詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    夫が隣人とケンカ

    お気に入り追加
    レス29
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    kop
    ひと
    38歳・既婚・子供なし・持ち家になったばかりの私です。
    夫が近所の男性とケンカをしてしまいました。

    男性は隣組の組長です。
    世代の違いのせいか付き合いの距離感の意識が違うんですよね。
    会社の給料が生活を支えてくれる、と夫は(私も)思っているので
    仕事を犠牲にしてまで近所付き合いはしない、というのが
    私どもの主義でそれが普通と思っているのですが、、
    (もちろんできることはしてます、公園清掃とか、)
    どうも男性は違うようで地域の絆の押し売りをしてくるわけです。

    夫はイライラが爆発し、男性を怒鳴りつけてしまいました。
    しつこく追いかけてまで罵声を浴びせてしまいました。
    今は、猛反省しているようですが。

    ここが田舎だからなんでしょうか?
    なんていうかその、とっても今ブルーです。
    不合理な伝統は悪、というのが夫の(私も・・)主義で
    ポリシーを貫いた形なんですが、摩擦があるとストレスですよね。

    正しかったのか、間違ってたのか、わかりませんが
    (間違いだよなあ~・・)

    眠れない私をなぐさめてほしいんです・・・。

    トピ内ID:2403951814

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 3 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 2 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数29

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順
    10件ずつ表示

    どんなことだろう…?

    しおりをつける
    blank
    としこ
    何があったのでしょうか?
    ご近所での飲み会のお誘いですか?
    お祭への参加ですか?
    未だ親しくもない人に声を荒げるなんてよほどのことだと思うのですが、ご近所づきあいに対するトピ主さんの考えには私も賛成です。仰るくらいのスタンスでよいと思います。
    できればもう少し詳しくお話し頂けるといいのですが。

    トピ内ID:4650106240

    ...本文を表示

    まずは・・・。

    しおりをつける
    🙂
    どんぶり
    いろいろと大変でしたね。
    これは、最近のことなのでしょうか?
    できれば、早いうちにトピ主さまだけでもお詫びに行かれたらいかがでしょうか?

    私の住んでいるところも田舎です。
    新年会、納涼会、忘年会はもちろん、事あるごとに『ちょっと一杯・・・』なんて声もよく掛かります。
    田舎ならでは・・・かもしれません。(因みにうちはまだ30代半ばの夫婦です)

    出来ること、出来ないこと、はもちろん人それぞれでしょうし、事情もあるでしょうから、無理を押してまでは・・・というのは間違っていないと思います。
    でも、イライラが募ったとはいえ、怒鳴りつけ、罵声を浴びせ追いかける・・・というのは、かなりまずかったように思います。

    持ち家という事ですから、簡単に引っ越したりもできないでしょう。
    今後もそこで暮らすという事を考えたら、早いうちに解決した方がよいと思います。

    旦那様も猛反省なさっていらっしゃるのでしたら、ご一緒に行かれたらいいのですけどね・・・。

    『あの人は、カッとなると口は悪いが(すみません)根はいい人なんだ』くらいに思って頂けるといいですね。

    トピ内ID:2581724020

    ...本文を表示

    お気持ち、お察しいたします。

    しおりをつける
    blank
    元組長の妻
    ご主人様、頭がさめたところでその人に謝罪できるといいですね。
    怒鳴ったことだけ謝り、出来ないことは出来ないと伝える。
    田舎の隣組は昔からそうしてきた、そして今は高齢者になって
    昔と同じやり方を通そうとするので若い世代とぶつかるんです。
    孤立しているように感じると思いますがそう思っている人は
    意外にいるんですよ。みんな波風立てたくないから言わないだけなんです。
    新参者が意見を言っても聞いてはもらえないし、まして若い人だとなおさらです。古株の人は高齢者の人が多く、変化がストレスなんです。だから変えたくないんですよ。自分達がやってきたことが無駄みたいに思えるんでしょうね。
    はいはいと聞いて流し、出来ることはする、それでいいと思いますよ。
    だって本当に出来ない人は出来ないんですもの。ゆっくりですが変わっていくと思います。だから元気出して。

    トピ内ID:3015906783

    ...本文を表示

    何でそういう土地を選んだんでしょうか

    しおりをつける
    🎶
    キビシ目
    田舎の方に持ち家を購入した、と言うことですよね。
    家を探している段階で、じっくりと土地柄とか見極める時間もあったはずです。
    確かに、地方の古い町に行くほど、地縁の強い地域はあります。うちの実家もそうです。

    >仕事を犠牲にしてまで近所付き合いはしない、というのが
    >私どもの主義でそれが普通と思っているのですが、、
    >どうも男性は違うようで地域の絆の押し売りをしてくるわけです
    先住の方は、相手の男性です。そして、そういうお土地柄の古くから続く風習を踏襲してるわけです。それをかき乱してるのが新参者のトピ主さんご一家だと思うのですが。
    因習の強い土地は上のようなことは当たり前です。うちの父親は会社休んで隣組さんの葬式の手伝いしてました。
    郷に入れば郷に従え、じゃないでしょうか。
    慰めてほしい、とのことですが、申し訳ないけど慰める余地もないですね。
    変えたくない様なポリシーとやらをもってるのなら、もっと慎重に家選びをすべきだったんじゃないでしょうか。

    トピ内ID:1450448921

    ...本文を表示

    ちょっと心配

    しおりをつける
    🐧
    えもにゅー
    ご両親世代に、「こういうとき、どうしたらいいと思う?」て訊いて、何か対応(謝罪ほか)した方がいいかもよ。

    田舎だと、言葉悪いけど、組長がほかのご近所を巻き込んで「嫌らしい復讐」をされてしまうかもしれない。

    ポリシーは分かるけど、持ち家だし、自分たちの平穏な生活のためだから、慎重に対応してくださいね。

    妻の器量を見せて、菓子折ひとつ持って行って「うちの人けんかっ早くて、お許し下さいね」って、組長の奥さんのほうに頭を下げるのも手かもしれません。

    経験者ではないんですが、子どもの頃地域のつながりの強い田舎に住んでいたので、ちょっと心配になりました。

    トピ内ID:0277548248

    ...本文を表示

    会社辞めた後はどうでしょう?

    しおりをつける
    blank
    同じ38歳ですが
    トピ主さんと同じ年の既婚、3児の子持ち共働き夫婦です。

    私も経済的には会社が生活の基盤を作ってくれていると思っていました。
    けど子供が生まれてからは違いますね。子供たちが学童から帰るとき、ちゃんと家に着いたかどうか近所の方々が気を配ってくれました。
    みんなで遊んでいて、怪我をしたときも近所の人が病院まで運んでくれました。
    地域の目が子供を育ててくれているとありがたく思っています。
    私たちの世代では、子育てをして初めて地域のありがたさを感じることが多いと思います。
    今はお2人ともお若いのでピンと来ないのかもしれませんが、ずっとお子さんを持たなかったとして、退職後どちらかが病気になったり一人暮らしになったとき、火事や災害時は助け合いが必要だと感じるのではありませんか?

    「郷に入っては郷に従え」といいますから、表面上はある程度あわせて付き合うのも大人の知恵じゃありませんか?
    地域の近所付き合いの濃度は格差があると思いますが、その地で上手く付き合うための賢さは持つべきだと思います。

    トピ内ID:3354276687

    ...本文を表示

    不合理でしょうか

    しおりをつける
    blank
    何を言われたにしても、怒鳴って罵声は良くなかったですねぇ。ご主人も反省してらっしゃるなら丁寧に謝りに行かれてはいかがですか?

    それと・・・
    地域の付き合いが面倒なのはわかります。でもこの先ご近所に助けられることだってあるんじゃないですか?

    我が家は高齢者が多い地域なのですが、子供たちは近所の方にとても親切にしてもらっています。近所の方に不審者らしき人を見かけたので注意するように教えてもらったこともあります。
    中越沖地震では110番も119番もなかなかつながらない中、生き埋めになった家族を近所の人たちで助けたそうです。
    「不合理な伝統」と切り捨てては後で悔やむこともあるかもしれませんよ。

    トピ内ID:7485692269

    ...本文を表示

    郷に入っては郷に従え

    しおりをつける
    blank
    しな
    とっても分かるけど
    怒鳴るのはうまいやり方じゃなかったですね。

    「はい、可能な限り地域の方針に従います」
    と言った態度で、実際は
    「仕事がどーしても抜けれない、行きたかったけどすいません」

    というスタンスで臨むべきでしたね。

    たぶんトピ主さん家族は孤立すると思うんですけど
    今は良くても、子供が出来るときついよね。

    友達も超田舎に引っ越したけど、
    今では村の班長になって、お祭りとか仕切ってるみたい。

    正しい、正しくないではなくて
    そこに馴染む方が楽ってこともあります。

    私はそれが嫌で都会に住んでますけど、
    その分家賃とか高いですからね。
    いいとこ取りは難しいかと・・

    トピ内ID:2443679108

    ...本文を表示

    町内会の役員をしています

    しおりをつける
    blank
    匿名
    下っ端で,実はなんもしていないんですが。
    地域の結びつきを強制するのは,もっと上の組織です。(よくわからないのですが,たどっていけば,行政とかなんじゃないかなあと思います。)
    おかしいことはおかしいのですが,お隣さんに文句を言って解決する問題でもないし,お隣さんの一存で,ああそうですね,と,あなた方の考えを受け入れられるほど,単純じゃないんです。
    ぜひ,この理不尽な体質と戦ってほしい。そのために,もっと勉強してほしいと思います。応援します。

    トピ内ID:7126105530

    ...本文を表示

    郷にいりては・・・

    しおりをつける
    🐴
    BK
    確かに田舎の風習というか、
    暗黙の近所づきあいというのは
    なじめないと、いろいろと難しいですよね。
    いまだに、地区対抗の運動会などを
    自治会主催でしているところなど、
    こういうのに参加を強要されたら大変だろうなぁと思います。

    そこに住まわれているのは、
    お仕事の関係上、どうしようもないのでしょうか?
    もっとマンションや新興住宅街のようなところに
    引っ越せないのでしょうか?

    もし無理であれば、
    ある程度、地域の人との交流や奉仕は必要だと思います。
    どのくらいのことを強要されたのでしょうか?
    高額な会費?お祭りなどで大量なおにぎりを作れと言われたとか?
    その辺の事情がよくわかりませんが、
    いろいろ積もり積もっていたとはいえ、
    相手が逃げているのに、追いかけてまで罵声を浴びせるのは
    ちょっと怖いですね・・・。

    もっといい意味でドライに考えてみては?
    お金を払うから、欲しい物が手に入るように、
    地域に奉仕という代償を払うから、
    安心して居心地のいい生活が担保されると。

    トピ内ID:2606948081

    ...本文を表示

    間違っていない スーっとした

    しおりをつける
    🐱
    夏みかん
    などと言わない貴女がいいですね。
    小町ではよく隣人や舅姑とのイザコザの際、気持を吐き出して
    スーっとしたという話が多いですが。
    揉め事そのものが残念ですから。
    (なにも全面的に我慢しましょうってことではありません)

    トピ内ID:8690691250

    ...本文を表示

    自己主張だけでは世の中渡っていけません

    しおりをつける
    blank
    Route20
    『郷に入っては郷に従え』と言うことわざはご存知でしょうか?
    習慣などは土地(郷)によって違うから、その土地(郷)に行ったら、そこの習慣に従って生活しなさい、というような意味です。
    とはいえ、何でも自分の意見を収めて従えというのではなく、相手の習慣を理解した上で、自分に出来ない範囲については、相手に理解してもらえるように『おだやかに』『根気よく』説明し理解を得るしかないのではないでしょうか。

    『不合理な伝統は悪』と言って『ポリシーを貫く』のは結構ですが、なんてわがままで自分勝手な家なんだろうとご近所から後ろ指さされても弁解できないと思います。

    トピ内ID:3589060446

    ...本文を表示

    田舎の付き合いは

    しおりをつける
    あっ子
    煩わしいものですよね~
    私も田舎出身で、また、その煩わしさが堪らずに東京に出てきました。

    そして、今年40歳になりますが、田舎の付き合いもいいものだなと思うようになりました。

    理由は、田舎の母が、ご近所の皆さんに良くしてもらっていることです。
    父が脳出血で倒れて5年になりますが、農家の皆さんがお野菜を運んでくれたり、気晴らしにお茶に誘ってもらったりと、スムーズに話すこともできない父の世話を気持ちよくできるのは、ご近所の方達のお陰だと、母子で感謝しています。

    我が家の夫もそうですが、男の人というのは、ご近所付き合いが苦手だと思います。だから、トピ主さんが上手に立ち回ってあげたほうがいいと思います。

    そして、自分達の時代になってから、その意思を貫いても遅くはないと思います。

    持ち家ということは、この先、一生暮らされるおつもりなのですよね。
    であれば、会社が支えてくれるのは定年までです。
    その後は、地域に支えてもらわなければならない日がやってくることを忘れてはいけないと思いますよ。

    トピ内ID:0413372647

    ...本文を表示

    よしよし、2人で謝りに行きなさいね

    しおりをつける
    😨
    ぱっぽ
    ご主人も今は反省しているなら2人で謝りに行ったほうがいいと思う。バツも悪いし怖いし不合理だと思うでしょうがそういう地域もあるようです。
    かたつむりのように家ごと移動できるならいいけどそうもできないなら。転んでもタダでは起きないつもりになってこの際会社の立場や仕組みや社会情勢などオーバー気味に語って(いかに会社を休むことが出来ないか等)なおかつ出来ることはやらせて頂くと下出にでておいたほうが後々のためになると思います。もしかしたらなかなかシッカリした若者だと見直してくれることもあるかもしれないし最悪許してもらえなくても謝罪に行ったのと行かないのでは周囲に対しても雲泥の差ですから。

    トピ内ID:3596979670

    ...本文を表示

    相談のするのであれば、

    しおりをつける
    blank
    純日本式
    読む側が事情を察することができる情報を出すべきだと思います。
    トピ主さんご夫妻にとって「不合理な伝統」と感じることが、実はそうではないということも多々ありますし。

    仕事を犠牲にしてまで近所づき合いをしないという主義(ポリシー?)は、大変結構なことだと思いますが、それが「独りよがりな主義」であれば、都会であっても田舎であっても周囲に受け入れられないことはあると思います。

    しかしながら、トピの文章を読む限り、38歳という年齢を感じさせない「若さ」というか「幼さ」を感じてしまいます。
    独善的な文章を書いてしまう=周囲を気遣う/気にかける意識が欠如している表れだと思えてなりません。
    自業自得という表現がピッタリですね。

    ちなみに私は「都会」にあたる地域に1年ほど前に新居を購入しました。
    この地域では祭りや正月の獅子舞などを自分たちで保存・伝えていこうということで、老いも若きもプライベートな時間を割いて、地域の子どもたちに「伝統」を生きた生活文化として経験させる取り組みをしています。

    権利意識ばかりが強いと、そうした取り組みは不合理な伝統となるのでしょうが。。。

    トピ内ID:8565776329

    ...本文を表示

    正しかったのか間違ってたのか

    しおりをつける
    blank
    目標20キロ減
    どんなに周りともめても考えを曲げたくないとお考えなら、正しかったのでしょう。ただ、旧住民ともめたあげく、地域の集積場にゴミも出せなくなった、というトラブルもTVで見たことがあります。

    トピを読んで、ものは言い様、という言葉が思い浮かびました。
    仕事を犠牲にしてまで近所づきあいはしない。
    仕事が忙しくほとんど休めないが、できる範囲で近所づきあいをする。
    ”近所づきあい”の中身が結果的に同じでも、心構えというか考え方で、周囲に与える印象はずいぶん違うと思いませんか?

    他所から来た人間にとって”不合理な伝統”というものは、どこでもあるでしょう。でも、その社会の構造というか特性というか、そんなものが見えてきてはじめて、不合理に見えたしきたりが実は重要な意味を持つものだと判ることもあります。地域になじまないポリシーを振りかざして自己主張する新参者が暖かく迎えいれられるほど、田舎は甘くありません。仕事を犠牲にしろということではなく、どんな人間関係の場所なのか、その中で自分たちの立ち位置はどこが適当なのか、まずは一歩退いて観察するところからはじめてみてはどうでしょうか。

    トピ内ID:6459656042

    ...本文を表示

    怒鳴られた人も眠れないかもね

    しおりをつける
    blank
    怖い
    わずらわしくないドライなご近所付き合いをしたいのであれば、それなりにスマートな対応や人付き合いをするべきでしょう。
    自分たちの意に反してるからといって、怒鳴りつけたり、追いかけて罵声を浴びせるなんていうのは、おとなげないし、そりゃ摩擦も当然でしょう。
    自分たちの我を通したいのであれば、他人を認める事も必要なのでは?
    不合理な伝統は悪と言われますが、その地域の方はそうしてこれまでの人間関係を築き上げてきたんだと思いますよ。
    トピ主たちのように自分たちのポリシーを貫くために、怒鳴ったり罵声を浴びせるという事こそ、周りからみれば「悪」かもしれないし。
    田舎と言われてますが、引っ越す前から、地域的にそういうのって分かりませんか?
    できるだけ近所付き合いの薄そうなマンションを探されたら良かったかもね。

    トピ内ID:4384637641

    ...本文を表示

    その地域に住まうという自覚

    しおりをつける
    blank
    Dの住人
    「住まう」ということがどんなことかお考えにならずに、家を購入なさったのですね。皆さんのレスに賛同します。地域を作っているのは地域の方々です。もちろん悪習もあるでしょうが、それを波風立たせずにやんわりお断りするのも、「住まう」ために必要な知恵です。

    震災などのとき、物資は隣組の組織を経由して配られるのではありませんか?

    わたしは都内23区内の戸建ばかりの住宅地に引っ越してきました。町内会の組織はしっかりしています。この地域をその文化も含めて選択し、後から住まい始めたのですから、ここの歴史を否定する資格はありません。

    町会は平日に街の清掃などを順番でグループで行っているのですが、うちは仕事があるので、町会清掃より多目の回数を、夫婦で自主的に清掃しています。

    町会役員の方が訪問くださったときは、用件の内容(たとえそれが何かの依頼でも)にかかわらず、「いつもお世話になりまして、ありがとうございます」の言葉を欠かしません。地域に住まうということは、そういうことではないでしょうか?

    トピ主さんご夫妻は、「地域の無い」お住まいを選択すべきでした。

    トピ内ID:0159430100

    ...本文を表示

    別に間違ってはいないけれど、、、

    しおりをつける
    😀
    きなこ
    こういうトラブルはすぐ広まるので、これから益々近所付き合いは、上手くいかないでしょうね。

    隣とどれ位付き合うかは、もちろん自由です。
    ただし、それは、隣の組長さんも同じです。
    今まで挨拶を交わしていた奥さん連中が無視ししだしても、どうしようもないでしょう(挨拶する法的義務はもちろんありませんので)。
    子供さんが出来て、一緒に近所のお友達と一緒に遊んでもらえなくても、どうしようもないでしょう(一緒に遊ぶ法的義務はもちろんありませんので)。


    田舎で周りと上手くいかないと、本当に不便ですし、生きづらいです。
    子供さんができたら、都会へ引っ越す事をおすすめします。

    トピ内ID:9194594415

    ...本文を表示

    相手の立場で考える

    しおりをつける
    🐤
    るきあ
    まず、その隣組の組長さんの立場に立って考えて見ましょう。「ご近所付き合いや絆が地域を支えている」という伝統・考え方を持つ地に突然ある夫婦が家を建てて住み始めた。夫婦の主張は「不合理な伝統は悪!仕事第一!近所付き合い?ハァ!?何ソレ??」しかも急にキレて追いかけてきて罵声を浴びせる夫がいる。「その夫婦は住民の輪を乱すキケンな存在」という印象を持ってもおかしくないかな、と思います。

    やはり「活動に参加できなくて申し訳ない。何かあれば出来る範囲で手伝わせて欲しい」というスタンスでお付き合いされるのが無難かと。ふと思ったんですが、トピ主さん、まさかご近所の方とすれ違う時の挨拶すら「非合理的」と省略されていないですよね!?ベタベタな関係や依存は勘弁だけど、ご近所とほど良い関係・距離感を築いておいて損することはないですよー。

    トピ内ID:5758434826

    ...本文を表示

    会社だけじゃぁないでしょう

    しおりをつける
    blank
    やす
    "まちがいだよなぁー"とご自分で分かっておられるところが、かわいいですね。”会社が生活を支えてくれる”はともかく”仕事を犠牲にしてまで近所づきあいはしない”というのはどうでしょうか?人は、会社だけでなく家族、親戚、友人、近所、サークルなど色々な面で接触してこそ成り立っているのです。濃淡があるのは仕方がありませんが、上手につきあうことのできるのが社会人ではないでしょうか?因みに私もわざわざ田舎に居を構えて7年、”常会”と云っていた隣組組織の組長もさせられて、因習とも云うべき年配者の考えには閉口したこともありますが、若い世代に交代しつつある今、少しずつ合理的になりつつあります。長い眼で付き合っていかれた方が、住みやすくなることでしょう。

    トピ内ID:9393237920

    ...本文を表示

    2度目です。相手の期待に添えないとき

    しおりをつける
    blank
    目標20キロ減
    「○×の会合があります。出席して下さい」「△◆の共同作業があります。参加してください。」でもそれが仕事の日で、休んでまで参加できない(したくない)時の断り方を考えてみました。

    ・常に笑顔で応対する。根っこのところではあなたにまったく敵意はありませんよ、の表現になります。
    ・理由をくどくど説明しない。「会社の給料で食ってるんだ!」なんて口が裂けても言わない。「いやー、申し訳ないがその日はちょっと無理なんですよー、すみませんねー」。理由を言わなければ相手も交渉しようがありません。
    ・その都度、その要件についてだけ断る。「平日(あるいは○曜日)は仕事なんで基本的に無理です。」とか言わない。「つまり何があっても協力しないわけね」という印象を与えてしまいます。あくまでも”その日は”ちょっと無理、と個別の案件として対処。
    ・ちょっと先の話はその場で断らない。「予定がはっきりしないんで、ちょっと今はお返事できないんですけど…。」実際は無理と分かっていても。

    自分と考え方の違う相手に真っ向から“勝負”を挑まないのも、オトナの社会人の知恵ってもんじゃないでしょうかね。

    トピ内ID:6459656042

    ...本文を表示

    慰めになってませんが

    しおりをつける
    blank
    仁美
    貴方が想定している伝統は、本当に不合理なことでしたか?
    地域の絆も必要に迫られて始まっています。
    距離感は年代を問わず一人一人違います。

    隣組の組長さんの言動についてですが。
    地域の絆の押し売りをしているのとも限らないのでは?
    単にトピ主さん達が早く馴染める様に、との親切心からだったのかもしれません。

    旦那さんに関して。
    旦那さんがお幾つなのかは分かりませんが、幼い印象を受けました。

    まあ、それはさておき。
    猛省したのならあとは頭を下げに行くだけです。
    頭を下げるなら、早いほうが後々こじれませんよ。

    トピ内ID:7775875375

    ...本文を表示

    地域の大切さは保険と同じです

    しおりをつける
     何も無いときは出費だけがかさみメリットは無い保険。でもいざ本当に病気や死亡したとき、保険は家族を、本人を救ってくれます。

    火事が起きたとき、消防署からは火を消しに来ます。でも消えた後の事をご存じの方はあまりいません。その後は地域の消防団が、ぬれた布団、煙の出ている家具などの撤去をしたり、焼け出された家族や手伝いの人の炊き出しは、地区の日赤でしてくれます。
    台風で川が氾濫したとき、土嚢をつんで防ぐのは警察でも消防でもなく、地区の消防や役員です。もちろん地区の全員でもあります。
    万が一床上浸水などで家に入れないときも、荷物の持ち出しなど協力してくれるのは地域の緊急時対策隊(呼び名はまちまち)です。
    日常で運動会なんて面倒なだけでしょう。でもそうして顔を知り合うという事が、万が一の時の助けるという気持ちを強くします。この事は心理学の方でも実証されている事です。
    市町村は地区に対して色んな事を投げかけてきます。草むしり、ゴミ掃除、防災訓練、敬老会・・・ですから隣組の組長が自分の勝手でしていることではないのです。仕事もどうしても抜けられない事は有ります。
    続きます

    トピ内ID:3577109868

    ...本文を表示

    続きです

    しおりをつける
     夫がだけなら妻が、二人ともだけなら丁重にお願いするなどして、地域の一員としての役割を果たさなければなりません。
    仕事は貴方達個人の問題であり、地域の事は全体への責任です。
    でもそこは緊急時では無い。ダメなときは頭を下げて頼む事です。
    そしてその分出来る時はやる、その姿勢が見えれば地域の他の人達は解ってくれます。だってみんな仕事を持っていますから。

    ちなみに貴方達夫婦がしない役員は、他の方の負担になります。その方も働きながらやっています。
    自分の意見が全てだと思うほど怖い経験もされていない、有る意味本当に幸福な事ですが、一度でも地域の世話になると、本当にありがたみは解ると思います。
    私が嫁に来てから合った出来事は、子供の行方不明、老人の行方不明4件、火事1件(ぼや)水害ほとんど毎年、そしてあの地震でした。

    トピ内ID:3577109868

    ...本文を表示

    急いで謝罪に!

    しおりをつける
    blank
    ゆきうさぎ
    トピ主さん、落ち込んだ気持ちは分かりますけれど、ご主人の行動は、やはり常識にはずれた行動です。急いで、ご夫妻での謝罪をお勧めします。そうすれば、意外に株もあがるかもしれません。

    でも、内心どこかで、「そうそう、田舎って、そういう困った人がいるのよ!怒鳴ったのはやりすぎでも、トピ主さんたちのポリシーに反してしつこくしてきた相手のほうが間違ってる!」というレスを期待していませんでしたか?

    また、組長さんとのお話でも、「不合理な伝統は悪」とばかりに、「自分たちはそういうことはしたくないんです!」的な言い方をしませんでしたか?

    生活を支えているのは、地域の絆も同じです。地域の絆のある地域では犯罪が少ないなど、トピ主さんたちも、その有形無形の恩恵を受けています。やりたくてやっている人も、少ないと思います。そうした人達への感謝を伝えましたか?相手にも問題はあったかもしれませんが、申し訳ないですが仕事が忙しいのでと丁寧に伝え、できることはお手伝いさせていただきますと伝えるだけでも違っていたように思います。

    このままでは、ちょっと自己中心的な人という印象になっちゃいますよ。

    トピ内ID:0281978375

    ...本文を表示

    ご主人って、いつもそうなんでしょう?

    しおりをつける
    🐤
    気が小さいくせに
    ご主人は、ご自分の意見が通らないと、相手を威嚇して問題を解決しようとするタイプの方なのですね。
    お相手を追いかけてまで、ということは、お相手は逃げたのですね?
    逃げるぐらいのことをしたのに、さらに追い討ちをかけたのですね?
    今回だけだとおっしゃっていますか?
    猛省しているから、何ですか?

    自分が不利な状況になると、相手を威嚇して意見を通そうとする人、悲しいかないますね。
    男性に多い。狭量で気が小さいくせに(小さいから)虚勢を張る。
    はっきりいって、悪(あく)だと思います。
    何の問題解決にもならないし、言われたほうの立場になってみろ!って思います。
    ご主人が恫喝するのは今回が初めてじゃないだろうし、余程のことがない限り直らないでしょう・・・。

    職場で何度かそのような被害を受けた経験があります。トイレで声を殺して泣きましたよ。
    何年も前のことなのに、大げさではなく、夢に出てきます。
    怒鳴られ、ののしられ、すくみ上がるしかない自分。

    猛省しているご主人にこのトピを見せてやってください。

    トピ内ID:5147313466

    ...本文を表示

    地域社会は大切です

    しおりをつける
    blank
    ささにしき
    >会社の給料が生活を支えてくれる、と夫は(私も)思っているので

    普段通っている街灯の交換、市役所などからの連絡や折衝、ゴミ捨て場の管理など、あなた方の生活に関することを彼らが支えてくれるという感謝の気持ちはないのでしょうか?
    このままでは、ゴミもあなたたちの物は回収されなくなったり、街灯もトピ主さんの家の周りだけ暗くなるかもしれません。何か災害に遭った時に助けてくれる人もいなかったらどうしますか?
    近所付き合いが嫌なのであれば、管理会社がいるようなマンションにするべきでしたね。

    トピ内ID:2910608974

    ...本文を表示

    2回目の登場ですみません

    しおりをつける
    あっ子
    柊さんのレスを読んで、まさに我が家だと思ってしまったので。

    私の実家は、化学品を扱う工場でした。

    父が納品のため、埼玉に遠出していたある日、我が家にアルバイトに来ていた大学生が誤って火事を起してしまいました。

    その時、農作業に来ていた近所の方々がいち早く駆けつけてくれて、消火活動や荷物の運び出し、また私達子供(当時私はまだ小学校1年生でした。)を安全な場所へ避難させてくれるなど、本当にお世話になりました。
    また、新しい家を建てるまでの2ヶ月間、ご近所の方々が、両親を除く私達家族6人を2人くらいずつ受け入れてくれたので、寝食の心配をすることもなく過ごすことができました。

    すっかり忘れていましたが、本当にお世話になったことを思い出したので。

    そんな経験があるからなのか、父は、農家の経験はありませんが、毎年お月見などの行事は欠かしません。

    多分、農家の方達への感謝の気持ちなのだと思います。

    トピ主さん、ご主人を説得して、隣組の組長さんに謝罪して、皆さんとなく良くして下さい。

    地域の皆さんは、トピ主さんご夫婦の敵ではありませんから。

    トピ内ID:0413372647

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    10件ずつ表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0