詳細検索

    • ホーム
    • 子供
    • 博士課程/PhD在籍中に出産子育てをされた方
    妊娠・出産・育児このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    博士課程/PhD在籍中に出産子育てをされた方

    お気に入り追加
    レス10
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    新婚学生
    子供
    現在アメリカの大学の修士課程に在籍し、PhD(文系です)に進学する予定の者です。
    PhDを取得する間に子供を出産(出来れば2人)、子育てをしたいと計画中ですが、具体的な生活リズムが想像できず、不安です。
    研究生活との両立、夫や家庭外からのヘルプがどれくらい必要か、週末の使い方、入学して何年目に子供を産むのが良いか、それ以外にも覚悟しておくべきことがあればアドバイスをいただけると幸いです。
    ちなみに夫と私の家族は近くにおりません。デイケアやベビーシッターを活用するつもりですが、それについても良いアドバイスがありましたらお願いします。

    トピ内ID:3251358394

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数10

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    思考能力、低下しました!

    しおりをつける
    blank
    修士まま
    私はアメリカの大学の修士課程に在籍中に出産しました。実は研究生活に一番影響を与えるのは思考能力の低下!妊娠出産期って驚くほど思考力、集中力がなくなります。特におっぱいあげてる間は全然だめ。私は研究が思うようにはかどらず苦労しました。でもこればっかりはどうにも コントロール不可能。妊娠後期、産後はPhDも産休を。

    トピ内ID:0899375424

    閉じる× 閉じる×

    集中できないかな?& デイケア

    しおりをつける
    🐧
    すーじー
    アメリカでコンピュータサイエンスの修士を取りました。同じ大学に就職し、出産後在宅勤務を試みましたができませんでした。勉強も家でプログラミング(集中力が不可欠)するのも似たような状況だと思いレスします。

    まず赤ちゃんが夜通し寝てくれない間は寝不足で集中力は落ちます。また昼間赤ちゃんの世話をしていると、長いお昼寝してくれる時以外は一つのことに集中できる時間を取る、ということが難しいと思います。産休、育休を取るか、デイケア、保育園にお願いして勉強に集中するか、の選択になってしまうかな、と思います。私が在宅勤務を試みた時は、切れ切れではありますが、一日8時間の仕事はできました。しかし、かわいい赤ちゃんが起きていて機嫌よくしている時に、それを無視して仕事をするのは私にはできませんでした。私の精神衛生上最悪でした。

    うちの娘は私の職場の児童発達研究所を兼ねた保育園に通っています。新婚学生さんの大学にも似たような施設があると思います。娘の保育園では生後6週間から面倒見てもらえます。研究所を兼ねているだけあって、誰に聞いても評判はとてもよい施設です。

    ではがんばって。

    トピ内ID:5818167506

    閉じる× 閉じる×

    頑張ればできます

    しおりをつける
    😀
    はかせ
    私は修士課程を終えて結婚し、博士課程2年目に第一子を出産、5年目に第二子に恵まれました。

    身軽でばんばん勉強できた修士課程や博士一年目に比べ、それは大変でしたが、何とか時間制限いっぱい使って博士課程を終えました。第一子が4月に生まれた直ぐ後の6月から8月までは、第二外国語のフランス語の検定試験(スタンフォードイグザム、博士課程卒業の条件の一つ)を受けるべく特別講座を取り、毎日子供を机の片隅に座らせて(?)猛勉強でした。語学などは赤ちゃんがいても勉強しやすいと思ったからです。

    第二子は病弱で大変でした。学期の途中で入院したりして、随分単位をドロップしましたが、後悔はありません。お婆さんのベビーシッターさんが我が子のように面倒を見てくれたのもラッキーでした。

    子供達も大きくなって、大学の付属の託児所に行くようになったら本当に楽でした。それでも、夫が帰宅と同時に図書館へ直行して、深夜まで勉強の毎日、普通のことでした。今考えるとよく体力があったもんだ、と自分ながら驚きです。博士論文を書く段階になるとうちにいることが多く、時計と睨めっこしながら1年かかって書き上げました。続く…

    トピ内ID:3962701975

    閉じる× 閉じる×

    続きます

    しおりをつける
    😀
    はかせ
    夫の理解、手伝いは最大だったと思います。それがなかったらいくらなんでも何年間も頑張れなかったでしょう。修士に比べドクターコースは長い深い道のりです。

    途中でもうあきらめた方がいいかな、と言うときもありましたが、自分の研究していることが大好きで辞められなかったこともあります。どの道も大変でしょうが、自分のやりたいことであれば、絶対にできるはずです。

    特に若いときは無理が利くし、子供の成長を見ながらやりたいことをやると言うことは、何にも代えることができない幸せです。お母さんになると、子供に最善を尽くしてあげたいと言う母性本能でしょうか、思わぬ能力やIDEIAが出てきます。時間の使い方もうまくなりますし、体力の維持も半端ではありません。

    私は、本当にやり遂げてよかったと思っています。自分の能力を100%発揮したこの時期のことは、一生の宝です。何があっても、この時頑張ったことを思い出すと、ちっぽけなことにはくよくよしていられなくなるので、人生観も変わりました。新婚学生さん、頑張ってください。成せば成ります。応援していますよ!!!

    トピ内ID:3962701975

    閉じる× 閉じる×

    個人差があるとは思いますが。

    しおりをつける
    🙂
    sylvia
    博士ではなくて修士ですが、海外で取りました。
    私の場合はつわりも軽く、残りは卒論だけと言う状態で妊娠8ヶ月でした。出産をすませて身体が回復したら、執筆にかかろうと思っていました。

    ところが、そうはいかなかったです。出来ることは、資料集めくらいがせいぜいでした。頭が働かないんです。身体的疲労からきているのかなと思いましたが、今思うと論理的思考回路がサビついていたような気がします。指導教授にずいぶん叱られて、泣きながら帰宅したのを覚えています。

    個人差があると思いますが、友人の場合を見ても自分で育てながら論文を書く人は一応にそんな感じでした。モンゴル人の友人は故郷の親に子供を預けて、一人異国で論文に集中し卒業しました。そんな彼女に批判的な人もいましたが、そうまでしなくてはならない彼女を私には理解できました。

    子育て中に学業を修めることはとても意義あることだと思いますが、「自分もそうなるかも…」とある程度予測して、時間に余裕をもって取り組むことをお勧めします。

    トピ内ID:7244182384

    閉じる× 閉じる×

    何年かけられるかによるのでは

    しおりをつける
    🐧
    たぬよ
    私もアメリカの大学のPhDに在籍していましたが、友人は途中で結婚、出産してました。彼女は子育て中はすっぱり勉強は休んでいたので、足掛け8年かけて修了しました。旦那さんは一般企業勤めなので、アカデミアの世界への理解はなく苦労していました。
    私も在籍中に結婚しましたが、とにかく早く終わらせたい一心で、子作りは後回し、PhDを4年で終えました。途中で就職した大学で早くPhD取るように言われたので、タイムリミットがあったからです。でも、今、高齢出産といわれる年齢になってしまい、遅くなっても産んどきゃよかったと、後悔もしてます。何年、学生生活にかけられるかによるのでは?PhDは文系なら急げば3年(たとえば、コースワーク1年、Qualifying exam1年、論文1年)で終えられるかも。別の友人は国に残してきた娘会いたさに、2年半で終えて帰っていきました。PhD論文を終わらすには、有る意味勢いが必要です。ABDになると気が抜けて、もう論文はいいや。。。というパターン、何人も見ています。さっさと終えて、その後に子作りに専念するのはどうですか?

    トピ内ID:3031521231

    閉じる× 閉じる×

    夫にきっちり半分育児をしてもらう

    しおりをつける
    blank
    研究職
    夫にきっちり半分育児をしてもらうのが、子供と研究を両立できる条件だと思います。病気の時は、交代で休む。「ヘルプ」ではだめで、主体的になんでもやってもらわなければ無理です。

    最低年限内にPh.Dを取得するつもりであれば、出産を取得後にするか1人だけ出産して第二子以降を取得後に回す方がよいでしょう。出産と博士課程を並行して進めるならば、研究のペースを5割程度まで落とすしかありません。

    個人的には、取得後にポストを得てから出産するのが一番だと思っています。文系の場合、どこででも仕事ができるので、子供が寝た深夜に仕事をするとか、病気の子供をケアしながら論文を執筆することも可能だと思います。ポストを得るまでの強烈な競争を勝ち抜くためには、そういう緩い働き方では不利なのでは?

    トピ内ID:9724392177

    閉じる× 閉じる×

    回答ありがとうございます

    しおりをつける
    blank
    新婚学生
    とても参考になるご意見ばかりで感謝しています。
    学業を継続しながらの出産子育てが大変なのは覚悟していましたが、産後の思考能力の低下までは考えていませんでした。それに加えて私自身、かわいい我が子に背を向けて、どこまで机に向かって集中できるかという点も正直不安です。

    私は出産をあまり延期したくない時期(30代)に入っています。皆さんの意見を読み、やはり1セメスターから1年は子育てに集中したほうがいいかな、と考え始めました。その後、論文執筆へと進む気力が残っていればいいのですが。。。(不安)
    後はベビーシッターや、大学の保育施設をあたってみることですね。

    子育てを経験しながら簡単ではない学業をやり抜いた皆様を尊敬します。
    ここで読ませていただいた経験を励みになんとか計画を立ててみたいと思います。

    もし他に何かアドバイスがあれば、引き続き是非投稿をお願いします。

    トピ内ID:3251358394

    閉じる× 閉じる×

    家では仕事しないと決めました

    しおりをつける
    😀
    ひとやすみ
    日本で社会科学系のD3に在学中です.
    このトピが気になっていたのですが,論文の
    締め切りに追われていました.

    私はドクターに進学してすぐに妊娠がわかり,
    その年の調査の準備を終えた直後に出産(調査は
    外注),年度一杯は育児に専念し,4月から保育
    園に預けて研究活動に復帰しました.
    出産前は,パソコンとネット環境があれば
    産休中も仕事は出来るだろうと思っていて,
    3時間授乳なら3時間はまとまった時間がとれ
    るだろうと考えていましたがとんでもない!
    結局産休中は,進学の条件となる最低限度のこ
    としか出来ませんでした.

    保育園に通うようになってからも,しばらくは
    なんとか一日1時間でも家で仕事が出来ないか
    と試してみましたが,睡眠時間が減って疲れる
    だけで成果がでないので,結局「家では仕事を
    しない!」と割り切ることにしました(これで
    随分気が楽になりました).
    私は子どもと二人暮らしという事情もありますが,
    子どもと親の性格によっては,自宅で仕事をする
    のは難しいと思います.私はそれで研究の質が
    ある程度落ちても仕方がないと腹をくくってい
    ます.何らかのトレードオフは必要でしょうね.

    トピ内ID:3122651317

    閉じる× 閉じる×

    ちょっと訂正です.

    しおりをつける
    🙂
    ひとやすみ
    先ほど「論文の質が落ちるのは仕方がない」と
    書きましたが,あまりにも言葉足らずでした.
    一つ一つの調査研究や投稿論文のレベルを落とす
    つもりはないのですが,実際に研究に割ける絶対的な
    時間が少なくなる以上は,やりたくても出来ないこ
    とが出てきます.
    私は現在,学位論文の執筆に直接関わる研究に絞っ
    て研究活動を行っているので,周辺領域の文献を
    整理したり,他の研究プロジェクトに関わるといった
    ことは出来ていません.
    博士課程在学中の研究の蓄積という点では,トータル
    でみれば量・質ともに落とさざるを得ないという実感は
    あります.
    むしろ最終的な成果である学位論文の質を落とさな
    いため,研究活動の中でのトレードオフが必要だと
    解釈していただければと思います.

    トピ内ID:3122651317

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0