詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    恋愛小説大好きなのに恋愛は苦手

    お気に入り追加
    レス7
    (トピ主2
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    min
    話題
    恋愛小説は好き(読むのも書くのも)なのに、現実の自分にそういうシチュエーションを当てはめると、ぎゃー、と鳥肌が立ってしまうのです。一応学生時代は淡い恋もしましたし、番茶も出花で男の人と付き合う機会はいくらかあったのですが、どうも冷めたままというか、照れてしまうというか、自分や状況を突き放して観察するばかりで、とうとうまともな恋愛、できませんでした(涙)

    なので恋愛は諦めることにして、でも子どもや家族は欲しかったので、28で結婚紹介所に入会して結婚。夫も似たような性格で、愛の言葉なぞ一度も聞いたことはありません。友人の披露宴では感激するのに、自分の披露宴は想像しただけで恥ずかしくて、親を嘆かせつつ省略。夫のことは一番尊敬して信頼してますが、恋愛感情とは違うんだろうなあ。でも十分幸せかなあ、と思います。

    好きな作家は(敬称略)江国香織、小川洋子、唯川恵、小池真理子、林真理子、石田衣良その他…恋愛小説以外に、ミステリ、ホラー、ファンタジー、新書なども無節操に読みますが、ハーレクインや韓流や携帯小説的な話は苦手。少女漫画ならかなり許容範囲は広がるのですが。

    そこで恋愛小説好きな皆様。
    ご自分も素敵な恋愛された方だと、やはり読むとしっとり味わい深いものですか?
    私のような方は、どんな感覚で読みますか?(私はファンタジーを楽しむのに近い感覚のような気がします。)
    また私のように恋愛とは縁がないと思っていたけど、人生のある時期に大きな恋をした、というようなお話なども。

    聞いてどうする、というわけではないのですが、皆さんの恋愛小説の楽しみ方、伺ってみたくなりまして。あと皆さんのお好きな作家や作品もぜひ教えてください。

    それにしても次に生まれてきたときは、素敵な大恋愛、ぜひともしてみたいものです~。

    トピ内ID:3411262826

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数7

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    海外ロマンス

    しおりをつける
    美加理
    私は海外ロマンスが大好きで、サンドラブラウンやSEP、スーザンブロックマンが特に好きです。ですが、友人たちは私の事を「男前」「サバサバしてる」と言いますし、夫にも「愛してるわ、ダーリン」なんて言った事はありません。付き合ってるときも、ベタベタするのは苦手でした。
    私に取ってロマンスは、フィクションです。ハンサムで大金持ちで優しくて頭がいいなんて人、そうそういるわけないですし。
    ただ言えるのは、大恋愛してる人を傍から見ると、かなり痛かったりします。盛り上がってるのは本人たちだけですし。

    トピ内ID:5005949098

    閉じる× 閉じる×

    お客は負け組

    しおりをつける
    blank
    独身男性
    ビジネスとして見た時に、現実世界で恋愛が充実している人と
    あまり縁がない人とどちらがマーケットとして有望か、というと
    後者です。

    そのような人に喜んで買ってもらうにはどうしたらいいか?
    ・平凡な人に素敵な人が現れる
    ・努力しなくても相手が自分の望むようにしてくれる
    ・平凡な幸せではなく恋愛を盛り上げるような出来事がなぜか起こる
    とするといいわけです。

    小説は小説、として楽しむのはいいのですが、無意識のうちに
    相手に求める水準や幸せの基準が小説にひきずられていくと、どんどん
    現実の恋愛がうまくいかなくなります。

    と、いうか、30代になっても彼氏ができない、結婚できないと
    いう女性が増えているのは恋愛小説やコミックの読みすぎもあると
    思うんですよね…

    トピ内ID:6034790082

    閉じる× 閉じる×

    私の場合

    しおりをつける
    💔
    美加理
    私の場合、恋愛中で相手から愛されて無いと、ロマンスを読む気になれません。なんか虚しいんですよね~。
    つまり、空腹なのに何らかの理由で食べられない時に、料理の本を見ると余計腹が減って苛々する感じです。満腹なら「美味しそう~」と思えますが。
    よく『欲求不満のオバサン』が読む、と言われますが、(私はオバサンなので、オバサンは当たってるとして)欲求不満時や恋愛してない時に読んで、虚しくはならないのでしょうか。
    因みに私は、恋愛してない時は、SFやホラー、ミステリーやノンフィクションばかりでした。

    トピ内ID:5005949098

    閉じる× 閉じる×

    レスありがとうございます

    しおりをつける
    🙂
    min
    トピ主です。

    美加理様、独身男性様、早速レスをありがとうございます!

    >友人たちは私の事を「男前」「サバサバしてる」と言いますし、夫にも「愛してるわ、ダーリン」なんて言った事はありません。付き合ってるときも、ベタベタするのは苦手でした。

    そうなんですよね、娯楽として楽しんでいるけど、私も現実はまったく別です。世間の男性は、恋愛小説好きの女性のことを、まさしく独身男性様のレスのように思い込んでいそうな気がして、でも実際は私たちのような人が多いんじゃないのかな、と思ったのが、くだらないですがトピを立てたくなったきっかけです。

    個人的には男性作家の書く恋愛小説の方が、ロマンチックな傾向が強いように思えます。女性はけっこうリアリストなんじゃないかな。現にこうして結婚してますしね(笑)。女性に小説のような理想を求めているのは、むしろ男性に多いのではないかしら。白馬の王子様を待って婚期を逃がしたという女性は私は知りません。結婚した場合と独身でいる場合との苦労を比べて躊躇しているうちに…というパターンが多いのではと思います。

    トピ内ID:3411262826

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    別世界と割り切って妄想を楽しみます

    しおりをつける
    blank
    俗物リアリスト
    恋愛小説、恋愛漫画は大好きです。
    「こんなのキレイ事よ」とツッコミを入れながらどっぷり浸るのが楽しい!
    私は金髪のブロンドで、アラブのハンサムな王子に見初められて…と主人公と自分を置き換えてドキドキワクワク、気持ちが若返ります。
    買うつもりはないけど見たり試着したりっていうウインドーショッピングの感覚ですね。

    私が好きなのは、ハーレクイーン漫画(漫画だと読みやすいですよ~)とか、大人の女性向けの少女漫画(槇村さとるさんとか一条ゆかりさんとか)です。
    漫画だと短時間で手軽にトリップできるのでいい歳した女が真剣に読み漁っています(笑)
    小説なら文芸の悲恋物なんかを読むのが好きですね。
    宮尾登美子さんとか佐々木丸美さんの小説は情景が湧いてきて読むとしっとりした気分になります。

    つまらない時、寂しい時、悲しい時、いい気分転換になります。

    トピ内ID:0276010434

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    🙂
    min
    すみません、初っ端から剣呑な方向にレスを向けてしまった気がして…

    現実の恋愛に関してはドライな私ですが、決して恋愛小説を絵空事で娯楽と決め付けているわけではありません。娯楽性の強いものから、文学性の高いものまで、そもそも恋愛小説、というジャンル名でくくるには無理があるのかもしれませんが、恋愛そのものが人間にとって永遠で常に古く新しいテーマであり、一生真面目に向き合っていきたいなと思います。人間の深い一端に触れられるような琴線に触れる作品を常に探しつつ、一方で純粋に娯楽として楽しむ作品も、もちろん大好きです。

    ただ、悲しいことに、私にとっては、そうした恋愛は、どうしても自分とかけ離れたものになってしまって、それにふとさみしさを覚えたりもするわけです。

    このトピでは、恋愛小説の好きな皆さんと一緒に、あれこれお話できたらいいな、と思っています。あと、大切にしている一冊などもぜひ教えていただけたら幸せです。

    私は最近読んだ中では、小川洋子さんの『やさしい訴え』が大好きです。

    トピ内ID:3411262826

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    小説は絵空事だから、表現力を「読みたい」

    しおりをつける
    blank
    おゆ
    娯楽を娯楽として楽しみ、現実とない交ぜにしないのが見識ある大人の対応だと思います。
    恋愛小説だって「文学的要素」とやらが高い・低いにかかわらず、しょせん小説は小説。
    娯楽の一部として認識して読むべきものなのですから、
    読む側がロマンチストでなくたっていいわけですよね。

    トピ主さんのあげられた作家の作品も、私も読んだことがありますが、
    小説の中身というよりも、文章そのものや情景の表現の仕方に重点を置いて読んでいました。
    今まで読んだ恋愛をテーマにした小説のなかで一番好きだった作家は三島由紀夫です。
    表現力がダントツだと感じました。
    遠藤周作も、登場人物たちの内面が湧き出るような表現力に感動すら覚えました。

    読書の際に、何にポイントを置いて読むかは人それぞれなのですから、
    トピ主さんが小説の中に架空の自分をおいて読んでも、それはそれでいいと思います。
    たとえ大恋愛を経験していなくても。

    トピ内ID:0448566977

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0