詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    自分の死を自分で選ぶこと

    お気に入り追加
    レス51
    (トピ主7
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    冬の花
    話題
    (若く健康な人の死についてのトピではありません。)

    自分の死(死期、死に方)を自分で決めるのは、いけないことでしょうか。
    延命治療や臓器移植などについてあらかじめ意思を表明することとは別に、死が直前まで迫っていない段階で、なるべく理想に近い死を自分で選ぶことについてどう思いますか?

    高齢で認知症の親戚が脳梗塞で入院中なのですが、彼女はもう自分で自分の死に方を選べないのだと思うと、自分に選ぶ力があるうちに選ぶことは別に悪いことではないのかもしれないと思いはじめています。
    もし平均寿命を越えてから高度の認知症になり体の自由もきかなくなったら…安楽死させていただけるならお願いしたいものですが日本にはその制度がないので、自分で選べるうちに決断したほうがいいのかもしれないと。

    それとも、人は生まれてきたからにはお迎えが来るまで精一杯生きるのが務めで、自分で自分の生死を決めるのは傲慢でしょうか。

    トピ内ID:7980975823

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 1 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 2 エール
    • 5 なるほど

    レス

    レス数51

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (7)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  51
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    わたしは決めています。

    しおりをつける
    🐤
    ココロ
    まだ30代ですが、いつ何時事故にあって意識不明になったり
    病気になるかは分からないし、そういう時に家族に迷惑をかけたく
    ないので、わたしは、医療関係の書類にサインして
    延命治療を受けないことや、臓器提供の有無などを作成しています。
    家族同意の上で・・・。

    自分の命は大切に思っているし、なるべく長く健康に生きたい
    と思っているのは事実です。
    だからこそ、最期の自分の命のあり方は自分の意思で決めたい
    と思っています。

    トピ内ID:0737053930

    閉じる× 閉じる×

    賛成!!!

    しおりをつける
    🙂
    メガピンク
    私も普段から全く同じことを考えていました。
    子供も独り立ちし、伴侶もなくした後、誰にも迷惑かけずに静かに旅立ちたいです。

    そんな法律ができる日は日本では望めないのでしょうか?

    それは、年老いた人たちを非生産的な存在と決め付け存在すら否定する世の中になってしまうから?犯罪に利用されたりするから?

    私が平均寿命に到達する40年後には世論も動いて死を尊厳する法律もできていることを願います。

    トピ内ID:3172838456

    閉じる× 閉じる×

    重いテーマですが・・・・

    しおりをつける
    blank
    小市民
    私も同じようなことを考えています。
    最近は、「老老介護」の負担に耐え切れず、起こしてしまう悲惨な事件が報道されています。こういった事件が今後増えないためにも、制度として「安楽死」を真剣に議論すべき時期だと思います。オランダ・ベルギー・スイスなどでは、すでに実施されているようなので、そういった国々からも色々なことを教えていただきながら、制度が本当に必要か、必要ならどんな制度にしたら良いか等、国民全体で議論したらどうでしょう。

    高齢化社会の一番の当事者は、10年後、20年後に税金・社会保険料など大きな負担を背負っていく「若者」だと思います。今の10代・20代の人たちが、経済的負担に耐えられるような「しくみ」を作っていくことが大切なのではないでしょうか。「安楽死」の議論もその一環になると思います。「命の大切さ」はよ~く分かりますが、議論を避けていると、とんでもないことになると思います。

    トピ内ID:4972951400

    閉じる× 閉じる×

    難しい問題ですが

    しおりをつける
    blank
    ミズエ
    傲慢といわれればそうかもですが
    私としては、選びたいです…。
    母が、叔母の最後をみとりました。
    もう意識もなく、栄養剤で生かされているだけの状態で
    意識が戻ることもほぼないだろうと言われ、
    最後に母が延命治療をしないことを決断したのです。
    母が若い頃、とてもお世話になった叔母でした。

    「おばさんなら延命を選ばなかったと思う。
    そう思うから決断したけど、
    私が死を決定したという事実が重い。つらい。」

    そう呟いた母を見るのは私もつらかったです。
    偶然友人宅でも同ケースのことが起こったのですが、
    ご家族の方はやはり苦しんでいるそうです…。

    私が仮にそうなった状態のとき、
    両親や家族にそんな想いを負わせたくない。
    もしものときの意思表示は準備しておきたい。
    「あの子はそう思ってた」という事実が、
    家族から背負う必要のない罪の意識を少しは
    軽くしてくれるのではないかと思うから。

    トピ内ID:1352103683

    閉じる× 閉じる×

    同感です

    しおりをつける
    🐴
    生か死か
    自分が正気を失った状態や寝たきりで、「生かされている」状態になるのがもっとも恐ろしいと感じています。
    重病の宣告をされたら、延命治療は断ると思いますが(それは選べますよね)、突発的な事故や病気でそういう状態になったときにその道は選べないのですよね、、、。
    そして家族の負担になりながら生きていくしかないのだろうか、、、と悲しくなります。
    そうなると決まってはいませんが。だからこそ不安です。
    主人が同じようになってしまったときの事を考えれば、それは「生きていて欲しい」と願うところです。
    現実に直面していない今なら、「どんなことがあっても最後まで面倒見るからね!」と誓えますが。

    しかしニュースなどで「孤独死」報道や「介護疲れで殺人」報道を見るとやはり残される家族の思いは複雑です。

    トピ内ID:7921653819

    閉じる× 閉じる×

    積極的な延命治療はしたくない

    しおりをつける
    blank
    ヘチマ
    私も30代ですが、身内を亡くしてますので主人に言ってあります

    だいたいはテレビで臓器移植などの話題が流れる時に言います

    「やっぱり死ぬ時に子供に会えないのはツライから会いたいけど、植物状態になるぐらいならそのままで良いよ」って…

    介護の苦労を知ってるし、何よりもいつまでも死んでるのか生きてるのか解らないままでは私は居たくないと言ってあります

    臓器移植については、私自身は提供できるものなら提供する事には抵抗はありませんが、残された家族の事を思うとはっきりとは言えませんでした


    昔ですがテレビでたぶんアメリカでしょうかね、臓器移植のドキュメントがあって、提供される方の体の中で使える健康な臓器や皮膚、眼球や骨まで摘出してらしゃって「これで助かる方がたくさん居るんだ」と頭では理解できるし、賛成も出来ます
    ですが、これが身内だったら?母や姉が希望してても…ツライなぁ…と思いました

    母も臓器提供に積極的ですが、私のこの話を聞いてからは残された人間が決める方が良いのかもしれない。と言ってます。私も同感です
    臓器提供だけは、家族の思いを優先したです

    トピ内ID:8791422931

    閉じる× 閉じる×

    父と私

    しおりをつける
    blank
    慈雨
    私の父はALS(筋萎縮性側索硬化症)ですでに10年近く人工呼吸器によって生かされています。介護の主な負担者は卒寿を迎えた母と、実家に残った姉です。

    子供のころから怖い存在であった父の身体が骨と皮ばかりになり、目蓋だけがわずかに動かせるのみとなってしまった今の父を見舞うとき、身勝手ながら医療の残酷さを思います。昔、父のベッドの傍に私だけがいたときのこと、そのころの父は声は既に出せませんでしたがまだ口は動かせ、私に向かってあの時確かに父の口は「死にたい」と動きました。私はどういう表情をすればいいのかとても困惑し、かろうじて微笑みつつ父の言ってることがわからない振りをしました。この話は誰にも話せません。母も姉も優しい人ですから。

    将来、もしかすると私も同じ病になるかもしれません。その兆候が現れたとき、私は進んで死ぬことを選ぶような気がします。

    風邪を引いて高熱を出して辛いとき、確かに私も病院へ行きますが、しかし人間はもっと自然に死んでいくべきではないか、と思っている自分も確かにいます。願わくば白熱電球が不意に切れるが如くに私の人生を閉じられますようにと 今はそれを。

    トピ内ID:4856026169

    閉じる× 閉じる×

    発想の転換

    しおりをつける
    💡
    ぼんど
    「人は生まれてきたからにはお迎えが来るまで精一杯生きるのが務め」の中には「どう死ぬか」っての含まれると思います。

    ですので、それを意識することは、「精一杯生きる」上でも大切と思います。

    トピ内ID:4295964270

    閉じる× 閉じる×

    ココロ様

    しおりをつける
    blank
    無知
    トピ主様、横で申し訳ありません。

    >医療関係の書類にサインして延命治療を受けないことや、臓器提供の有無などを作成しています。

    この医療関係の書類はどこで入手するのですか?
    詳しく教えて下さい。

    トピ内ID:5767629780

    閉じる× 閉じる×

    間違っていたらすみません。

    しおりをつける
    blank
    ひぐらし
    みなさん、尊厳死や安楽死についてレスされていますが…

    私にはこのトピ、そこに至る前での「自死」についてがテーマのように読めるのです。

    トピ主さん、どうなのでしょう?

    トピ内ID:4873461938

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    トピ主です
    27日19:15、ヘチマ様のレスまで読ませていただきました。
    延命治療を断りたいと考えているかたは、やはり多いのですね。
    高齢で寝たきりで意識も無く快復する見込みもなく人工呼吸器や点滴で生命を維持するだけの延命治療。それを拒否したければ、きちんと書面にしておき、そうなった時に家族も同意の上で病院に伝えてくれれば、意思を尊重してもらえることが多いようです。

    でも、認知症になり、普通に生活することができなくなり、徘徊や妄想で周囲に迷惑をかけるようになったら…
    今は薬や治療方法が開発されていて、症状が改善されることもあるそうなので、家族が認知症になったら、医学の進歩に望みを託して最後までせいいっぱい介護したい。

    でも自分がそうなった時、薬も治療も効果がなく悪化する一方で、いつお迎えが来てもおかしくない高齢になり、食事も排泄も人の手を借りなければならない状態だったらと考えると、もし一瞬正気に戻れるなら「ありがとう。もうじゅうぶん生きました。」と言い残してあの世へ行きたいと思ってしまうのです。

    トピ内ID:7980975823

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(7件)全て見る

    選びたいです。

    しおりをつける
    blank
    tommy
    24歳女性、これから結婚する身ですが・・・同感です。
    あくまでも「私の意志」「私の理想」です。

    積極的な延命治療をして欲しくないです。
    耐え難い痛みなら痛みだけを抑えて後はその時が来るのを待つ。
    終わりが近い私に使えるお金があるのなら、自分の子供や孫に使ってほしい。そちらの幸せを祈って欲しいです。

    脳死状態でも、臓器移植を必要としている人と適合しているのなら、(私なんかので良ければ)使って生き延びて欲しいと思っています。
    (更に欲を言えば、子供が犠牲になった犯罪者は嫌。可能なら出来るだけ先の長い人(若い人)がいいですねぇ)

    でも、残される立場になると「一瞬でも長く生きていて欲しい」なんですよね・・・。

    彼と結婚したら、手始めに「臓器提供意思カード」に署名してもらいます。

    トピ内ID:6473764038

    閉じる× 閉じる×

    アメリカの場合

    しおりをつける
    blank
    半月
    アメリカに住み看護師をしております。 こちらでは、進行した病気や重度の怪我などにより植物状態になった時や回復の可能性が極めて低いと診断された時のために、あらかじめ「延命治療は望みません」という書類を元気なうちに用意しておくことができます。 これによって、経管栄養や人工呼吸器などの延命治療を拒否する、という意思表示をすることができます。

    ただ、私の住む州では、これはあくまで現在の元気な時点での本人の意思表示であり、法的な拘束力はなく、そのような状況になった時、本人または家族によって治療が希望されれば治療は続行されることになります。

    しかしこういった書類を用意することで、家族の負担を軽減するという役割も果たすことができるかと思います。 上でミズエさんも仰っていますが、家族または第三者が、愛するもののために延命治療をしない決断をする、ということは大変辛いものです。 

    自分自身のために、そして後に残してゆかねばならない家族のために、万が一の時のための意思表示を書類で残すことはとても重要だと思います。

    トピ内ID:2267019012

    閉じる× 閉じる×

    傲慢ではないが、正しくない

    しおりをつける
    😠
    つっちー
    と思います。

    父が寝たきりです。両手両足動かせず、寝返りも出来ません。
    離婚して、訪ねてくる親戚も友人もいません。私も1年に1度ぐらいしか病院に行きません。
    言葉も殆ど話せません。(失語・発声に問題があります)
    ですが、意識ははっきりしていて、知能の衰えはあんまりありません。
    治る可能性はありません。死ぬまでテレビのリモコンも変えられない生活です。

    そんな彼は「生きていても仕方がない」といいます。
    でも、食事が取れなくてやせた時に、
    胃に穴をあけてご飯を入れる手術をしましょうといわれました。
    その時に、「絶対にいやだ」と拒否しました。
    そして、次の日から、ご飯をがんばって食べるようになり、体重は少し戻りました。
    でも「生きていても仕方がない…」といいます。

    そんな彼が、元気で若いときに
    「他人に生かされているのなら死にたい」という意思表示をしていたら、
    もうこの世の中にいないわけです。

    人間、その時の判断が正しいとは誰も言えないのです。
    自分の判断ですら、その時々で変わるものだと思います。
    傲慢とは思いませんが、正しいとは思いません。

    トピ内ID:2107664363

    閉じる× 閉じる×

    ひぐらしさんと同じに思いました

    しおりをつける
    😭
    先妻の子供
    尊厳死・安楽死の前の自死

    できるなら私も選択したいです
    もう充分に生きたし思い残すことはない、と
    自らの意思で「死」を選べることが理想です

    ただ保険金殺人や臓器目当ての殺人などが横行しないか
    心配です

    トピ内ID:1657097589

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      トピ主です

      しおりをつける
      blank
      冬の花
      28日 14:50 半月様のレスまで読ませていただきました。

      ひぐらし様、そうです、私の頭の中には結論としてその言葉が浮かんでいます。他者の力を借りる方法が非合法である限り、自分の始末は自分でつけなければいけないと。
      ただ、それをはっきり書くと刺激が強すぎて小町にふさわしくないかと思い自重しました。

      慈雨様の「その兆候が現れたとき、私は進んで死ぬことを選ぶような気がします。」というレスに共感します。
      ただ、自殺というのはそれがどんなに本人が考え抜いた末の本人の希望の道だったとしても、残された者を傷つけてしまうでしょう。また、いつ、どの段階で選ぶか…「この段階に来たら終わりにしたい」と思っていても、タイミングを逃したら自ら命を絶つ力もなくなってしまう。そこが悩ましい。

      どんな状態になっても手厚い医療と介護を受けられる。これが政府や国民が理想とする理想的な「人の尊厳が守られた安心できる老後」でしょう。
      でも、厭世観や経済的な困窮のせいではなく、十分生きたと満足したうえで若者に後を任せて去っていく…そのような選択も悪くはないのではないかという思いがあるのです。

      トピ内ID:7980975823

      閉じる× 閉じる×
      トピ主のコメント(7件)全て見る

      選びたいです

      しおりをつける
      blank
      鈴一輪
      漠然と、ですが。

      祖父が栄養剤を投与され、意識のないまま準ICUで半年生きていました。
      元々痩せすぎだった祖父が、むくんで二周り大きくなっていました。
      母はこんな形にしてまで、と思っていたようですが、実際治療を受けない、手術を受けなければ準ICUから出されてしまいます。
      その状態での退院と、チューブで生かされる事を天秤にかけられたそうです。

      最期に会った祖父は、目を開けていましたが、数ヶ月ぶりだったそうです。
      反応もありました。私達孫がお見舞いに行ったことを喜んでいてくれたように見えました。


      それから、あの状態では生きたくないと思い続けています。
      祖父は幸せだったのだろうか?
      辛かったのでは?
      ふと、思い出すとわからなくなります。

      出来ることなら意識のあるうちに死を選びたいです。
      ただ、配偶者の事を考えると自分だけの考えでは進められない事だなぁと。それも漠然と思っています。

      トピ内ID:0470321406

      閉じる× 閉じる×

      トピ主さんありがとう

      しおりをつける
      雨子
      誰かこのテーマでトピを立ててくれないかなと思っていました。

      最近、学生がいじめを苦に自殺するといつも「命の大切さ」という言葉が出てきますよね。
      でも命は大切ですが、大切の程度が人によって違うと思うのです。
      そりゃあ、親にとっては自分の命より大切で、これからいくらでもチャンスも将来もある学生の命の大切さは計り知れないでしょう。
      でも寝たきりや認知症の人の事を考えると「人間らしさ」がおきざりになり、「命の大切さ」が霞んで思えます。
      私は絶対に認知症や寝たきりになりたくないです。そうなったら、又はそうなる少し前に死なせて欲しいです。
      日本の法律が、それを望めば可能になる事を望みます。
      そんな事を発言する政治家なんてなかなか出てこないですよね。強い反発が予想されるからでしょうか?人権団体とかから。
      このテーマはタブーとされる事が多いですが、そろそろみんなで考えたいものです。
      もっとレスがつけばいいのに。
      私は時々、自分がガンになったら何歳までなら治療するかなと考えます。

      でも、障害のある子供には手厚い介護をして欲しいです。

      トピ内ID:5217258295

      閉じる× 閉じる×

      介護の問題もあるかもしれませんが

      しおりをつける
      😨
      506
      自らの死に際を決める=自殺

      これしかないですよね?
      自分は…死に際を決める本人は良いかもしれませんが、残される者の気持ちはどうなんでしょうか…。

      私の母は話題のC型肝炎で、インターフェロン治療中です。
      副作用で辛いしストレスになっています。でも目の当たりにしている家族も辛いしストレスです。
      それでも…生きて欲しいし、自ら死に際を決めて欲しくありません。
      母が意思表示できなくなった時の引き際(延期を含む治療)は…母の意思を汲んだ私が決めます。

      トピ内ID:0847042829

      閉じる× 閉じる×

      トピ主です

      しおりをつける
      blank
      冬の花
      19:49先妻の子供様のレスまで読ませていただきました。
      どのレスにも深く考えさせられ、繰り返し読ませていただいています。

      つっちー様
      >自分の判断ですら、その時々で変わるものだと思います。
      そうですね。一時の感情ではなくよほどの信念がないと。信念を持っていたつもりでも、この決断に悔いはないと澄み切った気持ちで旅立てるほど人は強いものなのか…私にもわかりません。

      メガピンク様
      >それは、年老いた人たちを非生産的な存在と決め付け存在すら否定する世の中になってしまうから?犯罪に利用されたりするから?
      先妻の子供様
      >保険金殺人や臓器目当ての殺人などが横行しないか心配
      犯罪に利用される怖れはありますね。
      犯罪ではなくても、家族の同意が条件だと、例えば相続権のある関係の数人が植物状態だった時、家族の気持ちで相続の順番が変わったりしますから、延命か否かが真の愛情からの選択だったとしても、あらぬ憶測をよぶかもしれません。
      もうひとつ怖れるのは、介護が必要な高齢者に対して、無言の圧力になってしまわないかです。死を選択しないことで肩身が狭いような思いをして欲しくありません。

      トピ内ID:7980975823

      閉じる× 閉じる×
      トピ主のコメント(7件)全て見る

      緩和ケア

      しおりをつける
      blank
      このり
      現在では、まだ一般的ではありませんが、緩和ケアが出してる本では、
      生前の健康な段階で家族で話合い、書面を残しておく事が大事なようです。
      *人工呼吸器をつけるか?
      *高カロリー輸血を行う?
      *心臓マッサージを行うか?
      など多岐に渡ります。ガンなどで死が迫ってるのに、延命治療するよりも痛みだけを沈静剤で取り、最後の最後まで自分らしく生きる方向を取ると言う医療です。私ならそれを取ります。

      医療とは、自然に抗うするのが医療です。ですので、人間の欲望から今の医学の進歩がなされたと思います。だけど進み過ぎて看取る最後の選択までが自然な形では無く、人間が決めなくてはいけない世の中になってきたと私は思います。

      トピ内ID:5971587815

      閉じる× 閉じる×

      トピ主です

      しおりをつける
      blank
      冬の花
      このトピを立ててから何度も今病院で寝たきりの彼女のことを思い出しています。

      元気なころ、認知症の症状が出たり寝たきりなんて嫌だ、ぽっくりいきたいと話していました。
      二人でぽっくり寺へお参りに行ったこともあります。その時はけっこうな距離を歩いたので、これだけ元気なら当分心配ないわねと大笑いしたものです。

      寝たきりにならずにすむという触れ込みの「申」と書かれた赤い下着を私のぶんまで買ってきてくれたこともありました。その下着はまだ大事にしまってあります。

      でも、お参りも下着もただの気休めで、自分以外の何かの力を期待しているだけなのですよね。

      もし彼女が自分のおかれた状況を知ったら…
      「ああ、いやだいやだ、冗談じゃないわね、まったく。」という声が聞こえてきそうな気がします。
      でも、人の気持ちは変わるもの。「なんだかんだいっても、あの時はまだ若かったからねえ。やっぱり少しでも長く生きていたいわ。」と言うのかもしれない。
      結局、本人以外に決められる人はいません。

      トピ内ID:7980975823

      閉じる× 閉じる×
      トピ主のコメント(7件)全て見る

      判断は難しい(1/3)

      しおりをつける
      blank
      asuka
      「自分の死を自分で選ぶこと」については
      私自身、わからないというのが今の実感です。

      病気や怪我により、死が不可避となった状態や脳死状態については
      尊厳死の選択は、あってしかるべきと思います。
      (とりあえず私は、臓器提供意思表示カードは全てマルにしています。)

      でも、トピ主さんの主旨である。

      命に別状はないけれど自分の命をながらえる事が、周囲の人の負担にしかならない状態。
      ( 表現が適切ではないかもしれません、お許しください。)

      これには2種類あると思います。

      1)脳への障害によって、自分が無くなる。
      例えば、認知症やアルツハイマーなどの病気

      2)意識は鮮明であるけれど、身体のマヒ等によって身動きが取れない。
      例えば、ロックトインシンドローム(閉じ込め症候群)やALS(筋萎縮性側索硬化症)

      どちらも、見た目から( これも表現が適切ではないです。すみません )の判断では
      介護が必要という事は一緒ですが意識?自我?の状態は全く違うと思います。
      (続きます)

      トピ内ID:9906334074

      閉じる× 閉じる×

      判断は難しい(2/3)

      しおりをつける
      blank
      asuka
      (続きです)
      以下、いろいろ考えてみました。

      認知症やアルツハイマーは本当に自分が無くなっているのか?

      また、たとえ病気の前に、個人の意思で尊厳死を望む事を宣言されたとしても
      ではどの段階を尊厳死に値すると判定するのか?
      これは個人の選択ではあっても対応する医師に、ある意味死刑執行の重荷を
      背負わす事にもなります。
      癌などで死が確実に迫っている訳でもなく、介護さえ行なえば生きる事が出来る
      患者さんの命を絶つ判断(重荷)を医師に課して良いのか?

      また、全身マヒの状態でも、意識が鮮明で正常な判断が出来るのであれば
      絶望から尊厳死を選ぶ事も一つの選択なのか?

      でも、特殊な例かもしれませんが、「潜水服は蝶の夢を見る」の著者の
      ジャン=ドミニク・ボビーさん(故人)や、理論物理学のホーキング博士(存命)
      など周囲の協力が当然あっての事ですが、可能な環境の中で生きる事を
      選択された(されている)人もいます。

      尊厳死を選ぶ事も、生きる事を選ぶ事も、どちらも個人の意思です。と
      言われればそれまでなのですが。わかりません。
      (続きます)

      トピ内ID:3737528991

      閉じる× 閉じる×

      判断は難しい(3/3)

      しおりをつける
      blank
      asuka
      (続きです)
      あと、考えたくない事なのですが。
      自分自身の死を選択出来る社会状況となった時、

      高齢者や障害を持つ方達に対して、死の選択を表さない場合
      圧力にならないかという事です。
      いやな言葉ですが「姥捨て」や「間引き」という言葉が残っています。

      また、以前腎臓移植が、健康な親族からの移植しか方法が無かった頃に
      腎臓を提供しない親族に対して圧力やバッシングがある、との報道が
      あった様に記憶しています。

      トピ内ID:9906334074

      閉じる× 閉じる×

      生活・身近な話題ランキング

        その他も見る その他も見る

        難しいですね

        しおりをつける
        blank
        るるぼ
        私自身は子供もなく…というか配偶者すらなく、老後面倒になるのは、恐らく姉か、姉の子供又はその配偶者でしょう。
        人様の迷惑にはなりたくないけれど、そればっかりはどうしようもできない。
        介護は勿論、自死であれ孤独死であれ病死、老衰であれ、最期はどのみち人様のお世話にならなくてはなりません。
        それならせめて、自分で努力してできる事(できる限り健康に気を配り、お金を貯める)をしながら、今を精一杯生きていくしかありません。
        それからもしも自分の親が命に別状はないが、寝たきり状態になってしまった時を考えると、決して私の迷惑になるのが嫌だと考えて欲しくはありません。
        本当に命が危ない状態になった時、心肺蘇生などは拒否しますが、それでも死が目前にくるまでは、なんとか安楽に過ごさせてあげたいと考えてしまうのは、子供のエゴでしょうか?
        私自身も延命治療等はやめてもらうよう、念書は残しておくつもりではいますが、もしもそういう状態になってしまった時には、後は私の面倒をみてくれる事になる人達に、全てお任せしようと思っています。
        私にとっては、それが一番潔い死に方だと思うから。

        トピ内ID:9552934519

        閉じる× 閉じる×

        家族が願ったら受け入れられますか?

        しおりをつける
        blank
        リモコン3個
        延命措置に関するトピかと思ったら、そうではないのですね。
        真意は「そこに至る前の時点での自死」ということでしょうか。
        私は賛成できかねます。
        自死と言うと多少柔らかく聞こえますが、これは自分という人間を殺す[殺人行為]と同じ事だと私は考えています。
        これは例えですが、自分が殺されても世界の誰一人として傷つかないのであれば考えますが、少なくとも「理想に近い死に方をしたい」などという自己満足だけの為であればそれは傲慢と言わざるをえないでしょう。
        自分は理想の死に方ができた、と喜ぶのでしょうが、残された家族の感情は置いてけぼりですか。

        トピ主さんと賛同されている方にお聞きしたいのですが、
        もし自分の親や配偶者や子供が、そのような理由で自死を選びたいと願ったなら、受け入れるのでしょうか?
        私は無理です。全力で止めます。

        トピ内ID:2675031368

        閉じる× 閉じる×

        トピ主です

        しおりをつける
        blank
        冬の花
        昔は40数年働いて10数年の老後という人生でした。
        でも医療が発達し寿命が伸び、そのバランスは変わりました。

        小市民様のレスにある「老老介護」の問題や若者への負担は、この先どうなってしまうのでしょう。

        たとえ認知症で寝たきりであっても、命はかけがえのない大切なもの。
        でも雨子様のレスを読み「命の大切さ」は「人間らしさ」と切り離せないものでもあるのではないかと思いました。

        タイタニック号が沈む時、子どもの避難が優先され男性が後回しにされたそうですが、そんな非常事態でないかぎり命の選別をすることなどないでしょうし、ましてその選別を国が行うことは無理でしょう。

        ただ、選別されなくとも自発的に去っていこうとする人の気持ちは尊重されてよいのではないか…そんなふうに思います。

        トピ内ID:7980975823

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(7件)全て見る

        身につまされます

        しおりをつける
        blank
        考え中
        治る見込みのない病気療養中です。
        いつも必死に考えています。

        家族に言ってあるのは
        あと数日、数時間になって急変しても心臓マッサージや強心剤などの治療はしないこと
        苦しまないだけの処置だけにすること
        栄養剤の輸液も不要
        です。

        たった数日生き延びることで自分にどんなメリットがあるのかを考えれば
        無駄に医療費を費やして赤字健保に加担することもないし(笑)

        でも、まだ生きているので、何とかよい治療法が見つからないかなぁ~
        と、意地汚く(恥笑)生にしがみついてます。。。
        受け入れているつもりですが、やっぱり複雑な気持ちです。

        トピ内ID:7873418891

        閉じる× 閉じる×

        私も同じ思いです

        しおりをつける
        🐤
        ちめどり
        とくに日本の場合、団塊の世代が70~80代になる頃には大変厳しい状況になると思われます。
        国際情勢や経済パワーバランスの変化もあるかもしれない、そうなると、海外から看護師や介護士に来てもらえるような状況が続く保証もありません。
        かといって、少子化で少なくなっている将来の若年世代に過度な負担をかけられません。
        ですから、終末医療の見直しや、安楽死の是非などの議論が必ず出てくるでしょう。
        もちろん元気なうちの意思表示、身辺整理や必要な手続き、それを可能にする仕組みや環境づくりなども必要です。

        私が思うに何よりも大切なことは、死が近づいた段階~死ぬ間際の、
        『恐怖』、『苦痛』、『屈辱』、
        これらの三大要因を最小にすることが最優先になされるべきなのではないか、ということです。
        それさえ保証されれば、と思います。

        トピ内ID:8343259342

        閉じる× 閉じる×
        • 1
        • 2
        先頭へ 前へ
        1 30  /  51
        次へ 最後尾へ
        並び順:古い順
        全て表示
        • レス一覧
        • トピ主のみ (7)

        あなたも書いてみませんか?

        • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
        • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
        • 匿名で楽しめるので、特定されません
        [詳しいルールを確認する]

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

            Twitter

            Follow
            みんなの投票結果

            編集部から

            編集部からのお知らせはありません

            Horoscope | 大手小町

            発言小町大賞0