詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    海外で治療したいが・・腰椎間板ヘルニア

    お気に入り追加
    レス8
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    MFF
    ヘルス
    40代後半女性、豪州在です。
    二ヶ月前から、右足に強い痛みがあり、放っておいたのですが、
    日本に一ヶ月滞在中に、整形外科にかかることにしました。
    X線、MRIによると手術をするほどではないが、腰の椎間板ヘルニア
    と言われました。日本にいた間は、毎日病院のリハビリに通い
    腰の骨を引き伸ばしたりする三種の器具の治療を続けていました。
    その結果、前よりましですが、完治してはいません。

    今後のことを医者に相談してみましたが、(当然かもしれませんが)
    「事情が分かりませんので」のみでした。
    私の住む所では、フィジオセラピーにかかる人が多いようです。
    あと、整体、指圧、カイロプラクティックも可能ですが、
    日本のように、整形外科は一般的ではないように思います。

    個人差があると思いますが、どの治療がおすすめでしょう?

    トピ内ID:1599341861

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数8

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    誤解なきよう

    しおりをつける
    🙂
    理学療法士
    >フィジオセラピーにかかる人が多いようです。
    フィジオセラピーとは日本で言う理学療法(フィジカルセラピー、リハビリ)です。
    >整体、指圧、カイロプラクティック
    海外のその手の療法事情はわかりませんが、国内ではカイロはオススメできません(カイロプラクティック師は民間団体による資格かもしくはまったくの無資格ですから)
    椎間板ヘルニアの場合、手術としては椎弓切除して除圧する方法が多いようですが、完治は難しいです(若干の知覚障害:足裏に知覚鈍磨・・・が残る方が多いです)。また手術による失敗の可能性も無きにしも非ずなので(危険性は低いようですが)、私の知人の整形外科医は歩行が困難になってから手術を勧めているようです。

    今のところは保存療法でリハビリテーション(フィジオセラピー)がいいと思いますが。

    トピ内ID:8613285433

    ...本文を表示

    アメリカ人の夫がアメリカで

    しおりをつける
    blank
    miki
    ステロイド注射をうけました。もう5~6年前です。今のところ、再発もしていません。この治療法は椎間板の問題のあるところのちかくにステロイドを注射し、、そうすると患部がすこしはれるらしいのですが、そのはれがひいてくときに、はみだしていた神経も一緒に椎間板の中に戻っていくというものです。たしか、、、2回、すこし日にちをおいて注射されたとおもいます。局所ますいで、治療したその日にかえってきました。この治療法がきかなければ、手術といわれましたが、治療後、すこしたってからのMRIでは治療のせいかもみられ、今もいたみはありません。日本では看護師をしてましたが、アメリカではじめて夫がするときになって、この治療法があることをしりました。オーストラリアでもあるといいですね。はやくよくなられますように。

    トピ内ID:0632075200

    ...本文を表示

    大丈夫ですか?

    しおりをつける
    😢
    痛いの大変
    オーストラリアでは整形外科にかかる前に一般診療医(GP)の紹介が必要ですよね、だからまずはみなさんGPに初めにかかるんだと思います。そしてGPが簡単な検査をして、またはそのDRでも対応できる場合はしてから紹介状を書いてくれるんだと思います。

    かかりつけのGP はいますか?相談されるといいと思いますよ。

    あとはオーストラリアのカイロプラクターはは免許取得までに大学院を含めて6年間大学に行きます。日本とは比べ物にならないくらい免許は整備されてますよ。私のかかったところはレントゲン科に紹介を取ってレントゲンもとってから治療方針の説明もしてくれました。

    やっぱり一度GPでカイロやフィジオのオプションも含めて相談してみては?

    トピ内ID:3680406683

    ...本文を表示

    私もそうかも

    しおりをつける
    😢
    QLD
    同じく豪州在住の30代後半女性です。

    時々、太ももの裏辺りにピ~~~ンっていう、痛みが走ります。
    座骨神経痛?? 

    それに、上下差の激しい立ったり、座ったりも、好きではありません。
    長時間の歩行などをすると、足腰、お尻が痛みます。
    これって、椎間板ヘルニアですよね? 

    ヨガもしていますが、腰に負担の掛かるポーズは痛みます。

    信頼のおける数年のおつきあいのあるGPに行きました。 
    運動をするように、フィジオに行くようにだけでした。
    X線では異常が出ないんですよね、これって。 
    で、専門医にかかる程ではないとの診断でした。
    しかも、都市部に住んでいないので、専門医もいないのが現状。

    私の場合は、まだ、頻繁に痛みがある訳ではないので、放置している状態ですが、
    多分、将来的には困る事になると思います。

    トピのお答えにはまるでなっていません、申し訳ありません。
    が、レスをせずにはいられませんでした。

    豪州、この分野の医療はとても遅れているような気がします。 
    骨、神経系、丈夫なんですよね、こっちの人。

    トピ内ID:4292550557

    ...本文を表示

    豪でヘルニア治療中です

    しおりをつける
    blank
    手術しました
    私の場合は、かなり重度のヘルニアを発症しました。
    でもご存知の通り、オーストラリアのシステムでは、GP、レントゲンとフィジオとなり、それから
    次のステップに踏むのに時間がかかること・・・
    片足が膝から下麻痺していたのですがね。それでも腰痛扱い。
    フィジオに1ヶ月通っても効果がないので、フィジオからCTスキャンを勧められ、ヘルニアであることが判明。
    MRIも撮ってから次にスペシャリスト(整形外科)へ紹介され、推薦は保存療法(12ヶ月から18ヶ月かかると言われました)。
    ところが、その後膀胱の状態がおかしくなったので、神経外科へ紹介してもらい手術を勧められたので手術しました。
    ですが、手術は足の麻痺と膀胱障害を取るためのものであり、手術しても腰痛は残っています。

    結局、ヘルニアを治すには地道なリハビリしかないと思います。後は生活習慣の改善でしょうか。
    こちらでは、自分が主導権を握らないと状況が変わらないと思いますので、自分でどんどん試してみたらよいと思います。

    トピ内ID:5797789507

    ...本文を表示

    お役に立てるかどうかわかりませんが

    しおりをつける
    とみぃ
    在豪のみなさんがおっしゃるように、確かにこちらではGPにまず診て貰わなければなりません。
    その時、是非、お近くのリハビリ病院についてお尋ねください。

    リハビリ病院とは、文字通り、リハビリを専門にしている病院で、入院も通院も可。
    ただし、日本のそれとは少し違うかも知れません。
    カイロやマッサージ、フィジオ、スポーツフィジオ、生活習慣改善指導、カウンセリング、そして、専門医が全て集まったような場所です。
    軽い腰痛を治したいという方もおられれば、麻痺した四肢のリハビリをという方もおられ、いろんな方が、それぞれの目標を定めて来ておられます。
    温水プールでの歩行やマッサージ、電気、運動等、全て専門家が指導してくれるので安心ですよ。カウンセリングも充実していますから、症状の改善が思うにまかせなくて落ち込んでも話しをちゃんと聞いて、励ましてくれたりもします。

    わたしは、そこで初めて、長年抱えた自分の椎間板ヘルニアと、うまく付き合う方法を教わりました。

    手術される前に、是非、リハビリ病院の情報を集めてみてください。
    プライベート保険があれば、費用もかなり安いですよ。

    トピ内ID:0680880933

    ...本文を表示

    私の経験

    しおりをつける
    blank
    イギリスの空から
    イギリスに住んでいます。

    まず、良いPilates先生から、一対一のレッスンを受け、腰背骨の筋肉を強める運動を習い、毎日10分程のエクセサイズすることをお勧めします。40歳で二人目を生んだ後、時々腰の痛みがあったのですが、50歳になったころ、両足が痛み、足の指が痺れるという症状が起こり、動くのが辛い、毎日必要最低の事しかしないできない状態が1年程続きました。

    その間、GP,脊髄専門医に見てもらい、CTIスキャンを2回とり、強い痛み止め、水泳運動、2回のステロイド注射等、いろいろ試しましたが、私には何も効きませんでした。手術をするほかないと決めて、3人の脊髄専門医、手術医師に見てもらいました。3人目の専門医に出会った時、彼の説明は本当に納得でき、信頼できると思いました。

    彼曰く、手術はするけれど、その前にPilates を基礎にしたフィジオセラピーを受け、腰背骨の周りの筋肉を強くする運動を習わなければ、手術をする意味がない。腰の回りの、(お尻の回り)運動を習い、なるべく歩くようにしました。すると、一ヶ月ほどで、痛みが軽くなり手術をしなくてもよい常態になりました。5年たった今も元気です。

    トピ内ID:0626878981

    ...本文を表示

    ご参考になるかどうかわかりませんが

    しおりをつける
    blank
    グランパ
    アメリカ在住です。
    腰痛もちだった夫が1年半ほど前に椎間板ヘルニアの手術(micro diskectomy)を受けました。
    その時点で私は手術には反対でした。歩けなくなるほどの酷い腰痛ではありませんでし、ダイエットや体操などで状態をキープする方がいいのではないかと思ったからです。

    幸いにも手術は成功しましたが、術後1年を過ぎた頃からまた腰痛が始まり、遂には動けなくなる程の痛みを伴ってしまいました。
    MRIをとったところ前回執刀した脳神経外科の医者からもう一度手術を勧められました。
    現在検討しているところです。

    ただ、術前は再発率5、6%と聞いていたのですが、色々な所で調べるとそれ以上の確率で再発するような気がします。
    手術よりは「腰痛といかにうまく付き合っていくか」が大切なような気がします。
    単細胞なうちの夫はもう一度手術をする方に傾いていますが・・・。
    現在痛みをとるために針治療に通っていますが、それは3、4日過ごしやすくなるだけで、完全な治癒という訳には行かないみたいです。

    トピ内ID:2819408602

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0