詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    「博士の愛した数式」について

    お気に入り追加
    レス10
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    ピノ
    話題
    あの小説で博士がなぜ配偶者を亡くした人と主人公の「私」との口論を
    オイラーの公式で収めてしまったのか未だに謎です。

    何回読んでもわかりません。配偶者を亡くした人との間に何か秘密が
    あったようですが、それもこのオイラーの公式で説明されて
    いるのでしょうか?
    数学音痴の私に誰かちゃんとした説明をして下さいませんか?

    トピ内ID:5593964370

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数10

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    ちゃんと書いてあると思うけど

    しおりをつける
    blank
    るりり
    手元にないので…。
    でも,とても好きな場面のひとつです。
    割りきれない数とこの世に存在しない数が組み合わされて世にも美しい式になる。
    式の意味はわからなくても,その美しさを幸せな気持ちで受け入れることができれば心がやさしさで満ちてくる。
    そんな風に理解しています。読むたびに穏やかな気持ちになれる気がしました。

    トピ内ID:3349316744

    ...本文を表示

    オイラーの公式はとても美しいのです

    しおりをつける
    blank
    かなめ
    博士の愛した数式を読んだのが大分前の事なので、そのシーンの描写に関しての記憶は曖昧ですが…。
    要は「タイプの違う人でも美しく一つにまとまる事ができる」と言いたかったのだろうと、解釈しています。

    オイラーの公式では指数関数と三角関数の関係式が示されており、オイラーの等式に至っては自然対数の底eと円周率π、虚数iの関係が綺麗に示されています。(博士の愛した数学ではこちらが出てきていましたね。)
    これらの関数はどれも大事で様々な場面に使う事ができますが、それぞれが別の性質を持っているせいで、一緒に用いていく事は困難です。
    でも、この公式のお陰で我々は、自由自在にこれらの関数を相互的に扱うことができるのです。

    配偶者を亡くした人との間の秘密云々は、もう小説の内容を忘れてしまったのでちょっとわからないです。すみません。

    トピ内ID:3710611822

    ...本文を表示

    1度読んだきりですが‥

    しおりをつける
    💍
    るーさん
    単行本:初版で買って読んだクチなんで、もうだいぶ年月が経ってるんですが・・

    配偶者を亡くした人と若い頃の博士は、相思相愛のプラトニックラヴだった。“ともに数学の美しさを理解しえている人間”で、数学に愛を託した過去の日々があった。
    (配偶者を亡くしたその女性に捧げた博士の論文が、野球カードの缶底に大事にしまわれていたのよ)

    今もその想いを宝物にしている女性だったから、主人公と博士の間柄を“必要以上の親密さ”と穿ってしまった。そこへ博士から、オイラーの公式で説得される。

     “彼らは身を寄せあい‥すべてが0に抱きとめられる”
     “オイラーの公式は、暗闇に光る一筋の流星だった”
     (↑ここ、今でも鮮烈に覚えてるんです)

    「0」は博士にとって、究極で特別なものであり、美しさと調和を表している数(だと思った)。
    その方には、もちろんその意味とメッセージが分かる訳だけど、“主人公もそれを理解しえている事実”に、驚きつつも“同士であると認めた”と。

    トピ内ID:9542465993

    ...本文を表示

    数学音痴的な解釈の仕方

    しおりをつける
    blank
    方程式
     私も数学音痴なので、実際あの中に出てきた数式の意味は全く分っていません。

     ただ、あの数式(その女性に渡した手紙の中の数式)=分らないもの=出口が無いもの、どうすることも出来ないもの

     という風に解釈しています。

     本当に数式に意味があったら恥ずかしい限りですが、私も知りたいです。

    トピ内ID:4930385322

    ...本文を表示

    あまりにも奇跡的に美しい数式なので

    しおりをつける
    blank
    Ma
    そのシーンの直後、配偶者を亡くした彼女の描写で、
    「数式の美しさを正しく理解している人の目」とありますよね?
    その通り、この数式はあまりにも奇跡的に美しいものなのです。

    数学では「定数」と呼ばれる特殊で重要な数字がいくつかあります。
    有名なのは円周率π。また、自然対数の底eも有名です。
    さらに複素数、つまり二乗したらマイナスになるという不思議な数
    iもまた、高校で悩まされた方、いるのではないでしょうか?

    ところがこのそれぞれ無関係と思われていた重要な定数が、
    全てしかも実にエレガントな形で関係していることを証明したのが
    「オイラーの公式」なんです。

    このような、まさに人類の叡知の結晶とも思える存在の前には、
    ちっぽけで些細な感情など、恥ずかしくなってしまった…
    というのが、僕の読み方です。

    トピ内ID:4482936634

    ...本文を表示

    本、読んでませんが

    しおりをつける
    😀
    B級
    オイラーの公式は複素数を表す式です。複素数は大きさと角度で表現することができます。角度(θ)が0度の場合は複素数は実数であり、我々が見たり感じたりできる普通の存在です。一方これを90度回転させると純虚数、即ちこの世とは一切関わりを持たない存在となります。このとき我々はこの存在を知覚できず、見かけ上消え去ることになります。
    私は数学は専門ではありませんが、作者はたぶんこういう事を表現したかったのでは?と思います。

    トピ内ID:5773474854

    ...本文を表示

    ちょうど読んでいました。

    しおりをつける
    🐴
    topo
    立派な評論家の方々が既に解説されていそうですが、勇気を振り絞って私なりに考えてみました。

    数学的な素養は直接関係なく、この本の文章だけで考えてみました。
    小川洋子先生、勝手な解釈を御容赦下さい。
    (以下は文庫版のページです)

    ポイントは3つですが、2が最も大事です。
    1P188の彼女の記述「未亡人は~。数式の~」
    →その女性を含め、皆数式の美しさに敏感であった

    2P197後半の「オイラーは不自然極まりない~。無関係にしか~。」
    「Πとiを掛け合わせ~。0に抱き留められる」
    →全く関係のない数が不思議に結びつき、美しい数式になっている。

    3P221の博士の「1-1=0~」
    →博士は0に抱き留められる状態を美しいと感じている


    >結論<
    博士はe、Π、iからなる数に1を加えただけで0になるオイラーの公式が示す静かな調和の美しさを皆に示しました。
    これは、ある不思議な縁でその場に居合わせた4人を、それらの数(e、Π、i、1)に例え、調和の美しさを教える
    ことで、口論を止めたいと願ったからと私は解釈しました。

    トピ主さん、如何ですか?

    トピ内ID:8566406230

    ...本文を表示

    映画とごっちゃになっているかもしれませんが・・・

    しおりをつける
    blank
    ゼロの発見
    映画を最初に見て感動したので小説も読みましたが、あれから少し時間もたっているし、両方がごっちゃになっているかもしれません。

    あれは、博士がその女性に当てた手紙が前振りになっているのだと思います。
    愛するNへと書かれた博士がその女性に当てた手紙には「僕の心は『eのパイi乗=マイナス1』です」と書いてあります。同じオイラーの公式ですが、1を足して合計ゼロの式ではなく、右辺がマイナス1という形になっています。数式上は同じ式ですが、意味が違うのです。

    小説では示唆されるにとどまっていますが、博士とその方の間には死んでしまった子供がいます。その亡くなってしまった子供が、マイナス1なのだろうと思います。

    ところが、ルートが現れ、そのルートがプラス1なのです。そして、ルートが現れると、オイラーの公式は、「ゼロ」になるのです。

    ルートは、後にこのオイラーの公式を以下のように解説しています。

     

    トピ内ID:5988559412

    ...本文を表示

    続きです・・・

    しおりをつける
    🐱
    ゼロの発見
     果ての果てまで循環する数と、決して正体を見せない虚ろな数が、簡潔な軌跡を描き、一点に着地する。
     どこにも円は登場しないのに、予期せぬ宇宙からπがeの元に舞い下り、恥ずかしがり屋のiと握手をする。
     彼らは身を寄せ合い、じっと息をひそめているのだが、一人の人間が1つだけ足算をした途端、
     何の前触れもなく世界が転換する。
     
     すべてが0に抱き留められる。
     オイラーの公式は暗闇に光る一筋の流星だった。

    またゼロはとても特別な数字で、他の数よりも随分後に発見されましたが、ゼロは「存在しないもの」なのに、「ゼロ」と名前をつけることで、それが「存在する」ようになるだけでなく、ゼロがあるからこそ、数の世界は、益々完全で美しいものになれたのです。「存在しないもの」にも大きな意義があるのです。博士も、ゼロについて語っているところがあります。

    この「ゼロ」は、一方で博士そのものではないのかと思います。
    ある意味では普通には「存在しない」博士ですが、この「プラス1=ルート」がいるからこそ、自分の存在も「ゼロ」となり、意味のあるものになると言いたかったのではないでしょうか。

    トピ内ID:5988559412

    ...本文を表示

    そういう意味だったんですね。

    しおりをつける
    😍
    ピノ
    皆様 有難うございました。
    久しぶりに本を読んだらこのザマで、
    お恥ずかしい限りです。

    こんな風に「愛」を大切にし、
    人とのつながりを(失われつつあるにも関わらず)
    重要に考える博士を改めて尊敬します。

    また、その表現を理解しようとする優しいお手伝いさんの
    誠実さにも心打たれるものがあります。

    数学で愛の表現が出来るなんて思いもよりませんでした。

    もし自分がそういう表現をされてもきっと
    わからないでしょう。そうやってわからないまま年をとるかと
    思うとちょっと悲しい・・。

    トピ内ID:5593964370

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0