詳細検索

    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    夫婦の家計のあり方は?

    お気に入り追加
    レス42
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐤
    キャサリン
    恋愛
    40代子供なしの夫婦です。

    結婚当初から夫が財布を握っています。
    家のローンや光熱費などの費用は全て夫の口座から引き落としになっています。
    最初の何年かは夫の給料から月5万円をもらって、そのお金で食費や日用品など日々の生活費に当てていましたが、今から3年程前から一切生活費をくれなくなりました。
    その原因としては転職して手取り額が少なくなったので、もう生活費は渡せないと言われたのです。
    子供がいなくて、生来家にいるタイプではないので、結婚当初から「扶養枠」の範囲で仕事をしていましたが、今は、自分で働かないとスーパーでの買い物も出来ない状態です。

    金銭的な面でも夫に不満はありますが、性格的な部分で「この人と一緒にこのまま夫婦として生きていっていいんだろうか」という迷いや不満も感じています。
    夫は口の立つ人なので、口喧嘩では負けてしまうので、余計に心にネガティブな感情が溜まっています。
    資格をとって勉強したいとも思っていますが、パート勤めの給料ではほとんどが生活費に消えてしまうのが現状です。
    経済的に自立していれば、たぶん「離婚」していると思いますが、今は感情だけで結論を出すのはあまりにも先が見えてしまい・・・ストレスも溜まっています。

    夫婦とは名ばかりで、単なる同居人のように思えてきました。
    夫に対する愛情は正直ありません。

    良きアドバイスをお願いします。

    トピ内ID:9475449168

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 1 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数42

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  42
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    あれ??

    しおりをつける
    れもん
    ご主人は一体何を毎日食べているんですか?
    食費を入れてくれないってことは ご主人は外食ですか?
    それともトピ主さんに食べさせてもらっているのでしょうか?

    いくら家のローンや光熱費をご主人が払っているとはいえ
    ご主人もその家で寝泊りしているんですし 電気も使えば
    水も使っているんですよねぇ?おまけにトピ主さんが掃除や
    洗濯などをやっているのなら お互いの分担はイーブンですよね。

    私の夫がそんな人なら 私は一人で生きていた方が楽だと思います。
    ウチの夫は私よりも稼ぎが低いのですが それでも生活費全てを
    出してくれますし それが男の甲斐性だと思っているみたいです。
    もちろん私の収入は二人の将来のために蓄えていますよ!

    ご主人はトピ主さんに愛情がないのでしょうか?愛しているのは
    自分だけとか??だからトピ主さんを無料のお手伝いとでも思って
    使っているのでしょうか??

    ご両親を交えて一度話し合いをしてみてはどうですか?
    ちょっとおかしいですよ!ご主人!!

    トピ内ID:6732436885

    ...本文を表示

    軌道修正は覚悟をきめて。

    しおりをつける
    🎶
    ピーチピチ
    口が達者でドライな旦那様ですね。
    稼ぎがないから生活費入れないなんて・・・
    転職する際に、給料が下がるから生活費渡せないなど相談はありましたか?
    転職して、旦那さんは何か金銭的節約はしていますか?

    金の切れ目が縁の切れ目。
    子供さんが居なくて身軽なら別居をおすすめします。
    離婚はトピさんがこれ以上は無理と決断したら考えましょう。

    私は別居経験をして色々な物の見方や考え方が変わりました。
    そして、どうせ離婚も視野にいれているなら旦那さんにすべての不満や希望をつたえましょう。

    後悔しないように努力して下さい。
    旦那さんも心を入れ替えますよ。
    ホントに別居は今後の方向性がわかってお互い効果的です。

    トピ内ID:5192768422

    ...本文を表示

    光熱費はどちらが出していますか?

    しおりをつける
    🐧
    ぺんすけ
    自立できない以上、自分の収入は自分の食費に充てて、生きていく以外、方法はないかと思います。
    光熱費がご主人持ちなら、何とかなるかと。
    もしも貴方が支払っているのであれば、支払いを止めて、ご主人の出方を見たらどうでしょうか。

    トピ内ID:1129183848

    ...本文を表示

    ご主人が気の毒

    しおりをつける
    💢
    お金も大事
    >転職して手取り額が少なくなったので、もう生活費は渡せない

    ご主人の収入は把握していますか?
    口座から引き落とされる諸費用を引いたら、ご主人の自由になるお金はほとんど残らなかったりしませんか?

    >今は、自分で働かないとスーパーでの買い物も出来ない状態です。

    収入源の転職を認めたからには、あなたが不足分を埋めるしかないでしょう?
    お子様もなく、家にいるタイプでもないなら、扶養の範囲内にこだわらずに働けばよいじゃないですか。

    >パート勤めの給料ではほとんどが生活費に消えてしまうのが現状です。

    ご主人だって、毎日一生懸命勤めた給料のほとんどが生活費に消えているのではないのですか?

    一生懸命働いているご主人に対する思いやりが感じられず、ご主人が本当にお気の毒です。

    働いて、生活費の大部分を稼いでくれるご主人に感謝するところから始めたらどうですか。

    トピ内ID:4713452186

    ...本文を表示

    ひどい旦那さんですね

    しおりをつける
    😀
    藤井 圭
    リストラの過酷さは理解できますが、何の相談もなく家計費を考えずに、
    奥さんのパートに依存しているのは非常識です。ともに家計の苦しさを
    分かち合わず、同居人と同じなら、対策として:
    1)食事の提供を断り、洗濯も自分でやらせ、一切の世話を断る。
    2)老後が思いやられるので、奥様は自分自身の金銭管理を実行する。
    3)この実情を、夫が一番親しくしている人に、よく理解させる。
    4)一定の期間が過ぎたら、離婚を実行する。
    これらの対策は、奥様サイドに非がないことが、前提です。新婚5年め
    ぐらいの話なら、100%離婚すべきですが、可なりの年月を経て、
    夫の立場が急変したのなら、話はことなります。「篤姫」ではないですが、一方だけの意見で物事を判断してはならないからです。

    トピ内ID:9276707338

    ...本文を表示

    お気の毒です

    しおりをつける
    blank
    ぺる
    読んでいて悲しい気持ちになりました。家計を握ろうとする男性は、不仲になると、こういうことをするんですね。。。
    女性や風俗の気配は無いのでしょうか?あれば、証拠を掴んでください。

    それから、仕事を増やして、自信をつけましょう。
    パートを何年も続けていたのでしたら、完全にブランクがあるわけではないので、フルタイム派遣や正社員の道を探したら。家事を手抜きしたくない、なんて考えは捨てることです。仕事中心に生きてください。失うものはもう無いです。

    その上で、お相手は住居・光熱費、ご自身は食費・日用品、という分担だと気持ちを切り替えては?自分も家計を担っているという自負も生まれ、気持ちも強くなりますよ。その生活を続けるうちに、新しい展望が見えるかもしれません。

    所詮、夫婦は法で縛られただけの他人です。気持ちが離れ、かすがいとなる子供がいなければ、単なる同居人です。割り切ってください。

    トピ内ID:9087107070

    ...本文を表示

    家計のあり方は家庭それぞれです。

    しおりをつける
    hime
    うちは共働きで子供なし。夫婦の収入は合算で、妻の私が一括管理しています。

    昔は夫が稼ぎ専業主婦の妻が家事・育児・家計管理と言うのが一般的だったみたいですが、最近は大分変わりましたよね。
    コレって決まりは無いので夫婦がよければどんなやり方でも良いと思います。
    旦那様と話し合いはしていないのですか?旦那様はトピ主さんも家計費の負担をするのが当然だと思っているのではないでしょうか。

    “生活費をくれない”とありますが、住居費・光熱費だけでもかなりの金額です。その負担についてはどうお考えでしょうか・・・。
    自分が家計負担する気は無く生活費は全て旦那様におぶさろうとしているんでしょうか?

    扶養内で働いていると言う事はパート代はMaxでも約10万程。
    離婚して今は旦那様が負担している家賃・光熱費も自分で払うとなればフルタイムに転職も必要になりますね。
    そういったことも考えて身の振り方を考えるのが得策ですよ。

    仮にも夫婦なんですから今後どうしていくか話し合いが必要なんじゃないかと思います。

    トピ内ID:0000685681

    ...本文を表示

    イーブンじゃないの?

    しおりをつける
    blank
    りゅう
    ご主人は光熱費や家のローンは、トピ主さんが家に入れているお金と同額ですか?ご主人の負担分の方が多いと思いますが。
    それともトピ主さんは「私が食費、雑費を出している!食べさせてやっている」と思っていますか?
    ご主人の給料が下がって苦しいなら、奥様が働いて家計を助けるのは当然と思いますが。扶養内でしか仕事をしていないなら、家事をするのも当たり前じゃないかな。まあそれもお互いの愛情があって成り立つものですが。

    お子様がいらっしゃらないなら、離婚されるのも手かも。
    でもね、パートで生活できるほど甘くはありませんよ。

    トピ内ID:9332987614

    ...本文を表示

    やるだけやってみる

    しおりをつける
    💍
    あめちゃん
    トピ主さん、おつかれさま。よく3年間も耐えていらっしゃいますね。

    収入はいくら、支出はいくら、いくら足りない、だからその分パートで稼いでほしい、などの話はありましたか?

    食事はどうしてますか? 

    わたしがトピ主さんなら、一切買い物には行かない、料理も作らない。トイレットペーパーや洗剤類も切らしたまま。聞かれたら「だってお金、ないんだもん」「じゃあ、あなたが買ってきて」「一緒に行って、会計だけお願い」を繰り返す。ほかに言い訳や主張は一切しない。

    そこまでして分かってもらえなければ、もう別れたほうがいいと思います。一生変わりませんよ、彼は。

    どうせフルで働くのなら、そんな愛情のない人は切り離して、自分ひとりで生活したほうがよっぽど気が楽です。

    トピ内ID:6708097394

    ...本文を表示

    私なら即、離婚

    しおりをつける
    🎁
    Reico
    家計の問題は基本的にきちんと話し合うべきもので、喧嘩のレベルではないと思います。
    生活費を一切妻に渡さないというのはDVに該当するはずですし、性格にも不安があって愛情さえもないというなら、離婚して出直したほうが良いかもしれません。
    生活のため必要最低限のお金を出すのは夫としての義務です。それを怠り、妻のわずかな稼ぎを当てにするような男性が自分の夫だったら私はいやです。

    離婚するにしろこのまま婚姻生活を続けていくにしろ、一か八かで、相手とご自分の親御さんを交えて6人で話し合いの場を持ってはいかがでしょうか。
    両家の親御さんの前で、財布の紐を握り、わずかな生活費も3年前にカットしたご主人の考えを聞かせてもらいましょう。
    その場で、同居人と思いつつ離婚に踏み切れないでいるトピ主さんの背中を押してくれる“何か”をつかめるかもしれません。

    トピ内ID:5201246395

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  42
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0