詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    哲学 物質主義と歴史主義

    お気に入り追加
    レス13
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    眉間にしわ
    話題
    現在、欧州のとある国で語学学校に通っています。授業中に、先生が軽く物質主義と歴史主義について説明しました。

    物質主義と聞くと、「物を持つことに価値を置く」というような実社会での傾向や批判などを思い出すのですが、先生は、哲学の定義はちょっと違うとおっしゃっていました。その後、インターネットで物質主義を探したのですが、哲学の定義は見つかりませんでした。

    歴史主義についても調べましたが、その日本語を何度読んでも、理解できませんでした。日本語で理解できなければ、今習得している言語で理解できるはずがありません。

    どなたか、私にかみくだいて、子供に説明するように、ご教示お願いできないでしょうか???

    ちなみに、クラスメートのロシア人、ポーランド人の子は、まだ若いのに、しっかりと理解していました。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数13

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  13
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    (苦笑/壱)

    しおりをつける
    blank
    SYIT
    少し調べてみましたが、私もよく理解できませんでした。
    原因の一つに、「訳が下手」という要素が含まれると思います。(恐らくトピ主さんも、著者は外国の方の歴史主義に関する記述を読まれたのでは?)


    それともう幾つか重要な事があるのですが、トピ主さんはおそらく、ヨーロッパの学校に通われていると思います。
    そうすると、まず聖書に通じていなくてはならないかと…。

    基本的に、聖書の考えが頭にあって初めて理解できる部分も少なくないはずです。(と私は思いますけれども、実際どうかは知りません(笑))

    私達日本人の歴史に対する価値観や認識と、ヨーロッパの方々とでは随分と隔たりがあるはずですし…。

    ですから、歴史主義・物質主義とはなんぞや?の前に、まず「日本人からモノを見る事の脱皮」が必要だと思われます。

    日本人的な考えや理解から、先生の仰ってる事を眺めても理解から遠くなるばかりではないでしょうか。


    何やら偉そうな事を書いてますけれども(苦笑) 今回のトピを見て思い浮かんだのは以上の通りです。

    これだけですとアレなので、少し歴史主義について私が考えた範囲でお話させて頂きます…。(続きます)

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    (苦笑/弐)

    しおりをつける
    blank
    SYIT
    言い忘れておりましたが、私はこの手の専門知識は皆無です。

    普通の人が歴史主義に関する記述を読み、それに対しての感想を以下に述べていると思ってください。
    (物書き下手なので、稚拙な文ですが。(笑))

    まず歴史というのは「実在した過去の出来事」ですよね。
    全てが真実なわけです。(誇張や歪曲は別として)

    さて、ここで一つ例えですが。「戦争はいけません」
    皆さんご存知のフレーズです。
    事実、その通りだと考える人が多数でしょう。

    ではそれは何故か?と問われた時に、歴史主義であれば「それは歴史がそれを示しているからだ。」と、こう答える事が出来るのではないかな、と思います。
    それが歴史主義、という事で良いのではないでしょうか…(と私は思いますが。)

    歴史がそれを示している、というのは「戦争が起きたらどうなるか」というのは過去の歴史から見る事ができますよね。
    そして過去の歴史を見た時に、戦争が起きる前と後がどうなっているか、という事も分かります。
    そこから、「戦争はいけない事だ」と判断できるわけです。


    まだ続きます(笑)

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    (苦笑/参)

    しおりをつける
    blank
    SYIT
    【歴史的でない認識は抽象的であり、尊ぶに値しないと主張する(マンハイム『歴史主義』)】 

    と何やら書いてました。
    これは「歴史という過去に実在した出来事から、判断する事が出来ない(=歴史的でない認識)は誉れとは出来ない」って事ですよね。

    歴史で判断する事が歴史主義なわけですから、判断できなくてはイケナイわけですね。(判断できない場合は仕方ないから保留、みたいな感じですかね?)


    ただ、歴史主義に関しては「多くの哲学者,歴史学者が異なった,ときには相反する定義をくだしている」ともありますから…

    「専門家もよー分かってないやん?」 と…(笑)


    長くなりましたけど、最後に重要な事をお伝えして終わりますね。
    ハッキリ言って「理解する必要性がない」と思います。(笑)

    何故かと言えば、また話が長くなるので割愛します。

    ああ、随分と偉そうな事を長々と書いてすみませんでした(笑)

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    一万尺の道のり

    しおりをつける
    blank
    猫之介
    materialism1金や物に(一番の)価値を置く考え方=物質(中心)主義2世界は物質だけで成り立ち、神など超自然的な存在を認めない考え方=唯物論⇔idealism(観念論、唯心論)という二つの意味があります。
    2の唯物論で特に重要なのはマルクスです。昔は学生運動の名残で熱く説く青年が居り勉強に付き合わされました。が、史上最大級の思想を簡単には理解できません。
    「難しくて分からないよ。」
    「まあ、本を一万弱は読まないと駄目だね。」
    「ええっ、そんなに読めないの?」
    「ほら、マルクス1万尺って言うだろ」
    「それはアルプス一万尺だ!」
    てな具合にボケ(主張)ツッコミ(反論)オチ(結論)(今のディベート?)で唯物論を展開したのがDialectical materialism(弁証法的唯物論)それを歴史に適用したのがHistorical Materialism (史的唯物論)=materialistic interpretation(view) of history唯物史観。
     ロシアやボーランドの旧共産圏の人がこれらの言葉を知っていても不思議でありません。かつての革新思想・共産主義も今や彼等の伝統なのですから。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    う~ん。

    しおりをつける
    blank
    えいちゃん
    う~ん
    ひょっとして

    materialism



    historism

    の訳語でしょうかねえ。

    だとしたら日本語では 唯物主義 と 歴史主義、ですが。

    哲学史もしくは経済学かじってないと説明は難しいです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    つづき

    しおりをつける
    blank
    えいちゃん
    観念論に対立する哲学上の立場。ふつう、生活するすべての人びとは自然発生的な唯物論の立場に立っている。すなわち、自分の意識のそとに自然物をはじめ、社会的存在物も、すべて独立に存在しており、自分はそのなかに存在し、それらと種々な関係をもって生活しているとしている。人間の意識のそとに、これとは独立に事物が存在することを認めるのが、唯物論の根本的特徴である。唯物論哲学は、この自然発生的な唯物論から出発し、それを理論的に基礎づける。唯物論は、世界について物質が第一次的で、精神・意識は第二次的であり、物質としての世界は時間的にも永遠で無限だとし、なんら神というようなものによって創造されたのでなく、それ自体で存在し、精神・意識といわれるものは物質に基づいて成立すると説く。それは、俗に、物質万能主義とか物質だけを尊重する立場とかいう、道徳的また一般生活態度とはかかわりないものである。このように、唯物論は物質を基礎にしているので、それはまず自然の状態を解明していくことからはじめる。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    さらにつづき

    しおりをつける
    blank
    えいちゃん
    つまり、宗教的・観念論的立場が、なんらかの超自然的なものを基礎にして世界を説明しようとするものとは根本的に対立し、自然の科学的研究と当初から密接につながりをもっている。また、社会的見地からいうと、唯物論は歴史上、ふつう進歩的な階級または階層の哲学としてあらわれてきた。それは、自然に対する人間の力を増大させ、したがって生産の発展に関心をもち、こうして社会の前進をうながす立場になっているからである。そこで、社会的実践における。とくに生産活動における人間の経験の蓄積、そして科学的知識の進歩が、唯物論の前進をうながしたし、またこの哲学はそれらを促進させるものである。

    以上 materialism 

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    さらにさらに

    しおりをつける
    blank
    えいちゃん
    ふつうには人間生活の過去からの変遷、一地域、一国、ないし世界にわたるその経過におけるさまざまな出来事そのもの、またはそれらについての記述をさしていう。人類の発生以来のその生活経過・変遷のうちで、出来事が文書に記録されはじめた時期を区切りにし、有史以前、有史以後にも分けられる。しかし、歴史的経過というものは、人間の変遷に限ったことではなく、自然もまた歴史的であるという認識が生じている。18世紀にカントが太陽系の生成について語った星雲説は、その顕著な例である。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    その後

    しおりをつける
    blank
    眉間にしわ
    図書室で百科事典で辞書をひきひき、調べたのですが、どうしても理解できません。どなたか、かみくだいて説明しているホームページなどご存知ありませんか?

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    哲学科の方いませんか~?

    しおりをつける
    blank
    ちんぷんかんぷん
     素人の意見ですのでご了承ください。見当はずれの可能性大です。

     物事の見方についての話なら、実際に存在してる事物やデータのみをもって判断(決定)するという考え方と、過去の経験則(前例)に基づいて推量しながら判断(決定)する考え方の対比のことかな、と感じました。
     書いていて自分でも意味わかんなくなってきました。

     難しいことなさってるんですね。がんばってくださいね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  13
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0