詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    嬉し泣きしたいなぁ・・・(元・芸術家)

    お気に入り追加
    レス32
    (トピ主8
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    かこ
    話題
    精根尽くした仕事から遠ざかって、早4年。

    テレビ等で、例えばアスリートが嬉し泣きする姿を見て、つられ泣きついでに悔し泣きする自分が、虚しくて仕方ありません。

    その度に思うのです。「よし、もう1度仕事しよう!」と・・・
    でも現実は、生活に追われて自分の時間さえ持てないでいます。
    ほとんどが、子供を通した狭~い人間関係に疲れ果てています。

    いやいや、こうやってPCに向かう時間があるのだから、その時間を仕事に回せば良い。
    それに仕事に夢中になれば、狭い人間関係なんて取るに足らない事だ。
    頭では分かっていても、子供が寝るとお酒を呑みながらダラダラと、そして1人で悶々としてしまう。

    以前はこんなじゃなかったのにな・・・

    展覧会前になると創作中の姿勢のまま、数分目を閉じて意識が飛ぶ事を睡眠と言い聞かせる程、寝る間も惜しんで仕事していたのに・・・
    創作に行き詰って泣きたくなっても、それを上回る程の喜びがある事も、ちゃんと知っていたのに・・・
    妬みやっかみにも笑って「だって私、頑張っているから」と言い切れたのに。

    あれが私の輝かしき時代?
    あの頃の私は、何処へ??

    女性だけど追い求める夢があり、表向き仲間にも恵まれ、表向き理解ある夫も居る。おまけに待望の子供にも恵まれた。
    傍目には全てを手に入れた、幸福な女です。
    でも実は、本音をぶちまけられる相手がいないのです。

    いつの頃からか、1番の理解者であったはずの夫も、子供なしでは会話すらなくなってしまいました。

    単なる愚痴ですね。
    すみません、お付き合い頂いて、ありがとうございました。

    誰かに聞いて欲しかったのだと思います。

    「本当の私、分かってよ!」や、「こんなはずじゃないんだよ!」や、「頑張るぞ~!」等々、何でも良いです。聞かせて頂ければと思います。

    トピ内ID:8298964279

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数32

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (8)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  32
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    コップの水

    しおりをつける
    blank
    草加
    お気持ちよくわかりますよ。

    日本人は自分のアイデンティティと自己実現の場が絶対仕事じゃなきゃだめという人が多いです。だから無職・失職が人生崩壊、人間失格・社会の屑と自分を責める傾向がありますね。

    お話読んで、正直な所ないものねだりかな、と思いました。
    自分の人生に満足のいく輝かしい1ページがあったという事、素晴らしいじゃないですか。そういう達成感を感じたことのある人が世の中どれだけいるのでしょう?ご主人に友人に子供に恵まれた。これ以上、人生として素晴らしいことないのでは?

    「コップに水がはいっていますか」という質問をしたとき、水がこぼれるまでギリギリに入っていないと「はい」といえない人がいますが、今のトピ主さんがそれですよ。

    水が入りすぎているとコップを手にした時水がこぼれますよね。入っているのが赤ワインでしたら素敵な服が汚れましょう。
    又、のどが渇いても一口も飲めない水って意味があるのかしら。
    一口飲んだだけで「水が減った」で不満になるのですもの。

    今に幸せを見つける。
    それが出来ない人は一生不幸です。

    トピ内ID:8879594607

    閉じる× 閉じる×

    幸せって・・・

    しおりをつける
    コスモス
     50代主婦です、仕事もしています。
    18の時私も芸術の道に進みたかった・・・「芸術で飯が食えるか?」と父の言葉に「そーだ、その通り。」と普通に学校を出て就職し結婚しました。子供が出来て・・ホントかわいい・・私の一番の芸術作品だと思っています。ちなみに顔じゃないですヨ・
     子育て18年、その子が芸術の道に進みたいと言う・・行かせてやりました。
     50の手習いでいろいろ私も始めました。気持ちは18の時のままですから。
     貴女はきっと輝かしい経歴や才能がお有りなのでしょう。一時、自由に動けなくても、やがて思い切りできる時が必ず来ます。今は貴女の一番の芸術作品に目を向けて一緒に成長して行くというのはどうですか?
     十年、二十年・・ホント早いですヨ。子供と歩ける時間は本当に短いです。後悔しないように・・
     本当に芸術が好きなら、いつでも、どんな所でもどんな方法でも出来るとおもいますよ・・
     自分自身が幸せって思える様にガンバってネ。

    トピ内ID:5075109882

    閉じる× 閉じる×

    焦らずゆっくりいこうよ

    しおりをつける
    blank
    苔の生えた亀が欲しい
    私は、トピ主さんほどバリバリとしていた訳ではありませんが、結婚するまで絵を描いていました。
    結婚してからは、離れた土地に来たから、となんだかんだ理由をつけ、だらだら過ごしました。
    自分は馬鹿だ馬鹿だと思いつつ、前に進むエネルギーがありませんでした。
    あんなにやっていた事をしないなんて勿体無いと言われ、悪い事をしている様な気にさえなり、言い訳を作っていましたが、やっと自分のペースでやろうという気持ちになれました。
    生活が落ち着いて時間が出来たからだと思います。

    今は子育てで忙しいとの事。
    もう少ししたら、時間は取れませんか?
    私は「60や70になっても、細々とでいいから続けていきたい」という思いで、やっています。
    誰かに今の自分を見られるとか、考え無いようにしました。
    ゆっくりで、良いかなと。
    甘いかな?でも、一枚が二枚に繋がるからって思っています。

    トピ内ID:2583126951

    閉じる× 閉じる×

    今のあなたのままで輝ける

    しおりをつける
    😀
    桃花
    そんなにも燃える何かをお持ちだなんて、すばらしいですね。
    でも、大丈夫ですよ。それほど精魂尽くしたものを、子育てや生活などで、そうそう捨てられるわけはありません!
    いつか絶対また復帰する時が来るはずです。
    あなたの中にあるマグマのように燃えるものが、いつか我慢できなくなって噴出してくる時が必ず来ますよ。

    「遠ざかって4年」ということは、お子さんは3~4歳くらいでしょうか。
    どうでしょう。人生のその時期って、料理でいうと下ごしらえ?創作でいうと…何でしょうね。土台で、まだ形は見えないのに手間はやたらかかるというやっかいな時期。疲れ果ててしまうのも無理はないと思いませんか?
    でもね、子供と手をつないで歩いていられる時期なんて、過ぎてしまえば一瞬かつもう二度と戻ってきませんよ。今はそれに溺れて疲れ果てるくらいでちょうどいいのかもしれません。

    創作があなたのライフワークになるのならば、50や60になっても「数分意識が飛ぶことが睡眠」という姿勢で作り続けることはできないはず。
    子供と一緒に歩むペースの中で発見できたことが、のちのあなたの助けになる時がきっと来ると思います。

    トピ内ID:5784733432

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます!

    しおりをつける
    blank
    かこ
    まさかここで慰められるとは、創造だにしておりませんでした。

    不意の慰めや励ましに、思わず「嬉し涙」が・・・
    本当に、ありがとうございます。

    草加様

    そうですね。ないものねだり。その通りだと思います。
    私は恐らく、水を飲む事よりも、注ぐ事、注ぎ続ける事に興味があるのだと思います。
    今は注ぎ続けて溜まった何杯もの水を、ゆっくり飲み干す時期なのかもしれませんよね。
    今に幸せを見つける。見つけた幸せを認める事ができればと思います。
    ありがとうございました。

    コスモス様

    子供が出来た時、私も全く同じ思いで、あれ程打ち込んだ仕事をあっさり捨ててしまったんです。
    子供が幼稚園に入るまでは、私のやるべき事は子供を育てる事だと信念を持っていたし、誰から「もったいない」と言われてもまるで介さなかった。それが娘が幼稚園に通うようになって益々「仕事再開しないの?」と聞かれる事が増えて、自分を追い込んできてしまったのだと思います。
    いつでもどこでも出来る。その通りですよね。
    もうしばらくは、最大の芸術作品を愛でていこうかな・・・
    ありがとうございました。

    トピ内ID:8298964279

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(8件)全て見る

    ありがとうございます(2)

    しおりをつける
    blank
    かこ
    コケの生えた亀が欲しい様

    多分今の私は、少し前のあなたに近いのだと思います。
    そして、今のあなたの様になりたいのだと思います。
    以前の私なら、夫が協力的だったおかげで家庭崩壊はしなかったものの、子育てなんて一切できませんから・・・
    時間がない。これが私の言い訳です。でも時間はあります。こうやってPCに向かう余裕もあるんですから。
    細々で良いから・・・頭では解っているんですが・・・
    念じてみます(苦笑)
    ありがとうございました。

    桃花様

    そうなんです。そうそう捨てられないから、たまに爆発して、気持ちが荒んでしまうのです。
    もう一度あの頃のように戻りたいとは思いません。体力的にも無理だとも思います。
    子供との時間は二度と戻って来ない。私もそう思います。そうやって過ごしたこの時間が、いつか私の糧になり、助けになってくれるのでしょうか・・・
    今は、そう信じるしかないのかもしれませんね。
    ありがとうございました。

    トピ内ID:8298964279

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(8件)全て見る

    嬉し泣きしたいなあ、、、

    しおりをつける
    blank
    やぶつばき
    海外からの男性ですがよろしいでしょうか?
    最初だけ読まれてちょっと違うと思われたらそこでやめて下さって結構です。
    嬉し泣きは悲しくて泣く場合と泣く際の脳の活動のしかたが異なると考えています。
    至福の境地に近いので涙がとまらなくなったりするのですが、この涙はポジテイブな涙なので大切になさってください。
    音楽や絵の世界に造詣の深い方に多いのですが良い音楽に涙するのはそれだけ神経が繊細にできていてこれは物事の神髄を極めるようにこれを追究していくと人生は何のためにあるのか良く理解するようになり物事の本質を見極める目をやしないます。

    道ばたの草花や雲を見てきれいだなと思うような単純なことから常に感情にひびきわたる感性を磨くことが大切です。
    第六感というような直感的に判断することは非常に大切でそれを育てるためにも嬉し泣きは見捨てられないものだと思います。

    トピ内ID:9318754822

    閉じる× 閉じる×

    子育てが終わってから頑張れば?

    しおりをつける
    blank
    やすこ
    友人男性なんですが、結婚後その御相手の外国に移住し、ビザの関係でしばらく仕事ができなかったため(まあ、芸術家として稼ぐのは大変でしたしー)主夫になった友達がいます。奥様が働き彼が子育てに専念、子育ての後,再び芸術家としての活動を再開しました。

    彼の凄い所は、子育てや日常の雑務に追われていたら、創作熱なんて下がってしまう所ですが、20年間、1年に1点でも創作していた事です。私の周りには仕事柄、芸術家が多いのですが、一番多いのは結婚後(男女共)子供が出来てから創作活動が出来なくなり、そのうち情熱を失い、年老いていくケースです。

    芸術家として活動し、作品が売れても一生の仕事として続けていくのは大変です。ましてや一旦活動を止め、しばらくしてから再開するのは、肉体的にも精神的にも非常に苦しいですが、その時に本当にやりたいことなのかどうか、答えが出ると思います。

    トピ内ID:3570535912

    閉じる× 閉じる×

    お疲れなのでは?

    しおりをつける
    🐱
    maimai
    疲れてると、人生がむなしくなっちゃうもんです。
    いえ、大袈裟じゃなく本当に。

    ご自分では気付かない疲れが溜まっているのかもしれませんね?

    その疲れはご主人とかお子さんの事を頑張ってるからで
    でも、かこさんはご主人やお子さんのせいにできませんよね?

    言ったらすっきりするだろう「愚痴」も
    遠慮がちなかこさんですもの、
    くたびれるかもしれませんよね。

    頑張らなくても良いと思うのですけど
    一人で外に出てみられては、どうでしょう?

    私はそんな時は一人カラオケで大声出して発散します・笑
    スッキリしますよぉ~

    ここで愚痴ってスッキリされると良いですね。

    トピ内ID:8046993985

    閉じる× 閉じる×

    創作だけが人生じゃない

    しおりをつける
    🐧
    かりんとう
    仕事中心に、まして輝く時が一生続くことの方が珍しいのじゃないかなあ。
    時間の問題も大きいとは思うけど、それだけじゃなくて、
    生活に追われて、ほんとはちょっぴり情熱も枯渇してない?
    過去を懐かしむのではなくて、何をおいても創りたいっていう純粋な創作意欲。

    でもないことが悪いとは思わない。
    子育ても、ちょっとさみしい夫婦関係(を良くするあれこれ)も、人生という観点からみたら、今しかできないことだろうし。
    今できることを満喫することも大事かなぁ、と。
    幅広く、深く人生味わって行きましょうよ!

    偉そうに言う私ですが、仕事への情熱はとうに冷めているのに、あるようにみせかけなくちゃいけなくて、見苦しく取り繕う毎日。
    でも、きっぱり辞められない。
    ほんのちょっとだけ、創ってる!って嬉しく思える時があるんだよね。

    状況は違うかもしれないけど、トピさんの文章に、なんとなく親近感を覚えてしまいました。私も誰にも言えません。

    創作も人生も、なるようになるさが90%、でも10%は情熱を隠し持って、いつか逆転するように、毎日ほそぼそ、創り続けます。

    勝手な告白ごめんなさい。言わせてくれてありがとう。

    トピ内ID:7053714561

    閉じる× 閉じる×

    今できる、小さなことから

    しおりをつける
    blank
    芸術家の星くず
    トピ主かこさんに、全面的に共感します。ええ、涙が出そうなくらいです。
    「子供は何よりの宝でしょ」「ぜいたく」といった批判的なレスがつくかも知れませんが、それとこれとは別問題なんです。芸術家が創造出来ない苦しみです。我が子を捨ててまで創作活動に走った女性作家もいるぐらいです。一般の方に理解してもらうのはちょっと無理な部分もあるかも知れませんが…レスする方は、どうか自分にあてはめないで、想像力を持って考えてあげて下さいね。

    忙しすぎる時の規則は、物事に優先順位をつけること。
    次に、小さな一歩から。(サッカーの元日本代表監督オシムさんが「みな大きな進歩を望むが、出来ること、確実な小さな歩みから」と言っています。)最後に、似た境遇の仲間を見つけること。

    1 優先順位の低いものから「ちょっとだけ」手を抜いていきます。例えば、食洗器を買う(これ、お勧めです!)、食事の品数や掃除の回数を減らす、子供を週に半日預ける、携帯の電源を切る時間帯を作る…これだけ実行しただけでもわくわくして来るはず!結局、手を抜けるのは「やり始めると際限のないこと」なんです。
    続きます。

    トピ内ID:4844118554

    閉じる× 閉じる×

    諦めずに取り組みたいです

    しおりをつける
    blank
    文芸に関心がありますが、実力がないことを実感しています。読書量が少なく、語彙も少ないので、プロには程遠いです。今は何も書いていない状態ですが、こんなはずではなかったと思うこともあります。

    今後のために、好きな作家の作品を集め、じっくり読みたいです。その作家のところまで辿り着けるかわかりませんが、諦めてしまうと可能性すらなくなってしまうので、前向きに取り組むつもりです。

    時間がかかるのは間違いないですし、私の場合、努力しても実現させることは難しいのかもしれません。
    とにかく今は、今後のために生活を安定させようと思っています。

    トピ主さんが、どのような分野に関わっていらっしゃるのかわかりませんが、辛いお気持ちは伝わりました。前向きになれないときは、無理は避け、他のことで気を紛らした方がよいかもしれません。気持ちを休ませながら、ゆっくりと取り組んでみてくださいね。

    トピ内ID:5078282834

    閉じる× 閉じる×

    全ては芸の肥やし

    しおりをつける
    blank
    toro
    そこそこのコマーシャルギャラリーと契約し、コンスタントにショウをし、作品もたまに売れて、でもそれだけでは生活できず、教えたりすることも含めてアルバイトをし生活費を稼ぐ、そこそこアーティストです。もうすぐ40才ですが、結婚していませんし、子供もいません。今後、結婚することはあるかもしれませんが、子供を持つ可能性はほぼ無いでしょう。

    こういう仕事をしていると、やはりあきらめること、犠牲にすることがあるなぁって思います。でも泣く泣くあきらめたというのではなく、気がついたらそういう選択をしてここまで来たという感じです。我も強いのでしょう。
    芸術家として成功し、結婚にも子供にも恵まれるという人は、男女を問わず本当に少数だと思います。あなたはその少数の本当にラッキーな1人になれる可能性がありますが、なれなかったとしても全く悲観することはありませんよ。だってそんなこと奇跡に近いんですから。でも、アートは年齢に関係なくいつでも復帰することができます。

    全ての経験が芸の肥やしになります。どんな経験も作品に展開することが可能なのです。自らの内に創作の期が熟する時が来ると信じてみてください。

    トピ内ID:8836806619

    閉じる× 閉じる×

    一緒に待ちませんか?

    しおりをつける
    🐶
    ポトス
    >精根尽くした仕事から遠ざかって、早4年。
    私は3年です。違うのは、音楽というところと年齢でしょうか。8ヶ月まで仕事をし、産後6ヶ月には舞台に戻りました。走り続けて充実した時間が確かに過ぎました。でも、ある日気持ちと身体が付いてゆかなくなりました。子育てが卒業の頃になって。演奏家として、一番上手くいっている時期と自他共に思っている真っ只中に。主人も子供も周囲が皆「もったいない」と。
    >私は恐らく、水を飲む事よりも、注ぐ事、注ぎ続ける事に興味があるのだと思います。
    胸が締め付けられるほど共感します。ただこれには自分が思っているほどエネルギーが必要だったのでは、と遠ざかった今だから思います。PCやお酒に費やせる時間があるから出来るものでもないと。
    一緒に待ってみませんか?
    いつか復帰したいと心が動くのか、自分の状態に会った形で始められるのか、それとも辞めてしまうのか。私が遠ざかるのを決めたように、かこサンにも決心した理由があるはず。再び心が動き出す日も来るかも。「遠ざかってみよう」と決めた自分の気持ちを信じて。
    私より、かこサンの方が20年は多く持ち時間はありそうです(笑)

    トピ内ID:4657783023

    閉じる× 閉じる×

    本当に欲しいものは?

    しおりをつける
    マカロニ
    はじめまして。
    人ごととは思えずお返事しました。

    分野はたぶん違うと思いますがものを作る立場で、
    女性で、私生活にもめぐまれていて、
    でも少し立ち止まってしまっている自分が苦しい、というところ、悩みがまったく同じなので。

    最近つくづく思っています。
    自分は本当は何がしたいのか、欲しいのかって。

    だって、創造していくパワーには、もちろん家族への愛もあるけれど、
    不幸パワー、こんなんじゃだめだパワーもすごく大きいじゃないですか。
    自分が欲しいものが手に入ったとたん、パワーダウンしたアーティストの方が多いんじゃないですか?

    別に、不幸を自分から望む必要はないですけど、
    「ないものねだり」って実は芸術家の力の源みたいなもんです。
    ないなら自分で作ってやろうって。

    かこさん、一番欲しいものはなんですか?
    心穏やかに、幸せに生きること?
    じゃあ、作品は自分が幸せになるためのものですね。
    それとも、自分はどうなってもいいから、至高を目指したい?

    どちらの道が正しいとは言えません。
    でも、お互い、悔いのないよう生きましょうよ、ね。

    トピ内ID:5080959077

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      今は土を豊かにする時期なのです

      しおりをつける
      blank
      りゅうりゅう
      7歳双子(2卵性男女)の父親、某美大絵画科卒ですがテキトーに生きているうちに小さな会社の経営者になりました。
      私自身は芸術家として身を立てるために必死になった時期はなく、卒業と供に社会人になりました。友人達には今でも創作活動しているヤツもたくさんいるし、たまに会うと眼がキラキラしていて正直『羨ましい』と思います。

      先日、子供達の手前『いっちょうやったるか!』と何枚か子供達の絵を描いたのです。それも学生時代には一切描かなかった具象を(当たり前か)!
      そしたらですね、自分で言うのもなんですが、これが技術的にはイマイチなんですけど『イイ絵』なんです。
      その時、実感しましたね【学生時代のオレは人に凄いと思わせるために描いてたんだ】と。あまりにも自分が強く独りよがりだったと気が付きました。子供達が気付かせてくれたんです。

      トピ主様も今は畑を休め、たくさんの栄養を与え、雨に打たれ、日に照らされ、風に吹かれる時期なんです。やがて豊かになった土から、多くの実りが与えられる時期が来ることでしょう。
      それまでは御子さんとの時を楽しんではいかがですか?子供って本当に天才ですから。

      トピ内ID:3415142294

      閉じる× 閉じる×

      神様が充電時間をくれたんですよ

      しおりをつける
      blank
      ドク・ホリディ
      4年のブランクということは子供さんもまだ幼いんですね。自分もこの頃がいちばん辛かったからよくわかります。

      何を置いても子育て優先、人に呼ばれる時は「○○ちゃんのママ」「××さんの奥さん」と、家族の付属品扱い。自分自身には何の価値もないのかと、社会からの疎外感にさいなまれてました。

      少しづつ自分の時間も持てるようになります。私もその頃から憧れの仕事に再挑戦、やりたかった趣味も始めました。
      今は、神様が充電する時間をくれたんだと前向きに考えてみてはいかがですか。グランマモーゼスみたいに、情熱があれば何歳になっても描くことはできますよ。

      トピ内ID:9799895312

      閉じる× 閉じる×

      ありがとうございます(3)

      しおりをつける
      blank
      かこ
      皆様の暖かいお言葉に、随分と気持ちが落ち着いてきた今日この頃です。
      本当にありがとうございます。

      やぶつばき様
      なるほど・・・仰ってる意味、良く分かります。音楽を聴いて涙したり、景色を観て涙したり。確かに以前の私はそうでした。それが今では、子供の事でしか感動や嬉し涙を流す事はなくなってしまいました。もっぱら悔し涙専門で・・・もっと意識を研ぎ澄まさなければなりませんね。
      ありがとうございました。

      やすこ様
      そうなんです。私が最も恐れるのが、情熱を失い年老いていくケース。
      一旦活動を休止した理由は、子育て中は少々無理がある事もありますが、実は、やはり自分の芸術だけではどうにもならなかった事にもあります。
      幸い生活費は夫が稼いでくれますが、膨大な制作費を捻出する為に、やりたくもない仕事を請け負い、教える事もする。その時間が割かれるから、自分の睡眠時間を削らなければ芸術を追い求める事ができなかったんです。本当にしんどかった。またあんな思いをしてでもやりたいかと問われると・・・正直分かりません。
      まだ答えは、お預けのようですね。

      ありがとうございました。

      トピ内ID:8298964279

      閉じる× 閉じる×
      トピ主のコメント(8件)全て見る

      ありがとうございます(4)

      しおりをつける
      blank
      かこ
      maimai様
      1人カラオケですか!?良いですね!!
      そういえば、以前は良くカラオケ行ってましたっけ・・・
      時間がなくてアトリエに監禁状態の時には、オペラをバックに発声練習なみの大声を出してみたり(かなり危ない人でしたね)
      今はまだ、娘の幼稚園の役員会やら行事が立て込んでいて、例え昼間でもフラッと1人で外出する事は許されない状態ですが、近い将来是非実行してみたいと思います(笑)
      ありがとうございました。

      かりんとう様
      同士ですか、嬉しいです。
      私も輝かしき(?)時代、本当はやりたくない仕事もやってました。
      「こんなの何で私が造らなきゃならないの?」なんて内心思いながら、自分の創作活動の為に、喜ん(だ振り)で造ってました。
      でも離れて思うのは、やはり創り続ける事、細々でも良い、止めてしまわない事が重要なんだという事。
      告白して下さって、ありがとう。
      あなたは是非、止めずに頑張って下さいね!
      ありがとうございました。

      トピ内ID:8298964279

      閉じる× 閉じる×
      トピ主のコメント(8件)全て見る

      ありがとうございます(5)

      しおりをつける
      blank
      かこ
      芸術家の星くず様

      ありがとうございます。思わず涙が溢れました。
      芸術家が創作できない苦しみ・・・壊れてしまいそうです。それが言えずに、周りからは「何で仕事しないの?」とせっつかれています。
      1番の理解者であったはずの夫からも、「そろそろ忘れられちゃうぞ」と言われる始末です。
      すみません、続き、お待ちしても良いですか?

      風様

      分野は違えど、思いは同じ。なのでしょうね。
      私は造形作家をしていました。今でも創りたいものや、創らなければならないと思うものが、沢山あります。そして今、どれ程しんどくても、どんな理由があろうとも、止めない事が重要だったのだとも思います。
      文芸ならば、今のそんな思いを書き綴ると良いかもしれませんね。
      すみません、勝手な事を・・・
      お互い、頑張りましょうね!
      ありがとうございました。

      トピ内ID:8298964279

      閉じる× 閉じる×
      トピ主のコメント(8件)全て見る

      ありがとうございます(6)

      しおりをつける
      blank
      かこ
      toro様

      ラッキーな1人。確かにそうだと思います。でも多分、toro様と同年代の私としては、自分の仕事を追及している人が、今は羨ましくて仕方ないのだと思います。
      先に「ないものねだり」という意見を頂きましたが、恐らくその通りなのだと思います。期は既に熟して、腐りそうです。愛する子供の為に、自分を抑える事に必死です。
      それとも、子供が巣立つ日、それが第2の熟した期になるのでしょうか・・・
      今はただ待つ事が、私の肥やしになれば良いのですが・・・
      ありがとうございました。

      ポトス様

      遠ざかる決心をしたのは、ただ「このままでは人は育てられない」と確信したからでした。時間的にも、精神的にも、衛生上良くなかったから・・・
      私の周りには、産後半年で仕事復帰する人が大勢います。役職もあり、責任もあり、戻らざるを得ないと。
      彼女達を見て、私も待ってくれる人がいる内に、と思って気持ちが焦ります。何より、夫が焦らすのです。
      いつもどんな時も、1番身近で私を支えてくれた人です。
      あ、私、忘れられてしまう事を恐れているんでしょうか・・・

      ありがとうございました。

      トピ内ID:8298964279

      閉じる× 閉じる×
      トピ主のコメント(8件)全て見る

      昔の自分・・

      しおりをつける
      🙂
      ほのか
      昔の自分と重なります

      絵を描くことが全てだった
      時を忘れて没頭した
      結婚して子供が出来て、両立は全然出来なかった
      仕事としての絵は細々と続けましたが、それで精一杯でした。
      絵を描きたいと思うと何十時間でもそのことだけを考えていたいのです。
      一瞬でも邪魔をされると、家族が憎くなる、疎ましくなる、そんな自分がイヤで、描きたい気持ちを捨てました
      自分などのしょうもない絵より、生きている子供が一番大事だから
      苦しかったです
      でもいつの頃にか、描きたい欲がきれいさっぱり消えました
      悲しいくらい
      でも、一方ですごく楽になりました
      憑き物が落ちたような気持ちです
      小さな小さな仕事は続けています(こちらは時間が細切れになっても、モチベーションを維持できる、内職みたいなもんです)

      家庭を持ちながら、自分の道を極めている人を見ると、すごいと思います
      壮絶な苦労があったのだろうなとも思います。

      自分もいつか、昔の情熱を取り戻す日が来るのでしょうか?
      いや、もう戻らない予感がします

      かこさんはまだ若いです
      未練があるうちは、きっと未来があると思います

      トピ内ID:8049715295

      閉じる× 閉じる×

      申し訳ないけど、わかってないな、と思う。

      しおりをつける
      blank
      toro
      私はあなたをラッキーな1人とは言っていません。そうなる可能性があると申したのです。また、無い物ねだりとも思いません。自分の欲望を追求することが芸術家の仕事なのですから。
      でも、創りたいものが沢山ある、期は既に熟して腐りそうだ、と言うならばなぜ制作しないのですか?本当に今これを創りたい、創らなければいけないと思えば、どんなことをしても創るでしょう。そうしない(できない)ということは、期は熟していないということだと思います。
      子供の為に自分を抑える、子供が巣立つ日をただ待つ、そんなものは肥やしにはなりません。
      自分の選択したこと、自分の目の前にあること、人、出来事に、誠心誠意取り組む、真摯に向き合う、そういう日々の積み重ねが肥やしとなるのだと思います。
      子育てを通じて得られる様々な経験、生や死との関わり、自分の感情の変化に向き合うこと、そういった全てが糧となって創作された未来の作品は、過去のそれよりずっと豊で面白いものになるはずだと想像すれば、焦りより楽しみの方が大きくなりませんか。
      旦那には、しばらく黙って見てろ、今にすごいの創ってやるから、とでも言っておけばいいのです。

      トピ内ID:8836806619

      閉じる× 閉じる×

      モチベーション

      しおりをつける
      さいごのとりで
      私も細々とですが、作品作りを続けている者です。

      以前は野心満々で、活動も精力的にしていましたが、作品なんてそれほど売れるものでなく、
      苦労して個展を開いてもお客さんにはなかなか入ってもらえず、作家同士の関係がうまく築けず、
      心身ともに壊れてしまい、今は活動は最小限におさえてほとんど引きこもっています。。。

      私の目的はなんだろう。。。
      世の中に認められる事か?
      作品が売れる事か?
      人々から賞賛される事か?

      そうじゃない、作品を作り続けるモチベーションを保つ事なんだと知りました。
      でも、作品なんて作らなくても世の中が困るわけでもなく、誰に迷惑かけるわけでもなく、
      全て自分の中からだけしか生産できない情熱のみから来るものですよね。

      それをいったいどうやって生産したら良いのかわからなくなってしまいました。
      もしかして私は作品なんて作りたいんじゃないのかも。。。
      でもやめてしまったら自分の存在意味はどこにあるの?
      他に何をして生きていけばいいの?

      私は怖いです。
      作品が作れなくなってしまう自分が。。。
      今でも息も絶え絶えです。

      トピ内ID:4363950179

      閉じる× 閉じる×

      やめたら終わり。

      しおりをつける
      blank
      トルマリン
      時の流れは残酷です。
      体は衰えます。
      体力が落ちれば集中力もなくなります。
      自分の中にあるものを作品として作り出すことが芸術家。
      作らなければゼロじゃないかな?

      長いブランクの後でも、情熱さえあれば再開できるはず。
      前とは別の形のものが生まれるかもしれないし。

      いずれ今できないことを焦ってもしょうがないと思います。

      トピ内ID:0541175454

      閉じる× 閉じる×

      生活・身近な話題ランキング

        その他も見る その他も見る

        わたしのばあい

        しおりをつける
        blank
        CHARM
        教える事(製作代)と発表は途切れずしましたが
        やむにやまれぬ情熱とか、創作しなければ生きてる意味が無いと思った事がありません

        いつも、描かなくても全然OKで生きて行けるな私、というちょっとした不安のもとに
        描いています
        妊娠中も出産後も一ヶ月ですぐ描き始め
        子どもが小さい頃は自分がサークルに入って描き
        役員もやり忙しくても描きました
        でも、描かなくてもきっと平気な気が、いつもしています

        グループにも所属せず、公募展やコンペにも出さず
        自費で発表しています(一応ちゃんとした画廊)
        特定のなにかと関わりになりたくない、面倒くさい
        良い作品ができれば、それで満足というスタンスです

        そういう点も、これでいいのか?という疑問は感じますが
        良い作品を作るっていうだけでも大変なので
        とりあえず、それ以外考えるのは保留で今まで来ました
         
        そういう点で、待ってくれる人、忘れられる、この意味が私には不明です

        良い作品を作りたい、これだけ
        情熱は自覚的に小出しにコントロール
        でも、これでいいと思った事はありません

        ここにも1人そんなのがいます

        あと、小学生以降 親はけっこうひまですよ

        トピ内ID:4755405443

        閉じる× 閉じる×

        今できる、小さなことから2

        しおりをつける
        blank
        芸術家の星くず
        遅くなってすみません、続きです。(すぐに送ったんですが。)
        2 とりあえず何か作ってみてはいかがですか?お子さんと一緒に作れるものなら、なおいいかも知れません!まずは、疲弊しているトピ主さんの創作エネルギーが湧いてからの話ですね。

        3 同じ境遇の仲間は大切です。共感し、助け合え、高め合えます。子供たちが走り回っている横では出来ない事ですか?(私たちが音楽する隣室は、子供たちがジュラシック・パーク状態!)

        それから、あなたが「創作したい!」という気持ちを発信してみては?老若男女、職業を問わず、共感して力になってくれる人はきっといるはずです。あなたが一歩を踏み出せば、家族、配偶者を含め周りの世界が変わります。

        今、小さな事でも出来る事がきっとあるはずです。気持ちさえあれば。芸術の素晴らしい所は、その人次第でどんな経験も精神の円熟に役立つこと。アイディアを書き溜めておく、勉強する、見聞を広める、悩む、泣く、感動する(お子さんを生かさない手はない!)、何でも芸術の肥やしになっています。次に生かされて来るんです!だいじょうぶ、今出来る一歩を踏み出して!

        トピ内ID:0951505091

        閉じる× 閉じる×

        皆様、本当にありがとうございます。

        しおりをつける
        blank
        かこ
        お1人お1人にレスしたいのは山々なのですが、中途半端に一斉レスになる事、お許し下さい。

        今回ここでトピを立てさせて頂いた時、私の精神は悲鳴を上げていました。
        以前なら別の意味での悲鳴でした。

        創作に行き詰ったり、「お金の為にやるべき仕事」に時間を割かれ苛立ったり、女故、他者からの心無い言葉に傷付いたり・・・
        でもそんな時には、意識が飛ぶまで呑み、意識が戻った頃にはアトリエの壁に壁画が出来上がっている状態で、気分は比較的スッキリとしていたり・・・

        そんな頃の自分が、走馬灯のように甦り、柄にもなく「あの頃に戻りたい」なんて思ってしまって・・・(何より、そうさせたのは夫なのですが)
        実は私、あの頃に戻りたいなんて思った事なかったんです。

        常に浮かぶアイデアが私の睡眠を邪魔し、夜中に起き出してアトリエに向かう事もしばしば。
        たった今何をやっているかで、明日・来月・来年の自分が決まるのだからと、兎に角必死で・・・
        (展覧会前は、そんな事すら考える余裕もありませんでしたし)

        すみません、長くなるので、続きます。

        トピ内ID:8298964279

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(8件)全て見る

        続きです。

        しおりをつける
        blank
        かこ
        それなのに今の私ときたら、何やってんだろう。の毎日で、悶々としている中、夫に言われたのが「生活が平凡過ぎるから、そんなちっちゃい事(園の役員会等)で苛々するんだよ。」「そろそろ忘れられちゃうぞ。」等々・・・
        でも、夫も多分分かっていたんですね。
        夫が入院し、生活が厳しくなって貯金に手を付け、果てにはカードローンをしてでも、私が仕事再開時の為に取ってある貯金にだけは手をつけないで居る事を。
        仕事を再開する為には、まとまったお金が必要になります。私はその貯金を、別物として残してあります。その事に、夫も気付いているのでしょう。
        だからこそ「いったい私は・・・」と悶々としてしまったのだと思います。

        ここに相談(本当は違ったんですが(苦笑))させて頂いて、改めて自分の想いに気付く事が出来ました。
        「子供が手を離れてから」「芸術は幾つになっても、いつでも出来る」
        等々・・・

        今の私で良いんだと思いながら、でもやっぱり私は創りたいと思いました。
        せめて子供の手が離れる(小学校に上がる頃)までは、待てそうもありません。
        なんて言いながら、多分役員が終わってからだろうな。

        トピ内ID:8298964279

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(8件)全て見る

        腰が据わってない

        しおりをつける
        blank
        CHARM
        トピ主さまの制作スタイルは、ドラマティックでまるでテレビの中の芸術家みたい

        私の周りでそんなふうに制作をする作家はいません

        エキセントリックな生き方では、制作を持続させられません
        トータルに持てる力を最大に出していく事が大事です

        寝ないでなんて、絶対良い状態で集中できないし
        飲んで描くなんてありえない
        描く時こそ、一番集中し
        意識は表面軽く飛ばせて、逆に深いところまで沈む感じに脳をコントロールします
        毎日の中でその状態に自分を持って行くのは、知恵と訓練です

        少し自分の考えを整理して
        必要な悩みかどうか考え、必要なら受け入れるてやるしかないし
        闇雲に必死になることが作品のレベルの向上につながっているかどうか
        自分が作った嵐のような雰囲気の渦中にいる事で、その気になっていたのではないか
        冷静に振り返ってみてはどうですか

        ちょっと腰が据わってないように思います

        作家ではなく、まるでただのエキセントリックな女の子
        それでは、これからちゃんと制作して行くのは難しいのではないでしょうか

        制作の心からの目的は何なんでしょう
        劇的な自分でいるという充実感?ちがうでしょ?

        トピ内ID:4755405443

        閉じる× 閉じる×
        • 1
        • 2
        先頭へ 前へ
        1 30  /  32
        次へ 最後尾へ
        並び順:古い順
        全て表示
        • レス一覧
        • トピ主のみ (8)

        あなたも書いてみませんか?

        • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
        • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
        • 匿名で楽しめるので、特定されません
        [詳しいルールを確認する]

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

            Twitter

            Follow
            みんなの投票結果

            編集部から

            編集部からのお知らせはありません

            Horoscope | 大手小町

            発言小町大賞0