詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    丁寧語・敬語の使い方で

    お気に入り追加
    レス13
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    りんりんらんらん
    話題
    はじめまして。小町を見ていてさまざまな発言から敬語・丁寧語の使い方で疑問に感じる点があり、ご意見をお伺いしたく。

    1、物を貰う時。「夫・舅姑に頂きました」というのはありなのかな?身内だから「貰いました」でいいのでは。私としては「婚約者に指輪を頂きました」というのも違和感があります。いずれ身内になるのだから「貰いました」でいいのでは?と。
    2、「恋人とお付き合いしてます」。この場合も丁寧語?「彼と付き合ってます」じゃ乱暴なのかしら。
    3. 「犬に餌をあげました」。犬や子供には「やる」を使うのだと思っていたのですが、今は丁寧な表現をするのが主流なのかな。

    小町は女性が多いので丁寧な文章表現をされる方が多数だとは思いますが、私の実生活ではあまり聞かない表現が多いので参考までにご意見を聞かせて頂きたくお願い致します。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数13

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    おかしいですね

    しおりをつける
    blank
    だんきち
    >1、物を貰う時。「夫・舅姑に頂きました」
    通常他人に言う言葉なので「もらいました」で十分です。
    身内にへりくだる必要はありません。

    >2、「恋人とお付き合いしてます」。この場合も丁寧語?
    >「彼と付き合ってます」じゃ乱暴なのかしら。
    丁寧語ですね。
    丁寧語は身内や他人は関係なく使えますので、おかしくはないです。
    「交際しております」でもいいでしょう。
    他人に「(彼と)交際させていただいています」と言うのは誤りです。彼は他人の物ではないので、「させていただいている」のではありませんから。

    >3. 「犬に餌をあげました」。犬や子供には「やる」を使うのだと思っていたのですが、
    そのとおり、「あげました」で十分です。
    でも、最近は、「お父さんにご飯を食べさせなきゃ。あ、ポチにもご飯をあげて。」という人が増えているそうですね。逆だろと(ww

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    相手によって使い分けるのが敬語です。

    しおりをつける
    blank
    キャラ
    トピ主さんの疑問に同感です。
    敬語は、自分や話す相手との距離によって変わります。

    1、例えば話す相手が夫や舅姑に近しい親族ならば「頂きました。」
    実家の親など自分に近い人に話す場合は「貰いました」
    じゃないでしょうか?

    2、は「付き合っている人がいます」で良いのでは?
    「恋人」とか「彼」と言う、単語はあまり使わないように思います。
    強いて使うならば、友人や身内など親しい人と話す時くらいでしょうか?

    3. 主流と言うより、敬語を使い慣れていない人が、無理に使おうとしてずっこけているだけだと思います。
    ちょうど、着慣れないタキシードやイブニングドレスを着ているような感じですね。

    ところで敬語は大雑把に分けて尊敬語・謙譲語・丁寧語の3つから成り立っているので、トピ主さんの冒頭の文章はおかしいですね。
    「敬語の使い方」で良いです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私の場合

    しおりをつける
    blank
    こもち
    こんにちは。

    1の場合、私も「貰いました」を使います。
    2は、「付き合っています」か、「付き合っております」
    3は「やる」が正しいことは知っていますが、なんとなく乱暴な感じがするので、「あげる」を使っています。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    わたし(男)の場合

    しおりをつける
    blank
    初心者
    1、「夫・舅姑に頂きました」「婚約者に指輪を頂きました」はおかしいと思う。

    2、「恋人とお付き合いしてます」じゃなくて、「○○さんとお付き合いしています」なら自然です。


    3.「犬に餌をあげました」は自然、「犬に餌をやりました」も自然。でも、「○○ちゃん(子供の名)、おかしやるからこっち来て」とか「3時に○○ちゃんに、ミルクやっといて」は、抵抗あります。

    「やる」は目下かどうか、ということではなく、乱暴な、或いはいい方をしても許容される相手に使うものだと思います。男子学生や同期の同僚が「お前にこれやるよ」とか。

    「犬や子供には「やる」を使う」って外国人向けの初級日本語の教科書か参考書みたいな書き方ですね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    犬は正解。でも子供は?

    しおりをつける
    blank
    ポッポ
    犬に餌をやる、犬に餌を与える、というのは正解でしょう。ただ、最近はペットの犬を文字通り家族の一員として非常に大切に思われる方が多いので、よその家の『お犬様』には「やる」なんて表現を使わない方が無難。日本語としての正しさより、人間関係を重視したいので。

    ところで、子供に対しても「ご飯をやる」でいいのですか?とても乱暴な感じがします。自分の子供に対してであっても…せめて「食べさせる」と言いたいなぁ。
    ましてや他人様の子供には「ご飯をやる」はありえませんよね。(笑)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    「犬にあげる」が自然であるわけがない!

    しおりをつける
    blank
    常識人
    「犬に餌をあげる」のどこが自然なのか
    さっぱりわからん!
    犬やこどもに「あげる」を使っている方、
    「敬語」の意味をよく知ってください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございました

    しおりをつける
    blank
    トピ主
    さまざまなご意見を伺い大変参考になります。
    小町でよく「前の彼とお別れしてその後今の彼とお付き合いを始めました。この春婚約指輪を頂きました」と言うような表現を見て、何と言うかお尻がむずがゆいような感じが否めずトピ立てしました。芸能人の「お付き合いさせて頂いております」もなんだか不思議な表現ですね。

    子供や犬に対して「やる」は自分のところの子供と動物をイメージしています。最近は植物にも「水をあげる」と言う人が多いですよねえ。そういえば美容師さんが「髪にトリートメントしてあげて、その後ブローしてあげてください」というんですよ。自分の「大事と思うもの」には「上げる」表現がスタンダードなのでしょうか。

    引き続きご意見お待ちしております。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    3番目は本来は「やる」です

    しおりをつける
    blank
    ちろろん
    こんにちは

    「犬に餌をやる」「子供に○○をやる」
    これは日本語本来の使い方なんです。
    「あげる」というのは、響きの通り自分より上にあげるという意味になりますので、
    犬や子供にはふさわしくありません。
    でも、他の方のご意見のとおり、乱暴だということで
    今は使い方をあまり厳しくしていないようです。
    ちなみに、「花(植木)に水をあげる」も「やる」が
    正しいです。
    『ことばのゆれ』という表現があります。
    ら抜き言葉など、時代と共に使い方が揺れ動き、許されている言い方がたくさんあります。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    同感

    しおりをつける
    blank
    あおば
    1、「夫・舅姑に頂きました」は変。「貰いました」が正解。
    2、「恋人とお付き合いしてます」は丁寧でそれでもいいのでは?
    3. 「犬に餌をあげました」。犬や子供には「やる」が正解ですが、言葉は日々変化していくので、丁寧な表現もよいのではないでしょうか。

    そういえば、某野球選手の婚約会見だったか、「結婚させていただくことになりました」も私は気になりました。1と同じ意味で。
    企業広告や仕事言葉でも「~させていただく」って、ちょっとうるさい気がしますよね。
    あ、グルメ雑誌や番組の「~がいただけます」も違和感あり。「食べられます」じゃ、だめなの?紹介されて「いただく」ことになるのは、読者や視聴者でしょう?どうでしょう。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    お父さん・お母さん

    しおりをつける
    blank
    貴菜漬け
    トピ主さんのお話と、根本的なところで通じる事柄だと思うのですが、テレビの街頭インタビュー、或いはタレントなど芸能人が、自分の身内のことを話す時に、「お父さん・お母さん」と言うことに、常日頃から違和感でいっぱいになります。
    幼稚園か小学生くらいの時に先生や親から教わりますよね?
    よその人に話す時には「ちち・はは」、おじいちゃんやおばあちゃんは「そふ・そぼ」と言いましょうね。って・・・・

    掲示板でも時々、お父さんとかお母さんと書く人がいますけど、まさか幼稚園の子供じゃないですよね?
    一体どんな躾を受けたのか、イヤミではなく真摯な気持ちで疑問です。
    小学校の国語でも敬語を習うはずですが、最近はゆとり教育で敬語の時間は削られているのでしょうか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ものいいがついたので

    しおりをつける
    blank
    初心者
    「犬にえさをあげる」「犬にえさをやる」は両方自然だと書いたら、「・・・あげる」の方は自然なはずはないとものいいがついたので、ちょっと補足。

    ただ単に、一応、自分がどう感じるか、というだけのことです。辞書的な記述や、規範的かどうかということではなく。

    変化しつつある「あげる」の現状についてはネットでも、例えば「あげる 尊敬語」なんてキーワードで検索すれば幾らでも解説されていますし。トピ主さんも規範的な答えを求めたのではなく、ここに来る人が個人的にどう感じるかを聞きたかったんですよね?

    わたしとしては、やっぱり「犬にえさをあげる」もよく聞くので自然に感じます。「子供にミルクをやる」は辞書的に正しくても、違和感を感じます。まあ、言葉によってはわたしも、こういう言い方よく聞くけどやっぱり馴染まないという表現もあるので、そういう方の気持ちも分かりますが。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    松坂選手が婚約発表で

    しおりをつける
    blank
    りの八
    「このたび結婚させていただくことになりました」って言うのを聞いて、それはどうよ?と思いました。
    おめでたいんだから、まあいいか。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    初心者さま

    しおりをつける
    blank
    トピ主
    そうです。正しいかどうかというより、皆様が「この言葉使いに違和感を感じるかどうか」をお伺いしたかったのです。
    トピに挙げた3つの例題のうち「あげる・やる」については一番意見の分かれるところだろうなと思っていました。小町には女性の方の参加が多いと推察しますが、「やる」と言う言葉を「乱暴に感じて使ったこともない」と言う方がメジャーなのでは考えました。つまり「あげる・やる」の区別をしない・・・「やる」という言葉自体が(自分の中にに)存在しない人もいるのではないかと。いかがでしょうか。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0