詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    子どものバレエ 将来食べていける?

    お気に入り追加
    レス32
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    四季
    ひと
     私の姉と姪のことで相談なんですが・・・
    姪はいま小2で3歳からバレエを習っています。
    私も趣味でバレエを習っているので(大人になってから)体も柔らかくなるし、可愛いし、温かく見守っていました。
     ところが、姉がステージママのようになってしまってびっくりしています。
    週3回のバレエレッスン、週一回の新体操教室(バレエに活かす為)、それ以外にも家でのレッスン(姉は素人です)での強烈な指導・・・
    姉はうまくいけばバレエで生きていってほしいそうです。世界で活躍するのは無理にしてもバレエ講師くらいとは思っているようです。
     私もバレエを習っているから分るんですが、姪は才能がないように思うんです。それに怪我でもしたら一貫の終わりだし。
     でも、夢中になっている姉を見ていると「才能はなさそうよ」とは言いづらいです。
     それから、きつく指導してしまうと後でかわいそうになるらしく、高い服やおもちゃなどを買ってしまうそうです。それもどうなのかなと思います。
     姪はいまのところ楽しそうにレッスンしていますが・・

    私にできるのは黙って見守ることだけでしょうか?

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 1 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数32

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  32
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    天才といわれるようにならないとも限らないのでは?

    しおりをつける
    blank
    うーん
    まだ小学生でしょう。中学、高校くらいになってめざましく伸びる可能性ってあるじゃないですか。

    高橋尚子さんも高校駅伝では全国47選手中45位だったそうです。遅咲きだったんですね。

    今のところ、本人も嫌がっていないのだから意地悪を言わずに見守ってあげてくださいね。やっかみととられますよ。(私にはそう見える)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    そのうち分かります

    しおりをつける
    blank
    ダンス好き
    まだ小2ですよね。すごい子なら、その時点でバレエ教室で格別な扱いを受けているかもしれませんね。

    そうでない普通の子の場合、中学くらいになってくると、バレエ体形の維持、学校の勉強や部活との兼ね合いとか、その他本人が他にしたいことが出てきたり、色々でてきます。
    その時点でもまだ、本人が強くバレエの道を進みたくて、所属している教室でいいポジションを確保して、先生から特別目を掛けてもらっているくらいなら(ここがポイント)、可能性もでてきますが。

    あと、お姉さんが教えているのは、そのうち本人が拒否するか、アドバイスされても聞き流すようになると思います。熱心にレッスンを取っていれば、家で素人の親に教わるなんて、時間の無駄だと思うでしょうから。

    教室の雰囲気にもよりますが、親同士競い合って、ステージママ度がヒートアップすることもあるようです。でも、いくら親ばかでも、中学・高校くらいになると現実が見えてきますよ。

    今のところは、子供の無限の可能性を夢見て楽しんでいるんだと、暖かく見守っていればいいんじゃないでしょうか。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    お勧めはしません

    しおりをつける
    blank
    ちんたら
    仮に才能があったとすれば、中学生の頃にはコンクールに出まくりで、国内外のバレエ団に入団することを考えることになりますね。その間、勉強は中断しますので、バレエに専念すると、中卒・高卒になります。現代でこういった学歴が厳しいことはご存知かと思います。

    国内バレエ団の場合、国立劇場とか一部を除けば、プリマでも食べていくのは家族の援助があってやっと、ということになるのではないでしょうか?端役ならそれどころではありませんが、主役に対して、端役、入団自体できない人の方が圧倒的でしょう。それでも、バレエ教室を開くにはメジャーバレエ団の端役くらいはやらないといけないのではないかと・・・。

    以上を考えると、「仮に才能があったとしても」あまりお勧めできないと思います。楽器やお習字などと比べても、リスクが大きすぎます。

    あ、ちなみに私はバレエ経験ありますが、初心者レベルなので、情報、まちがってたらごめんなさい。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主さんにできることもありますよ。

    しおりをつける
    blank
    今回は匿名で
    姪御さんと会った時に、思いやりや優しさのシャワーをたくさんたくさん、浴びせて上げて下さい。
    子供は親だけが育てる分けじゃありませんから、トピ主さんの存在は、きっと姪御さんの心の成長の助けになると思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    とりあえず

    しおりをつける
    blank
    あじさい
    本人が楽しくやっているなら、口を出さずに見守ってあげてはいかがでしょうか。
    ダンサーとして訓練を受けた人が、舞台演出や照明技術、振り付け師として成功している場合もありますし、演劇などに転向される人もいますので、一概に才能がないと決め付けてしまうのも酷ではないでしょうか。

    また、成功する人は一握りとはいえ、妄信的とも見えてしまう様な親の援護によって実際に成功している人もいらっしゃいますから。

    お姉さんが厳しい態度を取る反動で極端な甘やかしをしてしまうという事を悩んでいるのであれば、トピ主さんが叔母として励ましたり甘やかしたりする役を買ってでてはいかがでしょうか。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    お姉さんの好きにさせるべき。

    しおりをつける
    blank
    ムチン
    タイトルとおりですが、私はそう思います。本人(姪御さん)が楽しそうにやっているんならいいんじゃないですか?

    うちの母は、私と姉を宝塚に入れたいと、4歳からバレエ教室に入れました。5年くらい続けてましたが、中学受験の勉強に専念するため、やめさせられてしまいました。そのころ母の教育熱は「私立中学合格」にシフトしていたのです・・・

    バレエは好きだったので悲しかったですが、あとから調べてみると、プロのバレエダンサーとしてやっていくには本人の資質や体型だけでないものも重視されるとか。極端な話、親の体型まで判断材料にされるみたいです。両親ともに小太りで運動神経なしの私たちはお受験にシフトして正解でした。母もそのような現実問題に直面したんだと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    保護者のほうが熱血

    しおりをつける
    blank
    たまご
     私も大人になってからバレエを習っていました。スタジオでの親御さんたちはすさまじかったですよ。子供達は楽しんでやっていればいいと思うのですが、この子はちょっとかわいそうかな(他の子達と並んでいて)という子の方が親が熱心だったりして。

     才能を伸ばしてやるのはすばらしいと思いますが、子供が楽しんでいるうちは見守ってもいいのでは。お姉さまとはいえ、別の家庭ですからね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    将来の経済源

    しおりをつける
    blank
    あみぃ
    バレエ暦24年(5歳からスタート)のあみぃです。バレエだけで経済力を・・・と言うのは難しいでしょうね。自宅で仮にスタジオを設けたとしても収入は微々たるモノですしね。学生時代のバレエ仲間は講師を毎日掛持ちして、生活費に向けていましたがとても大変そうでした。才能があるかないかはバレエの場合骨格等も影響してきますから、将来のプリマになる事だけ目指しているのなら、体に掛かる負担や怪我を心配してしまいます。しかしバレエは音感、柔軟性、姿勢矯正、また我慢や努力の度合いの訓練や個性を生かすためにもイイと思います。その他にもバレエは新体操、シンクロ、フィギアスケート、ジャズダンス等の基礎ですから、今学んでいる事を生かせるチャンスは必ずあるはずです。そういうふうにお姉様の考えも変わってくださるとイイですね・・・。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    四季
    皆様、ご意見ありがとうございました。
    >うーんさん、どのあたりがやっかみなのかさっぱりわかりません。
    >ダンス好きさん、とても納得がいきました。ありがとうございました。
    >ちんたらさん、才能があってもなくても厳しい世界ということですよね・・・

    やはり、現時点では見守るのが一番なのかなと思いました。

     姪の才能がないと思ったのは、飲み込みが遅く、足の形が悪いこと(5番に入らない)、軸が出来てないことを見てでした。
     今後、表現力、跳躍力が伸びればなんとか見れるようになるんでしょうか・・・
     芸術は努力だけではどうにもならないことが多いです。
     同じ舞台に立っても目立つ子、映える子というのは確実にいます。姪は今のところそういうタイプではなさそうです・・・
     姉は姪がバレエを始めてから確実に疲れていってます。元々のめりこむタイプなので余計に入り込んでいるのだと思います。前は明るく楽しい姉だったので寂しいです・・・
     

     

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    見守ってあげましょうよ。

    しおりをつける
    blank
    才能は別として
    バレエのことはわかりません。

    が、お姉さまと姪御さんのことは、本人達のことであって、何より、トピ主さんがとやかく言う筋合いではないのでは。いくらトピ主さんが良かれと思っても、姪御さんはお姉さまのお子さまなのです。

    そういうことに顔を突っ込むと、ストレスが溜まるだけだと思いますよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    見守ってあげて

    しおりをつける
    blank
    キキ
    お姉さんと姪っ子ちゃんが楽しんで一生懸命やってるならそれでいいと思います。
    黙って見守ってあげるのがいいと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ダンサーとしては無理ですが。

    しおりをつける
    blank
    ダンサーとして将来食べていこうと思いなら女性はまず無理です。男性は何とか可能です。何故男性は可能かと言うと絶対数が少ないので、フリーになってあちこちのバレエ団の公演にゲストとして出演を依頼されるぐらい有名になればギャラで何とか食べていける程度です。

    女性の場合どんなに上達して海外で活躍するほどになっても出演依頼のギャラだけでは無理ですね。
    逆にお姉さまはどのくらい覚悟されているのか分かりませんが、この先ダンサーとして極めようとがんばるなら親も経済的な負担は相当なものです。

    例えば舞台で主役をもらえるか否かも親がチケット代数十万円を負担できるかとかそんなことで決まってしまうのです。

    また、ダンサーとして女性が食べていくことは無理ですが、バレエ教師としては可能です。私は今雇われてバレエ教師をしていますので生活が成り立つほどの収入はありませんが、ご自分で教室を開いて生徒を増やしていけば儲かりはしませんが何とか食べいてく位の収入にはなるでしょう。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ちんたらさんの意見はずれています。

    しおりをつける
    blank
    うーん
    うちの隣りがバレー団でそこの一人息子は進学高に通っていて、バレー教師の母親はかなりの教育ママです。どの道でも一流と言われる人は勉強もかなりしていますので無用の心配です。

    NHK芸術劇場でも言ってましたが、現在の日本人バレリーナは世界水準で、世界の主要なバレー団に日本人ソリストのいない所はないと言われているのをご存知ないのでしょうか?ローザンヌバレーコンクールで毎年日本人が受賞し、熊川哲也さんを始め世界のトップクラスの実力を持つ日本人は多いのですよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    才能は努力で開花する

    しおりをつける
    blank
    努力家
    いるんですよねー、一生懸命な親子に水を差す周囲の人たち!あたたかく見守ってあげればいいじゃないですか。私もバレエではありませんが、幼少の頃から母とともに習い事に励んできたのでわかります。母はかなり厳しかったので、それを目にしたまわりの人はびっくりして、やはりいろいろ言ってきました。しかし、当の私は大変なこともありましたが、楽しんでいたのです。何かつらいことがあっても、私にはそれがあるという自信で乗り越えてこれたことも多々ありました。

    例え、将来そうなれなくてもいいじゃないですか!何かに努力するということは、さまざまな能力が身につくのです。スポーツの練習に没頭していた子供が大学受験になって勉強に取り組んだら、持ち前の集中力を発揮して有名大学に合格した、などよくある話です。

    また、高名なスポーツ選手や音楽家などは皆幼少時より、努力と時間とお金を考えられないくらい費やしてきています。トピ主さんのような周りの人からの反発もたくさんあったことと思いますけどね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    さらにプッシュしましょう

    しおりをつける
    blank
    得命
    ロシアのヴァガノヴァ等の本格的トレーニングは九、十歳から始めることが多いです。バレエの場合、最高のトレーニングが必要ですから、一度そういう世界トップの学校を受けることを薦めましょう。そういう学校に入れば将来は開けてきます。姪御さんも、週六回の基本レッスンに加えて、バレエ漬けの生活になります。現在では日本からの留学生もかなりいる筈です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      自ずと結果は出るが

      しおりをつける
      blank
      見る専門
       私は見る専門なのですが、いくつか気になる点が。トビ主さんはバレエの経験がおありになるのに、気にならないのでしょうか?
       ・まだ小2できびしくレッスン、ってどういうことですか?海外の(プロ養成専門の)バレエ学校の正規コースは10歳が入学だし、ワガノワバレエ学校などそれから1年間はさらにバレエシューズのみでレッスンするのだから、早すぎませんか?
       ・トビ主のお姉さまがバレエ教師なのですか?そうでないなら、指導は百害あっても一利もないのでは?ちゃんと教えられないバレエ教師に習って、才能もあって努力もしたのにローザンヌのコンクールでバレエを止めるようにアドバイスされる日本人参加者がいるそうですよ。
       このままでは、ちゃんとしたバレエも踊れず、身体を壊すことに最悪なりかねないのではないですか?トビ主さんが介入すべきです。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      お金がすごくかかります!

      しおりをつける
      blank
      サエ
       私の知人で、現在プロのバレエダンサーとして活躍している人がいます。はっきり言って、めちゃくちゃお金がかかっていたようです。
       プロになるには、教室のレッスンだけでは足りず、小学生の頃から東京の有名な指導者に毎週末レッスンをお願いし、高校は東京の私立学校へと進学しました。それも、その指導者に毎日、レッスンをつけてもらうためにだそうです。その後、彼女はコンクールに入賞し、高校を中退してイギリスへ留学しました。
       トピ主さんの姪御さんは地方出身ではないかもしれませんが、単純に計算しても、交通費・レッスン代・滞在費(彼女の家は会社社長をしていたので、東京にマンションを購入しました)・衣装代・チケット代などなど、ご両親のバックアップもかなり必要なようです。
       まずは、お姉さんに金銭的な面でそこまでやれるのかを確認してみたらどうですか?
       個人的には、何か特技を身につけることは悪くないような気はします。ダンサーにならなくても、いずれ部活やクラブなどで新体操などをしている人もいるようですしね。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      親御さんは綺麗ですか?

      しおりをつける
      blank
      みりん
      タイトルの通りです。
      マラソンの高橋選手を例にあげている方がいらっしゃいますが、バレエがスポーツと違うところは「美」が必要になるところです。
      プロのバレエダンサーは顔の造作はともかく、スタイルはモデル並みを要求されます。手足の長さ、頭の小ささなど、特に女性の場合は厳しく要求されます。技術や熱意は凄くても、希望通りに体が育たなくて断念という話もよく聞きますね。
      どうですか?
      そういうふうに育ちそうな家系ですか?
      まあ、バレエで生活といってもバレエ教師という方向もあるのですが…

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      意地悪ですが。

      しおりをつける
      blank
      CMYK
      将来バレエだけで食べていけるようになるかどうかと聞かれればならない可能性の方が高いでしょうね。
      天才だから、物(服やおもちゃなど)でツって練習させていいというわけでもないし。

      でも、あなたがとやかく言うことではないと思います。
      いくら姉でもよその家のことです。
      お姉さまもいつか気がつくでしょう。

      練習も楽しそうにしていらっしゃるそうですし、何かに一生懸命になる、というのはいいんじゃないでしょうか。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      間違ってたらごめんなさい

      しおりをつける
      blank
      よしゅあ
      習っている教室の先生から聞いた話なので
      間違ってはいないとは思いますが・・・

      日本には高校卒業とかそういった資格をくれる
      バレエ学校がなくて今設立の為の署名活動中みたいです
      海外ではすでに勉強も両立という形であるようです
      将来バレエでと考えている方は早々に留学すると
      決めている方が多いように思います

      私の教室でも留学する子がおりますがその子自身も
      留学したからといってそれで将来生活してようになるかは
      わからないけどそうなれるよう努力はすると言います
      未成年ですからご家族の負担は金銭面はもちろんですが
      知らない土地へやる事への不安も相当なもののようです

      お子さんが将来バレエで生活していけるかどうかは
      ご本人の才能・努力はもちろんですがご家族の協力が
      なければ無理じゃないかな?と思います
      お子さん共々頑張ってくださいね^^)

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      プロは厳しい(1)

      しおりをつける
      blank
      アンデオール
      四季さんもバレエをなさっていらっしゃるならご存知とは思いますが、バレエ講師は○○バレエ団所属(元でも可)とかRAD公認とか肩書きがついてないとほとんど無理だと思います。カルチャーセンターのバレエ講師のお給料はスズメの涙。
      朝から晩までよそからきた先生にお稽古を任せる教室もないことはないけど、非常に稀です。
      自分でバレエ教室を開くなら別ですが、それはそれでものすごく大変です。
      バレエ団に入団できても、よほど親御さんが裕福でないかぎりバレエ一本で生活するのは厳しいです。知っている限りですが、新国立や東京バレエ以外のコールドクラスのダンサーたちは、アルバイトをしながらレッスン代を払い、公演に出ても出演料をもらうどころか、逆に参加費を払っているようです。知り合いにプロのバレエダンサーが数人おりますが、いくら芸の道とはいえ厳しすぎる現実です。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      プロは厳しい(2)

      しおりをつける
      blank
      アンデオール
      (1)の続きです…
      お姉様はたぶん子供のバレエの世界しか知らないわけですから、(1)で述べたような現実をあくまでも世間話の延長としてそれとなーくお姉様に伝えてみてはいかがでしょう。どのように受け取るかはお姉様次第ですが、なにか考えるところもあるでしょう。夢をかなえるためにはまず現実を知ることが必要ですからね。
      姪御さんに才能があってもなくても、本人がバレエを好きで楽しんでいることはよいことですし、四季さんは同じバレエ仲間として姪御さんを暖かく見守ってあげてくださいね。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      容姿も重要

      しおりをつける
      blank
      ばれりーな
      トピ主さんもおっしゃられているように、バレエは努力だけではどうなるものでもないと思います。

      もちろん努力は絶対必要です。バレエを真剣にやられている方って、私の見たところだと例外なく気が強くて、根性ある方ばかりです。毎日レッスンを継続すること、体型を維持すること、バレエ以外のことを諦めること…。どれも根性がいることです。

      それだけやってもそれだけではダメなのが、バレエの残酷なところだと思います。いくら技術がすごくてもブサイクでは主役は踊れません。足が短かったり、肌の色が黒かったりすることもバレエでは重大な欠点です。これらは努力ではどうにもなりません。その辺りのこともよく考えなければならないでしょう。

      今から将来のことをいうのは姪御さんにも大変プレッシャーでしょう。そもそも高校生くらいになったら、ダンサーじゃなくて医者になりたいとか言い出すかもしれないですし。まずはお母さんの方を説得して、娘さんの好きにさせるのがよいのではないかな~と思います。
      とにかく学業と両立、が急務です!

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      一流バレリーナは踊る前に決まる。

      しおりをつける
      blank
      バレエ体型
      バレエで食べていくのは並大抵のことでは無いと思います。 バレエ教室くらいならできるかもしれませんが。 先日熊川哲也さんも言っていましたが、自分のバレエ団に入れる子は、まず体型を見て、頭の回転のよい子を入れるとの事です。

      あと、大成するかどうかは本人次第。 バレエの練習は一日休むと自分に分かり、二日休むと相手にわかり、三日休むと観客に分かると言われているほど厳しいものです。 お子さんが自分の意志でやらないとまず無理だと思います。 あと、スポーツ界などではステージママは邪魔と言う指導者の方が多いですよ。

      杉山愛の母上も小さい頃は教室に連れて行って、迎えに行くだけだったそうです。 指導者に任せて欲しいと言うことですね。

      何事もきっかけを与えるのは良いと思いますけど、無理強いはものにならないと思います。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      本人が好きでやっているなら見守るべき

      しおりをつける
      blank
      K
      いやがる姪っ子さんを引きずるようにバレエ教室に連れて行くようになったら、そろそろ潮時かもしれません。

      うまくならなくても、好きでやっているなら幸せなことではないですか。下手だからやめるべき、というのはステージママと紙一重の心理です。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      家族・友人・人間関係ランキング

        その他も見る その他も見る

        棒に振ったあとで

        しおりをつける
        blank
        ぷー
        >私にできるのは黙って見守ることだけでしょうか?

        それだけだと思うけれど(苦笑
        別にいいじゃないですか。
        多少人生を棒に振ったって。
        自分の子供じゃないんだし、割り切りは必要ですよ。
        もし児童虐待相当の、過剰な親の強要があると判断できる様子があるなら別ですけれど。
        それと姪っ子が「ほんとうはやりたくない」とか言って相談したい気持ちになることもあるでしょう。
        彼女を大切に思うなら、そういう時のために「いつでも相談できるおばちゃん」になってあげることのほうが重要だと思いますが。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ちんたら様

        しおりをつける
        blank
        ノンナ
        私もバレエは娘が少し習ってるだけなので
        詳しくはありませんが

        >仮に才能があったとすれば、中学生の頃にはコンクールに出まくりで、国内外のバレエ団に入団することを考えることになりますね。その間、勉強は中断しますので、バレエに専念すると、中卒・高卒になります。現代でこういった学歴が厳しいことはご存知かと思います。

        今 娘の習っている先生のお嬢様は
        様々なコンクールに入賞していますし
        海外留学などもされていますが
        一応ちゃんとした大学に通い 今年卒業されましたよ

        むしろ中卒って方が現代では珍しいのでは?
        でなければ その方はバレエをしてなくても
        進学する意思か能力のどちらか
        或いは両方がなかったのでしょうね

        それで バレエを言い訳にしてるのですよ
        本気にしてはダメです

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        あまり詳しくないのがすみません 1

        しおりをつける
        blank
        う~ん
        知り合いでお嬢さんをバレリーナにしたいと思われた方がいました、その方がしたことはお金を稼ぐことでした。保険の勧誘員になってすごく頑張っていらしたようです。

        教師になるにしても、1度くらいは全幕の主役か準主役を踊っていた方がいい、そのための分と、いずれ自宅を買い換えてお稽古場を作る必要があると判断されたようです。自力でお稽古場を確保できないと、先生として雇われても自活できず、日々子供達やおばさんに教えても、自分がレッスンを受ける分と年1回の発表会でプリマロールを踊るだけの分、といった方もいらっしゃるようです。

        結局、そのお嬢さんはコンクールにでてみたものの捗捗しくなく、断念されたようなのです。コンクールに出るだけでも、特別のレッスン代が大変だったと漏れ聞きました。

        日本人バレリーナが世界でおおぜい大活躍しているのは事実ですが、これらの方々を含み、プロとして実家の援助なくやっていけるクラスに入るというのは、大雑把に言って東大の医学部に入るくらい難しい--1年6-70人でしたか--のかなと思います。

        長くなってすみません。続きます。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        あまり詳しくないのがすみません 2

        しおりをつける
        blank
        う~ん
        トピ主さまの姪御さんが、このようでなく、才能と経済力をクリアされたとしても、肉親として心配は残ると思います。

        お姉さまが変ってしまったことを心配されているようですが、ここはやはり姪御さんの心配をなさるべきでしょう。

        お勧めしたいのは、バレリーナたちの自伝や実際を伝える本など読まれることです。問題が見えてくると思います。

        たとえば「ユカリューシャ」を読み私が強く感じたのは学歴の問題です。こんなにも才能にも機会にも恵まれ、プリマになっても、若くしてケガで進路を断たれることもあります。

        成果を上げているバレリーナの卵たちが高校を卒業できるようサポートする制度や、手っ取り早く言って公立バレエ学校設立の話が何で出てこないのか、不思議でなりません。

        末尾ながら、素人が子供にバレエを教えるのは疑問です、5番が入らないからと無理させたらどうなっちゃうのか・・・専門家からレスが入るといいですね・・・バレエ専門の掲示板でお尋ねになるのもいいかもしれません。

        まとまらなくてすみません。でもバレエ愛好家として姪御さんがすてきなプリマになられることを祈ってますよ!

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        再びトピ主です。

        しおりをつける
        blank
        四季
        皆さん、ご意見ありがとうございます。
        見守ることにはしたのですが・・・
        年末に発表会をするらしいです。姉は姪の出番が少ないと泣いて悔しがっていました。
         姉には言いませんでしたが、小さなバレエ教室で誰々ちゃんより上手なのに、など言っているのであれば、大きいバレエ団に体験でも行ってみて、きついですが己を知った方がいいのではと思います。
        姪が楽しくバレエをするのは賛成なのですが、それに対する犠牲が大きすぎると私は思うのです。
        今のバレエ教室でいいなら、姉ももっと楽しんで姪を見られればいいんです。
        今ほど犠牲を払うならもっとレベルの高い所へ行くべきだと思うのです。
        皆さんの意見に多数あったように、姉と私は別の家庭だし、首をつっこむべきではないのはよくわかっています。誰にも相談できないのでここで相談しました。
        今まで通り、姉の愚痴聞き役に徹しようと思ってます。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×
        • 1
        • 2
        先頭へ 前へ
        1 30  /  32
        次へ 最後尾へ
        並び順:古い順
        全て表示
        • レス一覧
        • トピ主のみ (0)

        あなたも書いてみませんか?

        • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
        • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
        • 匿名で楽しめるので、特定されません
        [詳しいルールを確認する]

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

            Twitter

            Follow
            みんなの投票結果

            編集部から

            編集部からのお知らせはありません

            Horoscope | 大手小町

            発言小町大賞0