詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • 駐在妻の友達が羨ましくて仕方ないのです。
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    駐在妻の友達が羨ましくて仕方ないのです。

    お気に入り追加
    レス56
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😨
    チャイコ
    話題
    私の友達に某アジアの国で駐在妻をしている子がいます。
    彼女を訪ねて行くと、床が大理石の広いコンドに住み、子供がいないので習い事、エステ、お茶会、コンドのプールとジムなど、そんな毎日を過ごしているようです。

    小町を見ていると、狭い日本社会と習慣が違うから大変などなど、駐在妻さんにも悩みがあるようですが、実際8割の方は日本へ帰りたくない!ってのが本音ではと思うのですが、いかがでしょうか!?

    一方私は、毎日時間に追われる仕事。あの子は今ごろ優雅なお茶会なのかな、ダンスのレッスン中なのかな、と自分の生活と比べてしまいます。
    だからと言って、駐在勤務の人を探すなんて気持ちはさらさらないんです(今の彼は誰にも変えられない程大事な人です)
    でもアジアで駐在妻してる友達を訪ねてからというものの、何をしていてもため息ばかり。仕事もある、家族も健康、愛する彼氏もいる。私は幸せなはずなんです。
    いいな~な気持ちをなくすにはどうしたらいいのでしょうか?バカな質問ですが、今までなら楽しいと思う場面も、あの子の生活に比べたら・・・と楽しいと感じなくなってしまいました。

    トピ内ID:3877429415

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 3 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 2 エール
    • 2 なるほど

    レス

    レス数56

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  56
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    そうかしら?

    しおりをつける
    blank
    ありあ
    となりの芝生は青く見えるものです。私は某国にて駐妻をしておりますが
    楽しいのは最初の数ヶ月でしょうか。今は会社の関係で仕事をすることは
    できませんので早く日本へ帰って仕事につきたい位です。
    もちろん、こちらへ来て何か目標を見つけて励んだりすることができれば有意義でしょうが旦那様の帰りが毎晩夜中、ほったらかしにされて何もすることが無い奥様達は毎日習い事、観劇、ランチ等かこつけて出かける事くらいしかやる事はありません。気の合わない年代の社内の奥様方との食事会、結構な気苦労です。下手をすると旦那様がアバンチュールを楽しんでいたり(アジアの某国ではほぼ100%に近く組織ぐるみでそのような事があると聞きます)それなりに気苦労は耐えないものですよ。皆さんが見ているのは表だけでありそれはお姫様の生活に見えるでしょうが、会社が多額の費用を駐在員に払うのにはそれなりに理由があると思います。忙しい方は日本に居た頃よりも家庭サービスができない人も居ます。
    そんな中で手軽に満足感を得られることと言えば、お金を使うことになってしまうのも悲しい現実ですよね。

    トピ内ID:4651960610

    ...本文を表示

    日本はいいですよ

    しおりをつける
    😀
    つばさ
    わたしはアジアではないですが駐在経験があります。
    外国で暮らすって、すごく大変ですよ~。
    TVみても外国語、電話がかかってきても外国語。
    病院いっても、その言葉で話しかけられる。
    もちろん日々の買い物だって、ある程度、その言葉がわからなくては・・・

    たしかにパッと見、華やかに見えますが
    外国における閉鎖的日本人社会に馴染むのも大変だし。


    わたしが一番恋しかったのは
    美味しい日本食やケーキです。
    そういったものも、手に入れられても高価だし
    たいていの場合、自分でつくらないといけないです。

    慣れ親しんだ日本に居られることの 感謝

    そういう意味で あなたは幸せなんですよ~~~~~~!!!

    トピ内ID:8795626299

    ...本文を表示

    疲れました

    しおりをつける
    blank
    たこ焼き
    帰りたくない人が8割以上?
    そんなことはないと思いますよ。

    お顔が穏やかで現地になじんでいるように見えるのは
    お子さんが学校に通っている家族構成の方達で
    若い方も年配の方も、お子さんのいらっしゃらない方達は
    精一杯頑張ってます、そんなオーラを出していて
    お顔に余裕がないように思えます。
    忙しくすることで、寂しく思う時間を作らないようにしているのです。
    (もちろん人それぞれですが)
    仕事、家族、友人、その他にも大切な物を日本に置いて
    内心は孤独を感じながら過ごしていらっしゃるのでは。

    何といっても狭い日本人社会でその閉鎖性にも疲れます。

    振り返って見れば良い体験をさせていただいたとは思いますが
    帰国して体の芯から緊張がほぐれたような心地の
    私のような方も多いのでは?と思います。

    トピ内ID:7683596464

    ...本文を表示

    そんなことないですよ。

    しおりをつける
    🎂
    今は日本
    トピ主さんこんにちは。私は中南米3年、北米6年、ファッションで有名なヨーロッパ某国に1年半住みまして、今は日本に住んでいます。一番楽なのはやっぱり『日本』です。まずサービス。どういう状況でどういうサービスが帰ってくるかが期待できる。次に、食べ物。ケーキやお魚のおいしいこと。焼き魚大好きなんで。夫は北米人ですが、もう夫の国には住みたくないです。だって食べ物不味いし、サービスも日本ほど良くない。ただ冒険という意味では、20代の頃は冒険心がありましたので海外生活も楽しかったですが。

    トピ内ID:0727069723

    ...本文を表示

    人は人、自分は自分。

    しおりをつける
    blank
    Mimi
    某アジアの国で駐在妻をしていました。確かに私は帰りたくなかったですね。
    大変なことはあったけれど、生活はすごく楽しいものだったし。
    それは現地で働いていたせいもあるし、現地の友達も大勢できたせいかもしれませんけれど。
    夫が帰任した後も諸事情でしばらく現地にいました。
    夫についていったことは後悔はしていませんが、また日本に帰ってきて
    ゼロから生活をスタートです。就職活動もして仕事も見つけました。
    あのまま日本にいたらどうなってたかなあ、とたまに思うことはあります。
    日本に帰ってから日本になじむのにリハビリ期間は必要でしたし。
    やっぱり隣の芝生は青く見えるのではないでしょうか。
    どこにいても人と比較しないことが大事なんじゃないかと思いますよ。
    自分は自分、人は人。自分が幸せならそれでよいではないですか?
    もし、外国生活自体にあこがれるなら、自力で道を見つけられてはいかがでしょうか?
    夫についていくというのはある意味自力で行くことより難しいことだと私は思っています。
    xxの奥さん、とか夫のxx会社とか自分とは関係ないところで判断されることもあるのですから。

    トピ内ID:0276100716

    ...本文を表示

    楽しいけれど・・・

    しおりをつける
    blank
    あちゃき
    主人の仕事で数年置きに日本と海外を行ったり来たりです。
    海外生活は確かに楽しいですけど、色々な国で暮らしてみて日本の良さが分かりました。言葉にはある程度慣れますが、日本語のようには通じませんし、やはり習慣なども違いますし(日本人のようにきちんとしてないし・・)。お付き合いも、ランチやらパーティやら習い事やら面倒だし疲れるし気を使うことも多いですよ。その代わりに広い家やらエステやら自由な時間があるという感じです。日本と同じ条件(住まい等)だったら、とてもじゃないけど耐えられません~。あと数年で帰国できるって分かってるから楽しめたのもあります。

    トピ内ID:9174408709

    ...本文を表示

    そうかな?

    しおりをつける
    blank
    ダリア
    私の友達も、ご主人のお仕事で中国で暮らしていましたけど
    よくメールで「日本のおいしい食べ物を考えると本当によだれが出る・・」と
    言っていましたよ。
    中華料理大好きな私は、毎日中華食べれていいなぁーと思ってましたけど
    そう毎日食べれるもんじゃないのかもしれませんしね。

    当時中国は反日デモなんかの報道もあって、彼女たちのことが
    本当に心配でした。
    豪華な暮らしは確かに羨ましいときもありますが、
    自分の国で平和に暮らせる、というのは何物にも代えがたいこともありますよ。

    私自身はアメリカに一年間住んでいました(学生時)。
    みんなに親切にしてもらっていい思い出ですが
    自分が東洋人であることの引け目?のようなものを感じ、気後れする日々でも
    ありました。

    自国に住んで、自国で働き、休暇に夫と外国旅行。
    私にはこれが最高です。

    トピ内ID:5934021775

    ...本文を表示

    国際結婚組ですが

    しおりをつける
    blank
    日子
    私も学生時代海外生活に憧れていたのでよくお気持ちわかります。

    が、やはり隣の芝は青く見えるのですよ。
    私はアメリカ人と結婚しアメリカへ移住しました。
    優雅だと信じてやまなかった夢の専業主婦になりましたが、社会に取り残され虚無感に襲われ一週間でギブアップ。すぐさま以前から憧れていた、「異国でのキャリアウーマン」になりましたが、毎日思うのは東京のOLをしている友人の姿。羨ましくてたまりませんでした。私はアメリカ中都市在住でしたので、行く所といえばモール、レストランくらい・・・限られた行き場所。

    東京のごみごみさが嫌いなのでアメリカが大好き、という日本人の知り合いもいましたが、私は駄目でした。日本に戻りたいがために離婚を考えている知り合いもいましたし。

    そんな中幸運すぎることに、偶然夫が日本転勤に。運を一気に使い果たした気がしました・・・現在は日本での生活を堪能しています。海外で暮らしたからこそわかるありがたみだなーと実感しています。

    トピ内ID:0413175665

    ...本文を表示

    海外は旅行で行くのが一番!

    しおりをつける
    blank
    私も駐在妻
    ヨーロッパ某国で駐在妻をしていますが、
    私は「日本へ帰りたい」です。

    トピ主さんのご友人の生活も確かに素敵ですが、
    それは、旅行に行ったときに楽しめれば十分かな。

    日々生活する場としては、
    自分の生まれ育った国がいちばん落ち着くような気がします。

    トピ内ID:2887868786

    ...本文を表示

    いいことも悪いこともあるんです。

    しおりをつける
    💢
    putipo
    ヨーロッパ某国に住んでますが、日本に住んでたとき以上に節約しています。物価の高さや日本に住んでいたら決してかかることのない費用が嵩んでいます。娘の教育のことも悩みの種です。それでも華やかな印象から、日本に住む友人に「羨ましい」と言われますけど(汗)

    楽しいこともあります。日本では出来ないことも出来ます。でも日本にいたら出来ること、手に入るものを諦めています。それぞれいいことも悪いこともあるんです。

    いずれにしても、その友人は数年後日本に帰ります。優雅な生活は一生続くわけではありませんよ。日本に帰ったらまた一からやり直しですしね。

    ご友人も確実に悩みや苦しみを抱えています。あなたには見えないだけ。
    あなたは逆に「外国で暮らす大変さはあると思うけど頑張ってね」と伝えてあげれば、とても喜ばれると思いますよ。

    トピ内ID:1918212365

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  56
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0