詳細検索

    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    就職氷河期の記憶

    お気に入り追加
    レス339
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    アンブレラ
    仕事
    就職氷河期を経験した人が、当時どういう悔しさを味わい、それをどうはねかえしてきたか・・・
    最近そういう雑誌記事やテレビを見る機会がありました。
    こういうのを目にするたびに胸が熱くなります。
    氷河期を経験した世代の年齢が上がっていくにつれ、彼ら彼女らの「その後」が取り上げられているのでしょう。

    自分も氷河期の古い世代です。
    就活をやっている者は、お互いライバルだったはずなのですが、ともに大変な目にあっているということで不思議な連帯感がありました。
    親切な企業では、その点を見抜いていて、グループ討論のあとに「みなさん討論をして互いに仲良くなったでしょうから、どうぞ情報交換をしてください」と言って採用担当者が退出し、学生たちに場所を開放してくれたこともありました。
    私はなんとか正社員に就職できたのですが、不況ど真ん中だったせいもあり、職場の雰囲気がピリピリしていて耐え切れず、現在は派遣で働いています。

    当時のエピソードや悔しかったこと、その後悔しさをどう乗り越えたか、あるいは愚痴でもいいので、当時や今の思いのたけを吐き出してみませんか。

    トピ内ID:5061142486

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数339

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  339
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    日本がなくなってしまうとか騒がれてた時代でした

    しおりをつける
    🐷
    景気ドン底時代娘
    ドン底もドン底。

    今考えれば、なぜあんな危ない橋渡ってる会社に有名大学の女性達が必死に自分を売り込んだり、遠いところまで自腹で新幹線で説明会に行ったりしてたんだろうと思うことがあります。
    頭が高~い!って感じの会社側の態度見え見えでしたね。

    しかも気に入らないことに、採用担当をする方々はバブル真っ盛りの頃に、海外旅行や車を買い与えられてお願いされて入社したような甘い世代。
    その世代の人達に採用担当されるってのが一番気に入らなかったです・・・。
    アンタ達の中で出来の悪い人が辞めてくれたら、優秀な新人の一人でも採用できるだろうよ!!!って。

    実際、死に物狂いで就活して正社員として採用していただきましたが、トピ主さんと同じように、入社してからも苦しめられました。
    だって景気はドン底ですから。
    リストラが珍しくない風潮の世の中で、社内もバラバラのピリピリでした。
    福利厚生関連は真っ先に廃止にむかうような状態で。。。

    結局非正社員で働いています。
    今考えれば、がむしゃらに就活するよりも数年先を見込んで、就職浪人か留学かするのも良かったかもです。

    トピ内ID:4314000240

    ...本文を表示

    「そういうのは就職活動って言わないのよ」って何???

    しおりをつける
    🐤
    haru
    世間では名の知れた私立大に進学しましたが、伝統校だけに金持ちの坊ちゃん・嬢ちゃんも多い大学でした。
    3年生の正月明けから企業のセミナーやら説明会に参加していましたが、ある嬢ちゃんが、庶民の私たちに向かって一言。
    「そういうのは就職活動って言わないのよ。私はパパ(←離婚して別居)の知り合いの重役さんと会食するの。それが本当の就職活動よ」
    何ですかそれ???
    「今日も○○社の人と会うんだけど、来る?」って言われて「行く~」とついていった人も???。

    我が父もコネはいくつか持っていましたが、「縁故で入ったものは、紹介者の顔をつぶさないようにしなければならない、それはとても厳しいものだ」と言っておりましたので、私は自力で総合職として就職。家庭の事情で退職するまで15年、仕事は厳しくも面白く、達成感に酔うことは得がたい喜びでした。
    こつこつ就職活動した友人たちは、今も企業の総合職や公務員で頑張っています。

    風の噂では、件のお嬢様は上場企業の一般職に就職したものの、残業が1日2時間もあると言って2年足らずでおやめになったそうです。

    トピ内ID:1449439396

    ...本文を表示

    2000年卒業です・・。

    しおりをつける
    😢
    氷河期真っ只中
     とにかく何が辛かったかと言えば、資料請求のはがきを送ると企業から「来年度は新卒の募集予定はありません」という返事がきたことです。私が行きたいと思っていた業界は結構多かったですね。それで、その世界は諦めたのですが・・。

     それから圧迫面接。
    面接が始まって第一声が
    「別にこの仕事やりたくってきたわけじゃないんでしょ?なんとなく受けに来ただけでしょ?」
    「他にどんな会社受けてるの?(私が会社名を答える)そんな会社行ったらさ~、せっかくいい大学に行かせてくれた両親が泣くよ~?」
    なんて言われたり。ほっとけ!って怒鳴りたかったです(笑)

     そしてある会社に入ったのですが、「なんでいい大学出てまでこんな会社に入ったの?」と先輩に言われることが多く、またへこみました・・。
    私立文系四大卒なんて、こんなもんなんだよ、って思っていましたけど、今だったら私も違ったのかなぁ、なんて時々考えます。

    トピ内ID:4216694185

    ...本文を表示

    4次まで行っていつも敗退

    しおりをつける
    blank
    soyo
     私も本当につらい思いをしました。
     小学校から塾に行かされて、中高一貫校、東京の国立へ進み、就職のためにTOEIC800くらいは取りました。でもどこに行っても、まず書類は通る、次の筆記も通る、次の集団面接は半々、最終の1対1面接で必ず落ちるという具合でした。結局就職できたのは総社員5人の会社でした。
     とは言っても、勉強ばっかりしてたので飛び込み営業はヘタだし、その後窓際に配置され、あまりの暇さに苦しくなってやめました。
     その後も2週間で解雇などが多かったです。(「雇ってみてダメだったら切ればいい」など面接時に言われたときもあった。やっぱり2週間で切られた)
     
     その後、仕事もない、結婚相手もいない状況で、28になったとき資格の勉強を始めました。その後30で大学院に進み、留学もさせていただいて、現在博士号を目指してます。ちょうどロストジェネレーションと政府の大学院拡張計画が重なってしまって、無職博士の問題なども出てきてるようですが・・・。でも打ち込むことがある現在が幸せだと思っています。
     就職氷河期だったからこそ作れた自分の道だと思います。

    トピ内ID:5641361121

    ...本文を表示

    今の人たち、うらやましいですねえ。

    しおりをつける
    😀
    モネ
    こんにちは。1998年卒です。私立文系です。地元では一番よい私立大学でした。

    何より募集の数が少なかったですね~。若干名とか?
    そして自分の希望していた業種はとてつもなく不況で、特に女子だと募集ゼロなんて多々ありました。

    希望していた業種ではありませんが、正社員として採頂き、2年働いた後、諦めきれずに希望業種の関連の資格を取り転職。
    現在は結婚して子供もいますが、やはり技術があるということで、とても我侭な就業形態で働かせてもらっています。

    昨今の就職状況、羨ましいなあ~と思いますね。

    ただ。。あの氷河期時代を苦しみ、乗り越えてきたからこそ、付いた力もあると思うし、何より会社を当てにするのではなく、自分のスキルを身に付けることが大切だと骨身に染みてわかったことはよかったと思っています。

    みなさん、頑張りましょうね。

    トピ内ID:4145160795

    ...本文を表示

    初めての大つまづき

    しおりをつける
    😉
    95年
    受験はわりとうまくいきましたが、95年大学卒業は女子大生超氷河期とマスコミに書かれていたときです。
    はがき150枚出したって返事がきたのは、10未満。
    内定が1つもないまま、というか面接すらほとんど受けられないまま、大学4年の卒業まで3ヶ月となりました。ある企業の追加募集に応募して、運よく就職できました。

    時代が違う人がテレビや雑誌のインタビューで、「よく知らないでなんとなく受けて、就職しました。ははは」なんていう話を聞くと、われわれがうけた就職内定ゲットの厳しさはただの運の悪さで、無駄だと思いました。

    トピ内ID:7275422027

    ...本文を表示

    氷河期ど真ん中でした。

    しおりをつける
    雲母
     私も書類通過、筆記通過、一次面接、二次、三次、役員面接までいった会社が十数社あり、健康診断して血までとられて、某公務員試験では体力検査までも通過しておきながら、落ちたときは一切活動を辞めて寝ました。
     吉報は寝てまてということで。忘れかけた秋も小寒くなる頃になかばヤケクソで受験した地元の市役所が受かってしまい、8年勤めました。
    バブル世代のチャラチャラした人たちに仕えるのが苦痛で結婚してやめてすっきりリセットした今は、好きな仕事をやれてます。

     本当に不況だったの?ただ単に第二次ベビーブーム世代を排除したかったんじゃないの?って疑問です。
     人口の動向で、社会保険庁の高齢者に対する風当たりも強くなりつつあるのは、第一次ベビーブーマーである人たちが年金を受け取りつつあるからじゃないの? 財政破綻は国の責任でしょうに。
     国会議員を少なくして社保庁も解体してほしい。

    トピ内ID:5268006200

    ...本文を表示

    そもそも可能性ゼロってのが…

    しおりをつける
    🐶
    しばっこ
    2000年入社です。

    氷河期真っ只中さん(同期ですね)のおっしゃる通り「今年度は採用の予定はありません」の連発が一番ガックリきましたね。
    そもそも可能性ゼロじゃん!って、その繰り返し。
    こんな私を採用してくれる会社なんてあるのか??と落ち込んだりしました。

    幸い何社か内定を頂きまして、入社してみたら平成不況のまっただ中。
    人の足りない現場で、足手まといの新人の居場所のない気まずさと言ったらもう。
    結婚じゃないけど、就職はゴールじゃないんだなって痛感しましたね。入社するのは確かに大変だったけど、その後の不況でピリピリした社内で一人前になるのはもっと大変。やっと賞与が支給されたと思ったら、バブル世代のイケテナイおじさまが「これっぽっちじゃやる気も出ないよね~」とグチグチうるさいこと。

    いつの時代でも一握りの学生は何社も内定が出るもんですよね。
    「氷河期だから」なんて周りのせいにしないで、石にかじりついてでも就職して自活を目指した当時の自分は本当に偉かったと思います。
    世間の厳しさを肌で感じた分、仕事への覚悟もできたしね。

    トピ内ID:7801061769

    ...本文を表示

    ホームレス女子大生

    しおりをつける
    😠
    mimi
    大学2年生の夏に滋賀の実家に帰ったとき、母と若い女性を保護しました。
    垢まみれのリクルートスーツ、破れたパンプスで歩道にしゃがみこんでいました。
    空っぽの財布の中の学生証を見つけてその大学(九州)に連絡しました。
    4年生になっても就職先が決まらずノイローゼになって、就活に来ていた大阪から、
    滋賀までほとんど歩いて来てしまって途方にくれていたそうです。

    私は97年に関東の国立大文学部を卒業しました。
    就職は厳しかったです。友達もほとんどが正社員になれませんでした。
    母がその女子大生のこともあって、就職難に理解を示してくれて、進学させてくれました。
    その後は院生時代のバイト先の会社にそのまま就職し順調にキャリアをかさねています。

    私は運がよかったけれど、友達の中には今も派遣社員のまま、ワーキングプアと呼ばれる状態の人もいます。
    一歩間違えば私もあの女子大生になっていたかもしれないと、時々こわくなります。
    今も時々「就職できない!明日からどうしたらいいの?」と不安に駆られる夢を見ます。
    飛び起きて現在に感謝しています。

    トピ内ID:8524999913

    ...本文を表示

    2003年卒です。

    しおりをつける
    🐧
    たま
    就職氷河期も終盤、ドン底気分の就活でした。兄は5ツ上なので、兄弟でこの時代を過ごしました。
    ことごとく落とされました。何社か最終面接まで行けても落ち、自信を失いました。。男友達でも早くて5月内定、女友達は夏が過ぎても多数が未内定でした。ある会社の説明会終了後、『このあと一時面接を予定していますが、女性は一切採用しません。それでも受けたいならお好きにどうぞ』なんて言われてショックでした。
    会社に何も期待しない、自分の力でやりたいことをする!と決め、新卒で入った会社に見切りをつけ、今は目標を見つけてそのために派遣で働いています。
    負け組なんてない、会社の枠でとらわれない、自分らしい生き方ができていると実感しています。
    今の学生さんは楽しそうですね。
    でもあの挫折があったからこそ、自力で切り開く力がついたのだと、感謝しています。

    トピ内ID:6505001916

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  339
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0