詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    7歳の娘が麻酔を怖がっています

    お気に入り追加
    レス10
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ゆみこ
    ヘルス
    初めまして。7歳の娘の足の指に悪性かもしれない
    ホクロっぽいものがあり日赤へ受診してきました。
    娘は6歳のときゆびにしこりができそれを局部麻酔をして
    切除したことがありその麻酔がすごく痛かったらしく
    トラウマになっているのか、
    また局部麻酔をするということを言われ、しかも2箇所。かなり落ち込んでいます。
    少しでも麻酔の痛みを減らしてあげることはできないでしょうか?
    お医者様は悪性の可能性が少しでもある場合はメスで大きめに切除するしかないとおっしゃっています。

    手術後は毎日消毒、1週間ほどで結果がわかるみたいです。抜糸も娘は怖いらしくて
    私自身、局部麻酔も抜糸も経験がなく「大丈夫だよ」としか言ってあげられません。

    局部麻酔、抜糸の恐怖、痛みを減らしてあげられる方法
    また、情報などなんでもいいので返信できるかた
    よろしくお願いいたします。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数10

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    7歳で局所麻酔で皮膚腫瘍切除は難しい

    しおりをつける
    blank
    Mr.President
    7歳で指の皮膚腫瘍を局所麻酔でとるのは、普通に考えても難しいとおもいます。
    それほど急いでとる必要のある腫瘍なのでしょうか。
    足のほくろでも悪性化する可能性はわずかですし、別の病院で意見を聞いてみるのはどうでしょうか。

    痛みを軽くするのであればペンレスという麻酔のテープ剤がありますが。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    まず担当医に話しましょう

    しおりをつける
    blank
    なおゆき(♂)
    ちょうど物心つく頃ですし、以前に恐い思いをしたなら、確かに恐いでしょうね。

    まずは担当医に、前回同様の麻酔をして、非常に痛がっていたこと、その時の記憶から麻酔をとても怖がっていることを告げましょう。
    なるべく痛く無いように麻酔法を工夫してくれると思います。

    最近は局所麻酔施行前に、注射部位にまえもって表面麻酔薬を塗布してから皮下注射をする施設もあります。
    それでも麻酔薬が皮下組織に浸潤していくときのジーンとくる痛みはさけようが無いのですが、それは話し掛けたり、気をまぎらせることで軽減されると思います。

    もし外来処置室での手術で、お母さまも一緒に入れるようなら、担当医の許可をとって傍についてあげて下さい。
    大人でも不安が強い時は痛みを強く感じる傾向がありますから、ましてお子さんならお母さまがいるだけで不安が軽くなり、結果痛みも軽くなります。
    お気に入りのお人形などがあればそれをだっこさせるのもひとつの手です。

    抜糸の痛みは基本的には皮下注射と同程度です。
    そばにいる、手を握る、話し掛けるなどで不安を解消してあげてください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    さらに大切なのは、お母さんの態度

    しおりをつける
    blank
    なおゆき(♂)
    この時、お母さままで一緒になって恐い恐いと思っていたら、その恐怖感は確実にお子さんに伝染します。
    まず、お母さんが「この手術はこの子にとって必要な事なんだ」と気持ちをしっかり持ちましょう。

    子供の7歳というのは、結構いろんな事を理解できる年頃です。
    まだそんな難しい事、この子にはわからないと決めつけないで、わかりやすい言葉と真摯な気持ちで話してあげてください。
    話の内容はわからなくても、親御さんが真剣に話してあげる、その様子を見ることで、子供は「これは大事なことなんだ」と察することができるものです。
    あなたのお子さんのい理解力を信じましょう。

    (字数制限のため次へ)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    話してあげる際のポイントは

    しおりをつける
    blank
    なおゆき(♂)
    話してあげる時のポイントは
    ・今回の手術は、自分が悪い病気にかかっていないかを知るために必要な事。
    ・もし痛いのがイヤで逃げていたら、もしも悪い病気だった時、あとからもっとたくさん痛い事をしなくてはならなくなるかも知れない事。
    ・前回も麻酔の注射は痛かったけれど、その後は痛く無かったという事を、本人に思い出させてあげる事。

    お子さんをおどかす必要はありません。
    ただ、ちゃんと調べてみないとわからない事もある、調べるのは早い方が良いんだと教えてあげて下さい。
    それと、手術を我慢したら御褒美に○○を買ってあげる、というような「御褒美でつる」のはいけません。
    もし御褒美をあげるなら先にあげて、頑張ろうねと声をかけ、終わったらうんと褒めてあげて下さい。

    お嬢さん、良性であるといいですね。
    手術が無事おわることを祈ってます。
    頑張って下さい。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    塗る麻酔

    しおりをつける
    blank
    八橋
    抜糸についてはよくわかりませんが、
    麻酔の痛みを減らす「塗る麻酔」を
    小さい子に使っている病院もあるそうです。
    お医者さんに聞いてみてはどうでしょうか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    7歳にはきついでしょうね。

    しおりをつける
    blank
    レイラ
    本当に痛い麻酔(背骨の間にする注射等)だとその痛みを和らげるための麻酔ってものがあるのですが、お嬢さんの場合は針で刺される痛みがつらいのですね。
    7歳という年齢を考えればうなづけます。
    でも、どうしようもないですね。

    お母さん、こうおっしゃってはどうでしょうか。
    「お母さんもあなたが痛い思いをするのはとってもつらいよ。出来ればあなたに痛い思いをさせたくなんて無い。でもこのまま放っておいたら麻酔をする時よりもっと痛い思いをしないといけないんだよ。痛かったら泣いてもいいんだから」と。

    抜糸は私の場合は腹部の抜糸だったのですごーく痛かったのですが、ものによっては溶けてしまうものもあります。だめもとで、先生に相談されてはどうですか?(素人考えなので、どういう時に溶ける糸を使うのか分からなくてすみません)。
    私自身、手術した経験があるのですが、その時に「大丈夫だよ」と「頑張ろう」という言葉はあまり言って欲しくなかったです。
    とにかくお嬢さんを抱きしめてあげてください。そして手術後は「えらかったね」と誉めてあげてください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    このような嘘はいかがでしょう?

    しおりをつける
    blank
    ジェシカ
    大きくなると、だんだん痛くなくなるんだって。前にやった時は6歳だったでしょ?
    ○○ちゃんは今7歳だよね。
    だから、前よりは痛くないよ。

    前の麻酔は痛かったからってお話したら、お医者さんが違う種類のお薬使ってくれるって。
    今度のほうが新しいお薬だから、痛くないんだって。

    抜糸についても、
    今度の糸は、自然に溶けてなくなるのを使ってくれるって。
    だから抜糸しなくてもいいんだよ。
    溶けないで残った時だけ、抜糸するんだって。

    あとは、トラディショナルな
    「お利口さんにしてれば痛くない」
    というのはどうでしょうか?

    …そのような方便も駄目そうだったら。
    正直に
    「麻酔しないで切ると、もっとう~~~んと痛いんだって。そのほうが嫌でしょう?」
    と言うのが一番良さそうな気がします。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    全身麻酔も考慮

    しおりをつける
    blank
    麻酔専門医
     まずは、主治医に、その恐怖感について、相談してください。恐怖を感じるのは恥ずかしいことでもなんでもありません。その気持ちを無視して、信頼関係が崩れると、その後の治療もスムーズに進められないので、賢明な医師なら、何らかの方法を考えるはずです。
     麻酔専門医の常勤する施設なら、全身麻酔を考慮すると思います。大人なら局所麻酔ですむものでも、処置中にじっとしているのが困難な子ども(大人でも)そのために全身麻酔を選択することはよくあります。痛みは局所麻酔でとって、軽く鎮静するという程度でできると思いますが、麻酔専門医がいなければ、安易な鎮静は危険なのでお勧めできません。
     全身麻酔以外では、処置の重要性をお子さんにわかるよう説明し納得してもらった上で、好きな音楽を流す、お母様に手を握っていてもらう、ぬいぐるみを抱きしめる、などの方法で恐怖感と戦うこともできると思います。
     お嬢さんの手術、無事に終わって、悪いものが出ないことをお祈りしております。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    甥が同じ手術をしました

    しおりをつける
    blank
    ローズ
    甥が小学三年生の時、手の指にできたほくろを大学病院で手術しました。
    やはり、手術と聞いてとても怖がっておりましたので人事とは思えずレスさせていただきます。
    当日はもちろん親は手術室に入れませんので、実際はどうする事も出来なかったようです。
    母親は「切らないと大変な事になる」「大丈夫、そんなに痛くない」など言い聞かせていたようです。
    あと、終わった後に欲しがっていたおもちゃを買ってあげる約束などして気を紛らわせていました。
    たいしたアドバイスができずごめんなさい。
    中学二年になりましたが、今ではなんともありません。
    ただ、そのままにしていたらガン化するものだったようで(細胞診でわかりました)早く処置できてよかったです。
    手術自体は30分程度で、簡単なものだったようです。
    怖がっている娘さんを見るのはおつらいでしょうが、母親が心配顔をしていると、子供にも不安が伝わると思いますので、ドンとかまえてあげて下さい。
    どうぞ、おだいじに・・・

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ジェシカさんへ

    しおりをつける
    blank
    アクア
    すみません、指名して。

    子供がこども病院に入院してました。

    乳幼児ならいざしらず、
    小学生くらいになれば、
    これがどんな手術で、どういったことをするのか、
    薬はこういった力があって、
    それによって、どう良くなるのか、
    小さい子供に図で説明したり、
    ぬいぐるみを使ってわかりやすく教えてくれたりします。

    そうすると、適当な嘘や、ごまかしでだますより、
    子供も、幼いながらに一生懸命理解し、
    それを乗りこえようとしますよ。

    ごまかしは、とてもいけません。
    子供なりに自分の体に不安を感じているんですから、
    こっちも真剣にできるだけわかり易く話してあげましょうよ。

    だから、ママもお勉強しましょう。

    トピ主さん、
    先生に話して、どうやって子供にうまく説明したら
    いいのか、アドバイスもらうなり、
    気のいい先生や看護婦さんからでも
    子供に声かけてもらうようお願いしてみては?

    ママも心配ですものね。

    私も、こども病院で、たくさんの経験をさせてもらい、
    いろいろ考えさせられました。
    おこさんと乗りきってくださいね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

      注目トピはありません。

      Twitter

      Follow
      みんなの投票結果

      編集部から

      編集部からのお知らせはありません

      Horoscope | 大手小町

      発言小町大賞0