詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    ガンの父と母への心配

    お気に入り追加
    レス14
    (トピ主2
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ヘルプ
    ひと
    父がガンになりました。本人は告知をうけ、闘病しています。本人よりも母のほうがショツクであったようでした。
    両親はそれは仲が良く喧嘩はもちろん、お互いの悪口、陰口を聞いたこともなく、何をするのも一緒という感じです。
    抗がん剤のみの治療で、母が医師から言われた余命数カ月はあっと言う間に過ぎ、今はまだ進行、転移はありません。抗がん剤の副作用が少し気になりますが、母も私も最初の頃のショツクを忘れかけています。
    その事はすごく喜ばしいのですが、最近、母の事のほうが心配でなりません。今は落ち着いているとはいえ、やはりガンです。父を無くした後の母を思うと心配と不安が父の容態より気になります。
    しかしまだ頑張っている父をよそに、一人になった時の身のふり方、希望など、とても母に聞く事も出来ず、またショツクで母がどうなってしまうかも心配です。
    同じような経験をされた方、今そういう境遇の方、辛い事で恐縮ですが、ぜひお話お聞かせ下さい。

    トピ内ID:3321983010

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数14

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  14
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    大変ですね

    しおりをつける
    blank
    テツヤ
    でも、お母様にはもしもの時のことは絶対言わないで下さいね。お母様が心配であるならば、心配させるようなことを言ってはいけません。最後まで希望を捨てないよう励ましてあげて下さい。

    トピ主さんは気持ちを強くもって、いざという時にはお母様をしっかり支えてあげて下さいね。

    トピ内ID:1744413088

    ...本文を表示

    あなた、本当に心配してるの?

    しおりをつける
    blank
    ニコ
    私の両親もガンで父が他界後、1年足らずで母も他界しました。
    当時は介護の毎日で余計な事を考える時間が全くありませんでした。

    >一人になった時の身のふり方、希望など、とても母に聞く事も出来ず、またショツクで母がどうなってしまうかも心配です。
    ヘルプさんって案外冷たい人ですね。そんな余計な事を考えてる余裕が信じられないし、ましてお母様もガンなら尚更です。
    ご自分がお母様の立場だったとしたらとお考えになっては如何ですか?

    私は母が亡くなった日の夜、姉の友達に「あなた、これからどうやって生活して行くつもり?」って聞かれました。私は離婚して子供を連れて実家に戻った途端に両親の介護に追われ仕事どころではありませんでした。その介護が終わった日に今後の身の振り方を聞かれても答えようがありませんでした。たまたまその日に母が亡くなっただけで、もっと長生きしてたら私の介護の日々は続いていたから。

    今だけしか考えられず、それでも必死で生きてる人もいます。「今後どうのこうの」なんて気持ちに余裕がある人しか言えない言葉です。ヘルプさんはお母様の事を本当に心配しているとは思えません。

    トピ内ID:1113506761

    ...本文を表示

    私の時は・・・

    しおりをつける
    🐱
    しめかなめ
    私の父は7年前に胃癌で亡くなりました。
    当時、一人娘の私はまだ結婚もしておらず、母と一緒に父の看護
    (と言っても母が9割私は1割程度でしたが)をしておりました。
    父の生存中は「もしも」の後のことは一切話しませんでした。

    幸いといってはなんですが、母は40年以上続けている仕事を持って
    おりましたし、友人知人の中に同じような境遇の方がみえたので
    「もしも」の後のことは多少は想像ができたのだと思います。

    父が亡くなった直後は確かに魂が抜けたような様子でしたが、「仕事」
    で「自分が必要なんだ」と自覚してからは元に戻った様子に見えます。
    1年に数回旅行に行くような仲の良い両親でしたから、旅行の話とか
    になると寂しそうですが、納骨した長野の善光寺に1年に数回出掛けて
    みたりそれなりにやっているようです。

    今年は一人親でも無事に私を嫁に出してくれましたし。
    1年以上一人暮らしも続けております。
    今は見守ってあげてください。「もしも」の後に力になってあげて
    下さい。

    トピ内ID:3279042624

    ...本文を表示

    今はとりあえず

    しおりをつける
    blank
    ユエリ
    私も同じような経験をしました。父が植物状態の患者だった折に母がガンになり、パートで働きながら父の見舞いに行きつつ抗がん剤治療を受けてました。当時自分は二十歳かそこらだったので、もしもの時のことを考える余裕はありませんでしたが…。
    父が亡くなって4年後に母も亡くなりましたが、一人の間も、子供たちと支え合って、友人たちと出かけたり、寂しそうではありましたが普通に暮らしておりました。
    もしもの時はもしもの時で何とかなるので、今は考えないで大丈夫ですよ。自身が助けになってあげようと気持ちを持ち続けていれば大丈夫かと。しっかりとご両親を支えてあげてください。

    不安でいろいろ考えてしまうかと思いますが、ご自身も無理のないよう気をつけて下さいね。
    病気の方の前では自分は元気でいないとですよ。気持ちは伝染してしまいますからね!

    トピ内ID:3651607377

    ...本文を表示

    妻の疲労は限界を超えます

    しおりをつける
    🐱
    経験
    辛い事を書きますが、お許し下さい。
    私の母は、父の看病が長期にわたり体を壊して、先に他界しました。
    自分の不調を後回しにしたのです。(内蔵がひどい事になっていました)
    父の入院中、隣の病室に入院していた人の奥さんも先立ちました。

    助からない病なら、お父様のことよりお母様の健康を優先して考えて下さい。
    心配しても人の一生は既に決まっているのです。
    お母様は死を受け入れなくてはいけない。お父様は受け入れている筈です。

    トピ内ID:3230708619

    ...本文を表示

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    ヘルプ
    みなさん、貴重なご意見ありがとうございます。
    確かに今母親と今後の事など話せないなと痛感しました。今は母親の父に対する愛以上に母親の強さを信じるだけかなと思います。今後もこのトピに触れて下さった方のご意見をお聞きしたいので、誤解されてる方もおられたので補足させていただきます。
    先ず母はガンではなく、母も私も介護しているわけでもありません。抗がん剤の副作用は投与後二三日でおさまり、次の治療迄の間は、父も普通に生活しています。病気の事忘れる程普通です。だからこそ突然の変化が、その時の母が気掛かりなのです。それと私は同居していません。
    私を冷たいとか、本当に心配しているのかというご意見には少なからずショツクでした。人への心配、配慮、思いやりは当然、自分に余裕がなければできない事だと思います。その余裕というのはけして思い上がりや冷淡さではなく、強さや優しさからくるものだと思います。その部分が私にはまだ足りないから、動揺し今回ご意見を募った次第です。冷たいとおっしゃった方とは根本的に考え方が違うのかなと思ってしまいました…私の考え方がおかしいのでしょうか?

    トピ内ID:3321983010

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    今話し合う必要はありません

    しおりをつける
    blank
    ころたん
    まず

    ニコ様
    >そんな余計な事を考えてる余裕が信じられないし、
    >ましてお母様もガンなら尚更です。

    タイトルは「ガンの父」と「母への心配」です。
    お母様はガンではないと思われますよ。
    また、心配の仕方は人それぞれ。それを冷たい云々言うのは失礼です。
    信じられないのはアナタの勝手。

    とはいえ、既出の方の意見と私も同じです。
    トピ主さんの心配はよく理解できます。
    でも、お父様の人生最期の時期を一緒に過ごすことだけに専念させてあげてください。(私も経験しましたが、この時期を家族で一つになって過ごしたことが、今になって心の支えと感じております)
    不幸にもお父様が他界されたなら、ご家族とご友人で、
    お母様を支えてあげてください。
    励ましよりも、(言いにくいことですが)葬儀や法事の忙しさが、悲しみを緩和(悲しむ余裕がないということなんですが)してくれたりします。

    余計なことですが、一家の大黒柱が亡くなると、
    世間は急に冷たくなったりします。
    トピ主さんが覚悟して対処してください。

    トピ内ID:5597598294

    ...本文を表示

    今話す必要はありません

    しおりをつける
    blank
    癌患者だったりします
    タイトルどおりです。

    トピ主さんの心配も理解できますが、いまはその話をする時期ではないと思います。
    お母様のことも心配でしょうけれども、いまはお父様と過ごす時間を大事にして後悔のないように過ごすことが一番だと思うのです。
    いまはお父様はもちろんのこと、お母様の体調が崩れないようにトピ主さんがサポートしてあげてください。

    あと、これは余計なことかもしれませんが・・・
    お父様は余命宣告をされているようですが、余命はあくまでも統計です。
    あてはまらないということも多いです。
    もしも・・・のときの覚悟も必要ですが、希望も捨てないでいただきたいです。
    患者は「良くなる」ことを信じて辛い治療をがんばってます。そんなときに家族が「もしも・・・」のことしか考えてなかったら悲しいです。

    トピ主さんも心配が絶えないと思いますが、お父様、お母様を支えてあげてください。

    トピ内ID:4427936476

    ...本文を表示

    同じく…

    しおりをつける
    blank
    ameko
    私も今全く同じ状況です。お気持ちとっても分かりますよ!
    余命のことを聞かされた時はつらくて大変でしたが、
    こうして宣告時期より延びてくると、もしかしてあれは
    お医者さんの勘違いだったのではないかとか
    非現実的なことを思ってしまうほど普通の生活です。
    幸いうちは副作用もほとんどなく、食欲も旺盛ですし。

    だからこそ、その後のお母様が心配なんですよね。
    (一見)平穏に戻ったからこそですよね。
    わかります。

    私は、今は必要最低限の目の前でこなさなくてはいけない
    決め事だけ話をして、それ以外の父が亡くなってしまった
    あとのことは、その時に決めていけばいいと思っています。
    前もって準備することも大事ではありますが、母の気持ちの
    負担を思うとこれでいいと思っています。

    お互い大変ですが頑張りましょう。
    お父様とお母様大切になさってください。

    トピ内ID:3775837265

    ...本文を表示

    心中お察しします

    しおりをつける
    🐶
    はたけまや
    日々お疲れ様です。
    あなたを知らない方の配慮の無い言葉を気にしないで(と言っても気になりますよね)下さい。
    様々な事を心配するのは当然と思います。
    お母様にとってもトピ主さんにとっても大切なご家族ですものね。
    御父様が亡くなった時 お母様をしっかり支えたいと思ってるその心構えが大切だと思います。ただ既出の方達も書かれてる様に今聞く必要も無いかなと思います。
    先の見えない戦いは本当に疲れるものです。ご家族の方達が健康を害されない事を願っています。

    トピ内ID:3006309906

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  14
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0