詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    旦那の実家のほうが偉いの?

    お気に入り追加
    レス39
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    ひと
    私たちは結婚して16年になります。
    3年前に旦那が事業を興しました。
    事業を興して、今までより多少は裕福になったのは認めますが・・。
    それによって、旦那の動かせるお金ができるようになりました。
    まったく関係のない義父に、役職を与え給与を払ったり
    車を買い与えたり、それに関わる経費を払ったりしています。
    土地も、義父名義で購入したりしています。
    私の実家への見返りはまるでなし。
    元々が、夫の実家の興した会社ならまだしも、
    夫の興した会社であるにもかかわらず、こんなに夫の実家と妻の実家への金銭的融資の違いがあっても普通のことなのでしょうか?
    もう少し、平等に扱って欲しいと思う私がおかしいのでしょうか?ご意見聞かせてください。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数39

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順
    10件ずつ表示

    呆れちゃいますね。

    しおりをつける
    blank
    それは・・・。
     自分の親しか大事じゃないって男が露骨に
     気持ちを表してそうなったんでしょうけど
     奥さんの気持ちも考えられないんですね。
     まず、人間として最悪だと思いますよ。
     
     ただ、旦那さんと奥さんの実家の関係によっても
     違うでしょうが・・・・。

     よほど奥さんの親が夫にむかって
     何か酷い事を言った事があるとかだと
     正直難しいかもしれませんね。
     自分で稼いだお金をどうしようと勝手だと
     思っているのでしょう。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    夫婦で事業を始めたなら別ですが 1

    しおりをつける
    blank
    ボールペン
    夫だけがその仕事をしてるのなら、妻実家への援助は、妻が要求するものでは無いような気がします。
    家庭の経済を圧迫するような援助をしてるのなら、それに口出すのは当然ですが、
    家計以外に「夫が動かせるお金」の範囲なら、夫が夫実家への援助をしても、文句を言う筋合いは無いと思えるんですが。
    逆に、そのお金を妻実家へ援助してと思う方が図々しいような。
     

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    夫婦で事業を始めたなら別ですが 2

    しおりをつける
    blank
    ボールペン
    もちろん、妻と共同経営とか、その仕事を夫の仕事ではなくて、夫婦の仕事と言える立場でしてるなら、夫が動かせるお金で夫実家を援助、妻が動かせるお金で妻実家を援助して当然と思いますが。
     でもようするに妻が経営参加してないから、妻が動かせるお金が無いんでしょう?
    専業主婦とか余所での仕事とかで、夫の仕事に参画してないのに、そのお金を妻実家へ廻せと思うのは、ちょっと違うと思います。
     もちろん、夫自信が「妻実家へ援助してあげよう」と自ら言い出すならそれはOKですよ。
    でも、妻や妻実家が「お金があるんなら、こっちにも頂戴よ」と言い出すのは、図々しいと思います。
     それともご実家は、援助を貰わないとやっていけないような、貧しい経済状態なのでしょうか?
    それならば、頭を下げて援助を請うのも(結果もらえないかもしれないけど)ありかとは心情的に思いますが。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    偉い・偉くないの問題じゃないのでは

    しおりをつける
    blank
    ぷりん
    ご主人の事業にトピ主さんは関わってらっしゃるんでしょうか?
    トピ主さんやトピ主さんのご実家が事業に関わっていて、何の見返りも無いならおかしいと思います。

    でも、ご主人の実家も、トピ主さんやトピ主さんのご実家も事業にはタッチしていないのであれば、ご主人が自分で稼いだお金なんですから、自分の実家に何かしてあげようと思うのは特におかしくないのでは?
    どちらの実家が偉い、ということではなくて、単にご主人にとってどちらがより身近なのかというだけの問題な気がします。
    確かに自分の実家にばかり便宜を図るのはどうかと思いますけどね。

    ところで、逆にトピ主さんが事業で成功した場合、自分の実家とご主人の実家、どちらにお金を融通したいと思いますか?

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    旦那さんは親孝行してるだけ、義実家は他人でしょ

    しおりをつける
    blank
    かちん
    旦那の実家の方が偉いとか、そういう問題じゃないと思います。このタイトルからしてまずおかしい。
    自分が成功して経済的に裕福になったら、自分を育ててくれた親に恩返しをしたい、親孝行をしたいと思うのはまともな神経を持っている人間なら当然のことです。旦那さんのしたことは全然おかしくないです。
    逆に何でトピ主さんの実家に対して融資をしなければばらないのでしょうか?
    そもそもトピ主さんのご両親て、娘の夫がお金持ちになったら、自分たちにも当然のごとく分け前を期待するような方々なのですか?

    もしトピ主さん自身が事業を興して大成功したら、事業になんの関わりもない義理のご両親に十分な分け前を与えますか?
    旦那さんのしていることは理屈云々ではなく、親孝行ですよ。
    小町では義実家は他人というのがまかり通っていますよね。旦那さんにとっても、義実家は赤の他人です。
    赤の他人に何故、商売の分け前を与えなければならないのでしょうか?
    トピ主さん、失礼ですが、ガメツイです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    トピ主さんの役職は?

    しおりをつける
    blank
    さいふぉん
    夫婦で会社経営しています。
    ウチは二人とも役員なので経営に関することは協議が必要ですが、トピ主さんはどのような立場で関わられているのでしょうか。

    もし特に関与していらっしゃらないのであれば、会社の経営判断については残念ながら意見を述べる立場にはないでしょう。

    あとは夫婦レベルでの説得しかないので、いろいろな交渉方法はあると思います。
    ポイントは、ご主人が会社を興しここまで来ることについてトピ主さんの大きな貢献があったことを納得させられることができれば、それは説得材料になるかもしれません。

    が、言っていることは「こっちにも分け前をよこせ」ということですよね。正攻法での説得よりは、搦め手から攻めた方がいいと思いますけどね。(笑)

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    その2

    しおりをつける
    blank
    かちん
    もし自分のお子さんが将来、事業を興して成功した場合、その事業に全く関係のない配偶者の親に役職を与えたり、車を買ってあげたり、配偶者の親名義の土地を購入してあげたりする必要があると思いますか?
    もしそんなことをしたら、トピ主さんは「何故全く関係のない配偶者の親に、そんな甘い汁を吸わせてやる必要があるのか?」とトピを立てることでしょう。

    旦那さんの起こした事業にトピ主さんの実家は何の関係もないはずです。
    ただし事業を興すにあたって資金を融資したということであれば、話は違ってくると思います。
    トピ主さんの実家の援助で今日の旦那さんの成功があるわけですから、それ相応の恩返しをするのが人としての筋だと思いますが。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    で、

    しおりをつける
    blank
    ・・・
    それは直接ダンナさんには訴えたの?

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    はぁ?

    しおりをつける
    blank
    鉄人
    なんで嫁さんの実家に援助しなきゃならんのですか?
    生活が苦しいとか、助けて欲しいとかのオファーもないのに援助を申し出るなんておこがましいこと、普通はできませんが。私に娘がいて、嫁ぎ先からいきなり金銭的援助など申し出られたら「自分の食い扶持くらいなんとかなってる。失礼なこと言わんでくれ」と思いますが・・・・

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    共同出資者なのですか?

    しおりをつける
    blank
    家内取締役
    結婚16年で3年前に会社設立とのことですが、
    ご主人が会社を興すに当たって、
    あなたは出資金を出しましたか?

    10余年に及ぶ結婚生活ですが、
    あなたもご主人と共に働いて生活を支えてきましたか?
    生活費の何割かパーセンテージが低くても構いません。
    もしあなたも生活を支えてきたのなら、
    そのパーセンテージ分の功績があったと思います。

    そう考えると、ご主人が成人するまで支えたのは、
    ご主人のご両親ということにもなりますよね。
    あなたがあなたの両親に感謝しているように、
    ご主人は自分の両親に感謝しているのではないですか?
    あなたにとってご主人の両親が夫の付属であるように、
    ご主人にとってもあなたの両親は妻の付属でしょう。

    ご主人の父親に役員手当を払っているのなら、
    あなたも役員手当をもらっていませんか?
    私は役員手当から出来る範囲の親孝行をしています。

    ご主人の会社が順調に成長してさらに余裕が増えれば、
    あなたの実家にもきっと気前がよくなるでしょう。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    それはあるかもしれません

    しおりをつける
    blank
    タクール
     自営業ということなら経営者はつねに万が一のことを考えねばなりません。そのために実家にある程度お金を退避させる人は結構います。旦那様にしてみればご自分の実家であれば万が一の時に何とかしてくれるという自信があるのでしょう。自分が破産したあとに実家から再起することもできますし。

     妻の実家に身を寄せる、ということは非常に格好悪いし、役員とかにして下手に迷惑を掛けるよりはよいとの見通しもあると思います。とりあえずあなたも自分名義である程度貯蓄しておいた方がよいかも。万が一ってのはかならず念頭に置いておかないと自営業はだめですよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    それはちょっと違うでしょ

    しおりをつける
    blank
    柿の木
    ごくごく普通に考えてもそれって勘違いもはなはだしいと
    思いますが

    実親もそうして欲しいと思っていらっしゃるのでしょうか
    もしそうでしたら何も言う事はありませんが

    実親が何も言っていないのなら
    自分の考えを実家で話してみられたらどうですか
    きっと実親はこんな娘に育った事を悔やまれると思いますが

    それが世間の常識と言うものです

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    そんなもんです。

    しおりをつける
    blank
    自営業
    逆にトピ主さんだったら自分が興した会社の利益を夫の親にまでまわそうと思いますか?

    私だったらたまーにお小遣い程度はあげても自分の親同様の扱いは出来ません。だって他人だもん。
    その分も自分の親に回したいのが本音ですよ(笑)

    トピ主さんがご主人の会社でご主人と同等に働いているからこそ会社が回っているなら別ですがそうでないなら真っ向から意見しても無理だと思いますよ。

    自分の親には裏でトピ主さんがお小遣いをあげればいいと思います。上手にやればいいじゃないですか~~

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    トピ主さん、理解に苦しむ

    しおりをつける
    blank
    やれやれ
    旦那さんにとって、あなたのご両親は他人ですよね。
    何故、自分の親と他人を平等に扱わなければならないのでしょうか?
    別に旦那の実家のほうが偉いとか、そういうことではなくて、あなたのご両親は旦那さんから見て他人だということです。少なくとも小町では、そうでしょ。
    姑は他人と皆さん公言してはばからないじゃないですか。
    自分に都合のいいときだけ、身内扱いしてほしいというのは、あまりにもムシがよすぎます。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    夫にとって妻の実家って何で偉いの?

    しおりをつける
    blank
    駒子
    >私の実家への見返りはまるでなし。

    1)トピ主のご実家はご主人に何か援助をしてたのですか?

    2)トピ主はご主人の事業を無報酬で手伝ってでもいるのですか?

    そうでなければ無貢献の外野が難癖つけて金よこせと言っているようにも見えます。たかりってやつですね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    そんなもんじゃないでしょうか。

    しおりをつける
    blank
    万年旅人
    トビ主さんが、どれくらいその事業にかかわってくるかによると思います。
    私の両親の場合、父が自営で祖母を株主にして毎月お金を入るようにしたり、何かといろいろつくしてたと思いますが、母の両親に対しては特に何もせず、また母もそれを当たり前と思ってたようです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    あなたの夫の会社でしょ?

    しおりをつける
    blank
    ななし
    あなたが興した会社じゃないですよね?
    もしも貴方が興した会社だったら、
    あなただって自分の実親や兄弟に利益が来るようにして、
    夫の家族にわざわざ配慮しないでしょう。それと同じ事です。

    夫婦は必ずしも一心同体という事はないですよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    そんなもんですよ

    しおりをつける
    blank
    キャパ
    情報がちょっと少ないのでなんともいえませんが
    その事業は旦那さんが立ち上げて、トピ主さんは関わってないんですかね?
    だとしたら、しょうがないのでは。と思います
    離婚でもしたら、義理の親なんて他人も他人ですから。
    そんな人に会社の役員として株などを与えることは躊躇してしまいますね
    旦那さんの立場で考えればわかりますよね?
    まぁ家庭の経済状況がうるおっているならそれでいいんじゃないですか。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    もっと大事なこと

    しおりをつける
    blank
    フィルター
    別にいいんじゃないですか。
    親孝行ですよね。
    ご主人が裕福になって、トピ主さんも自由になるお金が増えたんじゃないですか?
    それなら、トピ主さんが、その範囲で、ご実家になにかすれば。

    不吉な話で悪いですが、もし、その事業が悪い方へ行った時、ご実家が役員になっていたら、その責任の一部を取らなければならなくなりますよ。

    それより、生活に苦労しないで暮らせる幸せに感謝の気持ちを大切に、ご夫婦仲良く、ね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    当然のことです。

    しおりをつける
    blank
    boss
    トピ主さんとトピ主さんのご実家が旦那さんが興した会社に対して、共同出資していれば当然要求する権利はあるでしょう。
    また、共同出資していれば当然その会社に対しての責任を負うでしょうから責任を負う以上は報酬を得る権利があるのは常識ですよね。
    旦那さんのお父様に給与を支払っているのはそういう理由ではないですか?
    逆に言えば、出資もしていなければ責任も負わない人間が報酬を得る理由がないのは当然のこと。
    トピ主さんとそれは・・・さんはそれぐらい社会常識として当たり前のことも理解できていないのか、
    理解していてもそのような「たかり」が当然の権利と仰るのか、私には全く理解ができません。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    すごーく変!

    しおりをつける
    blank
    tome
    貴方も役員であるにも係わらず、勝手に義父を役員にし(出来ないか...)、経費を使っている、わけではないですよね...?

    個人企業の場合、親を役員にして報酬を払うケースは結構あるとおもいますよ。節税にもなるし、幾らか出資してもらい始めることもあるでしょうし。

    収入が増えたということで、貴方の生活も潤っているのでしょう? 
    貴方の実家へは家計から何からのプレゼントをする、せいぜいそんなところじゃないですか?

    貴方のお怒りが理解出来ません。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    要求するのはガメツイ

    しおりをつける
    blank
    gogo
    お気持ちは分かります。

    自分の親だって大事にしてもらいたいですよね。

    トピ主さんが専業主婦であれば尚更です。

    ご主人も、少し露骨過ぎるのかもしれません。

    親に役員になってもらい、いろいろ財務上の事もあって役員報酬を出したり諸経費を会社で落としたりします。これは僕でもやっています。

    逆に妻の両親は会社とは何の関係もありませんし金銭的な援助を受けたこともありませんが、別に援助自体はしても構いません。ただね、義両親に対して、その好意が生意気(失礼)になると思うからしないんです。

    その代わり、夫婦からという形で温泉旅行やマッサージチェアなど、記念日や誕生日には贈り物をしています。

    ご主人はやられていないんでしょうか?

    であれば、少し冷たいですね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    厳しい声が多いですが

    しおりをつける
    blank
    みこ
    トピ主さんが具体的に何を求めてられるのかわかりませんが。

    もしご主人の事業が成功してトピ主さんのご家庭が裕福でなっているのであれば、その家計からトピ主さんのご実家の方にも旅行をプレゼントしたりとか、ちょっと贅沢な食事に招待してあげるとか、そういうことはして差し上げればいいのではと思います。

    夫が自分の親にばかり贅沢させて妻の親はまったく知らん顔というのであればどうも。妻が直接事業に参加していないにせよ、陰では貢献していることになると思いますし。

    ただ、誰を役員にするか等は、実際に経営している旦那さんが決めることだと思います。

    うちの場合はただのサラリーマン夫婦ですが、夫は「君の両親にも何か送ってあげたら?」と言ってくれるし、私も自分に臨時収入があれば「あなたのお母さんにも何か送ってあげようか?」と言います。
    向こうのお母さん、嫌いだけど、夫にとっては大切な人でしょうし親孝行の助けをしたいので。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    親名義では請求できない

    しおりをつける
    blank
    りんご
    結婚生活で夫が稼いだお金は夫婦のものですから、夫が勝手に使途を決めるのは間違っているというのが基本原則ですが、ご主人の稼ぎが多いと現実には少し変則されると思います。ですが実業家の妻ならではの特権もありますよ。

    私の母も祖母も、実業家の妻でした。祖父は妾を囲っており、父もかなり遊んでいました。つまり、自分で稼いだお金の一部を、妻に相談しないで好きなように使っていたわけです。

    そこで、彼女たちのしたことは――いろいろな口実をつけできるだけ夫からお金を引き出したことです。祖母は、自分が引き出さないとその分妾にとられるわけですから、かなり贅沢をしていました。母も専業主婦で何億ものへそくりを作っていますし、ふたりとも自由勝手に遊んでいますよ。一般の主婦にはできないことでしょう。

    夫は義務として、妻に対して最も責任を持つべきものとされているので、自分が好きなことにお金を使っている以上は、妻から請求されたら一番に与えないわけにはいかないという論理です。稼ぐ夫は社会的体裁を気にする人が多いので、このやり方は有効だと思いますよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    理不尽ですよね・・・

    しおりをつける
    blank
    匿名
    単純に考えて、どんなことであれ自分の親だけ贔屓にされたりしたらおもしろくないですよね。トピ主さんは自分の実家にもお金を・・・とか言ってるんじゃないと思うんですけど。差別されてることが寂しいというか悲しいのではないですか?例えば親が病気で倒れたりしたら、お嫁さんなんだからとか言われて見舞いや看病は当たり前のようにするのが現実となることが多いと思います。自分の親は至れり尽くせりで看病してあげて、逆に夫の親は他人だからなんにもしないよ~で済まされるんでしょうか・・・。実の親の方だけに優遇してあげるってなんかみっともないですよ。お金をもらえる権利とかそんなことより、気持ちの問題なんじゃないかと思います。配偶者に自分の親を大切に思ってもらえるのって嬉しいですよね。トピ主さん、旦那さんに気持ちを伝えてみては?

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    ヨコヨコ

    しおりをつける
    blank
    ヨコから
    >結婚生活で夫が稼いだお金は夫婦のものですから

    この認識は間違っていると思います。
    確かに夫婦は協力共同で生活を維持する義務はありますが、
    夫の稼ぎ=二人のモノではありません。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    >ヨコから さん

    しおりをつける
    blank
    偕老同穴
    >夫の稼ぎ=二人のモノではありません。

    えっ!?おかしいですよ。扶養の意味知ってますか?夫婦っていうのは、単なる共同生活人じゃないんですよ。

    年収2千万の仕事を捨てて、旦那のために家に入った友人は毎月旦那のお給料の半分を自分名義の預金にしています。家事を完璧に内助を尽くしている彼女と稼ぎに専念する旦那(彼女は食事も掃除も付き合いも完璧にしている。一方旦那はお湯ひとつ沸かせません)――旦那の稼ぐお金は当然ふたりのものでしょう! 

    夫婦という、ふたりでひとつの家庭を作っているという関係で、片方(旦那)の稼ぎが全て稼ぎ人本人(旦那)だけのものだっていうのは、どう考えても現実に則さないですよ。だからこそ、妻は離婚時に財産分割請求が認められるんでしょ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    偕老同穴さん、誤りです

    しおりをつける
    blank
    間違いない
    > 片方(旦那)の稼ぎが全て稼ぎ人だけの
    > ものだっていうのは、どう考えても
    > 現実に則さないですよ。
    を読む限り、多分誤解していると思われます。
    「ご主人の所得は共有財産だから半分程度は私のモノ」は誤解です。

    日本は夫婦別財産制ですから、収入はそれぞれ稼いだ人の固有財産で全額ご主人のものです。
    ただ、夫婦は一方に収入がない時に社会通念上平均的な生活が出来る様に相互扶助します。ですから生活費分が分与されるに過ぎません。
    尚、生活援助には同居中に取得し生活に利用している家財道具や貯蓄・動産・不動産も含まれます。これが離婚時に財産分与対象となります。
    言うまでも無く無職の主婦もご主人が埃まみれにならない様に家事などを負担します。これが"相互扶助"です。

    なお離婚した時の財産分与の比率ですが無職の主婦の場合は20~30%、特別なケースで50%程度です。
    では。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    偕老同穴さん

    しおりをつける
    blank
    ヨコヨコ
    予想通りの反応、ありがとうございます。
    小町なので、誰かがこういう意見を出されると思っていました(笑)

    夫婦の財産などについては「間違いない」さんのおっしゃるとおりです。

    夫の稼ぎには、「夫婦は互いに協力しあって」ですから、同じ程度の生活が出来るように生活費を出す義務があります。
    これは妻が高収入の場合でも同じです。
    また専業主婦(夫)の場合は「双方の合意」が大事です。
    つまり夫は、社会通念上妥当と認められる金額のみ生活費として出すが、それ以外は自分のモノ(自分の管理下)と主張するなら、妻にはそれ以上何も要求できません。
    偕老同穴さんの友達のように、高給取りの夫さんに半分もらえるならラッキーな結婚でしょうけど、みんながみんなそうではないのですよ。

    ま、普通は夫の給料のみでは、ちょっとの貯蓄と生活するのがやっとなので、たいした問題ではありませんけどね。

    離婚の財産分与も、生活を営む上で出来た財産(貯金や家などですね)は2人のものですが、特別な稼ぎがある夫が独自に所有していた貯金などは対象外です。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    それは宛てにしない方がよい

    しおりをつける
    blank
    あいあい
    偉いとかじゃなくって
    単に、自分の両親には孝行している夫。
    妻の両親には、特になにもしないだけ。
    だと思います。

    そもそもご主人が起したのが、もし法人会社であれば、
    事業の収入は会社のもの。
    「結婚後の収入は夫婦共有の財産」、なんて言えるのは、その会社から出されている、ご主人の役員報酬分だけです。他の売上金は会社のお金なので、ほいほいと他人にお金を上げるわけにはいきません。

    >私の実家への見返りはまるでなし。
    ご実家は、事業への何かしらの援助をしたんでしょうか?
    ちょっと不満に感じるトピ主さんの気持ちはわからんでもないですが、そもそも、ご主人の事業収入を、義理実家にまわすのもヘンな話です。



    今よりも、お2人の暮らしが裕福になられたのなら、自宅の家計から実家への仕送りを少し捻出したらいかがでしょうか?
    その権利くらいは、あると思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    ご意見ありがとうございます

    しおりをつける
    blank
    妻<トピ主です>
    初めての書き込みだったのと、元々頭が悪いので文章でうまく表せませんでしたが・・・。
    私が言いたかったのは、私の実家にもお金を・・ということではなく、もう少し私の実家にも親切にしてほしいということです。

    もし私が会社を興していたなら・・私は平等に親孝行したいと思います。
    もし食事に誘うなら、両方の親と一緒に行きたいと思います。
    もし旅行に行くなら、両方の親を連れて行ってあげたいとおもいます。
    もし両方の親が風邪で寝込んだら、同じように看病してあげたいとおもいます。

    主人が親孝行したいと思う気持ちは分かりますが、
    どうしてそれが片方の親だけで『当然』だと思ってるのかが悲しいんです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    >間違いないさん

    しおりをつける
    blank
    偕老同穴
    >日本は夫婦別財産制ですから、収入はそれぞれ稼いだ人の固有財産で全額ご主人のものです。

    これは夫婦の財産関係を決する基本原則ではありますが、もともとは、かつて財産さえ持てないほど低い地位だった女性の権利を守るために定められたものです。結婚によって維持される最小家族単位(夫婦に対する扶養と子どもに対する扶養)においては、社会通念として同じ経済レベルが求められます。夫だけが贅沢して(親孝行にお金をかけるなど)妻には社会通念上平均的な生活をさせるというのが、この原則の趣旨ではありません。

    相互扶助をしている限り、旦那の収入が全額旦那のものとは言い切れないはずです。なぜなら、言い切ってしまうと、主婦は自分の貢献分をその都度夫に請求しなければならなくなるからです。ひとつの共同体としてその請求行為は時間も手数もかかることから、生産能力や効率を減退させることになるので、夫婦の利害に反するわけです。

    だから、夫婦の利害を守る見地で考えると「夫婦のもの」とするのが常識的なんですよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    >ヨコヨコさん

    しおりをつける
    blank
    偕老同穴
    >離婚の財産分与も、生活を営む上で出来た財産(貯金や家などですね)は2人のものですが、特別な稼ぎがある夫が独自に所有していた貯金などは対象外です。

    正常な夫婦生活を営んでいる限り、夫が妻の貢献とは全く関係のないところで稼いだとみなされる、特別の才能による特別の稼ぎと認められるケースは稀だと思いますよ。

    現実には夫の稼ぎによって妻の仕事の内容は変わりますからね。ある程度稼ぐ夫にはそれに相応する内助を尽くすもの。小町で妻の怠慢を嘆く夫がいますが、それは彼が単純に稼いでいないから。あなたのいうケースがまさに当てはまるのは、夫が稼いでいるのに妻が怠慢を働いている場合です。

    でも現実には稼いでいる夫には、それなりの妻がついているものです。そういう現実のケースでは、妻の貢献は半分は確実にあるものですよ。あなたのように、稼ぐ旦那に無理やり一般サラリーマンの妻の仕事を当てはめちゃったりしたら、出てくる答えも間違うのも無理ないですけど。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    二度目のトピ主さんの投稿を読んで。

    しおりをつける
    blank
    ふむ
    トピ主さんは、とてもお優しい方なんだと思いました。

    どちらも平等に扱いたい。

    お気持ちは察しますが、旦那様の会社の件は、今のトピ主さんの状況では、やはり口を出さない方が賢明だと思います。旦那様の仕事のモチベーションに水を差すことになりかねません。

    トピ主さんが稼いで、両方の親に平等に援助されているのなら話は別ですが。

    トピ主さんは、トピ主さんのできることを両方のご両親になさってはいかがでしょうか。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    偕老同穴さんに反論

    しおりをつける
    blank
    間違いない
    苦笑。
    内容がないよう なので放置でも良かったんですが指名されたので反論します。

    > 夫だけが贅沢して(親孝行にお金をかける)
    > 妻には社会通念上平均的な生活をさせるというのが、
    > この原則の趣旨ではありません。

    まず相互扶助は家庭(夫婦)間の義務です。
    また直系の血縁関係に於ても扶養の義務が生じます。親戚関係は扶養義務は原則ありません
    ご主人が奥様のご家族に対して援助する行為は社会通念上の平均的な生活には「全く・完全に・断固として」含まれません。
    含まれると言う根拠を示して下さい。民法?判例?学説?

    例えば、余裕のある自営業の方と結婚したからといって配偶者の実家に援助義務が生じるなんて聞いたことありますか?

    また小町では、夫の両親を扶養や介護する義務はないと高らかに合唱しているトピや、奥様のご両親の資産を当てにするご主人をしてサイテーと袋叩きのトピもあります。見たことありませんか?

    (続く)

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    偕老同穴さんに反論2

    しおりをつける
    blank
    間違いない
    (続き)

    > 相互扶助をしている限り、旦那の収入が
    > 全額旦那のものとは言い切れないはずです。

    言い切れます。まず収入はご主人の特有財産です。
    その収入より家庭生活で必要な費用を分担します。
    もし配偶者に収入や貯蓄がない場合は相互扶助義務により相手の「生活費」も分担します。 生活に家財道具不動産等が含まれるのは前に書いた通り。

    > 主婦は自分の貢献分をその都度夫に請求しなければ~

    苦笑。前もって生活費を渡せば解決。


    > 生産能力や効率を減退させることになるので、
    > 夫婦の利害に反するわけです。
    ここは意味不明ですね。
    家庭における「生産効率~」って何ですか
    仮に逐一請求して生産効率とやらが低下すると、どんな「守るべき夫婦の利害」に反するのでしょうか。具体例を示して教えて下さい。

    > 「夫婦のもの」とするのが常識的なんですよ。
    どこで通用する常識ですか?
    少なくとも裁判では非常識です。
    では。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    ご自分から言ったことはありますか?

    しおりをつける
    blank
    麦子
    今度うちの両親を食事,旅行に招待してもいいかしらと提案されて却下もしくは無視なのでしょうか?それともご主人から言い出してくれるのを黙って待ってるんでしょうか?後者なら「妻の実家のことは妻が言い出すまで考えたこともない」夫って多いんじゃないんでしょうか。

    役員とか車・・・ということになりますと次元が違ってしまうので、今まで皆さんのレスにあったような感じかと思いますが、ご主人からのオファーがない、というだけなら、ご自分から持ちかければいいんじゃないでしょうか。あるいはご両親を食事に誘ったり小さなプレゼントをするくらいのお金は自由裁量にならないんでしょうか?なるなら勝手にやって事後報告でもいいんじゃないでしょうか。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    私も一応お返事します

    しおりをつける
    blank
    ヨコヨコ
    あのぅ、大事なのは「夫婦の合意」ですよ。
    夫が妻に対して自分の収入の半分を妻の権利を認めるなら何の問題もありません。

    でも夫がそう思わないなら妻には何の権利もないと言うことです。
    請求できるのは「夫婦が同じ程度の生活を営める程度の生活費」です。
    この場合の生活費には妻の実家への援助は含まれません。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    羨ましいですよ。

    しおりをつける
    blank
    薄情嫁
    法律の事はよくわかりませんが...
    夫が興した会社で、夫の力量で収入を得ているのであれば、自分の家庭に十分な生活費を入れていれば、夫が自分の親に親孝行するのは勝手ですよね。

    いいじゃないですか。親孝行させておけば。
    その代わり妻には夫親に対する扶養義務だの、義理親孝行をしなければならない決まりなんてないのですから。
    良かったですよ、夫の収入がいいのであれば、妻は人情的にも夫の親に対し知らん顔できるのですから。
    いざとなれば堂々とお金で介護を賄えばいいのです。

    お金がない、人も雇えないでは、いくら介護義務がない妻でも「残念ですが、私には義務が無いのですよ。
    頑張って生きてください。私も忙しいので」とはなかなか言いづらいし。
    嘘でも心配のふりして、仮病を使ってうまく逃げるしかありません。
    少なくても、こんな面倒くさいことがないだけ、羨ましい。
    私はあの手この手で義務の無い介護からは逃げ切る予定ですが、夫が勝手に親孝行する分にはむしろ賛成です。

    ワケのわからないオハチがまわらないだけホッとします。

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    10件ずつ表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0