詳細検索

    妊娠・出産・育児このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    子供は「小さなサギ師」かも?

    お気に入り追加
    レス20
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    さちえ
    子供
    1才の息子がいる30歳主婦です。

    今からこんな事考えるのは早いのですが…。

    今はちょっとでも私がいなくなるとウエーンと泣いている息子ですが、いつかは私の元から巣立って行くのですよね。

    幼い時はかわいらしい顔・仕草で大人たちの心を引き付け、大人たちはそのあまりのかわいさに夢中で世話して、どっぷりと親と子の世界に浸かっているのですが、子供の方はあっという間に成長して、やがて進学、就職、結婚やらで親以外の大事なものを見つけて心身ともに親から離れて行く。でも親が子を思う気持ちはいつまでも変わらず、心はいつも子供を追いかけているのです。

    こう言う私も大学入学と同時に親元を離れましたが、出て行く時の母の悲しみようは相当なものでした。私の方はというと新しく始まる大学生活に胸をときめかせるばかりでした。高校生の時はいつも母と買い物に行っていた私ですらです。

    私だけでなく、こういう事はよく聞く話です。子育てが終わって巣(家)が空になって虚しくなり、鬱になる「空の巣症候群」はその典型ですよね。そう思うと「子供は小さなサギ師かもね」なんて考えてみる今日この頃です。

    皆さんはどう思いますか?

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数20

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    私は

    しおりをつける
    blank
    やご
    もうすぐ3才になる子供がいます。
    子供は「天からの預かり物」と思っています。
    「授かり物」じゃないですよ。

    つまりは、自分に与えられた物ではなくて
    成人して、世間に出ていくまで、必要な教育と愛情を与え
    社会人としてふさわしい人間にして、送り出すもの。
    盲導犬のパピーウォーカーといっしょにしたら、マズイですけど
    そんなような意識でいます。
    きれい事・建前ですけどね。

    でも、そう思うと、自分の思い通りにならないことに、
    腹をたてることもないし、子供を無理に親の敷いたレールに
    乗せることもないかな…と思っています。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    子供は

    しおりをつける
    blank
    翡翠
    私達夫婦の人生にくっついてきた「楽しいおまけ オプション」です
    いつかはいなくると思いますが その時もこの夫と2人で笑い合える夫婦でいたいと思っています

    悩んだり怒ったり笑ったり色々とあるおまけですが・・
    お金もかかるしね・・(笑)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    反対に考えてみると楽になる

    しおりをつける
    blank
    アッシーママ
    子供が自立して巣立っていくのが悲しいと思うなら
    反対の事を考えてみてはどうでしょうか?

    もし、トピ主さんのお子さんが永遠に一才のまま成長
    しなかったら? きっと育児ノイローゼになってしまうのではないでしょうか? 永遠にトピ主さんにまとわりついて
    将来、自立もせず、働きもしなかったら...。

    私にも子供がいますが、私にはそっちの方が恐ろしいです。親は子供をずっと思っていますが、自立した子供の
    方だって親の事を心配しますよ。私もしたし、トピ主さんもしましたよね? 大丈夫、親子の縁なんて切りたくても切れるものではありませんから。

    あと子供が巣立ってしばらく空の巣症候群になっても
    その内、子供がいないのが普通になって慣れてしまうと
    思いますよ。どうしても子離れ出来ないなら、子供の
    追っかけしちゃうっていう手もありますよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    さちえ
    やごさん、ありがとうございます。
    そうですね、世の中の母が皆そういう考え方になれば穏やかな子育てができるかもしれませんね。

    でも一方で、子育てというのはやや熱狂的にならないと、いざという時に子供を命がけで助けられないのではないかという思いもあります。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    うわーん(泣)

    しおりをつける
    blank
    りり
    なんか、じわぁって泣けてきちゃいました。
    息子(現在2歳)も、いつか大きくなって、四六時中一緒の今がウソみたいに、自分の道を歩いていくことを想像したら、さみしくてさみしくて涙があふれてきました。
    自分では、男の子だし・・・と思ってサバサバして育ててたつもりなのですが。
    じつは、まだ手放したくなくて、幼稚園も考え抜いた末に、2年保育に行かすことにしたくらいなんです。
    うわーん・・・

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    子育て

    しおりをつける
    blank
    ゆうちゃん
    2歳半の息子がいます。私も今から考えすぎというかマイナス思考というか。。今、こんなにも可愛くて自分をこの世で一番必要としてくれている子供が将来は巣立っていき、好きな人ができて結婚もしていくと思うと寂しい気持ちがしてなりません。

    トピ主さんも、お子さんを心から大事に愛しているからこそ感じる思いなのでしょうね。子供が成長して離れていくことは正常なことで良いことだとはわかっていても寂しいと思ってしまうのは理屈じゃないです。

    周りで、子供を成人まで育てあげて、生活面でもきちんと子離れできている方々をみると、ああ私もこうなれたらいいなあって思います。なので私は将来そういう風になれるように頑張りたいです。その分今の貴重な幼児期を大切に過ごそうと思い少しでも多くの時間息子とすごそうと心がけています。二度と戻ってこないこの時期を精一杯生きようと思っています。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    引用です。

    しおりをつける
    blank
    0930
    その矢は より高く

    あなたの子供は あなたの子供ではない
    子供たちは 人生の希望 そのももの息子である
    彼らはあなたを通じてくるが あなたから来るのではない
    そして あなたと共にいても あなたに属していない

    あなたは子供たちに愛を与えてもいいが あなたの考えを与えてはいけない
    なぜなら 彼らは自分の考えを持っているからである
    あなたは子供たちの身体を 家の中に入れてもいいが その魂を入れてならない
    なぜなら 魂は あなたが訪ねることもできなければ
    夢の中でさえ 訪ねることのできない 明日の家に住んでいるからである

    子供たちがあるようになろうと あなたが励んでもいいが
    無理に あなたのようになって欲しいと求めてはいけない
    なぜなら人生は 後戻りもしなければ
    明日 と同じように ためらいもしないからである

    あなたは
    あなたの子供が生きている矢として送り出されるための 弓 なのである

    レバノンの詩人 カーリル・ギブラン 作

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    愛は普遍

    しおりをつける
    blank
    イヤー、どんな年齢でも子供は楽しいです。子供が一人ずつ、うちを離れていった時、寂しくて一ヶ月位は泣いていましたが、それが慣れると、またいない生活も楽しいものです。何時帰ってくるか心配することも無いし、家事も楽になるし。。。

    大人としての子供との付き合いも別の喜びがあります。子供が結婚した時は、相手の家族に取られたような寂しさありましたが、それが間違っている事をすぐ知りました。取られたのではなくて、家族が増えるのです。一つ屋根に住んでいなくても、親であることには変りません。子供への愛情は普遍です。そして無償の愛情を受けて育った子供との絆は薄くなることはありません。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    クール

    しおりをつける
    blank
    りんごちゃん
    いま2歳の子供がいますが、目の中に入れても痛くないです。毎日ラブラブです。
    本能で大人の気をひきつける仕草や表情をするときは、「こいつは自分が可愛いこと知ってるな、確信犯やな」と夫と話してます。もちろん親はメロメロなんですけどね。
    子供が可愛いのは、世話をする大人の存在が絶対に必要だからだと思っています。可愛くなきゃ、こんな手間のかかる育児なんて放棄する人続出すると思うよ。

    3歳までに親孝行は終わると言いますよね。その3年間の可愛さを思う存分むさぼろうと思ってます。こんなに無償で人を愛しいと思う気持ちにさせてくれたことを、子供に感謝しています。だから、それで十分です。
    私は逆に、将来は親より大切なものを見つけてほしいです。それが見つけられないと問題ではないですか?

    子供には親よりもっと愛すべき存在を見つけ、結婚して、子供を持つ幸せを、私と同じように感じて欲しいです。
    今、私がとっても幸せなように、自分の幸せな人生を勝ち取ってくれれば、私は子供を産んで良かったと思うと思います。そうは思えないかなあ。
    人生の楽しみを知らないで、ずっと「ママ大好き」って言って、家にひきこもってほしい?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    我が娘・・・

    しおりをつける
    blank
    へな
    早く大人にならないかなーと思っています。
    私たち夫婦の背中を必死に追いかけて来る、
    6歳の娘。早く大人になりたくてたまらなそうに
    している姿が可愛くって・・・。
    いろんな事をどんどん吸収して、
    私たちを追い越して、素敵な大人になって欲しい。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    やごさん!

    しおりをつける
    blank
    クリス
    私もやごさんと同意見なので、とっても嬉しいです。
    違うのは、私の子供達は18歳と16歳、と言うこと。

    一人は来年、もう一人も2年後には家を出て行く予定です。
    まだ大学を終えるまでは分かりませんが、今のところ、なんとか社会の役に立てる人間に育ったかな、とちょっと満足な気持ちです。

    今は、子供達が巣立つ日が待ち遠しいです。
    それからはまた、主人と2人だけの生活が待っているのですもの!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    子供は矢

    しおりをつける
    blank
    チータ
    2歳と4歳の子持ちです。

    私は弓、子供は矢という詩を読んだことがあります。
    ギリギリ限界まで引き絞って、思い切り世の中に飛ばすんだそうです。

    私は親からは借りっぱなしです。恩ばかり。それは親に返す必要はなくて子供に返すんだと母は言ってました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    そんなこと考えもしなかった…

    しおりをつける
    blank
    はんぷてぃだんぷてぃ
    一児の母してます。
    でも育児に熱狂的に取り組んだという感覚は覚えたことがなかったです。
    こう言っては語弊があるけれど、昔飼っていた犬猫を世話するのと同じ。ペットも飼い主の都合で飼われているわけだし、子供も自分から望んで生まれてきたわけでないしね。産んだんだから世話するのも当たり前だと思っていたので、産んでから育児の意義についてなんて考えません。それは産む前に考えることだと思います。確かにやってみなくちゃ分からないところも多いですが、愛情と責任(私がやらなきゃ誰がやる、みたいな)の心さえあれば、どうにかなるもんです。
    むしろ私は子供が無事巣立ってくれたらやれやれと思うでしょうね。(まだ何年も先ですが)
    うちの親も高校さえ出したら後は一人でやっていけ、と言う方針でした。(大学行くなら当然奨学金をもらい、生活費くらいバイトで賄えって感じ)
    さすがに我が子は大学の学費くらい出してやろうと思いますが、小遣いはやらないなぁ、きっと。主人も同じ考えです。
    子育てへの考えも、人それぞれですね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ちょうど今日

    しおりをつける
    blank
    p
    中学生の息子が2泊3日の校外学習に出かけ
    プチ空の巣症候群を起こしている母です。
    息子が二人居て、二人とも一週間の自然学校や
    修学旅行・合宿・演奏旅行と家を離れることがあり、
    毎日、塾や体操クラブ、吹奏楽クラブで7時過ぎる
    ことは当たり前、時には9時過ぎになることも。
    それでも「帰って来ない夜」は寂しいのです。

    子どもの成長を誇らしく、頼もしく思う一方
    まとわり着いて、家事が片付かなかった頃が懐かしい。
    これから今まで以上に家を離れることが増え、
    私の知らない世界をたくさん知って、
    どんどん広げていくことでしょう。

    子どもの前では決して寂しがったりはせず、
    躊躇う子どもの背中を押して
    さぁ行っておいでと笑顔で送り出してます。

    子どもたちの希望に満ちあふれ、
    明日を夢見て輝く瞳が大好きですから。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ワタシもです!

    しおりをつける
    blank
    まみたん
    ついこの前、1歳の息子の寝顔を見ながら思いました。
    いつかはワタシの元を離れていくんだなぁと。。。こんなに小さくて、こんなにかわいいのに!あと何十年かしたら絶対に離れてくんだなと。。。

    そう思うと涙があふれてきて、今のこの時間がとてもかけがいのないものだとゆう事にあらためて気づきました。

    子育て期間、イライラしたりストレスたまったりと、いっぱい悩みもありますが、息子が家を離れていく日まで。。精一杯愛情を注いでいこうと思っています。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      だってー浦島太郎だもの

      しおりをつける
      blank
      JIJI
      私も子どもが生きがいのような生活にはなりたくないです。
      でも実際専業で育ててみると、子育ての合間に自分の趣味の時間を持つなんて絶対無理ですよね。喫茶店に行くなんて末っ子が幼稚園に入らない限り無理かもしれない。友人もママ友中心にならざるを得ないです。

      子供はもっともっとと「おかあさん!」といいますし、家事も育児もきりがないです。こんな生活を10年ぐらい続けていると、子供が趣味、とでも思わないとやってられません。

      ひとりの時間がもっと作れれば自分の趣味もでき、子供が巣立っても寂しくないのでしょうが、子供中心の生活にならざるをえません。(旅行なんかでも大人向けのところはあきらめてます。子供がぐずると迷惑をかけるのでガマン)
      あと数年こんな感じで過ごして「おかあさん、これからは自分の人生を楽しんで」といわれても浦島太郎状態です。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      うちの母みたい

      しおりをつける
      blank
      詐欺師
      更年期と子供の自活が重なって、母もトピ主さんと同じことを話していました。その当時は「うっとおしいなー」と思ってましたが。今4歳と0歳の子がいます。ずーっとこのままでいて欲しい気持ちと、立派な大人になって独立して欲しい気持ちと、ごちゃごちゃです。巣立ったら、母のように寂しい気持ちになるのでしょう。
      でも、子供が離れてしまえばまた、自分の自由な時間が戻ってきます。歳はとっているけれど・・・そのときになったら何をしようか今は考え中です。
      まあ詐欺師というか、子供に「かわいらしさ」がなければ子育てなんてできない気もします。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      トピ主です

      しおりをつける
      blank
      さちえ
      私の言いたい事が理解してもらえるか心配でしたが、想像以上に理解していただき、ほしい回答をいただけたのでうれしいです!

      子供がサギ師!?子供をそんな風に言うなんて非常識だわ!なんてレスもいくつかはあるかもなって思ってたけど1つもなくて意外でした。

      息子が巣立って行ってほしくないとか、その事で悩んでいるとかではなくて、哲学的な発見をしたので皆さんはこの考えについてどう思いますか?と議論してみたかったのです。

      子供が中学生や高校生になっても子供や夫に関連したことにしか興味がない人生ってつまらないと思っています。
      ですので、今は少しづつですが自分の夢実現のために努力しているつもりです。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      横レスです>0930さまへ

      しおりをつける
      blank
      くじくじら
      素晴らしい詩を紹介してくださり、ありがとうございました。
      まさしく、子育てとは、そのようにあるべきですね。
      日常の生活の中では、つい思い通りにならないとイライラしたりする事もありますが、「明日に向かって羽ばたく魂」を育める親でありたいです。
      まず親自身が、理想に向かっていく姿をしていなければいけませんね。
      それが何よりの子供への教育になると思っています。

      何より愛しい子供たち。
      残されるのは本当に寂しくて悲しい。
      でも、あなたたちのためなら、喜んで踏み台になれます。何もかもを乗り越えて、明日に向かって飛んで行けー!!

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      父の子育て論。

      しおりをつける
      blank
      きこり
      子供はいませんが、レスさせてください。

      私の親は過保護、、、というか心配性でしたが、それもこれも、将来私を嫁に出すためだったと、結婚するとき、本当に実感しました。自分のものだから守ってきたというよりは、世に送り出すために守ってきたような。

      幼い頃から、「お前のために叱ってるんじゃない。将来のお前の旦那と子どものために叱るんだ」と言っていました。私がまっとうな人間に育たなかったら、周囲の人たちに迷惑をかけるからというのが、父の口癖のようなものでした。

      子どもの頃は父の言っている意味がさっぱり分かりませんでした。反抗心が芽生えた頃は「私結婚してないもん!」って思ったことも数知れず。

      でも、結婚するとき、父が主人に言いました。「父親は娘を嫁に出したくないって言うけれど、あれは嘘だな。自分の娘が結婚することが、こんなに嬉しいことはない。」と。

      誰かに愛され、求められる人間に育てることができたんだという親の安心感でしょうか。私は、そんな父が好きです。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×
      並び順:古い順
      • レス一覧
      • トピ主のみ (0)

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        使用イメージ
        使用イメージ

        マイページ利用でもっと便利に!

        お気に入り機能を使う ログイン
        レス求!トピ一覧

        注目トピ

          Twitter

          Follow
          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          発言小町大賞0