詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    天智と天武

    お気に入り追加
    レス6
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    歴史好き
    話題
    以前、穂積皇子と但馬皇女の小説について質問した者です。

    複数の方が勧めてくださった長岡良子の古代幻想ロマンシリーズを読んでみました。
    但馬皇女悲歌ともう一つの話の中で、天武天皇と天智天皇の出生について、
    お二人は同父母の兄弟ではなく、天武の母親は卑しい身分の者だ
    という設定になっています。
    どの歴史書を見ても、お二人共に舒明天皇と宝皇女の出生と書いてありますし
    私もそう学びました。

    この作者が何を根拠にこのような設定にしたか、ご存知の方いらっしゃいますか。

    トピ内ID:3197538090

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数6

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    古代史はおもしろいですよね

    しおりをつける
    双子のハハ
    うのみにすることはできませんが、大層おもしろいのでお薦めします。

    井沢元彦・著「逆説の日本史」にそのあたりが書かれています。

    学者さんではなく、作家なので自由に論理を組み立てられるので史実ではなく読み物と
    思った方がいいですけど、思わず納得しちゃいます。

    トピ内ID:3304291368

    ...本文を表示

    大もとは、天武が「年齢不詳」だからです。

    しおりをつける
    blank
    史学部小町
    「天武は舒明と皇極の間の皇子で、天智の弟」が、日本書紀を代表とする正史の立場です。

    そこに疑う余地があるのは、正史には、天武がいつどこで生まれたかという記載が一切ないからなのです。父母ともに天皇で、日本古代史最大の動乱・壬申の乱を勝ち抜いた英雄であり、日本書紀30巻のうち2巻を費やして語られている超重要人物の出生地と誕生年を、専門の学者が多数関与した正史がどこにも記載していないからなのです。
    これがいかに異常なことかは、市井の一個人の自分史でも、誕生日も出生地も書かないなど通常まずありえないことを考えても明らかでしょう。

    ここから、天武は天智の弟ではない、ひいては異国人だとか、様々な異説が唱えられることになります。

    長岡良子さんのシリーズでは、「天武=漢皇子」という設定だったように記憶しています。
    漢皇子とは、皇極女帝が舒明帝に嫁ぐ前に高向王という皇族と結婚してもうけた皇子で、天智の異母兄です。女帝の子にもかかわらず、正史には名前のみの記載で、どのような人生を送りいつ死んだか全く記録がないことから、出生時の記録がない天武の前半生としての可能性はないとはいえません。

    トピ内ID:3706092945

    ...本文を表示

    ちなみに、「逆説の日本史」について

    しおりをつける
    blank
    史学部小町
    双子のハハさまおすすめの「逆説の日本史」は、天智・天武に関する謎について、大変おもしろく興味深い考察をしているので、おすすめです。
    第2巻「古代怨霊編」が該当部分ですので、ぜひどうぞ。

    ただし、史学部でアレを持っていると、教授に睨まれる可能性は高いです(笑)

    トピ内ID:3706092945

    ...本文を表示

    そういう説もあります

    しおりをつける
    blank
    かなめ
    天武、出生、秘密で検索すると色々なページが引っかかりました。
    その中でも上の方にある「天智と天武の関係について」と「天武の出自について」に分りやすい(私にとっては)説明が載っていました。
    前者は研究史の流れに沿って細かく書いてあります。後者は長岡さんの作品を考察してます。

    私も論拠の一つが中世の神皇正統記だったと今回初めて知り、びっくりしています。

    トピ内ID:7990726017

    ...本文を表示

    作者のオリジナルストーリーと

    しおりをつける
    🙂
    えりこ
     ずっと思ってました。
     里中満智子先生の天上の虹でも大海人皇子と柿本人麻呂が関係を持つというような内容がありましたが、話を盛り上げていく上で人間関係をそう設定されたのかなと見ていました。
     個人的には文武天皇、草壁皇子の人物設定は長岡良子先生の設定が好きです。
     基本史実を元に描かれてますが、こんなオリジナルも一つの世界観で見たら面白さは倍増しますよね。
     多くの歴史書を読むと色々な説が浮上します。
     その中から先生は独自の説を考え出され漫画にされてみたのでは…と思っています。
     

    トピ内ID:4588704368

    ...本文を表示

    興味深いです

    しおりをつける
    blank
    歴史好き
    皆様、レスをありがとうございました。
    そうですね、1000年以上前の話ですから、記録にない事も多いのでしょうね。
    お勧めいただいた本、読んでみます。

    トピ内ID:5634493618

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0