、発作が起きるとステロイドの点滴をすると言う処置のみでした。

    そこで東洋薬を色々調べに調べ、その時の医師に相談しましたが簡単に却下されました。

    そして、しらみ潰しに東洋薬・西洋薬、この両方の知識を持つ医師を探し、巡り合う事が出来ました。

    この医師には、かれこれ6年お世話になっています。

    はじめは、大きな病院ばかり当たっていましたが、この医師は小さい小さい個人病院です。各市町村の保険センターに問い合わせ、紹介されました。

    勿論ネット検索では、出て来ない様な小さな病院ですが、私たち親子は、この医師によって救われました。

    医師によって考えはまちまちだと実感しました。

    さがせばきっと、心から信頼出来る医師が見つかると思います。

    東洋・西洋両方の観点からの治療はどちらか一方の治療より勝ると実感しています。

    答えになっていなくてすみません。

    がんばって下さい。

    トピ内ID:5806757306

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

      注目トピはありません。

      Twitter

      Follow
      みんなの投票結果

      編集部から

      編集部からのお知らせはありません

      Horoscope | 大手小町

      発言小町大賞0