詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    自営業なら当たり前のこと?

    お気に入り追加
    レス24
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    未来
    ひと
    先日、彼(婚約者)のご両親と食事に行きました。
    もう何度も一緒に食事をしているのですが、疑問に思うことがあります。
    それは食事のあと支払時に彼のお母さんが領収書をもらうことです。
    彼の実家は会社を経営しています。
    私のうちはサラリーマン家庭です。
    私の両親が彼や彼の両親と食事をしたときはもちろん自分達の財布からし払いをします。
    ですが、彼の両親は一応支払いはするものの領収書をもらうということは、それは経費で落す、ってことですよね。
    何だか毎回のように領収書をもらう彼のお母さんをみていると自営業はそれが当たり前なのかと疑問に思ってしまうの同時に接待されているような気分になってしまいます。

    自営業の家庭って自分達の食事代も経費で落すものなのでしょうか?
    自分的には仕事で経理をやっているので正直いって許しがたい気持ちになってしまいます。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 2 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 3 エール
    • 2 なるほど

    レス

    レス数24

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    してないと思う

    しおりをつける
    blank
    自営妻
    う~ん、うちではしてないと思います。
    レシートはもらっても、領収書は毎回はもらってないはず。それにその処理は私がしているので、あったら、「あ、この間お食事にいったときのだ」ってわかるはずだし。

    税務署にたたかれても、大丈夫な程度にしているんじゃないかな。
    そこら辺は、お母さんはわかっていらっしゃると思いますよ。

    それに、人様の会社の内部のことにはあまり関わらないほうがいいと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    うちも自営業

    しおりをつける
    blank
    らいもん
    かなり儲かってる自営業やってます。
    特に使う必要はなくとも、領収書は必ず貰いますよ。経費として落とせる場合もあるし、落とせないこともあります。
    でも利益が出れば、かなりの法人税を払っているし、節税もなかなか上手くできないのが現状です。
    かといって違法行為はできないし、交際費も制限があるので勘定で落とせない仕事にまつわる経費はかなり出てしまうので、いつも四苦八苦してます。

    四角四面に考えると、許せない!ってなるのかもしれないけど、自営をやっているといろんなことがわかってきます。
    サラリーマン家庭で育った人にはわからない苦労がたくさんありますから、何も知らないのであれば余計なことは言わないほうが良いですよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    そういう所多いですね

    しおりをつける
    blank
    うちも自営
    我が家は自営業です。

    何でも経費で落とすのですか?
    うーん・・こればかりは経営者それぞれの考え方があるから良いとも悪いとも言えないと思います。

    会社が黒字を出しすぎると当然その分は税金として持っていかれるのでそれを避ける為にあえて落とせるものは落とす、という考え方もありますしね。

    ただ個人的には完全にプライベートなもの(トピ主さんの場合のような食事代)や例え仕事関係の人や自社の社員との食事であってもそこに仕事とは関係のない感情やねぎらいの意味が含まれている場合にはあくまで自腹を切った方がいいと考えているので私は経費では落としません。

    それにそれが当たり前になると会社=自分の財布みたいな感覚になってしまうとまずい事もあるので(経営失敗の原因になりますし・・)ただし、それも人それぞれの考え方があるので何が正解とは言えませんが。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    そういう人いました

    しおりをつける
    blank
    もえ
    以前、歯科医院でアルバイトしていたときのこと。
    都合で辞めることになり、ご褒美(?)として某テーマパークに連れて行ってもらいました。
    着いた途端、院長の奥様が「園内で買い物やお食事した領収書、よろしければ帰りにください」
    えぇ~!?と思い、あげませんでしたよ勿論。

    ちなみにその後自営業に嫁ぎましたが、仕事以外の領収書は経費扱いにしません。家計簿行きです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    硬いこと言わず・・

    しおりをつける
    blank
    アベンヌ
    そんな硬いこと言わずに・・・。
    自営業だったら家族の食事代を領収書で落とすのは節税の範囲内ですよ。
    あなたはお仕事で経理をやってるっていっても、
    それは自分のお金じゃないでしょ?
    これが自分のお金となったら、
    必死になると思いますよ。絶対に。
    必ずしも経費で落とすわけではなく、
    可能性としてとりあえず領収書はもらっておくだけかもしれませし。
    心配なのはあなたの義両親に対する先入観が
    すでに固まり始めたところですね・・。
    自営業vsサラリーマン家庭みたいな。
    どちらも長年培ってきた体質というものがあるんです。常識・非常識に置き換えないほうがいいと思いますよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    レスいただきありがとうございます

    しおりをつける
    blank
    未来
    早速のレスありがとうございます。

    たしかに今は人様のこと、なんですが結婚の予定がありますので将来は私も経理をやらされると思うのです・・。
    やはり「そういう会社」は多いのですね。
    しかし、一応領収書は貰っておく、との言葉に救われました。
    彼のお母さんは自分的にも大変好意をもっていて、彼のお母さんも私を可愛がってくれています。
    そのため「接待」という感じではあまり受けたくなかったのも事実なので、経費で落せる落せないは別にして貰っておく場合もあると聞いて安心しました。

    今は何も首を突っ込もうとは思っていません。
    丁寧なご意見ありがとうございました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    うちの社長は落としてます

    しおりをつける
    blank
    名乗れない・・・
    うちの社長は公私混同すごいですよ~。
    家族が使う車も「社用車」として購入し、費用はすべて
    会社持ち、すべて外車か国産高級車。
    別荘建築も会社名義で登記し、食費、雑貨も会社持ち。
    犬の餌代、個人的食事代、ゴルフ道具代ももちろん。
    愛人への貢物も会社の備品として購入。
    いやー笑っちゃいます。
    ありえないくらい接待交際費が多くて。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    えっと~

    しおりをつける
    blank
    私も自営妻
    ウチには、税理士さんが全てやってくれるので、領収書をもらっても、怪しげなものは全て破棄されます。
    税理士さんも、自分の首がかかっているので必死です。
    帳簿のつけ方もうるさいの何のって。

    こういう話になると、必ず自家用車やガソリン代のことを持ち出す方がいるのですが・・・

    税理士さんが言うのには、ガソリン代や自家用車は公私混同で利用しているので、使った分のパーセンテージを掛けて、申告しているそうです。
    全部が経費で落とせるわけでは無いようです。

    税理士さんがついてないところはどうなのでしょう?

    サラリーマンも、制服や交通費や薬代などの福利厚生費、厚生年金・社会保険・労働保険等の折半、また有給などを全部自分で負担してみたら、自営の大変さも分ってもらえると思います。
    節税という意味で経費落としは、皆さんの会社でもやっていることですよ。

    名乗れないさんの所の社長さんの会社は、かなり儲かっているのでは?
    もえさんのその領収書は、接待費や旅行費用として、経費になるものじゃないかな?←やったことないし、税理士でないから、わからないけど。
    渡してあげてもよかったかな、なんて、ね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    アベンヌさんの言うとおり

    しおりをつける
    blank
    未来
    ご心配いただきありがとうございます。
    その通り「先入観」が既に出てきているのは事実なんです・・。
    やはり私は生まれたときからサラリーマン家庭で育っているので、自営の苦労とか全く知りません。
    彼と結婚を決めた以上は嫁ぎ先の指導のもと今までとは違う考えをしなくては、と思っています。
    私の周りには自営に嫁いだ友人もいなくて、誰にも聞くことができませんでした。
    アベンヌさんに「心配なのは・・」と書かれた文字をみて正直嬉しかったです。
    ありがとうございました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    もっと強烈ですごい人いたよー

    しおりをつける
    blank
    びっくり
    なんと電車のホームでフリーで駅弁売っているオジサンに”領収書下さい”っていった見合い相手(歯医者自営)、たかだか二千円足らず、しかも後ろに行列出来ているのに、、絶句しましたわ。婚約中だったので後から”今度から辞めてね、迷惑だよ周りに”って言ったら、マジギレして怒鳴りましたよ”自営業では普通のことだー!恥ずかしくない!!”ってね。(ちなみに34歳)
    あと百貨店で購入した婚約指輪も事務の子に処理させてたなー、スーパーで購入した下着も領収書取っていたし、、結局あまりに凄すぎて結婚しなかったけど、今でも顰蹙買いながら力強く”領収書!”って言ってるんだろうな。奥様お気の毒、、て言う前に結婚できたんだろうか?

    結論として、、お店の領収書ぐらい全然気分悪くしませんね私なら。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    「接待交際費」では×

    しおりをつける
    blank
    経営者
    接待交際費は100%を経費として落とすことができません。で、福利厚生費は100%経費扱いOKです。
    うちは5人でやっている零細企業ですが、
    休憩用の御菓子も夕食オゴリもお客さんの接待も、
    1万円以上なら接待交際費、1万円以下なら福利厚生費で分けています。大体ね。
    節税の基本だし、実際かなり使うんですよね。
    儲かっているときは、なるべく皆に還元したいし。かといって給与に乗っけたら税金で持っていかれちゃうでしょ。会社の備品を揃える(PCとか、故障して新品を入れたことにして、前のは社員にあげる。)とか、そんな感じ。
    あと、従兄弟がうちの会社の近所で弁当屋をやっていて、うちの家で食べる米も一緒に仕入れてもらっている。(勿論うちの分の米代は実費負担)良い米が安く食べられるし、弁当屋の従兄弟も領収書の金額が大きくなるから帳票処理の際調整がラクになる。米などはさすがに自分の会社からは落とせないしね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    会社もたいして変わらんかも・・

    しおりをつける
    blank
    あいあい
    まあ、「接待されているみたい」
    という感覚を、トピ主さん自身が感じてしまうというなら、どうしようもないですが・・・。

    しかし、四角四面に、「ズルしてる?」という感覚は、あんまり持たなくてもよいのでは?

    会社でいえば、大して必要でもないのに、高級なところで食事して接待費で落とすようなものだと思っておけばよいのでは?
    うちも、喫茶しても、上司が「経費で落とすよ」、なんて言います。
    自分達の勤める会社の経費だって、50歩100歩の場合もあるなあ、と思う今日この頃です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    経費の線引きは難しい

    しおりをつける
    blank
    ふり~
    例えば、サラリーマンでも忘年会や新年会・社員旅行が経費扱いにする場合もありますね。
    羽振りのいい会社だと社員旅行に家族も一緒、または半額で参加できる、という場合もあります。
    トピ主さんの場合も、彼氏のご両親が「慰労」も兼ねているなら経費として認められない事はありません。

    私は今はフリーランスですが、経費の線引きって本当に難しいです。
    例えば資料としてファッション雑誌や情報誌などを経費で購入していますが、資料として使った後個人的に読む事があります。
    クライアントにチェック依頼されたゲームソフトを経費で買い、チェック後自分で遊ぶ事もあります。
    仕事の手伝いをお願いしている人達と仕事明け数日後に慰労を兼ねて食事に行き、一緒に行ったお子さんの分も計上した事もあります。

    たとえば仕事用と家庭用の備品を一緒にする等はいけない事ですが、食事などは線引きが難しいです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    開業医の息子

    しおりをつける
    blank
    元・書店店員
    以前、本屋でバイトをしていた時
    毎週、雑誌を買いに来る小学生の男の子がいましたが
    いつも「○○クリニック」で領収書を切ってました。
    親に言われているんでしょうね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    サラリーマンも同じじゃないの?

    しおりをつける
    blank
    じえい
    給与所得で3割控除されてますよね。
    あれって結局のところ諸経費が控除されてるということですよね。

    たとえば本を買っても、サラリーマンは領収書貰わなくてもその分は控除されているんですよ。
    自営業者は、そんないい控除はないので必要経費は領収書を貰って書類を作って税務署に提出する訳ですね。

    なので、食事(会議費か接待交際費)を経費で落とすのは悪いことじゃないと思いますよ。

    サラリーマンが所得をすべて雑所得で計上するならフェアですけどね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      領収書は貰います。

      しおりをつける
      blank
      町の社長
       義父母、夫婦の4人だけのミニマムな法人ですが、領収書は必ず貰います。
       うちは資本金が大きい為、税法上の非課税交際費枠はゼロで法人税がかかるんですが、領収書がないと使途不明金とされ税務署はみなし役員報酬として課税され税額はさらに増えます。
       個人の財布から払えばと思われるかもしれませんが、役員報酬として法人税個人の所得税と課税された中から払うか、法人税のみ課税される方法をとるかは税法上許されている選択の範囲です。
       多くのサラリーマンが1000円の食事をするのに額面で1300円位必要でしょうが、役員報酬として課税されると2000円近くの利益が必要です、それを法人の交際費として1500円程度に抑えてもサラリーマンよりも多く納税しているのが現実です。
       尚、給与所得者の基礎控除はサラリーマンが納税の手間を減らし領収書なしで経費を落とすための枠で、
      自営業者にはこの枠がなく、その範囲内でも領収書は必要となります。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      to 未来さん

      しおりをつける
      blank
      みよっこまま
       私はバツ1子持ちの、自営業(宝飾デザイン)です。
       制作に専念する為に以前パートさんに帳面を任していたら個々は小額ですが長期にわたって使い込みをされ、それ以来税理士さんに任せています。
       そして、1~31まで番号のついたクリアリーフにその日の領収書を入れますが、そのときに領収書がもらえない香典等は出金票を書いて入れます、後は税理士さんに経費で落とせるか落とせないか判断してもらい申告してもらってます。
       話が戻りますが、使い込まれた時は店主勘定を設け経費と思われないものはそこに廻し、私の所得として課税されるのであえて領収書を貰っていなかったら、そこから抜かれてしまっていました。
       経費で落とさなくても自営業なら領収書か出金票など、お金の流れを残しておくべきと思います。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      自営業者の娘 ⇒ サラリーマンの妻

      しおりをつける
      blank
      ふじっこ
       独身の時に、家族で食事に行き領収書をもらう親を見ると、何か後ろめたい気持ちになっていました。
       でも結婚してから考え方が変わりました。
       主人の会社は、会社の為に何もしていないどころか、同業他社にパートに行っている私にまで家族手当を払い、主人が独身だった時3万円だった住宅補助は6万円に増額してくれてます。
       会社に何も貢献してない社員の家族の為にお金を使い、経費処理する法人も、家族の食事代を経費で払う自営業者も同じです。
       

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      勘違いをされているのでは・・・?

      しおりをつける
      blank
      ぶう
      >私の両親が彼や彼の両親と食事をしたときはもちろん自分>達の財布からし払いをします。

      あなたのご両親が勤務先の費用でこの会食の支払いをしたのならば、確かに使い込みということになるでしょう。ご両親は勤務先の従業員でしかないからです。

      しかしながら義理のご両親の場合、自営業ということは会社のオーナーなわけですから、現実的には会社のお金だとか個人のお金だとかの区別はありません。義理のご両親も自分達の財布から支払っていることに変わりないですよ。自分たちが働いて売り上げたお金なんですから。

      領収書をもらうのは出費をできるだけ会社の事業経費扱いにしたほうが節税になるからです。もっともどこまで事業経費扱いにできるかは判断が微妙ですので、とりあえずは領収書をもらっておくわけです。自営の方なら普通にやっておられることだと思いますよ。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      当たり前というか

      しおりをつける
      blank
      辛口ペッパー
      まず根本的に自営だろうが、アカンて!
      「節税の範囲内」なんてバカな事を書かないで下さいね、それは「節税」でなくて「脱税」ですからね。
      確かに「当たり前」のようにやってる所が多いですが
      正当化するのは辞めて下さい。

      トピ主さんへ
      >自分的には仕事で経理をやっているので正直いって許しがたい気持ちになってしまいます。

      それはあなたが「公私混同しない経営者」の立場なら言えるセリフであって思い上がりです(まさにサラリーマン的発想)。

      そういう目(業績悪化)に会うかどうかはわかりませんが、自営業はサラリーマンのように会社が赤字でも給料は出ませんよ、休みだって自己責任です。
      どんなに仕事をしようがここのあなたのように常識や正論を述べようが儲からなければ生活できません。
      そういう厳しさ大変さの方にもっと目を向けた方がいいと思いますよ。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      全部経費

      しおりをつける
      blank
      サラリーマン
      サラリーマンですが、年間に使う金を計算してみたところ
      一切合財(家賃、光熱費、食費、洋服、他)控除範囲内でした。
      というか貯金に回って実際は使ってないお金まで経費扱い。
      自営業では絶対無理な荒業です(笑

      自営業って全て領収書が必要なんですよね。
      しかも領収書の中には認められないものもある。
      サラリーマンの経費として控除されている金額って実はかなりの額です。
      自営の自衛を非難する前に自分の納めてる税金見直すのが先かと・・・

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      公務員→自営業

      しおりをつける
      blank
      ベル
      公務員時代予算は消化するものと考えていました。
      自営業になって収入を得ることの大変さを実感しました。はじめてクライアントから入金があった時、感動で涙したのを覚えています。
      >自営業の家庭って自分達の食事代も経費で落すものなのでしょうか?
      自分的には仕事で経理をやっているので正直いって許しがたい気持ちになってしまいます。

      う~ん、この発言どうなんでしょう。まさしく正論なんだけど、なんかモヤモヤしちゃう。論点ずれてゴメンなさい。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      なんというか・・・

      しおりをつける
      blank
      まい
      私も以前から疑問に思ってたんですが「硬いこと言うな」とかなぁなぁなかんじの人がやっぱり大半なんですね。
      でも少数でもしないという方もいて安心しました。

      私の場合オフ会で居酒屋に数人で行き、清算の時に
      自営の人がみんなのお金を集めて支払い、その時に
      自分の会社名義で平然と領収書もらっていて一同唖然としました。
      だって他のメンバはその人の仕事とは何の関係もないんですよ。
      百歩譲ってその人が奢ったならまだしもワリカンなのに。
      で、そのことを突っ込んだら「赤字なんだから!」とわけのわからない逆ギレしてあきれました。
      これとは別に他の自営の人とワリカンで飲みに行ったときも全額の領収書もらってました。
      自分が払った分をどうしようが勝手ですが人が払った分
      まで経費にしようとすんなよっってかんじです。
      そんなわけで私の中で自営の人ってすんごいがめついイメージがあります。

      そういえば自営の人ってやたら赤字だとか儲かってないことを
      強調する人が多いですよね。(笑)

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      給与所得控除って

      しおりをつける
      blank
      てるてるてるこ
       給与所得者には、給与所得控除が認められていますが、もし領収書を残しその控除額よりも経費の方が少なかった旨を確定申告したら、控除を用いて算出された税額より多く納税することも法律上は出来るのでしょうか。
       自分に損になることをわざわざする人は居ないと思いますが、首長や議員の職に就いていると寄付行為が制限されますが、この行為が認めるなら国や自治体に事実上寄付できますよね。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×
      並び順:古い順
      • レス一覧
      • トピ主のみ (0)

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        使用イメージ
        使用イメージ

        マイページ利用でもっと便利に!

        お気に入り機能を使う ログイン
        レス求!トピ一覧

        注目トピ

          Twitter

          Follow
          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          発言小町大賞0