詳細検索

    • ホーム
    • ひと
    • 父が自死・・遺体を恐ろしく感じてしまった・・
    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    父が自死・・遺体を恐ろしく感じてしまった・・

    お気に入り追加
    レス13
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ポー
    ひと
    変なタイトルでごめんなさい。

    私の父が自殺で亡くなっているのですが
    その時、父の遺体が恐ろしくて仕方ありませんでした。

    もちろん、恐ろしいだけでなく 悲しい、寂しい、悔しい、罪悪感、恥ずかしい、愛しいなど 様々な感情が 入り混じっていたのですが
    父の遺体が恐ろしく 近寄りがたく感じたことが忘れられません。
    遺体は とてもきれいでしたので、外見の問題ではなく、私の精神的な問題だったと思います。

    父の死後、夢で2度父に会いました。
    2度目の夢では、夢の中で 父の死後 と言う自覚があり 幽霊を見るかのように接していたのを覚えています。怖かったです・・・
    日常でも、普段、父が居た場所に 今も居るようで
    家の中でも恐怖を感じていました。(自死の場所は自宅ではありません)

    こんなふうに思ってしまう自分に ずっと罪悪感を感じてきました。
    今は冷静になり、それ程感じなくなりましたが。

    肉親の遺体が 恐ろしいと感じるのは
    亡くなった原因が自死だからでしょうか・・・?

    親しい方の遺体に対して「恐ろしい」と感じたことがある方、いらっしゃいますか・・・?

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 0 びっくり
    • 4 涙ぽろり
    • 3 エール
    • 2 なるほど

    レス

    レス数13

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  13
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    あります-父です

    しおりをつける
    blank
    匿名
    病気で亡くなったのですが、
    お通夜のときなど、見たくも、触りたくもなかったです。近づきたくもなかった。
    遺体に白装束をきせたんですが、それも紐を結ぶだけで精一杯。姉は手袋みたいなのをさせていて、よくできるなーと感心。
    理由は「怖いから」でした。

    とっても大好きな父だったけど、
    なぜか死体になってからは、近寄れませんでした。

    死因よりも、自分の問題のような気がします。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    死体が怖いだけ

    しおりをつける
    blank
    かつ
    病死でしたが遺体には近づきたくありませんでした。見たくないし、ましてや触るのも嫌でした。

    ちなみに身内だけでなく、親戚が亡くなった時、友人が亡くなった時も全く同じでした。

    遺体のまわりに花を入れてから蓋をしますでしょ?
    あれさえもとても嫌でした。
    できることならば逃げ出したかったけれど、
    参列している以上避けることはできず、なんとか
    花を入れました。顔を見ることもできませんでした・・・。

    だから、亡くなった原因は関係ないと思います。
    単に既に命のない体(遺体)が怖いのだと思います。

    どうか、ご自身を責めないでくださいね。
    身内の自死も、遺体が怖く感じることも、
    あなたが悪いわけではないのですから。
    どうかご自分を責めない下さい。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    私と叔母の例。

    しおりをつける
    blank
    さゆみ
    私は、父が亡くなった時(病死でした)、母が病弱なため、1人で父の遺体に付き添っていました。その時、最後の「おやすみのキス」をしてあげました。
    叔母は、祖父(叔母の実父)が危篤の時、怖がって病室にも入れず、通夜も葬式も形ばかり出席しただけです。

    私と叔母との違いは、「父の死を受け入れたかどうか」だと考えています。私も、遺体を引き取りに行った時は、怖くて直視出来ませんでしたが、「命あるものはやがて消える」と諭された後、恐怖が消えました。叔母は「お父さんが死ぬなんて信じられない」と言ってもいましたし。

    参考になるか分かりませんが(ならない気もしますが)、私と叔母の例をあげると、こんな感じです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    身内だから余計に

    しおりをつける
    blank
    neko
    実際身内に死なれたのは、そしてその姿を見たのは、うんと小さい頃の事。祖父の死でした。死について知らなかったことと、素顔は無くなった直後に見ていますし、お通夜やお葬式では死化粧も施してあり、幼児だったのでこれっきり目を開けてくれないことすら本当には理解していなかったので、怖くはありませんでした。

    私が知っている「身内」の死に顔は飼い猫だけです。保護中の野良猫が自分の部屋で死んだときは、死ぬとこんなになってしまうのかと悲しく思っただけでしたが、自分の猫が死んだときは、棺に収めるために一晩冷凍した包みを解くことを内心ためらいました。
    死んだと判っていても、再び起き上がって甘えて欲しい強い気持があり、同時に、変わり果てた姿を想像できるため、ゾンビのようにうごめく猫の姿がどこからか浮かび上がってきてしまって「怖かった」のです。

    包みを開くと、冷凍がとても早かったので姿勢が可愛く、血色までピンク色のまま保存されていたため、このままで起きてきて欲しいと思える姿でしたから恐ろしさは消えました。

    家族の遺体であるからこそ、そのギャップが絶えがたく、恐怖に変わるのではないでしょうか。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    私の場合は兄です

    しおりをつける
    blank
    兄大好き
    兄は、交通事故でした。
    霊安室で包帯で全身を覆われた遺体が、
    痛々しい反面、やはり怖かったです。
    棺に納められ家に帰ってきてから葬儀までは怖いという感情は無かったのですが
    兄の部屋が、とても怖く感じました。
    とても怒っている兄が部屋にいるようで。
    なので、兄の部屋のドアを開けることはしばらくできませんでしたよ。

    ただ、やはり自分が落ち着いてくるにしたがって
    そんな感情はなくなりました。
    ショックでそんな気がするのかも知れないし、
    故人の気持ちを敏感に察知して、そんな感情を
    抱くのかも知れませんね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    死自体に対する恐れ

    しおりをつける
    blank
    774
    じゃないかなと思いますよ。

    私自身は親戚が多くお年よりも多かったので、物心つた時からお葬式などにも良く出ていたので、恐ろしいとは感じた事はありませんが、別の事で死を感じて一人で外(外に出ることが怖かった)に出られなくなったことが小学生の時にあります。

    人の死に触れる機会がない人は、身近な人の遺体でもそれに自分自身の死というのを感じて恐ろしく思うのではないかと素人考えながらに思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    近所のお婆さんの・・

    しおりをつける
    blank
    K
    近所のお婆さんが亡くなり、
    お爺さんひとりだけになってしまったので、
    遺体を車から部屋へ運ぶのを手伝って貰えないかと、
    葬儀屋さんに頼まれた事があります。
    夜いきなり頼まれて、夫と葬儀屋さんと3人で
    運びました。怖かったですよ。
    自分たちが老人になり、どちらかが死んだ時の事を
    思い、切なくもなりました。
    その夜は一人でお婆さんと過ごすお爺さんの事も
    考えました。泣けました。
    人の死は色んな意味で怖く寂しいですね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    ショックだったんですよ

    しおりをつける
    blank
    ちゃちゃ
    私の父親は心臓麻痺であっけなく死にました。

    朝、会社に普通に行く姿を見たのが最後でした。
    夜になればもう父親は死んで帰って来たのです。

    病院へ迎えに行ったときはもう死んでいたのですが、私は病院へ母や兄弟と迎えに行くことを拒絶しました。

    何がイヤだったかと言うと結局、怖かったんです。
    死体というものに接すること・そういう事実を受け入れることに拒絶感があったと思います。

    もう来年で10年になりますが、死んだ直後は夢を見て起きたらものすごく泣いてました。

    もう結婚して実家を出てますが、実家にいると父がフラッと帰ってきそうな気がしてましたよ。

    トピ主さんも軽いショック状態なんですよ。ショックが自分では恐怖感みたいな感情になってたんだと思います。

    今でも父親のことは忘れてませんし、忘れられない人です。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    あります

    しおりをつける
    blank
    ゆりりん
    私もここ数年で、身内を突然なくしています。母親(病気)、弟(事故)、祖母(自殺)、叔父(ひとり暮らしで突然死で腐乱遺体でみつかりました)。これは作り話ではありません。母と弟には触れましたが、祖母と叔父には触れませんでした。たぶん私の場合は死因が原因だと思うのですが・・・

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    自分の子供のことを恐く感じました。

    しおりをつける
    blank
    ロビ
    去年はじめての子供を5ヵ月で死産しました。
    遺体を火葬場に持っていった時に
    お菓子や花を飾るため
    そのときはじめてわが子を見ました。

    5ヵ月の胎児は両手にすっぽりおさまるサイズで
    顔も体も完全に赤ちゃんでした。
    (当たり前ですけどね。)

    あんなにお腹にいる時は愛しくてたまらなかったのに
    死に顔を見た瞬間
    ほんとに恐くて悲しくて気が狂いそうで
    少し頬を撫でてあげるだけで精一杯でした。

    このことはあまり人には話せませんでした。
    ずっと冷たい母親なんだと自分を責めるしかなくて辛かったです。
    1年たった今だからこそ冷静になっているのか
    あのときなぜ抱き締めてあげられなかったのかと、
    今でも後悔するばかりです。

    身近な人の死はほんとに悲しいですね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  13
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0