詳細検索

    妊娠・出産・育児このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    叱らない教育方針の方へお聞きします

    お気に入り追加
    レス19
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐧
    ura-ra
    子供
    身近に「褒めて褒めて褒めて伸ばす」教育派の人が居ます。

    ある時に、少し高さのある所からそのお子さんが落下しました。
    我が子であれば無事を確かめた後「危ないから登ってはダメだ」という事を伝えるのですが、そのお母さんが口にしたのは「上手な落ち方だったよ」です。

    人に向けて石を投げる、草を投げる、挨拶をしない、私が親であるのならば注意をしているであろう状況が沢山あります。
    お友達に投げた石が直撃した時も、「やめてぇー」と言う程度で「ごめんねー」とお子さんに謝ったのはお母さん本人のみ。
    お母さんは子供を叱りません。

    我が子はまだ兄弟が無く一人っ子なので大きい子の真似をするのでは?と時に心配です。
    教育方針は人それぞれ、家庭で色々な違いがあると思います。
    でも、「悪い事は悪い」と何故叱らないのか?理解出来ないんです。

    義姉妹も公共の場で子供達が騒いでもまったく注意をしないタイプで一緒に出掛けると同じ目線で見られそうで嫌な思いをします。
    が、上記のタイプとは違うんです。

    「すごいね~出来るね!」「上手だね~」何故叱らないのか知りたいんです。

    トピ内ID:8443033302

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数19

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    私も理解できません

    しおりをつける
    🎂
    てるてるぼうず
    身内にいます、「絶対叱らない教育」を実践している夫婦が。本当に叱りませんね、周りが凍りつくシーンでも・・。トピさんの仰る様に、悪いことしたら叱るべき。人間として、社会生活として教えてやらないと、親として。

    よその子供を押し倒しても「ダメよね~?」で終わり。皆で食べようと買ってきたケーキの生クリームを指で全部なめてしまっても「**ちゃんはクリームが好きなんだもんね~。」で終わり。こういう人は自分達しか見えてないし、他人に自分達流の育児方を押し付けているので、非常にエゴイストで非常識です!私は一種の「放任」と見ています。

    必要なしつけを放棄してるんですから。その子達が成長したら、今引っ込み思案でお友達も少ないようです。大きくなったら周囲は自分の親みたいに、いつもいつも褒めてくれません(当たり前ですが)。ですから、ちょっと邪険にされただけで、「いじめられた」「無視された」と落ち込むようです。やっぱりある程度鍛えられた方がいいみたいですね・・。

    トピ内ID:0689509257

    閉じる× 閉じる×

    わたしもききたい

    しおりをつける
    blank
    かんかん
    昨日、うちにも職場の先輩とその子供がきましたが、
    2歳の女の子ですが,凄い体力で、
    網戸こわされ、ピアノの楽譜立て壊され,ソファー破かれました。
    「初めてのおうちで、緊張しちゃったのね」

    とおかあさんは起こる気なし。
    修理代は払う払うと言いますが,はいそうですかと請求できるものかと考えものですし、

    ちなみにうちにも子供は4人いますし,今までいろんな子供が遊びにきていますが,
    ここまでひどいのは初めてで、びっくりしました。
    ソファーの革は相当の力がないと引き裂けないと思うので・・・・

    こんなときどうしたもんでしょう
    ね。

    トピ内ID:2238463370

    閉じる× 閉じる×

    それは怒らない教育ではないとおもいますよ。

    しおりをつける
    😢
    はは
    私は怒らない教育で教師をしていました。でもトピ主さんが関心をもたれているお母さんは怒らない教育ではなくて、甘やかしだと思います。怒らない教育はまず怒る前に何故そういう行いをしたのかを確認して この場合はこうした方がいいとさとすことだと思います。
    挨拶が出来ないなど教育が出来ていないのなら、それは怒らない教育とはいえないと思いますよ。
    怒らなくても子供が挨拶が大事だと思える教育が怒らない教育であって、そのお母さんは 子供に振り回されて教育の仕方が分からないのかもしれません。トピ主さんが怒ったほうがいいですよ。とか言われてもいいと思いますが。

    トピ内ID:4682342515

    閉じる× 閉じる×

    そのお母様勘違いしてますね

    しおりをつける
    OKKO
    褒めて伸ばす=何をしても褒めるだけではないですよ

    >そのお母さんが口にしたのは「上手な落ち方だったよ」です。
    怪我をしなくて良かったね。危ないから登るのは止めようねでしょうね
    >人に向けて石を投げる、草を投げる、挨拶をしない
    育児放棄ですね
    >「ごめんねー」とお子さんに謝ったのはお母さん本人のみ。
    間違った事をした時には子供自身にも謝らせる事をしなければNGですね

    本来の褒めて伸ばす教育とは
    叱る時は、自尊心を傷つけずに注意する
    良い事をした時は褒めるのです。
    きっとそのお母様は本来の褒めて伸ばす教育を理解できないのでしょうね
    そんな親に育てられてるお子様が可哀想ですね

    他人のお母様には注意は出来ないでしょうが
    義姉妹様には兄弟さんを通じて注意して差し上げても良いのでは?
    大切な甥っ子姪っ子ちゃんなのですから

    一緒に出掛けた時は、私は注意していました
    その時は怖いおばちゃんって思われても
    大人になれば良いおばちゃんってなりますよ

    トピ内ID:2908668253

    閉じる× 閉じる×

    それはオカシイ

    しおりをつける
    blank
    イアル
    その人たちは「叱らない教育方針」ではなくて「放置」です。
    そんなのに育てられる(いや、育てられてないのか?)子供たちが可哀相ですね。
    きっと将来(当人も周囲の人も)苦労するでしょう。

    「怒らない」教育方針はいい事だと思いますよ。
    感情で子供を怒鳴ったり殴ったりせずに、悪い事をした時には「叱って」方向修正を行って、人として正しい方向に持って行く事ができるのならば。

    「叱らない」教育方針はとても難しいと思います。
    「叱らない」教育方針をするのならば、きちんとやって良い事と悪い事を教えて、その上で良い事をした時には誉め、悪い事をした時はきちんと「注意」して「なにが悪かったか」を「教育」できて初めて「叱らない教育方針」になるのではないかと思います。

    まぁ、子供を育てたこのの無い人の戯言ですが。

    トピ内ID:9280431007

    閉じる× 閉じる×

    それは叱らない教育ではないです

    しおりをつける
    blank
    みなみ
    多分、その方は勘違いなさっているんでしょうね。
    叱らない教育とは、何もかもその子供の行動に対してイエスを言う教育ではないです。

    あくまでも子供の気持ちを自分の言葉で出せるように手伝うのが 叱らない教育の大人のやる事で、頭ごなしに感情に任せて怒らないというだけで、甘やかす事ではありません。

    トピ内ID:8337620780

    閉じる× 閉じる×

    要はバランスとタイミングだと思うのですが

    しおりをつける
    blank
    おっとっとおじさん
    叱る(怒る)と褒める・・両方とも不可欠だと思います。

    子供も大人も失敗した(迷惑を掛けた)時に本人が適切に気付いて反省していないなら、その場で叱る事がとても大切だと思います。
    時を置いて叱るとどの行動に対して言われているのか?ですから反抗心を持つだけなのでは。

    褒める時も同じ様なものだと思います。本人が上手く出来た実感を持っている瞬間が褒めるタイミングだと思います。

    最近、褒められて育った若い人を多く見受けます。
    叱責に弱いと言うか、常に褒められないとすねるとか。
    企業の新人教育も難しくなっているのでしょうか。

    トピ内ID:7514511046

    閉じる× 閉じる×

    社会に出てから

    しおりをつける
    🎶
    苦労するだろうと思います。。
    でも人様の教育だからこれはどうしようもありませんね。。

    傍観しかないですよね・・

    トピ内ID:6221789243

    閉じる× 閉じる×

    逃げと甘やかし

    しおりをつける
    😉
    モコ
    隣人がそんなタイプでした。その子どもは、周りのお子さんを手当たり次第に噛みまくる子でした。
    でもその隣人ママさんは全く叱らず、相手の子に「ごめんね~」「興奮しちゃってるわ」程度。私はそれで一度嗜めた事がありましたが聞く耳持たず、「褒めて育てる」がモットーのようでした。私には『逃げ・甘やかし』にしか思えませんでした。それに放任してしまうと子どもの成長に影響与えるのではないかと思います。子どもとしては本当は親に止めてほしかったり、何かの訴えを含んでいたりするかもしれないし。その噛む子は日に日にエスカレートして、家には正直来てほしくなかったです。色々壊したり、テーブルに上っても何も言わず「子どもがした事だから~」で終わり。まるで動物園でした。でもボス的なママだったので、他の人は何も言えなかったようです。特に集中的に被害に合うお子さんは本当に可哀相でした。すごく不快な気持ちで何年か過ごしました。私は今年転勤となりその方々ともお別れしましたが、今でも時々思い出します。私もやっぱりおかしいと思います。『叱る、諭す』は時と場合により必要だと思います。

    トピ内ID:2807755273

    閉じる× 閉じる×

    自分の実力がわかっていない

    しおりをつける
    😠
    クミミ
    わりやすく親の教育能力レベルを段階で分けます。

    子供が悪いことをしたとき、
    レベルA:何も言わなくても態度で子供に物事をわからせることができる
    レベルB:言葉で諭す様に言ってきかせる
    レベルC:強い口調でやってはいけないことをやめさせる。
    レベルD:体罰でやめさせる
    レベルE:教育能力がなくてできないので何もしない。

    この場合レベルEの方が自分はレベルAだと勘違いしていますね。これまでの人生で大勢の人の人心掌握し偉業を成し遂げた、大変困難なボランティア活動をしてきたなどのようになにがしかの根拠もなしに自分を高評価しているんです。根拠のない行為は人に迷惑をかけるだけなのですが。レベルEだからこそレベルAだと思うのかもしれませんね。いずれにしろ教育をしてもらない子供は気の毒です。

    トピ内ID:7571064075

    閉じる× 閉じる×

    それは叱らないのではなく単なる無責任

    しおりをつける
    🙂
    サーヴィエット
    子供を叱ることって、親にとってはものすごくエネルギーを使いますよね。
    叱り方、諭し方、全て子供のためを思うがこそ色々と考えて「叱る」わけです。「怒る」のとは違います。

    叱らないで済むならそれが一番楽ですからね。
    このトピに出てくる褒める主義のお母さんは、子育て放棄+放任+無責任。
    「叱らない育児」の意味を取り違えていますね。

    私の友人にも同じ感じの人がいました。
    高校時代からの友人でしたが、子連れで会うのはやめました。
    私の子供たちに悪影響ですからね。

    トピ内ID:6850283306

    閉じる× 閉じる×

    叱ると怒る、考えさせると命令、いろんな躾の方法が

    しおりをつける
    🎶
    rico
    自分または相手の身に危害が起こりえる場合は、はっきりノーと伝えなければいけないですよね。
    私も自分の感情に任せて怒る躾はしていませんし、子供の頑張りを積極的に誉めています。しかし例のような場合に無理して誉めることもないでしょう、、、、。
    私なら、とてもびっくりしたこと、子供が大怪我をして病院に入院しなければならなくなったらとても心配してしまうこと。だからもう2度としないこと等自分の気持ちを伝えると思います。
    子供を観察し、問題行動を起こす前に止めたり、
    したときには、だめな理由と他の方法の提示をし、子供と一緒に考えます。
    しかりつけたり、たたいたり、罰を与えたりはしません。

    トピ内ID:0915068254

    閉じる× 閉じる×

    その前に

    しおりをつける
    🐤
    ぴぃ
    トピ主さんがまず叱らない育児に関する本に目を通してみてください。
    そうすれば、そのお母さんが間違った方法を実践していることが理解
    できると思います。

    今の状態で、叱らない教育方針の方へ、と質問されるのは、
    的が外れた質問となってしまいます。

    トピ内ID:0592060846

    閉じる× 閉じる×

    当の「叱らない教育方針の方」が来ませんね

    しおりをつける
    blank
    闇子
    やっぱりそういう教育方針には無理があると思います。
    だって、不愉快なことは不愉快なんだし(騒ぐ子供、乱暴な子供)危険なことは危険なんですから(ともかくアブナいことをする子供)

    考えられるのは、躾に興味のない人なのか。放置されて育った人で、躾するということを知らない人なのか。同居の姑が子供に干渉がましい人で、その穴埋めに放置しているという人。子供がペットという人?

    滑稽なのは「叱らない教育」というのを教育書で読んで、一所懸命それを守っている人。現状に疑問を感じて「うう~、叱りたい」と思いながらこらえていてストレス満載になっているんじゃないでしょうか。
    叱りたいときには叱っていいのにねっ!

    トピ内ID:8100461601

    閉じる× 閉じる×

    想像ですが

    しおりをつける
    blank
    mmmm
    そういう育てられ方をして大きくなると
    何か壁にぶつかったとき自分を振り返るのではなく
    他者や周りのせいにしそうな気がします。

    「世の中には思い通りにいかないこともある」
    「自分が間違っていることもある」
    そういうことは小さいうちから心と体に刻まれた方が
    打たれ強くなると思うのです。

    いい事を褒めてあげること
    愛情をそそいで育てることは大切だけど
    叱らないことはまちがっていると思います。

    トピ内ID:4347915167

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      私も学びました

      しおりをつける
      🐧
      ura-ra
      まだまだ子育てひよっ子の私ですので皆さんからのレスで沢山学ばせて戴きました 有難うございます。
      まず、「褒めて伸ばす教育」という事を私自身も正しく理解していなかったようです。

      勉強関係には力を入れている様子で、同世代の子供達よりもぐっと進んでいます。
      平仮名カタカナ数字やローマ字、少々の漢字も書けます。
      が、この時期一番大事なのはそんなお勉強じゃなくて、もっと大切な学ぶ事が沢山あると思うんですよね。
      「おはよう」その一言が目と目が合っていても言えない、親もそれを促さない、それってすごく残念だなって思います。

      私は時に子供が泣く事もありますが悪い事をしたら叱ります。
      そして叱った後は膝に乗せて抱きしめます。
      上手に字が書けたりお友達に優しく出来たりした時にはぐっと褒めます。

      知り合いのお母さんは叱らないのが教育方針では無くて、子供に躾が出来ない人であると、そう思う方が私自身楽になれそうな気がしてきました。

      ママ共付き合いも難しいですが、極々当たり前の躾が出来ている人が一番いいですね。

      トピ内ID:8443033302

      閉じる× 閉じる×

      勘違いされている親がとても増えましたね。。

      しおりをつける
      blank
      sakura
      最近勘違い・間違った躾をされている親をよく見かけます。
      幼少期に怒らない、○歳までは怒らない、などの育児方針がありますが、叱ると怒るを勘違いされている親が非常に多いです。

      実際、私が出産した病院の師長には「3歳までは怒ってはダメよ!」と言われました。
      怒るは、感情的になって気持ちに余裕がない・感情を露にして怒る事です。
      これでは子供に悪影響を与えかねません。

      叱るは、子供の為を想って叱る・言い聞かせる・教えなければいけない事。

      >「上手な落ち方だったよ」
      読んで感じたのは勘違いされていると思いました。

      私だったらまず怪我していないか確認して子供に危なかった事、大怪我をしたらお母さんは心配だし悲しい事を教えます。
      そして危ないからもうやめようねと言って違う事への興味や遊びをさせます。

      「褒めて褒めて褒めて伸ばす」子供のやる気・可能性を伸ばしとても大切だと思うので私も実行しています。
      ですが、誉めるだけというのはどうなのでしょう・・

      悪い事や危ない事、間違った事をした時には怒るのではなく子供の為に叱らなくてはいけないと思いますよ。

      トピ内ID:0493832837

      閉じる× 閉じる×

      私はそんな教育ないと思う

      しおりをつける
      🐶
      肝っ玉母さん
      やはり子供は悪いことをするのは当然。それで悪いことは悪いと教えてあげるのは親の役目。言って聞かせるだけで言うことを聞く子供なんてほとんど私は存在しないと思います。やはりかわいそうだけど、場合によっては子供が泣いても厳しく叱るのは致し方ないと思う。だって叱らないことで、社会性を身につけてなくて苦労するのは我が子だから。将来を考えるとそっちの方がよほどかわいそうです。私の親もやはり厳しく、教育熱心な親で私は子供の時は親はどうしてこんなに怒るんだろうと、思いましたが今では感謝してます。

      トピ内ID:4295772738

      閉じる× 閉じる×

      「ほめる」教育の勘違い

      しおりをつける
      🐱
      更紗
      日本では、かつては叱る、厳しく叱咤激励してやる気を出させるみたいな方法が主流でしたよね。
      アメリカなどでは確かに褒める教育が主流です。
      ただし、基本的に子供のいい面を見ようと言うことであって、叱らないのではありません。見知らぬ人でも子供を叱りますし、悪いことは悪いとはっきり教える。
      その上でよく出来たらほめる、小さいことでもほめると言うことのように思います。善悪の区別をしっかりした上で、ほめるのです。
      どなたかもおっしゃっていましたが叱るとほめるのバランスが大事ですね。
      「ほめる」教育と言うのは、やはりこれを勘違いしているのではないでしょうか。叱らないでほめる、と。
      叱る部分があってこそほめるも生きてくると思うのですが。

      そのお友達やお義姉さんとは距離を置いた方が良いでしょうね。一緒にいる時も、自分の子はしっかりしつけましょう。
      小学校へ上がり、集団生活をするようになってから、そのしつけの差は歴然としてくると思いますよ。
      そう言う子供がどう育っていくのか、気になります。
      挫折して社会的に上手くやれなくなって、悪い方向へいかなれば良いけれどと思うばかりです。

      トピ内ID:2628724487

      閉じる× 閉じる×
      並び順:古い順
      • レス一覧
      • トピ主のみ (1)

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        使用イメージ
        使用イメージ

        マイページ利用でもっと便利に!

        お気に入り機能を使う ログイン
        レス求!トピ一覧

        注目トピ

          Twitter

          Follow
          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          発言小町大賞0