詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    フラワースクールを開くこと

    お気に入り追加
    レス10
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    花子
    話題
    フラワー教室に通っている人にお聞きしたいのですが
    講師の免許をとって 教室を開くことについて
    ご意見をお聞かせください。

    私は最近プりザーブドフラワーに興味をもち何度か習いにいっていますが 本格的に講師の免許をとって教室が
    開けるようになりたいと思うようになりました。
    ところが叔母がアレンジの教室を自宅で開いていますが
    「ぜんぜん儲からない世界」
    「自分の技術を上げるために お金もかかる」
    「作品をマネされやすい世界だから何年か習ったくらいでは無理」
    「技術を身に付けたい人だけでなく 世間話でストレスを発散させたくて来る人もいて 人間関係のコントロールに苦労する」などなど マイナスなことばかり忠告されました。
    ネットで調べると 講師の資格は 1,2年くらいでとれそうなものが多いと思います。最近講師になった友人からも
    「認定校として登録すると レッスンや○○の会で
    東京(や本部)へ行くことが増える。旅費など考えると
    その世界でもうけを出すことはとても努力がいること」
    と言われました。

    講師の免許をお持ちの方 本当にそんなに大変な
    ことばかりなのでしょうか?

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 1 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数10

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    そうですね

    しおりをつける
    blank
    いけばな
    うちの母が同じことを言っていました。
    やはり 大変だし儲からないということです。

    趣味として続けるにはいいけれど
    商売とするには かなり本格的に
    生徒を集める努力をしなくてはいけないそうです。

    街で会場を借りてレッスンする話もありましたが
    会場代など差し引くと やはりなかなか
    利益は出ないそうです。
    それでも好きだから続けられるということです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    妻も

    しおりをつける
    blank
    ひまじん
    アメリカ滞在中に妻はマスターの単位を取りました。
    日本では日本の単位しか認めないところが多く(茶道の免許制度か?)また日本でとってはじめようとしましたが、教室が多く断念しました。
    夫の立場から贔屓目で見て色使いにはセンスがあると思いましたが、米国じこみのセンスは日本では一部にしか受けなかったこともあります。はじめは地域活動のボランティアで名前を知ってもらい反応と、潜在重要を確認しました。それで難しいことを知りました。結構体力勝負で傍のサポート、つながり(花屋が親戚とか)、何より認められる才能(他人と違う、何か感心させる)と管理能力が必要
    でもそれはどんなことにもいえるのであまり水を差してはいけませんね。
    何事も努力第一、才能プラス、運ほどほどに、若いうちは試してみたらいかがですか。
    ただ儲かると思ってはいけないと思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    教室を開く前に、

    しおりをつける
    blank
    花屋
    私は、10年ほど花の経験があります。
    厳しいことを言わせていただければ、
    趣味と、商売は違います。

    営業力も必要ですが、毎回毎回のデザインを常に考えなくてはいけませんし、決まった予算と言うものも考慮しなくてはなりません。
    (予算をオーバーしても足りなくてもだめですよ)
    そのデザインを考えられたとしても、毎回思ったとおりの花が入るかどうか入らないときはどうするか、仕入れたらそれを管理することも大切です。

    生徒さんにも、色々な方がいらっしゃいます。
    その方にあったレベルを先生は分かりやすく教えて上げなければなりません。

    「教えられることは簡単。だけど教えることは大変」

    トピ主さんの文章からですが、教室だけしか経験がないように思います。
    上記のようなことは、簡単に想像できなければ、教室は成り立ちません(それ以上のことも色々ありますが)。
    花屋で働いてみると、教室のこと・仕入れのこと・管理のこと・花の知識・接客・・・
    花に関することほとんどすべてのことが学べます。

    講師の免許、資格はあくまでも運転免許証と同じ。
    実践を積み重ねない限り、この職業を習得していき続けるのは困難です。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    楽しいですよ

    しおりをつける
    blank
    なな
    私は花屋に15年勤めていました。
    もちろん自分で店を開くことが夢だったのですが、
    うちは貧乏で、そのくせ貯金が苦手で、夢はかないませんでした。
    お金に余裕のある方はすればいいと思います。
    大好きなお花に囲まれる仕事はとにかく楽しいです。
    儲けは考えないで下さい。
    運転資金で3年は赤字であると言うことは計算に入れておいて、それで運営できる状況で始めることは必要です。

    でも、お金以上にやりがいとか幸せを感じる事の方が多いと思いますよ。

    がんばってくださいね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    どの程度の仕事にしたいの?

    しおりをつける
    blank
    私もセンセイ
    お教室系のトピを時々拝見しますが,まずどの程度の収入を目標としていらっしゃるかで答えが違ってくると思います。

    「赤字にならなければいい」「お小遣い程度で」「一家を養えるくらい」・・・
    生活がかかっているならもっと実務的な仕事で正社員として働くことをオススメします。

    というのは,お教室系の仕事で成功している人は人にアピールする才能と行動力(技術はそこそこでも人柄や教え方,雰囲気作り,アイディア,宣伝の仕方など)があるからです。

    辛口ですが,通ってらっしゃるスクールからある程度の様子はうかがえると思いますし,実際開業なさっている叔母様からは赤の他人よりも本音に近い話を聞くことができます。それにもかかわらず「どうしましょう」と掲示板に相談して躊躇しているようではあまり行動力があるとは思えません。
    「これを仕事にしたい!」と思うのなら,叔母様から聞いたデメリットをどうカバーしていこうか,という発想になるでしょう。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    資格のコダワリ

    しおりをつける
    blank
    私もセンセイ
    フラワースクールの資格は弁護士や税理士などの国家資格とは違い,その業界独自の資格です。
    スクールの徒弟制度が煩わしいのであれば,資格に関係なく独自に開業なさればいいのではないかと思います。
    実際私の知人はどこの組織にも属さずフラワーの仕事をしています。

    ただ資格をとってスクールに所属すると,シガラミがある一方で,生徒の時とは違った情報が入ってくるし定期的でなくても助っ人として仕事を頼まれることもあるかも。こういう発想も必要です。
    出費を投資と考えられるかどうかでしょう。

    正直言って,この手の教室(フラワーに限らず)はいくらでもあります。プリザーブドフラワーも,最近メジャーになってきましたよね。トピ主さんと同じ事を考える方もそれだけ増えているということです。その中でいかに独自性を出せるかも大きな課題ですよ。

    趣味の延長でしたら,内輪の集まりやボランティアから始めてみてはいかがでしょう。
    それはそれで得られることがあると思います。(というかそこに気がついてほしいです)

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    ありがとうございます!

    しおりをつける
    blank
    花子(トピ主)
    率直なご意見ありがとうございます。

    現在は会社員をしています。

    さすがに生花フラワーアレンジの世界では 教室を
    持つことは考えていません。今からがんばっても はっきり言ってそれはあまりにも無理だと思っています。

    親戚からも いけばなや生花の世界は もっともっと長い間勉強しなければすぐに生徒に技術を見抜かれると言われました。 プリザーブドはまだ業界自体が発展途上であることや 幸いにして 都内でもかなりハイレベルの先生から教わっているので チャレンジしてみようかなと思い始めました。でも講師になるためのレッスン料だけでも30万近くかかるので 教室を持ってやっていけるか自信がないのです。 事務職に転職するのはだいたいどんなものかわかっているつもりですが 花の世界に入っていけるか・・・怖い という気持ちもあります。

    実際講師と呼ばれる人が どれだけ努力しているのかそれを目指していた人など また無欲にただ花を愛する人の意見を聞いてみたいと思いました。

    もうすこし聞かせてください・・・
    お願いいたします。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    2度目のレスをみてまた出来ました。

    しおりをつける
    blank
    花屋
    また少しだけ。。。

    ブリザードの世界も、切花の世界も変わりませんよ。
    「花」というひとつの業界なので、どのくらいの腕の方なのか、ある程度勉強しているかたなら正直わかります。
    トピ主さんが、今教室を開いたとしても初心者の方はいらっしゃるとは思いますが、難しいと思います。

    新しい形とはなっていますが、それがすぐ教室として成り立つものではありません。
    (トピ主さんのお花が好きな気持ちは分かりますが)
    教室に通ったから。
    新しいから。
    ということだけで、簡単に考えてほしくないなぁと思いました。

    厳しいようですが、あこがれで入った方が「こんなはずでは!」と言って辞めていった場面を何度も見ています。
    そのたびに、とても残念な思いをしてきました。

    どうしても・・・という固い決意があるのであれば、「生徒」という立場からいきなり「講師」ではなく、
    「助手」という立場を経験してはいかがでしょう。
    今より、勉強になることがたくさんあると思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    甘いかな~??

    しおりをつける
    blank
    ミミ
    私も親戚がお花の教室をやっています。
    プリザーブドフラワーも今流行りということで教えています。確かに生花と比べるとクラフト感覚でできるという利点がありますよね。

    でもトピ主さんの「さすがに生花のアレンジ教室を開くことは考えていません」という一言で大丈夫?と思ってしまいました。

    生花のアレンジに自信がないような方がプリザーブドなら大丈夫とは思えないからです。

    親戚もお花屋さんで修行したり、生花歴だけでも10年以上あった上で教室をやっています。
    もしやるなら、会社員はやめずに休日だけやって様子をみるのをお勧めします。
    それだけで生活しようというのは本当に体年じゃないでしょうか?

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    ありがとうございました。

    しおりをつける
    blank
    花子
    いろいろありがとうございました。
    多くの人が言われるように 私も 会社員を続けておきながら やれるところからやってみたほうが
    いいかな・・と思いました。


    確かにビジネスとして成功している人は
    技術力だけでなく 素敵なホームページを
    プロに委託して作ったり営業力もあるなと思いました。
    私も自分でHPを作って 自分の作品を掲載したり
    販売にチャレンジしてみて その反応を見ながら
    講師コースを受けるか 考えたいと思います。
    (先生に教えてもらった作品は それほしい といってくれる人がいるんですが、自分のデザインではないので)

    一応これで終わりにしますが
    もしまた 講師 としてのリスクや楽しみなど
    ありましたら 教えてください。

    ありがとうございました。

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0