詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • 虞美人草(ぐびじんそう)がやってきた(駄)
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    虞美人草(ぐびじんそう)がやってきた(駄)

    お気に入り追加
    レス3
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐱
    ダーリンは黒い猫
    話題
    庭に植えているローズマリーと、去年育てて種が飛び散るに任せたカモミールの間に正体不明の植物が芽生え、急成長しました。
    できた蕾は大きな芥子の花のものにそっくりでした。
    母曰く「麻薬に使う芥子だったら警察に逮捕されるかしら?」
    実がなる前に抜けば問題ないと思い、花が咲くまで様子を見ていたら、あでやかな紫の花が咲きました。
    お花屋さんに勤めている近所の方に見てもらったら、正体は虞美人草と判明しました。
    現在、花は4つに増えました。
    放っておいたらさらに繁殖しそうです。

    今まで植えたつもりがないのに咲いた花で、一番奇麗だと思います。
    皆さんの庭には、植えていないのに咲いた花でヒットだった物ってありますか?

    トピ内ID:4565666569

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数3

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    少しズレますが

    しおりをつける
    😣
    雉 寅子
    同僚が庭に成るアボカド(皮がグリーンのタイプ)を、幾つも職場へ
    もって来てくれます。私はその種を五個も一緒に自宅に植えてみました。
    一本でも芽が伸びてくれればラッキーだなと。

    知らぬ間にと言ってよいほどニョキニョキと二本伸びてきました。
    高さは3メートル以上あります。
    アボカドだぁ~嬉しい~と単純に喜んでたんですよね。

    葉がモミジより細かい分かれ方、サワサワっと風に揺れ清々しいし
    小さな白い花も可憐にたくさん。表現力無くすみません。
    そして薄い緑の小さな丸い実(形はトマト状で固い)がたくさんになって、、、

    あれ?アボカドじゃないの?と疑問が湧き、野菜や樹木に詳しい方に見てもらうと彼はその小さな実を齧ってまで見たけど「判らない」って言うのです。

    アボカドの種は不発だったんですね、きっと。
    その代わり得たいの知れない木が生えたというわけです。
    トピ主さんの突然の虞美人草の出現は一句出来るような素敵な出来事。

    私の庭のその木は職場で笑いの種となりました。(苦笑)

    トピ内ID:8064605488

    ...本文を表示

    エンジュの木

    しおりをつける
    blank
    まめまめめ
    木偏に鬼と書いてえんじゅ。
    苗を植えていないのに細い木がいつの間にか庭に生えていて、次の春には三つだけ小さな花が咲きました。若干紫の入ったマゼンタ色で、豆の花の形。何ともかわいらしかったです。
    更に次の年にはもっと立派な木になり、枝にびっしりと花がつきました。
    妙な縁ですが、この花に気付いた頃夫と知り合いました。
    夫の住まいは昔は鬼の木団地と言われていたそうです。木偏に鬼とかく花。鬼の木団地。
    今も愛着を感じます。

    トピ内ID:1714320805

    ...本文を表示

    雉 寅子さん、まめまめめさん、ありがとうございます

    しおりをつける
    🐱
    ダーリンは黒い猫
    雉 寅子さんへ:
    お庭に芽生えた謎の樹木、ネットで調べてみたのですがそれらしいものは探しきれませんでした。
    代わりにアボカドの栽培記録で花や葉っぱの画像が載っているサイトを見つけました。
    http://www.hat.hi-ho.ne.jp/heart_thoughts/avocado/grow.htm
    虞美人草の花の寿命は結構短いです。最近は茎と葉がますます巨大化してきました。
    花がなくなったら何となく笑い話になりそうな予感(汗)

    まめまめめさんへ:
    エンジュの木が取り持つ素敵なご縁、うらやましいです。
    私が虞美人草を見たとき、真っ先に連想したのは夏目漱石の小説です。
    藤尾という女性が破滅していく様を美文調で書いたとされる物ですが、あまりの美文調に最後まで読めずに挫折した苦い思い出があります。
    私は虞美人草に例えられた藤尾のように奇麗ではありませんが、何だか偶然ではない気がして少し怖くなってきました。
    (気にしない、気にしないと自分にいい聞かせつつ、種を取るのはやめようかなと思ってます)

    トピ内ID:4565666569

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0