詳細検索

    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    就職について

    お気に入り追加
    レス15
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    平八
    仕事
    拝啓こんばんは!自分は今年22歳になる航空学生です。自分ははっきり言ってまだ就職についてかんがえていません。なぜかというと17歳のときに派遣会社にいたときに20種類ぐらいしごとを経験しましたが、どれも自分がやりたい仕事ではありませんでした。(その仕事は毎週、あるいは日替おわりで勤務先が変わるお手伝いさんみたいな仕事だった)

    そういうこともあり、自分のしたい仕事、合った仕事といものがわからず、また憧れるが、本当に自分に適した仕事なのか悩んでいます。バイトとは違い就職は一生やるものですから、かなり悩みます。人生の先輩方はどのように仕事をきめましたか?

    ぜひお聞かせください!よろしくおねがいします。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数15

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    全部テキトー

    しおりをつける
    blank
    今回も匿名
    あまり考えずにテキトーに。

    大学も行きたかったとこ受かんなかったので受かったとこに。その後そのまんまレールの上。

    仕事なんてそんなものです、私にとって。
    大学行きたかったとこというのも、動機は見栄でした。
    あんまり考えてもしょうがないですからねえ。

    何を選ぶかっていうのはテキトーですが、ついた仕事についてはスペシャリストになるべく日々精進してますよ。プライドもあります。自分の仕事についての知識、レベルが上がると充実感があります。

    その傍ら、「あれーおれこの仕事目指したの何がきっかけだったっけー」とふと思ったこともありました。

    私の場合そんな感じです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    大まじめに

    しおりをつける
    blank
    aiko
    お話しします。

    「自分に合う仕事」って無いと思った方が良いです。
    好きな職種に就いたとしても、待遇がヒドイとか、人間関係に耐えられないとかもあるでしょ。

     時期が来たら、よかれと思うところの試験を受け、もし落ちたら次善と思われる所の試験を受け…
    何とか就職できたら、必死に働きましょう。
    どんな仕事でも、真面目に取り組んでいると見えてくる事があります。
    仕事観というのもその中で培われるのです。

    で、辛抱するときはじっと我慢。
    そして、チャンスと感じた時には思いっきり飛びましょう。
    きっといいことがあると思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    とりあえず説明会に行け!

    しおりをつける
    blank
    ぷよっぴぃ
    会社説明会巡りすると、自社製品くれたりするぞ!化粧品会社は化粧品、食品業界は食いもん。ヴィトンとかブランドものの会社もなんかくれる。自社製品巡りをするんだ!全っ然自分と関係ない会社でもいいよ。

    そのうち、「あ~、あの会社の説明会受けてみようかな」とか「ハナから志望圏外だった、この業種は意外にも面白い!」とか出てくるかもしれないじゃん。

    まずはその重い腰をあげるきっかけをつくるべしべしっ!説明会は重い腰を上げる方法のうち単なる1例を私が考えてみただけなので、腰があがるんだったら行かんでもいいです。あと、合同会社説明会だけはオススメできません。

    だって、次の自社の説明会は何日ですとか、予約とか、ショボイチラシくれるだけだもん。説明会の予約なんて、交通費払ってわざわざ合同説明会でせんでもリクナビからできるし。。。

    まぁ、悩んでないでとりあえずブラブラ動いてみてねということだ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    aikoさんに質問させてください(横ですが)

    しおりをつける
    blank
    入社2年目
    トピ主さんこんばんは。
    アドバイスできる身分ではないのですが、とても興味深いトピだったのでお邪魔させて頂きました。

    個人的な悩み話になってしまいますが、お付き合いいただければ嬉しいです。

    現在某企業に入社して一年半経とうとしていますが、やってきた仕事は資料つくり他雑用のみです。

    他に異動したい部署、やりたい仕事があれば「この会社で頑張ろう」と思えるのですが、そういったものも見当たらず…苦しいです。

    aikoさんの「どんな仕事でもまじめに取り組んでいると見えてくることがある」というお話、もしよければもう少し聞かせて欲しいです。
    私は今の仕事を「何かが見える」まで続けるべきなのか…。
    もちろんそれを判断するのは自分ですが、参考にさせていただければと思います。
    どうぞよろしくお願いします。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    aikoさんではないですが(横です)

    しおりをつける
    blank
    今回も匿名
    一番上にレスした今回も匿名です。

    入社2年目さん。

    資料作り、雑用をさしてもらってるだけありがたいじゃないですか。
    先輩方の業務の雰囲気だけだも勉強さしていただけるのではないですか?

    上の人間というのはあなたが思っているよりもあなたに注目しているものなんですよ?
    業務態度、勤怠、習熟度、、、などなど。
    口には出さないですけれどね。

    「今の若者は根気がない」という言葉に私は(と言う私もまだ20台ですが)懐疑的だったのですが、入社2年目さんの質問を見てこういうことなんだ、と思いました。
    「根気がない」というよりも早く結果を求めすぎです。まだ二年目でしょ?

    雑用でも何年もマジメにやってれば認められるし、逆に雑用に何年も給料を払い続ける会社もこの不況下、皆無と考えられますので、あるとき突然「お前これやってみろ」と軽く言われますよ?
    そのときのために今はしっかり「周りを見ながら」雑用をするべきではないですか?私なら「今までこんなに手際のいい雑用はいなかった」と先輩方に言わしめるような雑用を目指します。

    転職するのは自由ですが、また一から雑用のしなおしですよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    入社2年目さん

    しおりをつける
    blank
    aiko
    小町は発言が反映されるのに時間がかかるので間抜けなお話になるかもしれないけど…

    私ごときのお話に耳を傾けて下さってありがとうございます。

    若い女性が与えられる仕事はとても「一生懸命」には慣れないことがい多いのは分かっているつもりです。

    仕事をして見えてくるモノって、色々なんです。
    で、一番プラスになることは「仕事(会社)を通して社会を知る」こと。
    資料作りなどの雑用と言うことは、それなりに大きな会社ですよね。
    で、派遣ではなく正社員かな?

    まずは職場内の仕組みや自分の役目をしっかり把握しましょう。
    次は会社全体の、その次は業界における会社の…
    で、日本経済のなかで、その業種の… 
    あっ、順不同でも全然OKです。
    学生の頃を思い出して自分にレポートを出すのような気持ちでね。
    もちろん遊び心は忘れずに♪

    「右も左も分からずに、言われたことだけをする」のとは全然違う気持ちになります。
    余裕があるなら、他の人の仕事をちょっと手伝ってみる。
    でも意味のない雑用は駄目。心がすり切れます。
    それと、分かっているとは思いますが、仕事や会社についてエラそうに発言するのもNGね。

    続きます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    入社2年目さん その2

    しおりをつける
    blank
    aiko
    私はかつて大手生保勤務でした。
    その時学んだことは、生保は一般のお客様に契約をして貰ってナンボ。
    私自身は単なる一般職でしたが、チャンスがあれば顧客名簿を覗き、「業績に結びつく出来事」を探して、外回りの方にお話ししていました。
    営業のきっかけになると、とても感謝されましたよ。
    そして集められた巨額の資本が何に使われているかを知って驚きました。
    それ以来サラ金のCMが不愉快になりました。

    あるいは全く違うアプローチもあります。
    労働者としての権利と義務を学ぶのも社会を良く知ることになります。
    ご自身の給料明細書をよく分析してみましょう。
    控除されている金額の算出根拠なんて、お勉強すると面白いですよ。
    残業手当の実体と計算方法などもね。
    労働者として○○年社会に貢献したご褒美(退職金や年金)もしっかり把握して下さい。
    政治に無関心でいられなくなります。

    そして外国(といっても色々ですが)と日本の労働環境の違いなんてみるために、休暇で海外旅行なんていかがでしょう。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    入社2年目さん その3

    しおりをつける
    blank
    aiko
    お勤めすると言うことは不満だらけですよね。
    やりがいのない仕事、安い給料、単調な毎日、つまらない人間関係、腹が立つ上司…

    どこかで「私は余暇に生きる!」と決めてもいいし、仕事は割り切り、「貯蓄」にはげむのも良し。
    仕事があると安定した生活が出来るので、「次」に向けてスキルアップを目指すのも良いですね。

    これから先の長ーい人生は「仕事」抜きには考えられないけど、選択肢は常にご自分にありますよ。
    折々のベストチョイスが幸福な人生をもたらしてくれると思います。

    エラそうな意見でごめんなさいね。
    普段言えないことを発言するって爽快な気分でした。
    ありがとうございました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    経験談-1

    しおりをつける
    blank
    はい
    22歳で自分の天職が分かっている人は、なかなかいないのが普通なのでしょう。トピ主さんが20種類の仕事を経験したと言っても、補助的なものであったでしょうし。

    参考になるかどうかは分かりませんが、私の経験です。

    大学を卒業してメーカーに就職しました。大学での専門とは全然関係ない仕事ですが、会社訪問でなんとなくウマが合いそうで、決めました。最初の二年間は社内の資料作りみたいなデスクワークのみで、辞めたくてたまりませんでした。社内に英会話のサークルがあり、全然興味がなかったのですが、先輩に誘われて、始業前のレッスンに週一回参加していました。

    そのせいかどうかは分かりませんが、三年目に急に海外事業部門に異動になり、たくさん海外出張をさせてもらい、本当に色々な経験を積みました。

    その会社の海外部門が縮小になったので、ノンバンクに転職し、そこでも国際部に配属になり、新規の事業を担当、三年後にその関連で米国に駐在になり、7年間いる羽目に。

    帰ってくると、新しい金融商品の開発に携わることになり、たいへんな苦労の末に販売にこぎ着けましたが、三年間のハードワークで虚脱感を覚えていました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    経験談-2

    しおりをつける
    blank
    はい
    そこに、ヘッドハンターから声が掛かって、現職の外資系に転職。給料が倍になりました。別に意識してキャリア開発をしてきたわけではないのですけど、今の仕事は天職と思っています。

    就職に正解はありません。いっぱい悩んで、いっぱい頑張ってください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    選ぶのではなく、決めるのです。

    しおりをつける
    blank
    月光
    どこ行っても嫌なやつはいるし、
    どこ行ってもしたくない仕事をしなきゃいけない。

    自分がしたい事だけ得意な事だけ永遠に笑顔でさせ
    てくれる職場などこの世にありません。ボランティ
    アじゃないんだから。

    それを踏まえた上で、選ばずに、決めるのです。

    ※ただし就職することを最終目的にしちゃいけません。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私もaikoさんではないですが

    しおりをつける
    blank
    学生やめて12年
    入社2年目さんへ。

    雑用や資料作りをナメちゃいけませんよ~。
    そういうところから、みんな仕事を覚えていくものなんですから。

    たとえコピー取り程度でも、ちょっと文面をチェックしていると自分の会社がどんな企業と取引してるか把握できたりして電話応対・受付等での失敗を減らせますよね。
    資料作りだって、そこに書かれる数字に意味があることを学んでいけるわけで。

    社会に出たての人間にいきなり重要な仕事を与える会社なんてありません。
    "雑用"のやり方で仕事ができそう/できなさそう かを
    判断されて、ちょっとづつ大事な仕事を任されていくもんですよ。

    与えられた仕事を漠然とこなすだけじゃなくて、
    ちょっと考えながらやってみてくださいな。
    年齢問わず、そういうのができない人 結構多い…

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    部活動と同じ

    しおりをつける
    blank
    とおりすがり
    説明を聞いて興味がわいたら入る
    まぁ、就職の場合はこっちがいくら気に入っても内定をもらえない場合もあるけど

    さらにいくら自分に向いている仕事でも人間関係、
    職場の雰囲気とか入ってみないとわからない部分もあるので
    結局は運頼みですね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    お返事有難うございます!

    しおりをつける
    blank
    入社二年目
    今回も匿名さん、aikoさんありがとうございます。

    お二人のお言葉とてもズシリときました。

    私はつい「人生の限られた時間をこんなことに費やしたくない!」と考えてしまいます。誰もが最初はそうだったと知っていながら…。

    話がそれますが、美容師の方は、就職して何年かははさみすら持たせてもらえず、毎日シャンプーばかりさせられると聞いた事があります。
    それでもやり続けるのは「ここで頑張って一人前の美容師になる!」という思いとキャリアの見通しがあるからでしょう。

    前回も書きましたが私にはそれがないのです。
    だから現在、ある福祉分野の仕事に転職を考えています。
    でも今回も匿名さんのご指摘のように『まだ二年目』なのに転職を考えるのは『根性がない』だけなのかもしれません…。(続きます)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    続きです

    しおりをつける
    blank
    入社二年目
    そんな私にとって、aikoさんの意見はとても新鮮でした。
    「そういう見方もあるんだ…」としばし考え込んでしまいました。

    仕事自体のやりがいとは別の視点からモチベーションを見出す考え方だなと思いました。(偉そうに聞こえたらごめんなさい)

    「社会に参加している実感」てとてもやりがいにつながりますよね。
    私自身の経験でも、雑用が少しでも会社のしていることにつながっているのがわかった時はそれなりにやりがいを感じました。

    発想の転換をして、もう1年は頑張ってみるべきなのでしょうか。
    よく三年で辞めるとキャリアとしてみなされないと聞きますし…。

    こんな話にお付き合いいただき、本当に有難うございます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る
      並び順:古い順
      • レス一覧
      • トピ主のみ (0)

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        使用イメージ
        使用イメージ

        マイページ利用でもっと便利に!

        お気に入り機能を使う ログイン
        レス求!トピ一覧

        注目トピ

          Twitter

          Follow
          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          発言小町大賞0