詳細検索

    妊娠・出産・育児このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    急に勉強が出来るようになった体験談

    お気に入り追加
    レス31
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    いちご
    子供
    小さい頃、勉強がで苦手(平均以下)だったけど、途中から急に出来るようになった方の体験談、お聞かせ下さい。
    また、なぜ出来るようになったのか教えてください。
    それとそう言う体験談がのっている本があれば、教えて下さい。
    宜しくお願いします。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 2 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 2 なるほど

    レス

    レス数31

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  31
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    急に気が向きました

    しおりをつける
    blank
    わたし!
    小学校の高学年、多分5年の二学期に急に気が向いて授業を聞くようになりました。

    すると、急に成績があがりびっくりしました。
    返ってくるテストが全部満点に近いのです。
    六年生になる頃には、私学受験の打診もされるようになりました。

    一度、成績優秀の美酒を味わうと、そのまま中高を過ごし、まんまと?国立大受験に成功し今に至ります。

    それまでは、普通に授業に出てイスに座っていましたが、身を入れてなかったのです。
    もちろん、不良とか反抗などの大それたものではなく、単に「おぼこ」かった。
    授業を聞くということのほんとの意味がわかってないから、ただ座ってボーと・・。
    問題児ではなかったけど。考え事とかしてたのかな。

    したがって、注意散漫で忘れ物も多かったし、無くし物も多かったなあ。

    なんか、フトやる気が出たんですよ。
    で、身を入れて聞いたら頭に入ってて、特にテスト勉強しなくても点が取れるってことを覚えた、と。
    難関私学でなければ、学校の勉強だけでけっこうな成績はとれます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    なぜ知りたいの?

    しおりをつける
    blank
    ?
    知ってる人でそういう人は確かにいましたが、、、。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    参考になるか分かりませんが・・

    しおりをつける
    blank
    sora
    小学生や中学生のときは勉強するのがとても
    嫌で、さぼることばかり考えてた気がします。
    急に、というわけではないけど、
    高校にあがったぐらいから成績がぐんと
    あがりました。

    なぜそうなったかというと、要領よくやる
    方法を自分で覚えたということと、
    勉強が楽しくなったからだと思います。
    特に好きだったのは国語と英語です。
    国語はもともと好きだったのですが、
    本(文学)をたくさん読むことにより
    ますます好きになり、成績が上がりました。
    英語は必ず予習をしていくこと(授業の前に
    教科書の内容を必ず和訳していく、新しく
    出てきた単語は意味を調べて横に書いておく)
    により、徐々に理解するスピードが速まって
    勉強が楽しくなり、結果的にクラスで1番に
    なりました。
    英語と国語の成績がぐんとあがったことで
    他の科目も頑張るようになり、記憶力や
    考える力が磨かれた気がします。
    最終的に英語と国語の2科目で受験して
    大学受験に成功しました。

    そのときの勉強内容も、今となってはほとんど
    記憶にないのですが・・・(汗)
    参考になれば嬉しいです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    英語が

    しおりをつける
    blank
    はらっぱ
    高校入学時、英語が平均以下でしたが地道に予習・宿題を独力でコツコツやり続けていたら高校2年の半ばくらいに「あ、分かる。面白い」と思えるようになりました。と言っても試験の成績が急にすごく良くなったとかいうことはなく、予習や宿題をする大変さが減ったというくらいですが。高校を卒業する頃にはどうにか偏差値60くらいはいっていたと思います。

    教科にもよると思いますが、やはりコツコツやってくしかないんじゃないかなぁ。

    急にできるようになった(というかした)例としては、代○木ゼミナールの古典の吉野先生が、3日間徹夜で血尿を出しながら栄養ドリンクを飲んで勉強したと言っていました。本も出されていたはずです。

    何にせよ、勉強好きになるのも成績上げるのも本人がやるしかないんですよね。面倒くさいけど。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ありました!

    しおりをつける
    blank
    あこあこ
    全教科一気に成績があがりました!と言いたいところですが文系なので、理系はさっぱり。。。国語は得意でした。
    それまでは50点もいくかいかないかくらいだったのですが、授業中に先生の言ったことを全て教科書に書き込んでいました。多分たまたまやってみただけだったと思うのですが。。。結構、話の中にヒントってあるんですよ!指示語はなにを指しているとか、比喩とか。テスト前には教科書をちょっと見るだけで90点代を簡単にとれるようになりました。日本史、世界史、地理、倫理、公民なども得意でしたが、それはノートに書いて覚えたなあ。
    数学、化学などはさっぱりダメでしたが。。。。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    急にじゃないけれど

    しおりをつける
    blank
    10年前は学生
    小学生の時の私は勉強が大嫌いでした。
    成績表は、ほぼオール3。
    そんな私ですが、中学に入り最初の中間テストで
    「どーせやるんだったら頑張ってみよう!」
    と一念発起。
    その時の順位が300人中の25位ぐらいだったと思います。
    その後は、初めて良い成績をとった快感が忘れられずに
    勉強を頑張りました。
    成績表今でも取ってあるんですけど、中・高校の成績表はほぼオール4か5でした。
    この落差が面白いです。
    そんな私ですが今じゃただのおばさんです。
    でも勉強するのは今でも好きです。
    トピ主さまはお若い方なのかしら?
    努力した分だけ成績はよくなりなますよ。
    頑張って下さいね!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    小6の2学期ころから

    しおりをつける
    blank
    あいあい傘
    私は、苦手とゆーほどではないにしろ、平均くらいでした、小学校の勉強は。ただ、いきなり、小6の2学期くらいからスイスイ勉強ができるよーになって(テストの点はトップ)男子とかから「なんかお前いきなり頭よくなってどーしたんだよ」みたいな事も言われましたが原因は不明です。単に成長期だったから?とくに塾とか行かなかったし。ただ、そーゆーこともあるみたいですね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私もそうでした。

    しおりをつける
    blank
    遅咲き子
    体も小さく引っ込み思案で消極的。目立たない小学校時代でした。
    でも本の虫であらゆるジャンルの本を読み、図書館の本を全部読む勢いで、新聞も毎日欠かさず読む活字中毒でした。

    中学生になると、急に背も伸び、足も速くなってスイミングで選手コースにいたので水泳でも目立つようになりました。
    唯一子供の頃から光っていた美術の成績のため、美術部にいましたが、運動部からもスカウトが来ました。
    ピアノも幼稚園から続けていたため、音楽も目立つようになりました。
    学業も突然伸び、常にトップ。でも美術の道へ進みたくて、都立トップ高に進学しました。
    高校時代も国語、日本史は常に全国上位でしたが、芸大目指していたため、現役では不合格。それ以上の浪人はしたくなかったため、一浪で都内国立大へ進学しました。

    本で得た知識で、中学高校は、特に勉強しなくても良い成績でした。
    父が元野球選手、母もかなり優秀だったため、素地もあったのかも、と思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    学問に王道なし

    しおりをつける
    blank
    匿名
    そんな、魔法のような方法は無いと思いますよ。ただ、強いて言えば関心を持つことでしょうか。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ある・・

    しおりをつける
    blank
    のら
    でも理由はわかんない。
    小学生までは忘れ物も多くて整理整頓もだめで成績も悪かったのに、中学生になったら突然ほとんどの科目が信じられないほど理解できるようになってた。
    成績はいつも学年で2~8位以内。
    一番にはなれなかったけど、未だに不思議です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    自分で考えること

    しおりをつける
    blank
    のん
    私は中学校1年生の2学期に成績が上がり、以後それが持続しました。
    中学校入学当初は県内のどの公立高校にも受からないという散々な評価を受けていたのですが、特に偏差値の高い高校に入りたいとは思っていなかったので、気にせずにマイペースで勉強に取り組んでいたところ、2学期には学年で10番以内に入るようになりました。
    もともと自分で考えるのが好きで、勉強においても暗記という方法に頼ることはまれで、納得するまで考えるというのが勉強の中心でした。ただ飽きっぽい性格でもあるので、いくら考えてもわからない時はそれにこだわらずに先に進めることで、いつかわかるだろうと楽観的に考えていました。
    暗記に頼ると応用力のない薄っぺらい知識で終わってしまうので、遠回りに見える「思考」という作業が、勉強以外の面でも活躍してくれる勉強法ではないかと思います。
    中学校以後も勉強時間こそ少なかったですが、志望の大学に現役合格することができました。
    こんな勉強の仕方でも参考になれば嬉しいです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    きっかけは・・

    しおりをつける
    blank
    WF
    英語です。 小学校時代は、はっきり言っておばかさんでした。 ピンクレディーが全盛時代の頃、私はビートルズに夢中で、その音楽を飽きずに聴き、すっかり歌詞を覚えたりしていました。

    地元の公立中学に上がって、英語の授業の体験後は、それまであまり意味を考えなかった歌詞に注目するようになり、辞書を引き引き、懸命に翻訳に励みました。 まさに好きこそなんとかで、特に勉強しなくても、英語の成績だけはクラストップになりました。 おそらく、この経験で、机に長時間座って勉強することが苦痛にならなくなったのだと思います。 他の教科も定期試験の前にはしっかり復習するようになり、いつのまにか成績は学年トップまで上りつめました。

    有名私立中学に入学した小学校時代の級友と、大学で一緒になった時、相手の驚いた顔が忘れられません。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    そういう体験あります!

    しおりをつける
    blank
    とんでみーな
    大学受験のとき、大嫌いな数学を頑張りました。
    毎日こつこつと続けていたら、数学のテストで3位をとりました。それまでは後ろから数えたほうが早かったのに(それまでは650番前後でした)。一学年800人くらいいたので、自分でもかなりびっくりしましたね。それでもその結果がでるまで3ヶ月位はかかりました。三位をとって安心して手を抜いたらあっという間に元通りになってしまいましたが・・・泣

    中学のときも同じようなことありましたよ。やはり数学で一番苦手な分野を毎日繰り返していたら(証明だったかな)逆に得意分野になってました。

    本当にこつこつと毎日続ければできるようになると思います。ただし、一週間に一度、とかではなくて毎日、です。本当に継続は力なり!ですね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ゲーム感覚

    しおりをつける
    blank
    英語科
    高校受験の時の私がまさにそうです。

    中3の1学期までの成績は中の下でした。

    ○研ゼミを取っていたのですが、勉強よりも「大学」のことが書いてある記事ばかり読んでいました。

    自然と「高校受験=大学進学」と意識が高まり、それからは、親が「もういい加減にして寝なさい!」と言うまで、勉強していました。

    いや、勉強していた、、というよりゲームをしていたと言ったほうが近いです。

    特に数学は、基本が分ったら問題を解くのが楽しくて仕方なかったし、歴史の暗号を覚えていくのも私にとってはゲームでした。

    その「ゲーム」を集中的に取り組んだ結果、あっという間に学年のトップになりましたが、自分自身全く自覚がなく、先生に言われるまで気づきませんでした。

    今思えば、あの時が一番勉強していたな~。。
    勉強が楽しい!って思えたのが今となっては不思議ですが、自分に自信がついたことは確かです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    友達に感謝されました

    しおりをつける
    blank
    真面目一徹
    中学時代の事です。同じクラブに所属していたけれど,1年の時はクラスが違う友達がいました。
    その子と2年で同じクラスになり、席替えをしたら彼女が私のすぐ前の席になったのです。彼女は成績が思わしくなくて落ち着きが無く、いつも後ろを向いては私に話しかけようとするタイプ。1年の頃もそうだったらしい。私は成績も良く、先生の話に集中するタイプ。

    で、彼女が後ろを向くと、すかさず“休み時間にして。今忙しいから。”と言って彼女を遮っていました。そうすると、彼女も話相手がいないので、仕方なく先生の話を聞くしかない。結果、成績が今までの順位から驚く程上昇したのです。そこで彼女曰く、“真面目ちゃん、ありがとう。貴方が授業中に相手してくれなかったから、授業に集中したら成績が上がったよ!”と。要は本人のやる気ですね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      開花した

      しおりをつける
      blank
      カタクリ
      塾に中3の夏休みから通うことになり、
      入塾してからはじめての数学のテストで、
      ある問題が解けました。

      テストの点数は中の下なのですが、
      その問題が解けたのは塾内で私だけ。
      「200人以上いて一人しか解けなかったんだよ」って
      先生に呼び出されて、猛烈にほめられました。

      それから味をしめて勉強するようになりましたね。
      中の下の成績が特上まで上がりにあがりました。

      ほめちぎられると大抵悪い気はしないので勉強するようになりますよ。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      誉められて

      しおりをつける
      blank
      すすき
      中学1年生のとき、
      たまたまテストでいい点が取れて、
      それを先生に誉められたのがきっかけで
      勉強するようになりました。

      先生がテストを返すとき
      「○○さんは今回とてもがんばりました」と
      クラスのみんなの前で言ってくれて
      それが嬉しかったのを覚えてます。
      その一言で「次はもっといい点を!」と
      やる気が湧きました。
      それまでは勉強なんてちっとも面白くなく
      テストの点数が低くても
      どうでも良く思っていたのですが、
      何がきっかけになるか分かりませんね。

      最初は誉めてもらいたいからと言う理由で
      がんばっていましたが、
      次第に、学年で上の順位にいきたいと言う
      欲が出てきて、その後はそれを目標に勉強しました。

      誉められた経験と、
      負けず嫌いな性格が功を奏したのかなと思います。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      アメリカに留学したら、、、。

      しおりをつける
      blank
      みなみ
      急に勉強ができるようになりました。
      高校2年の二学期からです。

      それまでは小、中、高とずっと成績は
      中の下。勉強も嫌いでした。
      でも、アメリカの勉強方法が私に
      合ってたんだと思います。日本とは
      とにかく何もかもが違います。
      授業は発言、ディベート重視。テストは
      暗記でなく論文形式。暗記ももちろんありますが
      丸暗記ではなく、意味を理解させようとします。
      それが面白く感じたのです。

      日本で落第気味だったから留学したものの、
      アメリカでは抜群の成績で高校を卒業、
      アイビーリーグ校を出ました。

      私にとってアメリカは恩人です。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      高校2年。。

      しおりをつける
      blank
      ぺぺん
      ずーっと真ん中ぐらいで来て、高校受験も適当に受けて受かるところにいってました。
      でも高校2年ぐらいで、なぜか「もしかして、勉強っておもいしろい?」って思うようになったら、学年で1番になってました。
       理系の科目以外はおもしろいと思ったことがなかったのに、古典や、日本史、世界史など文系の科目の面白さに目覚めたのが大きなことかなぁ。。。

       ただ、英語!!英語はいくらやってもぜんっぜんおもしろくない!!この教科は他となにかが違うっておもっていました。野球のルールブックを野球をやらずにまる覚えしているような気になって、最後まで私の足を引っ張りましたねー。
       ちなみに、結局大学は地元の国立大学に行きました。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      高校から1

      しおりをつける
      blank
      数学好き
      中学までに実力テストは数学だけが25点以下ばっかりでした。
      三年の秋くらいから数学が足を引っ張って行きたい高校にいけないかもと
      不安になり朝早く起きて数学を勉強するようにしました。
      毎日やっても答えを見てもなぜこうなるのか全くわからず、
      悔しくて泣きながらやってました。
      結局、高校受験当日までも数学が全くわからなかったです。
      そして、なんとか行きたい高校へ合格して最初の実力テストの時に
      なぜかスラスラ解けたのです。
      泣いてばかりで頭になんか入っていないと思っていましたが、
      自分の意識しないところに入っていたのでしょうか。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      高校から2

      しおりをつける
      blank
      数学好き
      それ以来、数学が好きになり、授業も楽しくて仕方がなくなりました。
      高校に入ってからは朝の勉強はしなくなったのですが、数学だけは
      どんどん成績が上がって一番の得意科目となりました。
      今までを振り返ると自分ではおもしろい!と興味をもつことが
      早道ではないかと思っています。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      うちの娘の場合

      しおりをつける
      blank
      きにゃこ
      うちの下の娘はのんびりやで、好みに偏りのある、いわゆるオタクタイプです。勉強ができなさそう(理解が遅い、意欲がない)というのは、保育園の時から分かってたので、せめてもと、ちゃれんじなど、通信教育をやらせていました。しかし、要領で片づけてしまい、実力のほどは???でした。
      もちろん、小学校に上がっても性格に変わりはなく、また、小学校の内容が、暗記より手作業中心な為、焦る要因が本人に全くなく、それはそれは「アホ」でした。
      ところが、小4時の担任の先生(若い女性)と非常にウマが合い、先生に見せるために毎日日記に工夫を凝らし、先生をウケさせるために面白いことを考え、といった具合で、非常に能動的に授業を受けたようです。
      その結果、小5の春の実力テストでは、2科目でクラスで1番!親も驚きました。
      でも、小5,6の先生が合わなくて、今またガタガタです。とりとめのない話ですみません。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      小学校4年生から突然に

      しおりをつける
      blank
      やればできる子
      まじめに勉強を始めました。それは、1.転校して自分のアイデンティティの強化が必要になった 2.小学校3年までの先生が2人とも良い先生で、いつも「あなたはやればできる子」と念仏のように唱えられていたのが突然その気になった からです。

      1.は転校生の経験のある人ならわかると思います。それまでのクラス内の位置づけみたいなのがなくなってしまったので、新たなキャラを獲得するのに『勉強ができる子』というのは手っ取り早かったんです。ちなみにスポーツは子供のころから苦手です。

      2.こちらは、4年生以降の転校先でまるっきり先生に恵まれなかったのが一番大きいかも。イジメとひいきと暴力を繰り返す女先生を見返してやる! と本気で考えていました。

      一番最初に得意だったのは国語(とくに音読が上手だとほめられていました)。次に興味のあった理科、社会と科目が増えてゆき、中学に入って文章問題が多くなったころから数学も得意になりました。

      音読は、最近いろいろな研究が進んでいますが、実際脳の訓練にいいようです。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      こんな理由でごめんなさい・・・

      しおりをつける
      blank
      にや
       中学1年の時に大好きになった男の子とどうしても同じ高校に行きたくて、母から「もう勉強はやめて寝なさい!」って言われるくらい頑張りました笑。
       中3の夏に別の男の子が好きになって、ぱったりやめてしまいましたが・・・

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      点→線→面

      しおりをつける
      blank
      ジェシカ
      私は急に勉強ができるようになったわけではなく。
      (決して自慢ではありません)子供の頃からわりと回転の速い子供でしたが。

      教えてもらっている事が徐々につながってくると、
      「あ!そうだったんだ!」
      という事は多かったですよ。
      例えば、物理と数学(ベクトルなど)家庭科と生物(栄養など)社会同士(歴史と地理など)国語と英語(文法など)。

      確かに小さな子供に勉強を教えるには。
      脳内に点の知識を置いていく、しか方法が無いとは思いますが。
      それがある程度増えてきて、線でつながり、やがて面に発展すると、
      「突然勉強ができるようになる!」
      という状況になるのではないでしょうか?

      私は今でも、トリビアが3つ位重なると脳内でいきなり「役立つ知識」になったりするものですから。
      無駄知識と言っても、決して無駄にしない勢いで記憶していますもの~!(苦笑)

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      妊娠・出産・育児ランキング

        その他も見る その他も見る

        自慢じゃないが。。。。

        しおりをつける
        blank
        ネコ犬
        中学生時代、いじめで登校拒否をしていました。
        おかげで勉強にまったくついていけず、5段階中ほとんどが2の惨めな成績でした。
        高校は無理とキッパリ先生に太鼓判つけられた私でしたが中学2年の時の英語の先生に「発音が綺麗」とほめられたとたん、英語が大好きになり勉強が楽しくなっていきました。そのうち他の教科にも伝染し、レベル中の進学高校には一般試験2位で入学できました。今はアメリカの大学に留学し、晴れて来年から博士号取得のためにウタダさんと同じ大学の院にすすむまでに勉強が好きになれました。きっかけは本当に些細な事だと思います。嫌いにならない程度に勉強をしていれば何かがきっかけで勉強が面白くなってくるもんです。どんなことも人生において無駄がないと思えばどんな勉強からも学べるのではないでしょうか。好きこそ物の上手なれです。go for it!

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        好きな人が頭良かったから

        しおりをつける
        blank
        初恋の人ね
        中3のとき、クラスメートだった頭の良い男の子がすきになり、テストのたびに、点数みせあいっこしていたので、私も勉強して彼に追いつこう!!と必死でした。あの頃が一番なんでも暗記できたし、もっと早いうちに こんなに勉強していたらなあ~、と思いましたっけ。
        懐かしいです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        いろいろなタイプが

        しおりをつける
        blank
        ゆり
        妹がそうでした。
        発達が遅れている・・・?と心配された小学校時代が嘘のように、中学からぐんぐん成績をあげました。
        昔から、なんでもこつこつ、人より時間がかかってもこつこつ努力する子だったので、遅く開花したのかな?きょうだいで一番いい大学に行きました。

        わたしは小・中と特に勉強しなくてもそこそこいい成績が取れたのですが、高校で極端に落ちこぼれました。机に座って「勉強する」ということがどうしてもできなくて。
        だけど、興味のあることだけはすごい集中できたので、なんとか入った大学で再び花開き、専門を極めて難関の資格試験もパスしました。

        人それぞれ、いろいろなタイプや、自分にあった勉強の仕方があるんですね・・・。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        みなさん、ありがとう。

        しおりをつける
        blank
        いちご
        やはり、一番大事なのは本人のやる気、
        そして勉強が面白いと感じるようになった時、
        急に出来るようになることが多いようですね。
        参考にさせていただきます。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        中1の時

        しおりをつける
        blank
        美里
        英語の単語の綴りが覚えられなかったです。soccerがどうしてそういう綴りになるか理解できず覚えられませんでした。必死に勉強し何となくコツをつかめ覚えられるようになりそれからは英語は5教科の中では得意科目となりました。

        数学は計算は得意だったけどそれ以外は苦手で特に図形が苦手でした。3学期に中学の時の中で一番ひどいいじめに遭い悲観して自殺も考えたり、いじめてくる奴らを反撃して脅してやろうと考えたけど、「そんなことしたら自分が悪者扱いされて誰も同情してくれない」と親が言うから「何もできないの!そんなの嫌!それなら見えない力で倒す!」と決意し勉強頑張りました。その結果数学は87点で中1の時では最高点(もしかして中学の3年間の間の最高点かも)でした。

        この時、怒りの力で初めて成功した出来事でした。それから成績はどんどん上がりました。

        英語も数学も頑張れた一番の理由は塾の先生のおかげです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×
        • 1
        • 2
        先頭へ 前へ
        1 30  /  31
        次へ 最後尾へ
        並び順:古い順
        全て表示
        • レス一覧
        • トピ主のみ (0)

        あなたも書いてみませんか?

        • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
        • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
        • 匿名で楽しめるので、特定されません
        [詳しいルールを確認する]

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

            Twitter

            Follow
            みんなの投票結果

            編集部から

            編集部からのお知らせはありません

            Horoscope | 大手小町

            発言小町大賞0