詳細検索

    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    文系大学で教員になるには?

    お気に入り追加
    レス19
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐤
    まりりん
    仕事
    私は28歳女、理系学部を卒業し、医療系専門資格を持って働いているものです。
    親のすすめで大学受験し現在の職業についたのですが、元々文学や社会学に興味があり、
    文学部志望でした。ただ、女子の就職難が厳しい時期でもあり、まわりの勧めもあり理系にすすみました。
    今の職業は社会的に悪くはないと思うのですが、根本的に自分の興味ある仕事ではなく、
    働き始めて数年たち、本を読んだり文章を書いたりといった環境に身を置きたいという気持ちが強くなり、
    働きながら文学部を再受験しようかと思っています。
    将来的には、文学部で教育研究をしていけたらと思っているのですが、そのためにはどのような
    方法がよいでしょうか。
    少なくとも、文学部(大学院も含め)を卒業する必要はあるかと思い、お金を貯めて再受験を考えています。
    卒業後も、一般企業に勤めるつもりはなく、給与が安くても、文学にかかわる仕事ができればと希望しております。
    勝手な希望でお叱りを受けるかもしれませんが、何かアドバイスをいただければ幸いです。

    トピ内ID:2711065622

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 2 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数19

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    出家同然の覚悟を

    しおりをつける
    🐴
    ひー
     偉そうなタイトルをつけてしまいましたが、残念ながら大学教員になるための道は、非常に厳しいです。
     私は教育学部→文学部大学院という道を辿りました。研究は好きでしたが、自分の将来に不安を感じ、一般企業に就職し、現在に至ります。
     当時、一緒に研究をしていた同期や先輩達を見渡しても、ずば抜けて優秀だった人も含めて、まともに大学に就職できていない状況です。40歳でも、専任として就職できずにいる人も普通にいました(非常勤講師で食いつないでます)。

     まりりん様は、現在、専門的なお仕事をお持ちとのこと。まずは、お仕事を辞めずに、まずは、夜間の大学に通ってみてはいかがでしょうか?
     そして、(度胸がいりますが)、その大学で知り合った教授をたよって、大学院のゼミに参加させてもらい、様子を伺ってみてください。文学系大学院は、出家僧のような人々の集まりなので、独特の雰囲気があります。鬱になる人も多いです。ご自分に合う、合わないを見極めないと、後で後悔します。
     辛口レスですが、どうか、決断を早まらないで、慎重にお願いしますね☆

    トピ内ID:9525418960

    閉じる× 閉じる×

    通常ならやめた方がよいというのですが

    しおりをつける
    🐧
    nene
    医療系大学で教えていました。文学は今、どの分野でも需要はありません。たぶんやめた方がよいというレスが多いと思います。
    まず、医療系の専門資格なのですが、大学で教えられる条件は一応満たしていますか?小さなことでもよいのです。医療関係なら、大学を選ばなければ、縁があれば、職はあります。信じられない業績の人がごろごろいます。大学も出ていない人さえいます。
    あえて二足の草鞋を履くのです。文学の学会でも、医師の資格を持つ人がいます。看護師で頑張って文学を研究している人もいます。ただ、彼らは勤務先では「文学」を教えていません。医療関係を教えています。大学で教えたいのでしたら、医療系の方で業績を作った方が簡単です。
    これから文学を大学で教えることは今は皆無だと言ってよいでしょう。
    中学・高校なら、団塊の世代の大量退職で、今がチャンスです。教員免許をすでに持っていたら、教科教育と専門科目の履修だけで、大丈夫です。
    そのためには、学部入学や編入では間に合いません。修士課程に入ればよいのです。修士2年で、中学・高校の教員になる方法もあります。
    医療系からの実例はありますが、とても大変です。

    トピ内ID:9719133885

    閉じる× 閉じる×

    自分のために

    しおりをつける
    blank
    kitaro
    私は、社会科学系の大学教員です。
    文学系の別学部の同僚と親しく接する機会があり状況はよくしっています。

    まず、私の個人的なアドバイスは、「やめた方が良い」です。
    文学系研究者は、おそらく研究者のなかでも最難関のキャリアだと思います。
    実力は当然として、運が相当良くなければ専任の研究者にはなれません。
    わかりやすく言えば、東大文学部から大学院を修了して博士になったとしても、研究者になれる人の方が少ないです。
    運は、努力では補えません。

    ただし条件次第です。
    あなたが親や配偶者から潤沢な経済援助を受けられ、ご自分は自由に遊べる。
    あるいは、これまで仕事をしてきて残りの人生遊んで暮らせるだけのお金がたまった。
    以上のような場合には、何も問題ありません。
    大学は出ておられるようですので、社会人入学で3年編入すればよいと思います。
    普通に1年生から入学するよりずいぶん楽に入学できます。
    場合によっては、大学院に直接進むこともできるかもしれません。
    博士号までとったら非常勤講師をやり続けましょう。
    研究は個人で続けて、コネを広げましょう。
    あとは運です。

    トピ内ID:5966264690

    閉じる× 閉じる×

    あまい

    しおりをつける
    blank
    大学教員
    砂糖、1kgより甘いと思います。
    今、大量のポスドク過剰が問題になっているのをご存知ない?
    文系でも大勢の非常勤の方々が居ます(本業がない、ってこと
    ですが)。今、大学に定職を求めるのは宝くじに当たることを
    願うようなものです。

    トピ内ID:6255553325

    閉じる× 閉じる×

    やりたいこと?

    しおりをつける
    🐤
    通りすがり
    まず「卒業後も、一般企業に勤めるつもりはなく、給与が安くても、文学にかかわる仕事ができればと希望しております。」とのこと。万事金金かねのご時世に、偉いお方がいらっしゃると感心いたしました。単に文学を自分で読むのとは違って、(1)文学について毎週何駒か講義をする、(2)学生が文学について書いたものを批評し訂正する、(3)自分の文学についての意見を学界に口頭や著作で発表してゆく、といったことが仕事の内容になると思いますが(「文学」の代わりに「社会学」を入れても同じです)「元々文学や社会学に興味があり」「本を読んだり文章を書いたり」「文学部で教育研究」と言った言葉に、目的をもうすこし煮詰めてお考えになるのがよいのではと感じました。

    トピ内ID:9775634677

    閉じる× 閉じる×

    現在の職を手放すべきではない

    しおりをつける
    blank
    理系大学教員
    ひとことで言えば、再受験は止めておいた方が賢明だと思います。

    大学教員になるには博士号(またはそれに匹敵する研究業績)が必要であり、今から大学に入り直しても最短で7年(学部3年次編入から始めた場合-通常は10年見ておく必要があるでしょう)かかります。無事に博士号が取れたとしても、常勤の大学教員になれる保証は一切ありません。能力があっても非常勤講師を掛け持ちして食いつないでいる人がたくさんいます。特に、現在の大学は「金になる研究成果を出さなければ潰す」と、国や社会から圧力を受けているので、文学部のような基礎学問分野の今後の見通しは、非常に暗いと言わざるを得ません。

    現在の職業が、資格に基づいていて、かつ、社会的に評価されているものならば、手放すのは非常にもったいないと思います。「興味がある」のと「才能がある」のとは違いますから、いきなり文学部に再入学するより、通信制の科目履修生として専門科目をいくつか学んでみることで、ご自身の能力適性をよく見極めてみてはいかがでしょうか。世にあふれている「自分探し」ブームにのせられているのではないことを期待します。

    トピ内ID:7850525136

    閉じる× 閉じる×

    経営学部教員は

    しおりをつける
    blank
    黒ごま白ごま
    経営学部の教員というのは、前職が企業や国家一種をはじめ、様々な職種の経験者が多いです。旧帝などを除いて、ですが。

    私の友人は、医学部の看護学科を卒業後看護師のキャリアを数年積み、経営学部の大学院博士課程を経て、医療経営?とか社員の健康管理に関する専門で大学の准教授になりましたよ。

    その友人曰く、「自分の経歴はめずらしい方ではない。」だそうです。

    トピ内ID:0879075694

    閉じる× 閉じる×

    理系以上に研究職は難しいのでは

    しおりをつける
    blank
    どどど
     文系の研究職は、ハーバード・ビジネス・レビューだとかごく一部の例外を除いて理系の様にインパクト・ファクターが数値化された論文誌などがあるわけではなく、何か大発見や一発当てて大出世というのが基本的にありません。

     非常勤講師→常勤講師→準教授、助教授→教授と何十年とかけて上っていくしかない。
     しかも今は少子化で地方私立大学を中心に多くの大学が財政難に陥っていますので、一コマいくらの非常勤講師の募集の口すら少なく、ものすごい競争率です。

     これまで多くの文系研究者の大学へのとっかかりとなっていた語学教員ですら、自前で非常勤で雇うのではなく、人材派遣会社や語学学校と提携して派遣されている例が多くなっています。

     そして、文系の大学教員は外部の人間の方がむしろなりやすいと思います。実学指向が高まっていますので、象牙の塔しかしらない人間よりも、外部の民間企業や同分野で名をなし、功をなした人物を広告塔も兼ねて教員として招聘する傾向が強くなっています。
     文学に関わる仕事なら、まずは今の仕事を題材にして小説を書けばいいのでは?特殊な職場なら扱う価値はあると思いますよ。

    トピ内ID:5149798123

    閉じる× 閉じる×

    暗い話ですが

    しおりをつける
    blank
    じむいん
    地方の中堅校で事務をしています。
    数年ごとに、退官される教授の後任を募集していますが、常に数百名の応募があり、東大や京大、六大学などの博士課程を修了し、講師経験があり、論文多数、専門分野での著作(自費出版ではなく)が1~数冊という方も少なくありません。
    けれども、その方々ですら書類選考の段階でお断りしているのが現状です。
    そして1年ごとに状況は悪化していくでしょう。
    私大に強力なコネがあればもちろん話は別ですが、その大学の将来性は確かめておきましょう。

    ところで、あなたは大学教授にどんなイメージを持っていますか?
    >本を読んだり文章を書いたりといった環境に身を置きたいという気持ち
    というくらいでしたら、文学部の教員は向かないかもしれません。
    研究分野より、教育分野やその他の仕事に時間を費やし、神経を消耗する仕事のようです。
    教育分野というのも、「時々、オヒメサマのお守りをしている気分になる」とある教授が自嘲したように、以前とは学生の有りようが違ってきているようです。

    トピ内ID:4085308585

    閉じる× 閉じる×

    なってからも大変よ (横)

    しおりをつける
    😑
    お節介
    横なのですが…。
    父が文系の大学教授でした。夫も大学の講師です。
    兄は大学の非常勤講師掛け持ち(文系)。

    大学の教員て、そんなにいいもんですかね…。
    ためしに”大学 定員割れ”ででも検索してみて下さい。あと、じむいんさんの
    >研究分野より、教育分野やその他の仕事に時間を費やし、神経を消耗する仕事のようです。
    に、超同意です。

    「どうやったらなれるか」もいいけど、現役の大学教員に
    「大学の現状」について、もっと詳しく話を聞いた方がいいのでは、と思いました。

    それから、個人的に、まりりんさんの、今28歳という年齢が気になります。
    30代を前に、自分は今のままでいいのだろうか、と考えてしまう年頃ですよね。
    ”この先”とか”本当にやりたい事は”とか。。
    止める気はないけど…、気をつけてね。

    トピ内ID:1220286514

    閉じる× 閉じる×

    じっくりと考えましょう

    しおりをつける
    blank
    そうそう
    文学部教員です。

    大学教員が自由に時間を使い研究できる環境にあるかといわれれば否と答えざるを得ません。皆さんお書きになっておられますが、大学教員になると、研究・教育・学内行政が義務になります。

    そのうち研究の部分だけを取り出してみれば、共同作業が必要な理系に比べ、文系は一人での研究が主ですから、トピ主さんが書かれた
    >本を読んだり文章を書いたりといった環境
    なのですが、後者二つは全く違った性格です。時間的な割合は…2:3:5よくて3:3:4でしょう。
    最近は特に教育に対する要求が高まっていますので、手抜きは許されない雰囲気で、表現は悪いかもしれませんが「教育・学内行政の合間を縫って研究」という感じだと思います。

    ただ、トピ主さんの文章を読むと、「本を読んだり文章を書いたりといった環境」で、「給与が安くても、文学にかかわる仕事」ということですので、別に大学でなくとも、ライターや小説家などフリーで活動できる仕事も含まれると思います。
    無論それらも大変な仕事ですが、(大学教員よりは)まだ自力でなんとかなる気がします。じっくりと考えられたらどうですか?

    トピ内ID:0044569284

    閉じる× 閉じる×

    これからが長いですよ

    しおりをつける
    blank
    サッチモ
    文系の大学教員です。

    お気持ちはわかります。これから大学院に行って、その研究で何らかの収入が得られるまでに10年はかかるものと腹をくくり、さらには現在の医療系資格で食いつなげるという見通しがおありでしょうか。

    年齢が年齢ですので、目先の損得よりも、自分の人生で好きなことをやって30代をすごしたいと思う頃かなと思います。文系の大学院はリスキーであることは確か。でも、専門技術や資格、不動産収入、配偶者が安定収入があるなど、どこかで保険がかかっていればチャレンジされるのもよいかと思います。

    トピ内ID:8976795861

    閉じる× 閉じる×

    おすすめします

    しおりをつける
    🐷
    あきこ
    『高学歴ワーキングプア』フリーター生産工場としての大学院 
    水月昭道著 光文社新書

    もしかしたら社会学にも興味のあるトピ主さまですので既読かもしれませんが。

    トピ内ID:9170681045

    閉じる× 閉じる×

    みなさん大事な視点を忘れていらっしゃる

    しおりをつける
    blank
    あれかし
    トピ主さんは女性です。これはとても重要な事実だと思います。

    もしトピ主さんが男性であれば、「出家する覚悟で」というのは適切な助言であったろうと思います。文学部や大学そのものの厳しい実情といったものもそうです。この場合、生半可な決意で挑むべきではないというのが結論になるだろうと思います。

    ですが、トピ主さんは女性です。つまり、いつでも結婚という逃げ道があるのです。逃げ道と表現しましたが、これはもちろん悪い性質のものではありません。適切に表現するなら、男性にはない武器をお持ちだということになるでしょうか。

    失礼かもしれませんが、数年後のトピ主さんは院辺りで壁の高さを実感し、生理的な出産限界が迫っていることもあり、それまでに見つけためぼしい男性に結婚を迫り、そこで当初の目標からはリタイヤしているような気がします。実際にそのような女性を何人か知っています。何度もいいますがもちろんこれは悪いことでも何でもなくて、なんというか、ただこれが現実ということです。

    女性であれば男性ほどの決意は必要ないと思います。常にそこに扶養されるという道があるのですから。

    トピ内ID:4560651809

    閉じる× 閉じる×

    その前にできること

    しおりをつける
    blank
    青虫
    普段、本を読んだり、文章を書いたりしていますか。
    「就職難が厳しい」という表現をなさっているところから、書いてはいないのかなと思いました。
    もう少し読書と文章の勉強をなさってはいかがでしょうか。
    大学にいかなくてもそれはできると思います。

    トピ内ID:6739414335

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      十数年前の私

      しおりをつける
      😀
      はるまき
      まりりんさんの投稿を読んで、10数年前の自分を思い出しました。私も医療系の資格を持ちながら、別のことがしたくて(文学ではありませんが、やはり文系の学問)、社会人入試を受けて大学に入りました。働きながら4年間通いました。

      大学では成績もよく、卒論の評価も良かったので大学院に進むことを考えていましたが、私の場合は経済的な理由で断念しました。担当教授(少し浮世離れしている)からは惜しまれましたが、他の教授(現実派)とお話したところ、女性で、しかも現役ではないというところで大学院卒業後に研究職というのは非常に道が狭いことを知りました。

      卒業後、元の仕事を続けていますが、その傍らで独学で勉強し、大学教員にこそなれませんでしたが、自分が勉強したことを生かせる仕事を手に入れました。本業と二足の草鞋ですが、自分ではとても満足しています。

      今から10年後、挑戦しなかったということを後悔すると思うなら、そのまま突き進んでみてもいいと思います。資格もあるので、いつでも軌道修正できますし、大学に通う間に別の道が見えてくるかも知れません。頑張ってください。

      トピ内ID:4383221319

      閉じる× 閉じる×

      狭き門

      しおりをつける
      blank
      まこ
      夫が有名私大の教授です(文系)。
      教え子さんのなかには研究者の道を目指す人が何人かいますが、とても厳しいですよ。特に常勤になるのは大変です。
      まず、ずば抜けて優秀なこと。これは説明の必要はありませんよね? もちろんドクターは必須です。
      次に、人間性が素晴らしいことも大変重要です。大学の教員は教えること、研究することだけが仕事ではありません。学会や入試や学生相談などいろんな事務的な仕事がまわってきます。チームワークができないとダメ、特に指導教授とウマがあわないと致命傷です。夫のまわりの同僚や後輩の方はみなさん、大変気持ちいい方ばかりで、人徳者が多いです。
      そして運やタイミング。教員の募集は毎年あるわけではありません。夫の専攻では、数年に1人程度の狭き門です。
      もちろん都内で・・・などと考えていてはいけません。名古屋や長崎、熊本など、どんな遠くでもクチがあれば皆さん行かれています。

      と厳しいことばかり書きましたが、女性にとってとてもいい仕事とは思います。
      ご自分に能力と覚悟があるか見定め、道に向かってがんばってください。

      トピ内ID:8878130964

      閉じる× 閉じる×

      段階を書かせてもらいますと…

      しおりをつける
      blank
      いといとん
      I. 研究の技術を身につけること(大学院で学習)
       お金を払って物事を学ぶ段階。

      II. 研究者と認められること(学会で発表)
       お金を使って自分の評判を高める段階。

      III-a. 教員として採用されること (採用試験にパス)
      III-b. プロの研究者として認められること (国や本屋、企業から資金援助をうける)
       aとbの順序は人による。ひとりで生活できる段階。


      これらは、それぞれに特別な関門があります。

      文系学問ではこの三段階の間にひらきがありすぎて、就職困難の一因となっています。

       ですから、「まだ」大学院にいくかどうかを考えている段階であれば、第一段階をクリアできるかどうかを考えるべきだと思います。残念なことですが、文系大学院の多くは同じ理系ほど体系だった指導技術を持っていません。つまり自分で一からできる自信と能力がないと何年あっても足りません。

       それなのに、できがよくない院生に対しては、指導が面倒と言う理由で、第二段階でやっていける希望がまったくないにも関わらず、第一段階合格サイン(博士号含む)をしてしまうことがあります。あとは推して知るべし。

      トピ内ID:7769069242

      閉じる× 閉じる×

      今の道を追求すれば?

      しおりをつける
      🎁
      >本を読んだり文章を書いたりといった環境に身を置きたい
      のであれば、なぜ今の道(理系)で追求していかないのですか?

      文系といっても、構造理論やネットワーク論等は理系の知識が必須ですし、社会学がすき→文系という短絡な考え方では、とても社会学系のようなねっちりした学問体系の世界で研究をしていくことは出来ません。

      理系学部でも、社会学・科学哲学などは嫌というほど勉強しますので、その道を追及したらいいのではないですか?

      理系でも文系でも、研究者の仕事は論文を紙ベースでトン単位で読み、実験したり観察したり考察したり、その他方法論は違えども、それらの過程を経て論文にしていきます。

      それとも、小説を書きたいのですか?
      それは研究者の仕事ではありません。

      トピ内ID:6945512686

      閉じる× 閉じる×
      並び順:古い順
      • レス一覧
      • トピ主のみ (0)

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        使用イメージ
        使用イメージ

        マイページ利用でもっと便利に!

        お気に入り機能を使う ログイン
        レス求!トピ一覧

        注目トピ

          Twitter

          Follow
          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          発言小町大賞0