詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    痺れない正座の仕方を教えて下さい。

    お気に入り追加
    レス4
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐤
    サクラ
    話題
    昨年末より和事の習い事を習い始めました。
    正座をする事が多く、慣れていない私はすぐにしびれて痛くなってしまいます。
    教室の先輩方は「すぐに慣れるよ」と言って下さいますが、3ヶ月経った今も慣れずにいます。これは座り方が悪いのか、足の形が悪いのか・・・

    上手な正座の仕方をご存知の方、いらっしゃいましたら教えて下さい!

    トピ内ID:7958173245

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数4

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    じきに慣れますよ。

    しおりをつける
    blank
    貴人
    わたしは茶道をしています。
    最初は、あなたと一緒で、正座すると、しびれてしまい、
    みんなの前で、感覚のない脚でたち、転んだこともありました。
    上手な正座というと、語弊があるかもしれないのですが、
    ひざはこぶしひとつあける、親指を重ねる。などといわれています。
    慣れないうちは、血管が圧迫されて、
    脚に血液がいきづらいのだと思います。
    でも、本当に徐々に慣れていきますよ。
    今は洋風の生活なので、正座はなかなかしないですよね。
    そして、畳に直に正座ですから、なお痛い思いをしています。
    家でも、正座の時間を作ってはいかがでしょう。
    わたしの教室にもあなたのような方が入っていらして、
    もしかしたら稽古より正座に苦労しているのかもしれません。

    でも、恥ずかしがることはありません。
    みんな同じ道を通っています。
    習い事を楽しんでくださいね。正座ひとつでも勉強ですよね。
    楽しいことがいっぱいありますし、趣味で仲間ができます。
    普段出来ない、いろいろな経験を積むことが出来ることでしょう。

    トピ内ID:1369950697

    ...本文を表示

    しびれます

    しおりをつける
    🐷
    すっぴん
    高校の頃からずっと茶道をしています。
    かれこれ20数年…。教えられる資格もあるのですが、まだまだ…。

    でも足はしびれます。いまだにダメです。「慣れるわよ」と言われ続けて20数年…。
    足がしびれない人を観察すると、親指が重なるといいますか、10時10分みたいな角度の足の中にすっぽりヒップがおさまっているような気がします。
    私の足はそこまで開きにくく、体重がもろにかかとにかかってしまってしびれてしまいます。ただ、しびれをとるコツはつかんだので、立つころになると準備します(笑)。
    要は立つ時に足首をぎゅっと曲げて体重をかけると、絶対にしびれが返ってきません。

    体重も影響するみたいです。やせるとしびれにくいです。30分座っていてもまったく大丈夫でしたが、ちょっと太ると10分もちません。
    体重のかけ方を、わからないように右左時々ずらすと、しびれまでの時間が伸びます。私の経験上は。


    でも、正座は体にいいですよ。背筋がぴんと伸びますし。
    がんばってお稽古してくださいね。

    トピ内ID:8016572112

    ...本文を表示

    試してみてください

    しおりをつける
    🙂
    でみ
    こんにちは
    私も正座が必要なお稽古事をしています。私の場合のコツは
    ・座布団がある場合、足の親指は座布団からはみださせる
    ・両方の親指を交差させ、時々上下を入れ替える
    です。
    特に座布団から親指をはみ出させるのが効果があると思います。
    試してみてください。

    トピ内ID:2860362106

    ...本文を表示

    慣れもありますが

    しおりをつける
    blank
    ティーイーエヌ
    長い事茶道を習っていました。
    いくら長くやっても、やっぱり痺れる時は痺れるんですよ。
    先生ですら、痺れるとおっしゃってましたから。格式の高いお茶事の席で痺れて転んじゃったりする偉い先生もいらっしゃるそうです(笑)。
    ただ、慣れてくると、痺れるまでの時間が長くはなります。少なくとも1年2年は必要でしょうね。毎日お稽古してるならともかく、週に1度や2度では…。
    あとは、やっぱり痺れるので、時々足を組み替えたり、着物を直すふりをして膝で立ったり。
    座っている時に両足の親指を重ねるようにしていると痺れにくいと言いますね。茶道でも、お客様は時々膝で立って、足の指をたててお尻をそこに乗せるようにしてちょっと一休みしている方をみかけます。
    堅苦しい和の習い事といっても、そこは臨機応変、座りっぱなしでなく、目立たないようにちょっと休むぐらいのことはかまわないと思います。痺れて転ぶよりよっぽどいいです。無理せず、時々足を休めるようにして、徐々に慣れてください。

    トピ内ID:6675826091

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0