詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    娘がお友達に失礼なことをしてしまった

    お気に入り追加
    レス10
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    あけみ
    話題
    娘がクラスのお友達に対して失礼なことを言ってしまったので、ショックを受けています。

    長文ですがアドバイスをお願いします。
    先生からお話をうかがったのですが、娘のクラスで、今度の音楽会で「大きな古時計」の合唱をすることになり、そのピアノ伴奏を誰にするかを決めたのだそうです。

    そのときに、娘ともう一人の立候補があがり、今のところ、ピアノがよりうまそうなのは娘なのだけれど、もうひとりの子はまだ一度もピアノ伴奏をしたことがないために、話し合いの結果、その子に決まったそうです。

    娘は前回の伴奏もしたので、今回はその子に譲ってあげたら・・・というクラスメイトの言葉に耳を貸さず、みんなの前で、その子のピアノを悪く言ったそうです。
    私は悪口については厳しく叱り、相手の子に謝らせました。
    「あなたのピアノは上手だけど、だからといって、すべてのピアノ伴奏の機会を独占する権利などない」ということを言いました。

    しかし、それと同時に、今までピアノについて、無責任に褒めるだけであった私にも責任があると思いました。
    これからどのように接していけばよいか、アドバイスをお願いします。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数10

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    自信があったのでしょう

    しおりをつける
    blank
    謎のカウンセラー
    お子さんは、よほどにピアノに自信があったのでしょう。今回の事は経験のない子に取られて初めて挫折だったと思います。なので強行な手段に出てしまったのでしょうね。
    お母様の叱り方は良かったと思いますよ。これを機会にただ褒める、ただ叱るではなく、褒める理由、叱る理由をきちんと話せる状況が、良い母子の関係をつくり、子供にも納得させる事にも繋がるでしょう。人の痛みの判るお子さんになって欲しいですね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    他人事じゃあないわ…

    しおりをつける
    blank
    娘の母
    お嬢さんの件、先生から聞かれた時には、さぞかし動揺されたことでしょうね…。私にも娘がおりますので、他人事には思えず、色々と考えさせられました。

    お母様がお嬢さんのピアノを誉めてあげるのは、とても大切なことで、そこに原因があるわけではないと思いますよ。
    お嬢さんには、相手の気持ちにたって考える、ということを教えていかなければいけないのではないでしょうか。
    ピアノに限らず、お勉強でもスポーツでも「できる」子には、親は、より、神経を使わなければいけないことだと思っています。

    私は娘に、本やニュースなどで、ことあるごとに「この子、どんな気持ちなんでしょうねぇ。つらいでしょうねぇ」などと話し合い、気持ちを考えさせる機会をなるべく作るようにしているんですよ。
    お嬢さんにも、今回の件は、叱るのではなく、考えさせてあげてほしいと思います。

    女の子は難しいですよね。
    お互い、いい子に育つよう、がんばりましょう♪

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ピアノは技術だけではない

    しおりをつける
    blank
    はるーりあ
    本当の意味で音楽を聴く耳が出来てくると、表現された音の中に、演奏している人の人格の全てが表われているのが聴きとれるようになってしまいます。良くも悪くも。上手いヘタとは違う次元で、その人にしか出せない音、というのがあるのです。お嬢さんはそこのところがわかっていないで納得が行かないのか、わかっていて、嫉妬しているのか…。

    上手なピアノを誉めること自体はいいことだと思います。別の部分で、お嬢さんの心が育つ手助けをしてあげてはいかがでしょう。単に天狗になっているだけなら、可能であれば、生演奏をたくさんたくさん聴かせてあげるといいかもしれません。

    CDやTVじゃ弱いです。一流のプロの演奏でなくても、ピアノじゃなくても、生の演奏の持つ力を感じとれるようになれば、技術の上下だけが全てを決めるのではないということが、だんだんわかってくると思います(周りが、音楽に限らずいろんな場面で常に順列をつける環境だと、うまくいかないかもしれませんが)。
    (続きます)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ピアノは技術だけではない(続き)

    しおりをつける
    blank
    はるーりあ
    嫉妬の感情をうまく処理できないのだったら、それは自信のなさの裏返しかもしれません。ピアノが上手くても上手くなくても、あなたはあなた、かけがえのない存在なのだと、いろんな場面でさりげなく伝え続ける、かな。

    小学校高学年でしょうか。不安定になってくる年頃? 大切に、愛しんであげてください(なんて、他人が言うまでもないことですけど)。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    素敵なママですね

    しおりをつける
    blank
    あすか
    私も鼓笛隊で揉めたことがあります。
    最後のトランペットの椅子をめぐって私とM子が争い、ピアノを習っていて絶対の自信を持っていた私に、
    先生は「M子ちゃん」と決めたときに、頭にカーッと血が上って、M子ちゃんをいじめてしまいました。
    母はどのような気持ちでいただろうかと思うと
    胸が痛みます。
    お嬢さんはいままで挫折することを知らなかったのでしょうね。愚痴は聞いて(トピ主さんなら大丈夫!)、それぞれにお友達同士が和解して認めあうようになれるといいですね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ちょっと見方をかえて

    しおりをつける
    blank
    よかったよかった
    いや、いや、娘さんはちょうどいいタイミングでのいい経験をすることができたのではないでしょうか。

    こういう経験をすることなしにあと5年や10年たってしまったら、もっとその先に辛いことがある気がします。今、こういう経験ができて、本当に良かった。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    励ましも

    しおりをつける
    blank
    GIN
    娘さんの悔しい気持ちが手に取るように感じられて、なんだかちょっと辛い気分になりました。きっと自信があったんでしょうね。

    大人の私だって、仕事の希望を出していて、それなりに経験やいいアイディアがあると自負していたのに、肩書きや学歴を理由に自分より経験がないと思っている人に決まったりしたら、心中おだやかではありません。「どうしてあの人?」なんて思ってしまいます。それでも、選ばれた人を非難する理由なんて全くありませんから、ぐっと我慢して、またの機会に向けて頑張って経験を積むしかありません。

    娘さんがお友達を非難されたのに即座に対応されたのは素晴らしいと思います。でもまた違う機会もあるからピアノ頑張ろうね、と励ましてあげてほしいです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    あーいたいた

    しおりをつける
    blank
    おんぷ
    知人の子供さんですが、そんな事がありました。

    同じようにピアノの伴奏をどちらにするかで悩み、先生が違う子を指名してクラスの子達も納得したのに、知人のお子さんは納得が出来ずに、

    「私とこの子のどちらが上手いか、聴き比べてから選びなおして下さい!!!」

    自信満々の知人のお子さんと、いきなりそう言われて傷ついたお子さん。

    結果としては知人のお子さんが伴奏をする事になりましたが、相手のお子さんはその後ちょっとイジケ気味な性格になっていったと風の便りで聞きました。


    自信があるが故の行動だったのでしょうが、自信があるのであればこそゆとりのある思いやりの心をもった人間に育てたいものですよね。

    トピ主さんがお子さんに対してとった行動や考えがあるのであれば、お子さんも大人になれば気がつくと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    芸術って

    しおりをつける
    blank
    s
    私も色々やってるからわかるんですけど、技術ってすごくだいじなんだけど、技術はあるプロのものを見たりきいたりして、いい物を作るのは結局よく生きるしかないってことがよくわかるんです。必ずその人のキャラは出ます。だから、今回のようなことがあって、きちんと謝り反省して人格形成にとってプラスなことを行うことはピアノにも役立つはず。

    でも、お母様はお嬢さんのピアノの腕をほめて上げてください。そして、人格的に成長したら、ピアノがよくなったと言ってあげて、心が曲がってしまったら、演奏も曲がってしまうと教えてあげてください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    あけみ
    みなさんいろいろな暖かいアドバイスを有難うございました。たくさんのことを考えさせられました。
    やはり、いままで、ただ「できる」ということばかりを褒めていて、私自身、「できる」ことにばかり価値をおいた言い方や態度を取っていたような気がします。

    でも音楽はコンクールに入賞したからヤッター、入賞しなかったからガッカリ、というものではないですよね。ましてや、他人を蹴落として自分だけいい思いをすることではないですし。

    そりゃたしかにプロになるためには、誰かを負かさなければならない場面もあるかもしれないですけれど、それはトッププロの世界の話であって、小学生の合唱コンクールにその考えを持ち込むのはおかしいと思いますし。
    親子そろって、大変勉強になりました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

      注目トピはありません。

      Twitter

      Follow
      みんなの投票結果

      編集部から

      編集部からのお知らせはありません

      Horoscope | 大手小町

      発言小町大賞0