詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • 【駄トピです】 服部はっとり 東海林しょうじ 
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    【駄トピです】 服部はっとり 東海林しょうじ 

    お気に入り追加
    レス63
    (トピ主6
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    なぞなぞ
    話題
    服部がなぜ「はっとり」なのか
    東海林がなぜ「しょうじ」なのか
    子供の頃から不思議に思ってました。

    あ、正解が知りたいわけではありません。
    そういう長年の疑問ってありませんか?

    トピ内ID:0265594657

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数63

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (6)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順
    10件ずつ表示

    ありますね~

    しおりをつける
    🎶
    abby
    特に名前や地名とかありますね。
    「四月一日」で「ワタヌキ」など、
    まあ、何となく理由がわかるものもありますが、
    どんなに考えても謎なものは一種のロマンすら感じます(笑)。
    山口県にたしか「特牛」と書いて
    「こっとい」と読む地名があったと思いますが、
    なぜそう読むことになったのか・・・?

    他にも子供の頃からの謎があって、それは
    「納豆って豆腐じゃね?」です(笑)。
    豆腐って腐ってないですよね。
    でも「腐った豆」と書きます。
    むしろ「腐った豆」は納豆の方だと思うのですが・・・。

    トピ内ID:5287522233

    ...本文を表示

    私も服部・東海林の読み方を

    しおりをつける
    blank
    ずっと何でそうやって読むんだろう。当て字なんだろうか。と不思議がっていました。
    どう見ても「ふくべ」「とうかいりん」と読みそうになります。
    長年の疑問でした。

    トピ内ID:7884837566

    ...本文を表示

    言われてみれば

    しおりをつける
    blank
    あーり
    私にとっても不思議なものは色々ありますが、「毛受(めんじょう)」さん「一口(いもあらい)」さんというお名前も不思議です。(ヒントになっていなくてすみません)

    トピ内ID:5959615881

    ...本文を表示

    奥が深い

    しおりをつける
    😀
    うろ覚えですが、
     鷹がいない森だから小鳥が遊べる →「小鳥遊」 = 「たかなし」さん、
    という姓もあったような気がします。

    トピ内ID:1269446350

    ...本文を表示

    私も疑問

    しおりをつける
    blank
    めいめい
    珍しい名字ではありませんが、
    長谷川がどうして「ながたにがわ」ではないのか、
    小学生の頃から疑問でした。
    どなたかご存知ありませんか?

    トピ内ID:7760608132

    ...本文を表示

    読めなかった

    しおりをつける
    🐱
    かねこくま
    知人に「百々さん」がいました。

    これを正しく「どどさん」と読める人はどれくらいいるのでしょうか?

    トピ内ID:4363115109

    ...本文を表示

    調べてみた

    しおりをつける
    blank
    でかでかぴんく
    服部(はっとり)さんの場合、起源は古代にまでさかのぼります。

    機織り(はたおり)をする匠を
    「服部=服(布)を作る人(はたおりべ)」といい、それがはたおりべ→はたりべ→はとり→はっとり、となったという説があります。

    東海林(しょうじ)さんの場合、

    荘園を管理する職業を「荘司(しょうじ)」と呼びます。その昔、東海林(とうかいりん)さんという一族が荘司をしており、いつのまにか東海林=荘司(しょうじ)と呼ぶようになった、つまり職業と名前がごっちゃになっちゃったという説があります。
    昔は確かに職業は世襲制でしたからありうる話ですね。

    また、毛受(めんじゅ・めんじょうなど読み方多数あり)は不明…。「毛」を「めん」と読むあたりに何かが隠されていそうです。

    一口(いもあらい)は説明をまとめるのがめんどくさかったのでこちらの説をどうぞ。
    http://www.asahi.co.jp/call/diary/yamaken/chimei_04.html

    トピ内ID:4744504960

    ...本文を表示

    そのまま読む人もいました

    しおりをつける
    りな
    東海林は“しょうじ”って読みますよね
    だけど、昔のバイト先でそのまま読む“とうかいりん”さんがいたんです!

    中にはそんな名字の人もいるんでしょうね

    トピ内ID:3040416878

    ...本文を表示

    東海林・・・

    しおりをつける
    🐤
    うさまま
    仕事で山形に2年ほど在住していたときのことですが、
    『東海林』さん、『とうかいりん』さん と読むんだそうです。。。

    最初、間違いかからかわれているのかと思ったのですが、本当でした。
    しかも、たくさんいました・・・

    ちなみに『しょうじ』さんは『庄司』さんと書かれる方が多かったです。
    地方の特有なお名前なんでしょうね。

    個人的には、御手洗さん。なぜ『みたらい』と読むのかしら。
    ちょっと、書くのも恥ずかしい気がするし・・・

    トピ内ID:9520059319

    ...本文を表示

    こういう理由です

    しおりをつける
    blank
    うんちく野郎
    ・服部は機織部(はたおりべ。機=服を織る工人の職業集団)の転訛。
    ・東海林は「荘司(荘園の管理者)」の当て字。「東海林」という所に住んでいた「荘司」さんがいたため、表記と音が混ざったもの。
    http://www.myj7000.jp-biz.net/q&a/fq&a.htm
    (ここのQ43、Q44を参考にしてください)

    トピ内ID:9832674606

    ...本文を表示

    たくさんありますね

    しおりをつける
    blank
    由来好き
    地名人名にはたくさんありますね、

    大和=やまと
    春日=かすが
    飛鳥=あすか
    長谷=はせ
    近江=おうみ
    武蔵=むさし
    陸奥=むつ
    常陸=ひたち
    相模=さがみ
    上野=こうずけ
    下野=しもつけ

    昔の地名はわからないことだらけです

    トピ内ID:2404399282

    ...本文を表示

    一概ではないですね

    しおりをつける
    blank
    平凡な苗字
    以前、「東海林」さんと言うお客様がいらっしゃったので「しょうじさん」とお呼びしたら「とうかいりんです」と言われました。

    そう言えば「角田」って書いて「かどた」「つのだ」「かくた」「すみた(だ)」って読みますからねー。苗字って難しい・・・

    トピ内ID:3142470435

    ...本文を表示

    調べてみました。

    しおりをつける
    blank
    オーソレミヨ
    正解が知りたいわけではない、とおっしゃるトピ主さんに申し訳ありませんが、自分が知りたくなって調べてみました。

    服部:衣服(服)を司る職業集団(部)が「はたおり・べ」と呼ばれたところから来たと推理

    東海林:実は「とうかいりん」と読む姓の方もいらっしゃるそうです。
    大陸渡来の林(リン)氏が日本(又は日本の東海地方)に帰着し、日本の林氏という意味で東海林(トウカイリン)と云っていたが、これら林氏の多くは、大陸渡来の承仕師(しょうじし)として、寺院や公家の佛事の雑役などを勤めていたために、いつとはなしにしょうじと呼ばれるようになったものと思う。(「新編姓氏家系辞書」)

    奥深いですね。
    実際に顔見知りの方で読めなかった苗字の内、感心したのは
    七五三木さん。 シメキさんとでした。

    トピ内ID:0543754776

    ...本文を表示

    東海林さん

    しおりをつける
    💔
    ロンリーマン
    茨城には、「東海林」とかいて、「とうかいりん」と読む
    ある意味常識ハズレ、ある意味とても素直な読み方の名字が
    あります。

    最初に聞いたときは、からかわれているのかと思ってしまった。

    トピ内ID:3779638762

    ...本文を表示

    も~出てますかな?

    しおりをつける
    🐱
    シュクラ
    おいらは《日下部》←なぜ、「くさかべ」と読むのか‥?な~ンとなく‥読み方の由来のイメージは浮かびますが(正しいかは、わからん)ちなみに会社の取引先の東海林さんは「とうかいりん」さんと読みま~す。

    トピ内ID:5842916643

    ...本文を表示

    友人に

    しおりをつける
    blank
    ほにょほにょ
    「五十木」さんと書いて「いかるぎ」さん
    「地木楽」さんと書いて「じもくら」さんと言う友人がいました。

    奥が深いですね~。

    トピ内ID:0355694006

    ...本文を表示

    東海林なのに!

    しおりをつける
    😀
    スーパー海物語
    なんと、職場に東海林と書いてとうかいりんさんが居るんです。
    当たり前にしょうじさんだと思っていたらおどろきでした。
    最初は座席表が間違っていると思っていたくらいですから。

    トピ内ID:0839379253

    ...本文を表示

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    なぞなぞ
    興味深い沢山のお返事をありがとうございます。
    地名や姓に、不思議な読み方をするものは確かに多いですね。
    日本の場合は、地名を姓にしている方が多いせいかも知れませんが。
    中には東海林でトウカイリンさんと読む方もいらっしゃって、ますます複雑。
    ほんとに歴史のロマンを感じますね。

    先日テレビで、村主(すぐり)さんの語源を紹介していました。
    村長のような役目の人を古代から「すぐり」と呼んでいたらしい、
    後に同じ意味を表す漢語「村主」が伝わったので、当て字として使ったそうです。

    姓の読み方以外でも、このような長年の疑問があったらお返事ください。
    よろしくお願いします。

    トピ内ID:0265594657

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(6件)全て見る

    昔勤めていた会社に

    しおりをつける
    blank
    ChaCha
    仲村渠さんという方がいました。
    正しくは「なかんだかり」と読むそうです。
    沖縄では一般的な姓だそう。

    あとヨコですが般若(はんにゃ)さんという方も・・
    この方の名前でアポを取ると必ず先方から
    「般若様というお名前で間違いありませんか?」
    という確認の電話が入ってきてました。

    トピ内ID:4989372055

    ...本文を表示

    長谷川

    しおりをつける
    💡
    フー
    長い谷、で何故「ハセ」と読むんでしょうね?

    トピ内ID:4452767957

    ...本文を表示

    七夕

    しおりをつける
    💡
    なぞなぞ
    トピ主です。
    さきほど自己レス書きましたが、コメントが5つほどの時点で書いたので若干辻褄が合わない内容になってしまい失礼しました。
    「服部」「東海林」の由来は、あとでゆっくり調べようと思っていたのですが、詳しく調べてくださった方もいらっしゃり、ありがとうございます。
    ほかにも、いろいろ歴史のロマンを感じさせる例がたくさん挙がっていて、興味が尽きません。

    再びテレビがネタ元で恐縮ですが、先日「しばわんこの和のこころ」を見ていたら「七夕」を取り上げていました。
    これも何故タナバタと読むのか不思議に思っていましたが、中国の行事が伝わり、元から日本にあった棚織津女(たなばたつめ)の伝説と合わさったからなのですね。
    面白いですね。

    トピ内ID:0265594657

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(6件)全て見る

    枕詞からも

    しおりをつける
    blank
    通りすがり
     飛鳥,長谷川,春日は,枕詞の「飛鳥の明日香(あすか)」,「長谷の初瀬(はせ,はっせ)」,「春日の霞処(かすみが)」からと聞いたことがあります.風雅な隠語?
     近江は,近淡海(ちかつあはうみ→ちかつおうみ=琵琶湖)ですね.遠江は,遠淡海(とおつおうみ=浜名湖).国名や地名を二文字にするのが流行った(勅令が下った)ためです.毛野国の内の下毛野(しもつけの)は,下野(しもつけ)に,上毛野(かみつけの)は,上野(かみつけ→こうずけ)

    トピ内ID:3861312492

    ...本文を表示

    艮さん

    しおりをつける
    blank
    堕天使
    【艮】(良)じゃない。
    1画少ないコノ苗字【ウシトラ】と、読みますが。

    トピ内ID:9602392059

    ...本文を表示

    「い」

    しおりをつける
    blank
    凡々
    高校時代の先生に聞いた話です。
    「い」という苗字をなんと読むか?
    正解「かながしら」だそうです。
    「いろはにほへと……」のカナの一番最初(頭)だからですって。
    今のところ、実際にお会いしたことのないお名前ですが。

    このトピおもしろいです。
    とくに「小鳥遊」で「たかなし」と読む意味がわかって、スッキリしました。

    トピ内ID:6008764190

    ...本文を表示

    一見かなり普通っぽいのに…

    しおりをつける
    🎶
    紫の冷蔵庫
    「荻原」と書いて『はぎわら』と読む人!
    「萩原」の間違えではなく、本当に普通に(おぎわら)と書いて『はぎわら』と読むそうです。

    誰かこの謎ご存知の方いらっしゃいますか???

    トピ内ID:7248904325

    ...本文を表示

    ふんだりけったり

    しおりをつける
    💋
    jijiji
    あります、あります、そういう変だなーと思いつつ、調べるほどでもないので放置している疑問。
    私にとってのその手の疑問は「踏んだり蹴ったり」という言葉です。
    状況的に「踏まれたり蹴られたり」のほうが合っていると思うんだけど。

    トピ内ID:9007101691

    ...本文を表示

    全国の皆さん、山形では「東海林:とうかいりん」が普通

    しおりをつける
    blank
    お釜
    山形県出身です。

    ROMしていると東海林を「とうかいりん」と読むのに驚いている人が多いのには、こっちが驚きです。
    山形では「東海林:とうかいりん」が普通の呼び方です。
    あのぉー、全国の皆さん、そんなに驚かないで下さいね。笑

    東海林を「しょうじ」と呼ぶようになったのは、
    山形にあった「東海林(とうかいりん)」と呼ばれた荘園と、そこを管理する人の役職「庄司(しょうじ)」が
    ごちゃ混ぜになってしまった、と言われてますからね。

    東海林のあった本家本元の山形では、そんなおかしなごちゃ混ぜにならずに、
    ストレートに「東海林:とうかいりん」です。

    トピ内ID:8057957869

    ...本文を表示

    ちょっと横

    しおりをつける
    🐤
    さっこ
    トピ主さんのお話からは、ズレているのですが。

    電話で名前を確認したら「オーマミューダです」と言われたことがあります。
    聞きなれない苗字に思わず「え?」と聞き返してしまいました。
    瞬間に流暢な日本語だとか失礼なことを思ってしまい、失礼な対応をしてしまいました。

    その方は聞き返されるのに慣れていらっしゃるのでしょう。
    「ダイズ(大豆)イクタ(生田)と書いてオオマミュウダと言います」と仰りました。
    telの後、変わった苗字と話題にしたところ、北関東によくあるお名前なんだとか。

    「豆生田(マミュウダ)」「中豆生田(ナカミュウダ)」など。
    これも気になります・・・

    トピ内ID:8194733542

    ...本文を表示

    最近でいうと・・・

    しおりをつける
    🐷
    間違いない
    「美人局」がなんで「つつもたせ」?
    なんかイヤらしい語源なのかな??
    な~んて思ってしまいました・・・。

    トピ内ID:4017783765

    ...本文を表示

    横かもしれませんが ~納豆と豆腐~

    しおりをつける
    🙂
    めるくりうす
    abbyさん>

    誰かが答えるかと思ってましたが今のところ無いみたいなので。

    納豆の語源は「(税として)役所に納める豆」から来ているそうです。
    日本では昔々、税として穀物などを納めていましたが、
    そのために作られた豆をさすそうです。(「納所豆・なっしょまめ」が縮んだという説を聞いてます)
    その豆は長期保存用に加工したもので、今主流になっている水戸納豆とは形が全く違います。
    その頃の「納豆」は腐ってませんでした。水戸納豆はその後出てきたようです。

    ついでに「豆腐」の語源ですが
    こちらは名前と共に中国から日本に渡って来た食べ物でして。
    中国では「腐」という字は「くさる」という意味ではなく
    「やわらかいもの」という意味です。

    以上、雑学女からでした。

    トピ内ID:0898503323

    ...本文を表示

    最近知りました

    しおりをつける
    💤
    ビスケット
    友達が出張へ行ってきて読めなかった地名が
    あったということで教えてもらいました。

    富山県の地名だそうで「石動」です。
    セキドウ?イシドウ?って思いました。
    「いするぎ」と読むそうです。

    東京の「東雲」並に難しかったです。

    人の名前はいくつか出ているので、思いついたものは
    「設楽」さんです。小学生の頃から読み方に疑問です。

    トピ内ID:9648732605

    ...本文を表示

    漢字の由来によります

    しおりをつける
    blank
    エイトマン
    ご承知のように元来日本には文字がなく、中国の文字である漢字を借用しています。その時に、中国の発音に沿って「音読み」が、漢字の意味に沿って「訓読み」が出来ております。

    これは、漢字1つに対応するものだけではなく、熟語になっても音読みと訓読みがあります。熟語の音読みはそう問題はないのですが、訓読みとなれば、その熟語の意味をしっかり把握していないと、中々すぐには読めないものです。

    【熟字訓】 松明 流石 向日葵 雪洞 五月蝿 服部 東海林 

    漢字にはもうひとつ、意味とは全く関係なく音だけを拝借した使用法があります。これを当て字と言います。この当て字と熟字訓読みが混同されて、「熟字訓」を「当て字」と言われる事がありますが、熟字訓はあくまで意味から漢字を読むと言う日本特有の応用です。当て字は漢字の意味とは全く関係なく、ただ音読みの漢字を当てているだけです。

    【当て字】 矢鱈  出鱈目  御目出たう御座居ます

    この熟字訓での読みかたが、中々面白く、興味深い単語を沢山生んでいますね。

    トピ内ID:5211923642

    ...本文を表示

    大豆生田さんが多い県の出身です

    しおりをつける
    💡
    なぞなぞ
    >さっこ 様
    レスを読んで故郷を懐かしく思い出しました。
    大豆生田さんは、地元では佐藤さんや高橋さんのようにごく一般的な姓です。
    読み方は家によって若干違いますが、
    オオマメウダ オオマミウダ オオマミュウダ あたりのいずれかが多いようです。
    語源が、オオ・マメ・ウ・ダ、なら納得いただけるのではないでしょうか?

    >通りすがり 様
    私も長年疑問に感じていた旧国名をすっきり解説していただき嬉しいです。
    小町には珍しく(失礼)アカデミックな会話ができるトピに育ってきたようです。
    その点にも大きく貢献していただき、感謝いたします。

    >紫の冷蔵庫 様
    日本の戸籍は、字を登録してあるだけで読み方までは登録していません。
    ですから姓名の読み方だけを変更したい場合は、届出の必要はないそうです。
    極端な話、荻原と書いてハギワラと読んでもサトウと読んでもタカハシと読んでも構わないのでしょう。
    あくまでも仮説ですが、そのハギワラさんのご先祖がどこかの時点で読み間違って現在に至っている可能性もあるのではないでしょうか。

    トピ内ID:0265594657

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(6件)全て見る

    もういっちょ

    しおりをつける
    blank
    通りすがり
    「日下の草香(くさか)」

    トピ内ID:3861312492

    ...本文を表示

    長谷について

    しおりをつける
    🐱
    関西人
    フーさんの疑問、長谷=はせ、は、なぜかと言う疑問ですが、漢字を研究している私の書道の先生から聞いた話です。
    通りすがりさんがおっしゃるように、長谷(はせ)の読み方の由来は、「初瀬」です。
    で、なぜ、そういう読み方になったかといいますと、
    奈良県桜井市に、「長谷寺」という歴史の古い有名なお寺があります。桜井市方面は、昔「初瀬」と呼ばれていました。
    初瀬にあるお寺ということで、「はせでら(恐らく始めは、「初瀬寺」と書いていたと思われる)」だったのです。
    この初瀬寺の参道は、山あいにあり、長い川沿いを沿っていくもので、長い谷間にある寺、ということで、いつしか初瀬寺は、読み方はそのままで「長谷寺」という通称で書かれるようになり、「長谷(はせ)」は俗語として一般化してしまったそうです。
    そして、その読み方が全国に伝わり、定着したとのことです。

    長谷寺参拝については
    http://www.pref.mie.jp/GKENMIN/HP/igabito/kaidouotakara/hase.htm

    トピ内ID:9416989888

    ...本文を表示

    女性の名前

    しおりをつける
    blank
    まさ
    長年の疑問いろいろ募集ということなので、私も1つ…。

    平安時代の女性の名前は、定子(ていし)とか彰子(しょうし)とか
    音読みにしているのか
    (ふりがな付きの文献が見つからないから、暫定的に、なのかな?)。
    そして、なぜ現代の女性の名は、花子(あいこ)など
    子を「こ」と読むのか。

    なぞです。

    トピ内ID:7499975779

    ...本文を表示

    めずらしい姓

    しおりをつける
    はてな
    トピ主さんは珍しい姓をテーマにされたのではないのを承知のうえで,一つ書かせてください。

    『新谷垣内』で『しんやがいと』と読むらしいです。
    驚きました。
    姓を集めた辞典のようなものを見てみたいです。

    トピ内ID:7551374686

    ...本文を表示

    すみません・・・

    しおりをつける
    🎶
    abby
    トピ主さん、割り込みすみません。


    >めるくりうすさん
    私の謎にまで答えてくださりありがとうございます。
    ネットの掲示板って素晴らしいな~って改めて思いました(笑)。
    もちろん書き込んでくださった方も。


    ふとレスを読んでて思ったのですが、
    みなさん「私の出会った変わった苗字」について
    書き込んでおられますが、
    ご自身は普通の苗字なんでしょうね。
    実は、私は私自身が変わった苗字なんです(笑)。
    苗字をさらしたいけどさらせない。
    ジレンマです。

    トピ内ID:5287522233

    ...本文を表示

    横レス、割り込み 大歓迎です

    しおりをつける
    💡
    なぞなぞ
    タイトル通り駄トピですので好きな方向に転がしていただいて結構ですよ。
    まったり行きましょう。

    >まさ 様
    専門家ではないので、あやふやなお答えですがすみませんが
     >> 平安時代の女性の名前は、定子(ていし)とか彰子(しょうし)とか
     >> 音読みにしているのか
     >> (ふりがな付きの文献が見つからないから、暫定的に、なのかな?)。
    何年か前の全国紙に、(まさ様のご想像通り読み方が現代に伝わってないので)便宜的に音読みしてきたが、やはり不自然なので一部の学者は彰子(あきこ)などと呼び始めている、という記事がありました。
    私もずっと不思議に思っていたので、そういうことだったのか、と納得した次第です。

    トピ内ID:0265594657

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(6件)全て見る

    読めない名字と読めても不思議な名字

    しおりをつける
    🐧
    ジーン
    同僚に「掃部」と書いて「かもん」と読む姓の人がいます。いやぁ~、読めないなぁ~。

    逆に読めるけど不思議なものに、「狐鼻」で「きつねばな」だって。そのまんまだけど、まか不思議…。

    トピ内ID:5544447182

    ...本文を表示

    ビスケットさんへ

    しおりをつける
    む~すけ
    「設楽」さん→「したら」さん
    ですよね?

    私は愛知県民ですが、同じ読みで「設楽町」という地名があります。(正式には北設楽郡設楽町 きたしたらぐんしたらちょう)
    まだ地名の由来については調べてませんが(ごめんなさい)、何か関係があるかも知れませんね。

    トピ内ID:5449275075

    ...本文を表示

    よくこんな読み方を考えたな~

    しおりをつける
    😀
    尾白
    おもしろいですね~
    トピ主さんから転がし許可が出ましたので
    私もちょこっと参戦(笑)

    「小鳥遊」の読み方のように情景から漢字の読みを当てた「月見里」
    順番から読みを当てた「一」
    漢字の形から読みを当てた「二」

    トピ内ID:6901253168

    ...本文を表示

    あきらめ

    しおりをつける
    🐶
    pico
    横レスです。
    東海林をショウジと読ませるのとトウカイリンの二つがある疑問が出ていましたね。
    職場に調所さんという方がいました。最初はてっきりズショだと思っていたらチョウショと名乗っていました。推測ですが、元来ショウジ/ズショという名乗りが、時代を経るにつれ通じ難くなり、トウカイリン/チョウショと間違われるケースが増え、当人がいちいち訂正するのが面倒になって、間違いを受け入れるようになった結果じゃないでしょうか。
    あくまで推測です。

    トピ内ID:4233915663

    ...本文を表示

    長女が・・

    しおりをつける
    blank
    3人ムスメの母
    今は小3の長女が、「今日」という漢字を習った頃。
    どこからが「きょ」でどこが「う」か・・。
    悩んでいたように思えます。

    もっともっと小さい頃は、漢字一個に対して読みが一個だと思っていたみたいで。
    うちの子は漢字二文字に読みが三文字の名前なのですが、「一個どこにつくのか」とても悩んでいました。(笑)

    トピ内ID:3206559764

    ...本文を表示

    ズレた疑問がわきました

    しおりをつける
    blank
    ぴぴ
    「東海林(しょうじ)」さん、「服部さん(はっとり)」さん、
    苗字ではありませんが「主税(ちから)」さんなどは
    ふりがなってどのバーツで分かれるのでしょうか?

    例えば「佐藤」さんなら「さ-とう」ですよね?

    珍しい苗字の方ってふりがなをどこで分けるのか疑問です。

    トピ内ID:4359832986

    ...本文を表示

    分けて読むのではないと思います>ぴぴさん

    しおりをつける
    😀
    エイトマン
     東海林、服部は熟字訓読みになっていますから、それひとまとめで読み方が決まっています。

     佐藤は、それぞれの字を音読みしています。

     ですから、佐藤にはそれぞれの字の読み方がありますが、東海林、服部には字に対応した読み方は存在しません。

     ですからパーツで分かれていることはありません。

    トピ内ID:5211923642

    ...本文を表示

    む~すけ様

    しおりをつける
    🙂
    ビスケット
    そうです。「設楽」さん⇒「したら」さんです。
    私の同級生の名字は「しだら」さんでした。
    「設楽」という地名があったんですね~
    知らなかったです。
    それだけでも教えてくださってありがとうございました!

    トピ内ID:9648732605

    ...本文を表示

    ビスケットさんへ(続)

    しおりをつける
    む~すけ
    せっかくなんで地名の「設楽」の由来を調べてみました。
    ・・・と言っても、諸説あって「これだ!」というものがないようですが、有力と思われるのは

    ・平安時代、疫病の流行を防ぐとして民衆に信仰されていた「設楽神(しだらのかみ/せつらくしん)」の名
    ・舞の際に打たれる手拍子を「シタラ」と言った(上記「設楽神」も踊りに関係した神様だったようです)

    という説です。

    トピ内ID:5449275075

    ...本文を表示

    む~すけ様

    しおりをつける
    🙂
    ビスケット
    度々すいません。

    わざわざ調べてくださってありがとうございました!
    なんだか簡単なようで難しいよな。
    そんな説があったんですね~!

    トピ内ID:9648732605

    ...本文を表示

    トピ主です

    しおりをつける
    💡
    なぞなぞ
    みなさま、コメントありがとうございます。

    >間違いない 様
    「美人局」ほんとに不思議な読み方ですよね。
    Wikipediaによると確かにいやらしい意味も含まれているようです。
    ここには書けないので、申し訳ありませんがご自分でお願いいたしますね。

    >ビスケット 様
    >む~すけ 様
    「設楽」さん、私も子供の頃は読めませんでした。
    読めるようになったきっかけは、設楽りさ子(三浦カズの妻)だったと思います。

    >3人ムスメの母 様
    たしかに「今日」「昨日」「明日」・・・みんな漢語に和語の読みを当てただけですね。
    毎日つかってる何気ない言葉にも、意外な歴史が隠れてて興味深いです。

    トピ内ID:0265594657

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(6件)全て見る

    またまた人名&地名です

    しおりをつける
    🙂
    む~すけ
    「国府」。
    人名だと「こくぶ」(「こくふ」さんもいるかな?)で、読み方にあまり悩むことはないでしょう。
    しかし、わが愛知県にはこれを「こう」と読む地名があります。(豊川市の国府町 こうちょう、稲沢市の国府宮 こうのみや)
    「国府町」には高校があるのですが、その名は当然「国府高校」。
    字で書くと何とも思いませんが、読むと「こうこうこう」・・・
    地元なので慣れましたが、やはり時折クスッと笑ってしまいます。

    ちなみに、人名でも「こう」さんはいらっしゃっのでしょうか?興味があります。

    トピ内ID:5449275075

    ...本文を表示

    トピズレに便乗(笑

    しおりをつける
    🐧
    clematis
    フリガナの疑問
    「七五三」という方に出会いました
    シチゴサン!?と思ったら「シメ」さんと言うそうです
    フリガナより漢字の字数が多い・・・驚きでした

    「月見里」で「ヤマナシ」とかは情景ですが(月の見える里には山がない)、この「シメ」さんの由来をご存知な方是非教えてください

    トピ内ID:7182023906

    ...本文を表示

    たかなしさん

    しおりをつける
    blank
    おじさん
    昔聞いたことで、かなりうろ覚えですが、たかなしと言う名前でこんなことがあったそうです。

    時期は戦国時代(多分)
    信濃の国(今の長野県)に「高梨」と言う武将が居ました。
    この武将には4人の息子がおりましたが、それぞれ成人したので、一家を構えさせることになりました。

    その際、長男は自分の後を継がせ、同時に自分の名字である「高梨」の名を与えました。
    続いて次男には「鳥楽」(鷹がいないので鳥が楽しむで「たかなし」)を与え、三男には「小鳥遊」(理由は「鳥楽」と同じ)を与えました。
    最後に残った四男には「仁梨」(仁は徳の中で一番高いもので、これ以上高いものは無いので「たかなし」)を与えたそうです。

    昔の名字の決め方も結構いい加減なもので、おかげで子孫であるわれわれ現代人が苦労するんですね。

    トピ内ID:5577512479

    ...本文を表示

    トピ主です

    しおりをつける
    💡
    なぞなぞ
    みなさま、コメントありがとうございます。

    >む~すけ 様
    「こうこうこう」・・・面白いですね!
    国府の地名は全国にありますが(言わずもがな国府が置かれた地だったのでしょう)、東京駅からJR東海道線に乗ると時々「国府津行き」があり恥ずかしながらずっと読めませんでした。
    正解は「こうづ」で、国府を「こう」と読む例を初めて知りました。
    神奈川県西部・相模湾に面した場所なので、きっと古くから東海道や廻船航路を通じて愛知県と行き来が盛んだったんだろうと想像されますね。

    トピ内ID:0265594657

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(6件)全て見る

    clematisさんへ

    しおりをつける
    む~すけ
    「七五三 しめ」ですが、お正月に飾る「しめ縄」も「七五三縄」と書くことがあったようです。(今は「注連縄」と書くことが多いようですが)
    「七五三縄」は、縄の間に垂れ下がった藁(わら)の本数が三・五・七となっていたことから・・・・だとか。

    何故「しめ」と読むようになったのか(そして何故人名にも使われるようになったのか)がよく分かりませんが、「七五三縄」の場合は「しめ縄」の音が先にあって、後から(意味に合わせて)漢字をあてたのかもしれませんね。

    あ、ちなみに岐阜県に「七五三 しめ」という地名があったようです。(「合併して・・・」というあとがきがあったので、今はないのかな?)

    トピ内ID:5449275075

    ...本文を表示

    水を差すようですが‥‥

    しおりをつける
    blank
    国語教師
    本来、漢字の読みには「音読み」しか存在しないというのはご存じですよね。
    「訓読み」というのは、すべて「漢字の意味に日本語をあてたもの」なんです。
    ですから、厳密に言えば「手」を「て」と読むのも、「海」を「うみ」と読むのも全部「当て字」なんですよ。

    戦後、国語審議会を中心に「当用漢字表」(現在は「常用漢字表」)が作成され、音読みと訓読みが固定化されました。それに該当しないものを一般に「当て字」と言うようになったんですが、それは、ただ「国語審議会のサンプルに漏れた読み」というだけのこと。ですから、「漢字の読みを考える・調べる」ということは、歴史的に体系立てて日本語(特に「和語・やまとことば」)を調べることに他ならないわけで、まず国語学の基礎を押さえることを考えた方が良いと思います。
    たとえば、本来の日本語(現在の文法に使い状態まで整理された時点での日本語。もちろん高校で習った古文の文法が生まれる以前の話です)には「はたおりべ」などということばは存在しません。というか、存在できません。説明するとずいぶん長くなるので省きますが、「服部」は「はとりべ」としか読めないんです。

    トピ内ID:2114185541

    ...本文を表示

    はてなさんへ

    しおりをつける
    blank
    しば
    「新谷垣内」しんやがいと

    新谷は、新屋、新家(新しい家)の仲間でしょうか?
    「家」が代々引き継がれるものであった時代、本家に対してシンヤは結婚して独立した次男、三男・・・の家を指します。

    垣内(カイト、カヤト)は萱を取る場所(土地)の呼称。かやぶき屋根に使う萱です。

    シンヤもカイトも屋号や土地の呼称として残っている地域があるようです。

    →「カヤトだった場所に、新しく家を建てた若夫婦が出発点」?? 

    以上、山村社会学マニアの女でした。

    トピ内ID:7850518353

    ...本文を表示

    おもしろいトピ

    しおりをつける
    🐤
    あたご
    村主と書いて、スグリ、と読む人と、そのままムラヌシ、と読ませる
    苗字の人がいました。オオマミュウダ(大豆生田)さん、結構いるようなんですね。
    珍しい苗字の人は、初対面で必ず、どちらのご出身?と、きかれるんでしょうね。
    いろんな苗字があるんですね。おもしろい!

    トピ内ID:1855871374

    ...本文を表示

    地名は当て字が多い

    しおりをつける
    blank
    だれだ?
    友人の故郷にも、おもしろい地名がありました。

    「西広門田」

    漢字四文字です。何と読むでしょう。

    正解は

    「かわだ」

    ・・・一文字どこに消えたん?

    トピ内ID:0170290206

    ...本文を表示

    名前繋がりということで…

    しおりをつける
    blank
    Tam
    最近はTVでも何度か紹介されたのでご存知の方多いと思いますが…
    「一」=「にのまえ」
    「三」=「さんのまえ」
    とかありますよね。
    実際に「一一」=「にのまえはじめ」さんに会ったことがあります。

    それと全然珍しい名前とかではないのですが名前繋がりで…
    学生時代「うりゅう」先輩という人がいて勝手に宇竜と思い込み
    格好いい名前だとあこがれてたら「瓜生」でえ~と思いました。
    また隣のクラスに「にしき」君と「むらさき」君がいて
    錦と紫なんて格好いい!と見に行ったら名札は「西木」と「村崎」で
    がっくりきました。
    夢見るお年頃だったんですね~。

    トピ内ID:5512162102

    ...本文を表示

    七種

    しおりをつける
    🙂
    ポタージュ
    はいはいはいはいっ!

    もうずっと苗字の読み方が気になっている方が居たのですが
    このトピに書きたくて今日声をかけてしまいました。
    近所のファミレスの店員さん・・突然苗字を聞いたらびっくりしてました。

    「七種」さんで「さいぐさ」さんだそうです。
    どの地域に多いのかしら。

    あと「前」さん「後」さんいますよね。
    「まえ」さんは本州・九州で3人みかけました。
    でも沖永良部など島にいくと「前」さんとかいて「すすめ」さんと読むそうです。

    トピ内ID:0584210598

    ...本文を表示

    七五三は結界のしるし

    しおりをつける
    🐧
    しんちゃん堂
    「七五三」を「しめ」と読むわけ。
    中国や日本では、古来から奇数は「陽の数(おめでたい数)」、偶数は「陰の数」とされていました。そこから、不吉なことがあったときに、陽の数である奇数を組み合わせ、その強いエネルギーで邪気を払おうとしたのです。邪気を払う場所である結界を表す注連縄を「七五三縄」と書いたり、注連縄の下がりが七と五と三という奇数の組み合わせになっているのもこのため。子供が七歳、五歳、三歳でお宮参りをするのも、幼児死亡率が高かった時代には七歳までは「神の内」で、子供は結界によって守られていると考えられていたからです。つまりこのお宮参りは結界の中から人間界に移る儀式なのです。そのためこの儀式を「七五三」と言うのです。節句が陽の月になっている理由も同じ。これ、昔「テレビムック」という番組でやってた記憶があります。

    トピ内ID:8969883926

    ...本文を表示

    「しめ」

    しおりをつける
    🙂
    む~すけ
    以前に「七五三」を「しめ」と読むことについてレスした者です。
    しんちゃん堂さんのレスを読み、『そういえば「しめ」という言葉そのものの意味を調べてなかったな~・・・』と今頃になって気付きました。

    しめ(注連・七五三・標)→領域や立入禁止を示すための標識

    つまり、「しめ縄」は結界との境界線なんですよね。
    勉強になりました♪しんちゃん堂さん、情報ありがとうございます。

    トピ内ID:5449275075

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    10件ずつ表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (6)

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0